1958件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-05-20 令和 1年 第2回臨時会-05月20日-01号

高度成長の中で、過剰な需要予測により、宮ヶ瀬ダムなど大規模な水源開発計画がなされました。我が党から選出された歴代水道企業団議員は、需要予測と利用料の乖離が明らかになっている時期に就任し、議会での論戦を通じて、無駄な2期計画の中止、建設型から維持管理型への移行に伴う基本料金の引き下げなどを求め、広域水道企業団の健全経営のみならず、川崎市の水道事業の発展に尽力してまいりました。

仙台市議会 2019-03-08 平成31年度 予算等審査特別委員会(第12日目) 本文 2019-03-08

102: ◯企画財務課長  水道料金はさまざまな要因により構成されておりますので、なかなか一言で申し上げることは困難なところはあるんですけれども、仙台市の水道の特徴といたしましては、水源がダムからとっておりまして、ダムから長く引っ張ってこなければいけないというようなことだとか、あるいは地理的なことで申し上げますと、給水の区域が広い、あるいは人口密度が大都市の中では低いということが言えると思います。

北九州市議会 2019-03-08 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号

山には治山ダムがありますが、たび重なる豪雨などにより土砂が堆積し、土石流となって上藤松25号線に流出しているのです。県は、来年度、土砂しゅんせつなどの必要な工事を行うとともに、上藤松エリアで確認できる11カ所の治山ダムも点検していくとのことです。  本来、治山ダムは、川の傾斜を緩やかにして下流への土砂の流出を防いだり、川岸の侵食を防いで森林を保全するものです。

仙台市議会 2019-02-27 平成31年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2019-02-27

また、自然景観といたしましては、鳳鳴四十八滝、奥新川、大倉ダム周辺などがございます。また、愛子駅前のしだれ桜などの市の保存樹木など、多くの見どころやイベント、史跡もございます。  さらに、今後につきましては、仙台萬本さくらプロジェクトや定義記念樹の森など、新たな魅力を発信する事業も進んでいると考えております。 150: ◯岡部恒司委員  たくさんあるんですよね。

仙台市議会 2019-02-21 経済環境委員会 本文 2019-02-21

やはり東北のダム的な機能で仙台がしっかり若者をとらえて、ここでやはり生活してもらうと考えると、やはり産業支援というか、企業に対する支援というのは大事だというのは、これは我々も一緒なんです。  

浜松市議会 2019-02-04 平成31年  2月 建設消防委員会-02月04日−01号

しかし、写真左側のダム湖側が等高線図を見てもかなり急峻になっていますので、交通量がふえると路体そのものが湖面のほうに動いているのではないか。そういう兆候はないですか。 ◎道路保全課長 先ほど来申し上げているとおり、ここはパトロール路線になっていますので、現場の状況は把握していますが、今のところそのような状況はありません。

川崎市議会 2018-12-18 平成30年 第4回定例会-12月18日-08号

丸子地区の樋管ゲートにつきましては、多摩川の水位観測所における水位観測データや小河内ダム放流情報などの河川情報に加え、気象庁の大雨警報など気象情報を踏まえて総合的に判断し、運用しているところでございます。今後も引き続き、河川情報や気象情報などを的確に収集するとともに、樋管ゲートのより適切な操作に努めてまいります。以上でございます。 ○副議長(後藤晶一) 押本議員。

千葉市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 開催日: 2018-12-11

びっくりしましたけれども、いよいよ身近な話になってきたなということでありますが、有害鳥獣について、最近はニュースやテレビの特番でも目にする機会が多くなりましたが、北九州市で2頭のイノシシが砂防ダムに転落して脱出できない状況になった。県と市が箱わなで捕獲して山へ返しましたと。こんなことをテレビで報道しておりました。

熊本市議会 2018-11-16 平成30年11月16日人口減少社会に関する調査特別委員会−11月16日-01号

次のページ以降につきましては、その他ということで、これまで紹介してきました人口流出を食いとめる都市のダム機能などについて、国の地方創生に関する有識者会議で使われた資料をもとに御説明していきたいというふうに考えております。  次のページを見ていただきますと、ここでは県庁所在都市への人口の集中傾向をお示ししたグラフでございます。

千葉市議会 2018-11-01 平成30年環境経済委員会 本文 開催日: 2018-11-01

まず、始めます前に、有害鳥獣につきましては、つい先日、北九州市の砂防ダムにイノシシ2頭が迷い込んだ事例ですとか、足利市でイノシシが人にかみついた事例ですとか、非常に報道されることが多くなってきております。全国的にも大きな話題や関心を呼んでいるところでありまして、今回、そういった点からもこのような場で説明をさせていただくことは、大変意義があるものと考えております。  

浜松市議会 2018-10-05 平成30年 10月 市民文教委員会-10月05日−01号

③の天竜ボート場ですが、船明ダムの管理者によって定期的に行われるダム表面の荒れたコンクリートの補修、ダムゲートのゴムの取りかえ工事が施工されるということです。この工事のために、ダム湖面の水位を低くし、いわゆる自然河川の状態になることから、ダム上流部に設置されたボート場は使用できなくなるということで、11月16日から3月10までを休場とするものです。

浜松市議会 2018-10-04 平成30年 10月 環境経済委員会-10月04日−01号

このプロジェクト研究会に参加していただいている民間の皆さんも、大変高い志を持っていただいていて、天竜区は特にダムなどで電気のまちというような言い方もしています。佐久間町については、電気のまちである一方、倒木で停電のリスクもあるということから、木質バイオマスだけでなく、小水力なども含めて、トータルでエリアとしてスマートコミュニティをつくりたいということです。  

横浜市議会 2018-10-02 平成30年 基本計画特別委員会温暖化対策・環境創造・資源循環分科会

◎野村環境創造局長 補足ですが、例えば新潟では田んぼダムということで、明確にその農地を遊水・保水の策として位置づけて支援をしているということになっておりますので、本市でもさまざまな取り組みを推進していきたいということでこれを掲げております。 ◆河治委員 先ほど聞き忘れたのですけれども、同じ13ページの農に親しむ取組の推進ということで書かれていて、市民農園の開設面積、18ヘクタール、4年間。

浜松市議会 2018-10-01 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月01日−14号

2点目、佐久間ダム、秋葉ダムの洪水調整の現状を伺います。  3点目、ダム再編事業の計画と進行状況を伺います。  4点目、大規模洪水の避難についてお尋ねをいたします。天竜川沿いなどでは5メートルを超える浸水が想定されている区域がありますが、実践的な避難行動についてお伺いをいたします。 ○議長(飯田末夫) 当局からの答弁を求めます。

熊本市議会 2018-09-28 平成30年第 3回定例会-09月28日-06号

支援と、抜本的な支援の拡充につい│ 54│ │    │     │ て                     │   │ │    │     │ 医療費減免の復活について          │ 56│ │    │     │ 地震計の設置拡充について          │ 57│ │    │     │ 公契約条例について             │ 57│ │    │     │立野ダム

堺市議会 2018-09-28 平成30年第 3回定例会−09月28日-05号

あわせて、過大な需要予測によるダム開発ではなく、渇水時や災害時でも供給できる身近な水源を残し、住民参加の水道事業が進められるよう応援することも重要であります。  しかし、現在進められている広域化計画においては、自己水源の放棄や余剰になったダム水の押しつけなどにより、住民負担やサービスの後退を招いている事例も散見されます。