33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

新潟市議会 2017-05-18 平成29年 5月18日文教経済常任委員会-05月18日-01号

制度融資がこのように44億円程度利用が見込めなかった一つの要因としては,資金需要はあるのですが,政府ゼロ金利政策などで,市中銀行が非常にいろいろなメニューをそろえて募集しているところで,資金需要のシェアが制度融資とプロパー資金で少しずつバランスが変わってきているところがあるかと思います。

神戸市議会 2016-03-14 開催日:2016-03-14 平成28年予算特別委員会〔28年度予算〕 (総括質疑) 本文

今,ゼロ金利政策で金利も大変安いんですね。投資をするなら,まさに今ではないかというふうに思っておりまして,それから事務事業の見直しの中でも,小学校の自校調理に対して民間活力を導入していくとか,いわゆる退職者不補充であるとか,いろいろとうたわれております。

広島市議会 2011-06-23 平成23年第 3回 6月定例会−06月23日-02号

現在の日本は,事実上のゼロ金利政策が続き,低金利時代が続いておりますが,金利が乱高下する可能性がないのかと言えば,そうではありません。一般に10年国債の金利が長期金利の代表的指標とされていますので,便宜上そのデータで述べさせていただきますと,ここ数年は1%前後の水準が続いており,この10年間,2%を超えたことはありませんが,20年前のバブル期には8%近い水準でした。  

福岡市議会 2010-10-12 平成22年決算特別委員会 本文 開催日:2010-10-12

しかし、日銀は、緩やかな回復と言いながら、実質的なゼロ金利政策を行い、株価は反応があったものの、為替の円高はまだまだ進んでおり、日本経済は不安定である。中小企業、特に小売業やサービス業では、消費の持ち直しの実感はなく、依然として厳しい経営状況から抜け出すことができないのが現状である。

広島市議会 2010-02-22 平成22年第 1回 2月定例会−02月22日-03号

デフレ時のゼロ金利政策のおかげで破綻を免れていますが,金利がアップをしたら国家の破綻シナリオも現実を帯びてまいります。  日銀統計によれば,昨年9月末の家計の金融資産は1440兆円,現金・預金,保険年金準備金が金融資産のほとんどを占めています。一方で,国債の保有者は,金融機関が約7割程度を占めています。言いかえれば,国民金融機関を通じ,膨大な額の公的債務を支えていることになります。  

静岡市議会 2007-11-03 平成19年11月定例会(第3日目) 本文

それは、日本銀行の2006年3月、量的緩和措置と、7月、ゼロ金利政策解除し、その後、2007年2月にも追加利上げが実施されてきたことであります。その結果、金利引き上げにより中小企業の借入金利が徐々に上昇し、また中小企業の借り入れ依存度は依然として高いため、金利上昇が続けば中小企業資金調達環境は厳しいものになるとの見通しであります。  

新潟市議会 2007-10-09 平成19年決算特別委員会第1分科会−10月09日-05号

ただ,今までゼロ金利政策ということで,プロパー融資も金利が非常に低い局面だったというふうに認識しています。制度融資のメリットの1つ,低金利というところがなかなか伝わらなかったのかなということがまず1つ。  それから,ではさりとて制度融資が全く魅力ないものかということではございません。1つには,制度融資につきましては固定金利ということで金融機関と調整しています。

川崎市議会 2007-03-05 平成19年 予算審査特別委員会-03月05日-02号

日銀は先月21日の政策委員会金融政策決定会合で、5年4カ月ぶりに引き上げをしました昨年7月のゼロ金利政策解除に次ぎまして、7カ月ぶりに金融機関同士が融通し合う短期金融市場金利の誘導目標を、現行の年0.25%から0.5%に引き上げることを決定いたしました。同時に、金融機関に対する補完貸付金利――公定歩合でしょうか、こちらの方も0.4%から0.75%に引き上げる案も決定をしております。

福岡市議会 2006-12-15 平成18年第5回定例会(第1日)  本文 開催日:2006-12-15

日本経済は、日銀が本年7月にゼロ金利政策解除し、その後も景気は緩やかに拡大していると言われておりますが、成長率の水準は低く、かつてのような右肩上がりの成長、拡大が望めない社会経済情勢の中で、本市の財政は、歳入面では国の三位一体改革で地方交付税が抑制される一方、歳出面でも扶助費などの義務的経費の増加が避けられない見通しであるなど、厳しい状況であります。

福岡市議会 2006-10-20 平成18年決算特別委員会 本文 開催日:2006-10-20

これまでゼロ金利政策により借金がふえることを抑制できていたが、ゼロ金利政策解除され長期金利が上昇し始め、また自治体財政状況に応じて金融機関の貸出金利に格差が生じる動きが出ており、毎年2,500億円前後の借りかえを行っている本市では、金利の上昇が市財政をさらに逼迫させることが予測される。過去の借金が余りにも大きいためにわずかな金利変動でも影響を受ける。

広島市議会 2006-10-12 平成18年度決算特別委員会(第1分科会)−10月12日-01号

あと,この融資は無利子ということになっておるんですけれども,やはり昨年の7月まで続きましたいわゆる日銀のゼロ金利政策というのもありまして,市中金利,貸出金利が随分低い水準で推移いたしましたので,若干この融資制度のメリットがちょっと薄れてきたのかなというふうにも考えられます。

札幌市議会 2006-10-06 平成18年第二部決算特別委員会−10月06日-03号

次に、企業債につきましては、15億円の減額ができた理由はわかりましたけれども、日銀のゼロ金利政策解除政府金融機関の統廃合など、公営企業をめぐる金融情勢は流動的であり、今後の動向を注意深く見ていく必要があると思うのであります。水道事業の使命である安全安定給水を確保していくためには、施設耐震化や老朽化した施設の更新事業について計画的に進めていく必要があると思うのであります。  

広島市議会 2006-09-29 平成18年第 4回 9月定例会−09月29日-03号

ことし6月に,長らく続いた我が国のゼロ金利政策解除され,これからの新規発行の地方債や借換債の金利は当然上がることが予想されます。ゼロ金利解除に対しての対策はいかがお考えでしょうか。例えば,20年債や30年債の選択肢はないのでしょうか。  財政再建団体を申請することになった北海道夕張市の負債総額の約半分に当たる300億円が銀行や信金などの金融機関からの借り入れでした。

熊本市議会 2006-09-12 平成18年第 3回定例会−09月12日-04号

日銀はゼロ金利政策を転換して、郵貯・銀行の金利も少しずつ上昇しています。自治体が借り入れる金利も当然上がると思われます。金利上昇による利払いがふえれば、その分財政負担が重くなり、歳入増や事業の縮小・削減となり、事業計画にも影響します。金利の動向は、市債償還計画及び借り入れにも関係すると思われますが、今後の見通しをお示しください。  

神戸市議会 2006-09-05 開催日:2006-09-05 平成18年第3回定例市会(第1日) 本文

しかし,改善しつつあるとはいえ,依然として多額の損失を計上している会計があることや,景気が持続的な回復過程にある中でも,長引く原油高やゼロ金利政策解除などの影響も考えられることなどから,今後も公営企業の果たすべき役割を見きわめ,より効率的な運営体制のもとで的確なサービス提供ができるよう,さらなる経営改善に取り組まれることを希望いたしております。  

静岡市議会 2006-06-05 平成18年6月定例会(第5日目) 本文

次に、議案第211号静岡市篤志奨学基金条例の一部改正について、今のゼロ金利政策の中で、基金の運用には大変苦労をされていると思うが、今後も効果的な運用を心がけ、奨学金有効に活用していただきたいとの要望があり、議案第221号(仮称)静岡市立第五学校給食センター用洗浄及び消毒・保管機器の購入契約については、このセンターには建設から備品まで含めますと約22億円余が必要となるが、将来を担う子供たちの健康にかえられるものではなく

  • 1
  • 2