運営者 Bitlet 姉妹サービス
1596件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生委員会−12月19日-01号 指定管理者は公益社団法人熊本市シルバー人材センターで、指定期間は2024年3月31日までの5年間になっております。  次ページに、同じように選定委員会の構成、申請団体、選定結果を記載させていただいております。  次に、議第485号をお願いいたします。介護予防支援事業推進のための施設の「指定管理者の指定について」でございます。   もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 このような状況を踏まえ、高齢者がその意欲と能力に応じ、働くことができる環境の整備を図るため、高齢者雇用安定法による取り組みが本市においても進められており、本年9月より高年齢者無料職業相談コーナーを設置して、熊本市シルバー人材センターの方が高齢者の雇用・就業に関する相談に当たられております。   もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 そこに立ち返るならば、例えば、郵便局が取り組んでいるふるさとで暮らす父母の見守りサービスや、シルバー人材センターやNPOが取り組んでいる空き家になってしまった実家の管理見回りサービス、また、お墓の除草や掃除を依頼できる事業など、返礼品に加えてセットすれば継続した寄附も期待できるのではないかと思います。   もっと読む
2018-09-20 千葉市議会 2018.09.20 平成30年決算審査特別委員会保健消防分科会 本文 シルバー人材センターとかとの連携というのはやっているのかどうか。1点教えてください。 ◯主査(三須和夫君) 高齢福祉課長。 ◯高齢福祉課長 高齢福祉課でございます。  もちろんシルバー人材センターとも連携しておりまして、簡単な業務を行いたいという方につきましてはシルバー人材センターを紹介するということで連携をとっております。  以上です。 ◯主査(三須和夫君) 川合副主査。 もっと読む
2018-09-18 熊本市議会 平成30年第 3回経済委員会−09月18日-01号 相談員は、熊本市シルバー人材センターより1名配置することとしております。  業務の内容としましては、雇用・就業に関する情報の提供などでございます。  場所としまして、市役所1階の中央区のハローワークサテライトに付設する形で、図面にございますように、下の赤く囲まれた部分が高年齢者職業相談コーナーです。   もっと読む
2018-09-03 川崎市議会 平成30年 第3回定例会-09月03日-01号 公益法人のうち、4番目の川崎市産業振興財団及び6番目の川崎市シルバー人材センターにつきましては、平成28年度の黒字から平成29年度は赤字の計上となっております。一方で、平成28年度に赤字計上した団体のうち、13番目の川崎市学校給食会につきましては、平成29年度は黒字転換いたしました。   もっと読む
2018-08-30 川崎市議会 平成30年  8月健康福祉委員会-08月30日-01号 人材センター         ③公益財団法人川崎市身体障害者協会         ④公益財団法人川崎市看護師養成確保事業団     2 所管事務の調査(報告)      (健康福祉局)     (1)地域包括ケアシステム推進ビジョンにおける取組状況について     (2)「川崎市総合計画」第1期実施計画・総括評価結果について     3 その他                午前10時00分開会 もっと読む
2018-08-24 川崎市議会 平成30年  8月健康福祉委員会-08月24日-01号 また、シルバー人材センターの認知度を高めるためのさまざまな取り組みを行い、多くの市民や事業所等にシルバー人材センター事業に対する理解を得ながら会員増強と事業実績拡大を図ってまいります。  2点目といたしまして、葬祭場の運営につきましては、火葬需要の増大に対応するため、夏期・冬期の友引日開苑を含め、火葬業務を着実に実施してまいります。 もっと読む
2018-06-27 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月27日-08号 一方、本市では、一昨年度より、シルバー人材センターと連携を図り、生活見守り支援の実用化に向けた検討をしておりますが、進捗状況と今後のスケジュールをお伺いいたします。また、導入した場合に団地のニーズとシルバー人材センターで働く方の認識にギャップが生じることが懸念されます。見解と対応を伺います。 もっと読む
2018-06-27 京都市議会 平成30年  6月 教育福祉委員会(第7回)-06月27日−07号    移管になった経過でございますけども,これは以前は上京の保健センターということで,上京区役所の方が所管をしておったということでしたけども,既に平成27年の2月以降は,これについては移転をしておりまして,今そこにないというような状況の中で,平成30年3月までは取りあえず上京区役所が所管と,行財政局と言うか上京区役所が所管ということだったんですけども,その後平成30年4月からは1階と2階に京都市のシルバー もっと読む
2018-06-26 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月26日−04号 次に、シルバー人材センターについてです。  先日、シルバー人材センターの紹介で、市営自転車駐車場で働いている市民の方からお手紙をいただきました。手紙の内容では、神奈川県の最低賃金が956円になっているのに、930円として計算され、支払われる配分金は870円になっています。それが2020年まで2年間続きます。 もっと読む
2018-06-25 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月25日-06号 次に、シニア女性への就業支援について、特にシルバー人材センターにおけるシニア女性への就業支援について伺います。全国的に働き手不足が言われまして、高齢者の就業へのニーズが高まっているようです。 もっと読む
2018-06-21 福岡市議会 平成30年第2委員会 開催日:2018-06-21 働くことに取り組みやすくなる仕組みが必要であり、シルバー人材センターとの連携に取り組むべきである。現在ではシルバー人材センターでは派遣も行っており、労働者不足の中で派遣が伸びていると聞くが、実情について状況を尋ねる。 もっと読む
2018-06-19 千葉市議会 2018.06.19 平成30年第2回定例会(第6日目) 本文 高齢者向けに就労の場を提供するシルバー人材センターでは、本年3月末現在、2,431人の会員登録があり、駐輪場やビルの管理及び清掃作業などの就労の提供を行っているところです。課題としては、会員数が減少傾向であり、また、登録者のうち就労に結びついていない方もいることから、新規会員の確保や受注先の拡大に向けた取り組みが必要となっております。   もっと読む
2018-06-13 千葉市議会 2018.06.13 平成30年環境経済委員会 本文 シルバー人材センターなどでもやっていただくとかいう対応をしていただいてということもありましたので、お願いしたいと思います。  それから、イノシシの被害、やっぱり確実に北上していて、先ほど、去年のこの時期にはゼロ頭だったものが、ことしはもう12頭ということでいえば、かなりこちらのほうに近づいているのかなということが危惧されます。 もっと読む
2018-06-01 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-目次 (一括・一問一答)………………………………………………144     1 民間活力と地域特性を生かした地球温暖化対策について     2 緊急時に備えた安全・安心な体制づくりについて     3 障害児支援について     4 確かな学力と生きる力を学ぶ教育について   羽生田 学議員 (一括・一問一答)……………………………………………154     1 若者施策を充実させるために     2 シルバー もっと読む
2018-04-25 京都市議会 平成30年  4月 産業交通水道委員会(第2回)-04月25日−02号 私ども現行で申しますと,例えばライトアップの時期であるとか花灯路の時期につきましては,シルバー人材センターの皆様方の御協力で22時ぐらいまで京都駅で御案内をするということはしているところではございます。現時点では,コンシェルジュ,夜間の活動はしていないところではございますが,先生今おっしゃられました地域あるいは時間的に観光地の分散ということを京都市でも進めているところでございます。 もっと読む
2018-04-20 広島市議会 平成30年 4月20日厚生委員会−04月20日-01号 それと、実はシルバー人材センターの活用につきましては、つい先日、厚生労働省の方から、シルバー人材センターの活用も含めて就労の方を検討しなさいというような、事務連絡という形での連絡がございました。 もっと読む
2018-03-23 福岡市議会 平成30年条例予算特別委員会 本文 開催日:2018-03-23 73 △保健福祉局長 高齢者の就職活動については、高齢者に臨時的、短期的な業務を提供する福岡市シルバー人材センターの活動支援のため、財政的、人的支援を行っているところである。 もっと読む
2018-03-23 相模原市議会 平成30年  3月定例会議-03月23日−07号 シルバー人材センター育成費に関して、男女別の登録人数と予算の減額理由が、認知症総合対策事業に関して、認知症疾患医療センターにおける相談件数と主な相談内容、若年性認知症患者の居場所づくりの支援策が、緊急一時入所事業に関して、利用希望者の把握状況が、はり、きゅう、マッサージ施術料助成事業に関して、今後の事業方針が尋ねられました。   もっと読む