運営者 Bitlet 姉妹サービス
17382件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号 一、さまざまな環境で議会インターネット中継を視聴できるようにするためには、あえて、新たにユーチューブの利用にこだわらず、現行システムにおいて、さまざまな閲覧ソフトのブラウザに対応可能な環境を整備することが望ましい。  旨、意見が述べられました。  かくして採決いたしました結果、請願第10号、請願第11号、以上2件につきましては、いずれも賛成者もなく不採択とすべきものと決定いたしました。   もっと読む
2018-12-25 熊本市議会 平成30年第 4回予算決算委員会−12月25日-02号 議第287号「平成30年度熊本市一般会計補正予算」中、当分科会関係分については、まず、図書管理システム機器借上について、  一、今後のシステム導入に当たっては、県立図書館や周辺自治体、大学等と相互検索を可能にするなど、利用者の利便性向上に努めてもらいたい。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回経済分科会−12月19日-01号 1の商店街活性化対策事業でございますが、これは商店街等が行う活性化事業に対して助成を行うもので、今回は商店街ポイントカードシステムの再構築事業に対する助成分1件で、265万3,000円をお願いするものでございます。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回予算決算委員会−12月19日-01号 一般会計補正予算の概要は、次ページ以降で御説明いたしますが、企業会計の補正につきましては、交通事業会計におきまして市電のダイヤ作成に必要なシステムの更新に伴う導入作業等に係る経費110万円を計上するものでございます。  4ページをお願いいたします。  一般会計の目的別集計表でございます。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回経済委員会−12月19日-01号 いずれも約400年前に供用開始された日本の農業水利システムの先駆けとなったかんがい施設でございます。  次に、登録された理由でございますが、400年以上前に火山灰の堆積を防止する取り組みや、効率的に取水するための斜め堰の設置など、革新的な工夫を施された施設となっていることや、現在におきましても米の生産や地下水涵養の主要な地域となっていることが、登録された理由となっております。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生委員会−12月19日-01号 主な意見は(3)の@に記載しておりますけれども、乗務員と利用者にとって使いやすいシステムや利用者負担の軽減、定額制の導入について検討してほしい。また、制度の見直しに当たっては、利用者や市民が納得できるような説明をしてほしいなどの意見が出されました。  内容の2点目です。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回教育市民分科会−12月19日-01号 主なものですが、1段目の学校図書管理システム機器借上料につきましては、学校図書館における現行の図書管理システムの契約が満了となることから、債務負担行為の追加を計上するものでございます。  5段目の図書管理システム機器借上料につきましても、市立図書館等における現行の図書管理システムの契約が満了となることから、債務負担行為の追加を計上するものでございます。   もっと読む
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  資料 開催日:2018-12-19 また,地方公共団体は,消費者から消費生活相談を受け,当該相談情報を全国消費生活情報ネットワークシステム に登録するとともに,違法業者に対して行政処分を行っており,その効果は,当該地方公共団体の消費者のみならず, 関係法律の執行,情報提供等を通して国の消費者行政にも及んでいることから,国からの恒久的な財政措置が望まれ ます。   もっと読む
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 この研究会においては、ウォーターフロント地区の現在の交通状況や、ロープウエーを含めたさまざまな交通システムを複数の視点から評価しているようですが、まだ最終的なまとめに至っていない状況であり、いわば検討過程の段階にあります。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務委員会-12月19日-01号 これらの取り組みを総合的に推進していくための体制整備といたしまして、公共施設マネジメントシステムという形で進めてまいりたいと考えております。  このシステムにおいて、検討・調整が行われた各種取り組みを公共施設再編等計画にかえて策定いたします公共施設等総合管理計画・実施計画に、毎年度反映させていくというところで考えております。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生分科会−12月19日-01号 国民年金システム改修経費といたしまして3,280万円を計上しております。これは、平成31年4月より国民年金1号被保険者の産前産後期間の保険料が免除される制度改正等に伴いましてシステム改修を行う経費でございます。財源につきましては、全額国庫補助対象でございます。 ◎渡辺正博 保護管理援護課長  債務負担行為補正について御説明いたします。  資料の55ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回都市整備分科会−12月19日-01号 補正内容といたしましては、その下の枠囲みの部分になりますけれども、市電のダイヤ作成システムの更新に伴う導入作業経費といたしまして110万円の増額補正を計上しております。  次に、113ページをお願いいたします。  債務負担行為の補正が3件ございます。  いずれも来年度の業務のために、本年度中に入札等の契約準備を行う必要がありますことから、債務負担行為の設定を行うものでございます。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務分科会−12月19日-01号 まず、情報政策課所管のサーバー室等保守点検業務委託は、本庁及び各区役所にあるシステムのサーバー室にあります空調等の保守点検を委託するものでございます。  次に、技術管理課所管の建設資材価格調査業務委託は、市発注工事の設計単価に反映させるため、市場における建設資材の取引価格の調査を委託するものでございます。   もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年12月18日公共施設マネジメント調査特別委員会−12月18日-01号 そこで、これらの取り組みを総合的に推進していくため、庁内に公共施設マネジメント推進本部を設置し、財政運営との整合を図りつつ、施設の計画保全や再編等に係る全庁的な総合調整と進行管理を行う仕組みとして、熊本市公共施設マネジメントシステムを構築したいと考えております。   もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-05号 特に、新しい設備やシステム更新など、施設に応じた整備が図られると思いますので、新たに発生するランニングコストが現状との差異を分析した上で算定された数値と言えるのか、不透明に感じます。ゆえに、想定外の支出への対応は可能と言えるのか、不安は尽きません。想定外の財政出動の是非についての見解をいただきたいと思います。   もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 〔44番 落水清弘議員 登壇〕 ◆落水清弘 議員  特命性、今の公務員に一番わかりやすく、やりがいのあるシステムではないかと考えます。他のポジションにもぜひ広げていただいたら、職員の活性化になるかと存じます。  これで今回の質問の全てを終了しました。 もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 そういう中、現在、1,000人を超える不登校児童に対して、スクールソーシャルワーカー、SSWといいますが、その方たちを中心として、学校、地域、家庭、関係機関等との連携により、その子供たちを支えるシステムがあります。 もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 そのためには、医師、保健師、栄養士など、アレルギー疾患について研修を受けるシステムをつくり、市民に正しく情報提供できる相談体制を充実させる必要があると考えますが、御所見を伺います。 もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 具体的な取り組みとしては、本年4月、成績処理などの学校業務を電子化する校務支援システムを導入し、学校現場から業務が軽減されたとの声を多く聞いております。  また、8月には学校閉庁日を初めて実施し、気兼ねなく年次有給休暇が取得できたなどの声がありました。こうした成果を受けて、冬季休業期間中にも学校の裁量により閉庁日を設定できることとし、多くの学校で実施される予定です。   もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 8 ◯住宅都市局長(石橋正信) 10月の決算特別委員会の答弁につきましては、ウォーターフロント地区におきましてクルーズ、MICE、にぎわいが融合した都心部の新たな拠点を形成する上で、将来的な交通事情にも対応できるよう限られた道路空間をさらに有効的に、立体的に活用する新たな交通システムについても、検討を進めておるところでございまして、ルートやシステムの方向性 もっと読む