2567件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号 代表質問で、障害者グループホームの整備のおくれを指摘しました。おくれの原因は、選定後に法人が辞退することと答弁されましたが、グループホームの建物は用意できて、市の審査を通った法人がその後で辞退せざるを得ないのは、世話人を配置できないからだと指摘しました。これは大変な事態です。現場では、世話人が見つからない、やっと見つけた人も大変な仕事でやめてしまうという声が上がっています。 もっと読む
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 近年、これらの費用を補助金として建設される特別養護老人ホームであったり、また、特定施設入居者生活介護施設、グループホームなどに地域交流スペースの設置を進めてきました。選定要件として設置を進めたもの、また、入札における加点要件として設置を進めたものがありますが、これまでの設置と利用の状況について伺います。 もっと読む
2019-03-07 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号 認知症の祖父と2人家族でケアラーとして祖父の介護のキーパーソンを務め、北九州市立大学で学びながら、ようやくカフェ・オレンジの仲介でグループホームに最近入所できたとのことでした。体験談の最後にYさん本人から、ヤングケアラーは全国的にも北九州市でも今よりふえていく、ぜひ行政から援助の手を差し伸べてほしい、家族も自分の人生も大事にできる支援が欲しいと訴えがあり、参加者の共感を呼んでいました。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 ◆大庭裕子 委員 さきの代表質問で、障害者のグループホームの整備について、2019年度において定員90名増の計画数に今年度の不足分を勘案した公募を行うことを検討するとのことでした。家族会からは、高次脳機能障害を対象とするグループホームの整備が必要としています。現状はどうなっているのか伺います。世話人には、高次脳機能障害について専門的な知識を持った方の配置が求められると思いますが、見解を伺います。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 また、これは自主的になんですけれども、昨日の委員の質問でも二次避難所という言葉がありましたが、自主的に、体育館以外の場所に、避難されてきたグループホームの方々のために福祉スペースを自分たちでつくったといったこともございます。一つの経験というのは本当に知識よりも大切なものだという言葉もありますので、今年度、本市はどのような取り組みを実施していくのか、ぜひ危機管理監に伺いたいと思います。 もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 グループホームの整備についてです。2015年度から2017年度の3年間のグループホームの整備計画数は270人分でした。しかし、実績は179名分と66%しか整備できませんでした。2018年度からは3年間、毎年90名の整備を目標としていますが、今年度の現在までの見込みについて伺います。なぜこんなに整備がおくれているのか、原因について伺います。その対策についても伺います。   もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 認知症高齢者グループホームについてです。介護保険制度においてグループホームは所得の低い人を対象に、居住費等の負担が低く抑えられる補足給付の対象外となっています。そのため、特別養護老人ホームに入居した場合よりも負担が多くなることがあり、グループホームから特別養護老人ホームに転居を希望する方がいると仄聞します。 もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月健康福祉委員会-02月06日-01号 もう既にいろんな団体から意見聴取も行いながら進めてこられたと思うんですが、例えば障害者施設のうち、入所施設の短期入所を希望される方々、既存の例えばグループホームとか他の短期入所を利用されていても、実は申し込んでもいつも1回だけ。 もっと読む
2018-12-19 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月19日-09号 当該用地における介護保険サービスにつきましては、当該用地の性質を鑑み、小規模多機能型居宅介護を中心に、認知症高齢者グループホームや地域密着型特別養護老人ホーム等が想定されるところでございまして、現在、さまざまな法人と意見交換を行っているところでございます。 もっと読む
2018-12-17 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月17日-07号 まず、グループホームの整備についてです。このテーマについては、地域での自立した住まいの場の一つとして、グループホームの設置を積極的に推進し、住みなれた地域で暮らすことができるよう、前回の9月議会と今議会の代表質問で、川崎市の南部への整備を求めました。幸区は定員が一番少ない77名という区であります。 もっと読む
2018-12-14 堺市議会 平成30年12月14日健康福祉委員会-12月14日-01号 本年公募を行いましたものは、広域型特別養護老人ホームの新設と増床を合わせて152人分、地域密着型特別養護老人ホームの新設116人分、介護老人保健施設の増床10人分、高齢者グループホームの新設と増床合わせて74人分でございます。  また、施設居住系サービスに代替し得るサービスとして、特定施設入居者生活介護や小規模多機能型居宅介護などの地域密着型サービスの公募を行いました。以上でございます。 もっと読む
2018-12-10 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 保健福祉委員会-12月10日−02号 そして、次に、グループホームに入所している方の移動支援についてお伺いしますが、さいたま市はグループホームの入所者は通学通所支援が使えません。他市ではこれは当たり前に使えているわけなのです。なぜさいたま市では使えないのか、その理由をお示しください。 もっと読む
2018-12-07 川崎市議会 平成30年 12月健康福祉委員会-12月07日-01号 ◎柳原 障害計画課長 選定評価委員会は10月12日にございまして、委員5人の中では、こちらは体験宿泊の事業が最近伸びてきておりまして、そういったことを評価する一方で、地域移行をしているんですけれども、桜の風という同一の育桜福祉会がやっている入所施設が同じ敷地内にございまして、そこから陽光ホームに来てグループホームということで、要は同一の法人内になってしまっている。 もっと読む
2018-12-06 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月06日-04号 今後につきましては、生活介護や短期入所、グループホームなどのサービスを提供する障害者通所事業所等を平成35年4月に高津区に整備する予定でございまして、未整備の区への整備につきましては、高齢者・障害児者福祉施設の再編整備の状況等を踏まえながら検討してまいりたいと存じます。 もっと読む
2018-12-05 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月05日-03号 次に、参加事業所数につきましては、第1期246事業所、第2期344事業所、第3期は11月30日現在、349事業所で、第3期までに参加いただいた事業所数は627事業所でございまして、参加意向の傾向につきましては、第2期との比較では、特定施設入居者生活介護が34から16に減少する一方、小規模多機能型居宅介護は6から13に、認知症高齢者グループホームは16から32にそれぞれ増加しているところでございます。 もっと読む
2018-11-26 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-11月26日-目次 …………………………………………………………………… 368  会議時間延長……………………………………………………………………………… 368   矢沢孝雄議員…………………………………………………………………………… 368    多世代同居・近居の取り組みについて〔環境局長-369、まちづくり局長-369〕    大雪対策、道路除雪計画等について〔建設緑政局長-370、371〕    障害者グループホーム もっと読む
2018-10-05 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月05日-12号 日常生活用具給付等事業について、福祉キャブ運行事業について、受動喫煙防止について、平成29年度の歯っぴーファミリー健診受診者の想定人数及び実績人数等について、認知症疾患医療センター等について、病院へのバス交通について、歯っぴーファミリー健診の受診に対する動機づけの検証等について、地域密着型サービス推進事業について、要介護認定審査における区分変更について、老人いこいの家の施設維持補修等について、障害者グループホーム もっと読む
2018-10-05 浜松市議会 平成30年 10月 厚生保健委員会-10月05日−01号 ◆小黒啓子委員 国の方針で、保護が必要な子供達に対しては家庭的養育ということで、現在の大規模な施設ではなく、グループホーム等小規模な施設の整備や、里親養育に向かっている中で、その流れにも沿いながら、子供たちが不利益をこうむらないように要望に前向きに取り込んでいただきたい。 ○神間智博委員長 質疑・意見を打ち切ります。  次に、児童相談所から決算について説明してください。       もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 グループホームの整備促進に向けて,親亡き後対策の一翼を担うグループホームの整備促進について,地域偏在があり,圧倒的に市街地が少ないため,今年度より市独自で市街地グループホームへの整備補助加算を予算化したことは高く評価をさせていただいております。  一方,施設側からは市の窓口が複雑で連携がとれていないという話を聞いております。 もっと読む
2018-10-04 浜松市議会 平成30年 10月 厚生保健委員会-10月04日−01号 入所者が地域で生活していく受け皿として、今後グループホームなどを多く整備していくことが重要だと思います。ただ、整備は事業者が行いますので、行政は金銭的な支援を行っていくという形です。  また、15人の行き先ですが、グループホームが1人、自宅に戻ったのが14人です。 ◆鈴木恵委員 金銭的な支援だけでうまくいくのかと感じています。 もっと読む