4633件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 ◎奥澤豊 建設緑政局長 シェアサイクル実証実験についての御質問でございますが、殿町・大師河原エリアにおける実証実験につきましては、小島新田駅を中心とするおおむね半径1キロメートルのエリアで、キングスカイフロントなどに約10カ所のサイクルポートを設置し、電動アシストつき自転車を約150台導入して、本年3月中旬から平成33年3月までの間、実験を行うものでございます。 もっと読む
2019-03-04 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号 (説明要旨)     ① 北九州モノレールの現状        昭和60年の開業後、平成10年にJR小倉駅まで延伸を行い、全延長       が約9キロメートルで運行している。        都市モノレールの支柱、桁等のインフラ施設は道路構造の一部とし       て、道路管理者(北九州市)の負担で整備することとなっている。      もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 ◎金子督 上下水道事業管理者 川崎駅以北の地域の重要な管渠の耐震化についての御質問でございますが、市立小中学校などの避難所や重要な医療機関と水処理センターとを結ぶ管渠など、被災時にも機能確保が特に必要となる重要な管渠は川崎駅以北の地域に約650キロメートル布設されており、このうち平成29年度までに約440キロメートルの耐震診断が完了し、残り約210キロメートルについて平成30年度に耐震診断を実施しているところでございます もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 全長3キロメートル、事業費540億円、市費180億円という、橋の長さも事業費規模も市内最大級の臨港道路東扇島水江町線です。この事業について、1月10日、国土交通省が事業再評価を発表し、川崎市に対しても報告がありました。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 初めに、防潮堤並びに津波対策護岸の整備についての御質問でございますが、本市におきましては、津波、高潮による被害から市民の生命や財産を守るため、臨海部第1層である白石町から小島町に至る約13キロメートルの海岸線を海岸保全区域に指定し、当該区域に防潮堤が整備されているところでございます。 もっと読む
2019-02-20 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号 ◎文化観光局長(宮前誠君) 委員お示しのとおり、百舌鳥古墳群は東西南北約4キロメートルの範囲に44基の古墳が点在しております。 もっと読む
2019-02-19 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号 ◎建設局長(中辻益治君) 南海高野線連続立体交差事業は、大和川から堺東駅付近までの約3.0キロメートル区間におきまして鉄道の立体交差化により10カ所の踏切を除却し、あわせて駅前交通広場、側道などを整備することで、安全で円滑な交通の確保や、交通結節点としての機能強化及び中心市街地の活性化など、政令指定都市・堺の玄関口にふさわしいまちづくりに寄与すると考えております。以上でございます。 もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 本市の水道管の総延長は約2,400キロメートルであり、そのうち法定耐用年数である布設後40年を経過した管は、平成28年度末で16.5%と府内平均29.7%に比べ、良好な状態となっております。現在、水道管の改築更新は、堺市水道ビジョンに基づき、計画的に行っており、幹線管については年2%、延長にして約4キロ、配水支管については年1%、延長にして約22キロの更新を進めているところでございます。   もっと読む
2019-02-12 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月12日-01号 本件は、まず、交通用具に係る通勤手当における片道の通勤距離が15キロメートル未満の支給額につきまして、国家公務員の通勤手当の支給額を踏まえて見直しを行うこととし、所要の改正を行うものでございます。  次に、通勤のため自転車の使用を常例とする職員に係る通勤手当について、その支給額を1,000円加算することとし、所要の改正を行うものでございます。   もっと読む
2019-02-08 川崎市議会 平成31年  2月環境委員会-02月08日-01号 第2条は業務の予定量で、車両数は、乗合344両、貸切5両、年間走行キロは、乗合1,313万7,000キロメートル、貸切6万キロメートル、年間輸送人員は、乗合4,944万人、貸切38万5,000人、1日平均輸送人員は、乗合13万5,082人、貸切1,052人と予定するものでございます。   もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月環境委員会-02月06日-01号 また、半径1キロメートル以内には戸別のポスティングを予定しているところでございます。また、それ以外でポスターの掲示を川崎・幸の区役所、図書館、支所、そういったところに掲示させていただき、またそういった箇所でも縦覧できるようにこの環境配慮計画書を置いておきますので、そこで見ていただければと考えているところでございます。 ◆浜田昌利 委員 わかりました。 もっと読む
2019-01-25 川崎市議会 平成31年  1月まちづくり委員会-01月25日-01号 また、計画目標といたしましては、自転車通行環境整備延長を平成20年度末の20キロメートルに対して、平成41年度末までに213キロメートルとしております。  下段に参りまして、4、自転車ネットワーク路線の選定でございますが、下の表にございますとおり、広域拠点の駅などの駅周辺等を地域自転車ネットワークの対象区域としております。 もっと読む
2019-01-24 川崎市議会 平成31年  1月環境委員会-01月24日-01号 次に、事業の概要でございますが、事業主体は国土交通省関東地方整備局で、整備区間は東扇島から水江町の全長3キロメートルでございます。事業期間は平成21年度から平成35年度でございます。事業費につきましては980億円となっておりまして、総便益(B)と総費用(C)から算出される費用便益比、B/Cは1.4でございます。  次に、事業の進捗でございますが、模式図を使って進捗状況をあらわしております。 もっと読む
2018-12-21 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月21日−07号 また、福島第一原発事故の状況を踏まえて、原子力災害対策特別措置法に基づき策定された原子力災害対策指針により、原子力災害対策重点区域の範囲が、原発を中心として半径30キロメートル圏内に拡大されました。  このような中、今後、運転期間が40年に達する原発の増加が見込まれることから、原発の運転期間を延長するかが課題となっています。   もっと読む
2018-12-21 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月21日−資料 また、福島第一原発事故の状況を踏まえて、原子力災害対策特別措置法に基づき策定された「原子力災害対策指針」により、原子力災害対策重点区域の範囲が、原発を中心として半径30キロメートル圏内に拡大されました。  このような中、今後、運転期間が40年に達する原発の増加が見込まれることから、原発の運転期間を延長するかが課題となっています。   もっと読む
2018-12-20 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月20日−06号 また、保護者説明会の関係では、美園南中学校への通学方法については、2キロメートル以上は自転車通学を認める見込みであること。教科指導については、できる限り影響がないように対応すること。参加できない保護者への対応策としては、ホームページやプリント等による情報提供を考えていること。図書室については設置できないため、学級文庫や中学校の図書室で対応すること。 もっと読む
2018-12-19 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月19日-09号 ◎建設緑政局長(奥澤豊) ナビラインの設置状況等についての御質問でございますが、ナビラインにつきましては、川崎市自転車通行環境整備実施計画に基づき整備を進めておりまして、現在の整備延長は約10.6キロメートルでございます。 もっと読む
2018-12-18 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月18日-08号 ◎上下水道事業管理者(金子督) 水道管の耐震化についての御質問でございますが、初めに、配水管につきましては、総延長が約2,400キロメートルと膨大なことから、年間の更新延長を約40キロメートルとしております。 もっと読む
2018-12-17 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 総合政策委員会・文教委員会・まちづくり委員会連合審査会-12月17日−01号 基本的に徒歩となるが、美園中学校では2キロメートル以上は自転車通学を認めることができるとありますが、美園中学校ではなくて、これは美園南中学校ということですよね、美園小学校で授業をやるとは言っても。だから、これは美園南中学校でも2キロメートル以上は自転車通学を認めることができるという意味かどうかを確認したい。   もっと読む
2018-12-17 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月17日-07号 ◎建設緑政局長(奥澤豊) 一般国道1号の整備についての御質問でございますが、川崎公害訴訟の和解に伴い、平成11年度から小向仲野町から柳町までの延長約2.8キロメートル区間について国が事業を実施しております。 もっと読む