497件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-06 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 そのため、早い段階からさまざまな仕事や地元企業に対する理解を深めるキャリア教育のイベントとして、北九州ゆめみらいワークを行っております。昨年の8月開催では出展者が121団体、延べ参加者数は7,103人となっております。  また、産学官の連携による大学、高専生などの地元企業でのインターンシップであります。平成29年度の実績は参加企業数延べ113社、参加学生数226人であります。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 そう考えてくると、やはり幼少期の親子関係というものは非常に重要になってくるわけでございますし、それは親が自分のことを考えるのではなくて、親が子どもたちの未来のために考えるということで、子どもたちの未来のために幼児教育や保育をしっかりと考えて、親自身と子どものライフプランを考えるという意味での親教育の機会にもつなげて、今度は小中学校のキャリア教育につなげていけるベースをつくっていくべきだと思います。 もっと読む
2018-12-19 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月19日-09号 その結果、川崎高等学校における中高一貫教育校としての体験的、探究的な学習や国際理解教育など、6年間の継続した教育活動の充実及び高等学校からの入学者への支援、高津高等学校におけるICTを活用した学習活動やキャリア教育等の充実、定時制生徒の自立支援の充実の必要性及び定時制課程昼間部の志願者数増加に伴う夜間部の募集定員に対する欠員の増加への対応などの課題があることが認識できました。 もっと読む
2018-12-05 北九州市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月05日−01号 今後でございますが、学校においてSDGsの視点を踏まえた各教科学習や環境、人権、福祉、キャリア教育など教育活動全体を通した児童生徒への理解促進はもとより、子育て世代に対する周知にも力を注いでまいりたいと思います。高校生や大学生に対しましては、ホームページやSNSを通して、取り組み事例の紹介や漫画冊子を活用した周知にも努めていくこととしております。 もっと読む
2018-12-04 浜松市議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-12月04日−21号 これまでの取り組みを踏まえ、自己肯定感の高い本市の子供の強みを生かし、自分らしい生き方の実現に向けたキャリア教育を重点に置いた教育を推進することにより、浜松市の将来を担う人材の育成に取り組んでまいります。 ◆42番(太田康隆) 議長、42番。 ○議長(飯田末夫) 42番太田康隆議員。 ◆42番(太田康隆) 再質問を2つさせていただきます。   もっと読む
2018-12-03 浜松市議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-12月03日−20号 進路指導は、生き方の指導であり、キャリア教育の中核をなしています。中学校入学時から学校の教育活動全体を通じて系統的、計画的、組織的に推進し、生徒一人一人が自分の特性や適性を理解して、将来の夢や職業を思い描きながら主体的に進路選択できるように、進路先を本人、保護者とともに考え、指導・支援していく必要があります。   もっと読む
2018-12-03 千葉市議会 平成30年環境経済委員会 本文 開催日: 2018-12-03 あともう一点、一括なのでもう一点なんですけれども、これまでふるさと農園につきましては、学校の課外授業で使われたり、あと近隣の高齢者福祉施設などでも使われてきておりまして、特に、中学生の職業体験、キャリア教育などについても、受け入れていたというふうに聞いております。 もっと読む
2018-11-30 浜松市議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月30日−19号 調査結果については、第3次浜松市教育総合計画「はままつ人づくり未来プラン」において重点として取り組んでいるキャリア教育の実態と、本市の抱える課題の視点から分析を行い、はままつ人づくり未来プラン検討委員会等において改善策等の協議をいたしました。 もっと読む
2018-09-18 北九州市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月18日−04号 ユースステーションでは、ボランティア養成講座などの主催事業や、音楽ライブなどの若者による自主企画事業のほか、ひとみらいプレイス連携事業として、高校生向けキャリア教育を目的とした気ままにセミナーや、心のバリアフリーを体験するセミナーなど、市全体の若者を対象にした人づくりの支援を行っております。 もっと読む
2018-09-12 川崎市議会 平成30年 第3回定例会-09月12日-03号 キャリア教育についてです。キッズタウンとして活動し、国や神奈川県などからも高く評価されている田園調布学園大学のミニたまゆりなどを参考に、租税教育や主権者教育、社会の仕組みなどの専門的知見を持つ弁護士や司法書士、税理士、社会保険労務士などを活用したキャリア教育の推進を提案したいと思います。見解と対応を伺います。  次に、健康医療施策について伺います。がん対策についてです。 もっと読む
2018-08-30 川崎市議会 平成30年  8月文教委員会-08月30日-01号 3つ目として、キャリア教育に全市を挙げて取り組んだことで、文部科学大臣からキャリア教育優良教育委員会として表彰されました。  次に、5ページをごらんください。  主な課題でございますが、1つ目として、各学校の特色を生かしたキャリア在り方生き方教育の取り組みを支援する必要がございます。   もっと読む
2018-06-21 千葉市議会 平成30年第2回定例会(第8日目) 本文 開催日: 2018-06-21 平成28年4月からは、子ども・子育て支援環境の整備や観光分野について、市原市、四街道市と広域連携を進めてきたところであり、今回、また新たな広域連携によって、人材育成のためのキャリア教育や職業教育などの課題解決に向けた取り組みが展開されることを期待しております。   もっと読む
2018-06-21 堺市議会 平成30年 6月21日産業環境委員会−06月21日-01号 さらに、学生の市内企業への就職を支援するため、堺経営者協会などと連携いたしまして、堺南大阪地域の大学生等を対象にいたしましたインターンシップ等のキャリア教育を行うとともに、市内中小企業と大学等とのネットワーク形成を促すために、企業経営者による出前講座の開催や情報交換会を実施しているところでございます。以上でございます。 ◆井関 委員  なかなか大変ですよね。 もっと読む
2018-06-19 堺市議会 平成30年 6月19日文教委員会-06月19日-01号 また、キャリア教育の一環で、毎年、地元企業の経営者を招聘し、経営者の立場から働くことや就職や会社経営などについての講話をしていただく取り組みを実施しております。今後、地元企業の協力も得ながら、キャリア教育の充実も含め、充実に努めていきたいと考えております。以上でございます。 もっと読む
2018-06-12 千葉市議会 平成30年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-06-12 そこで、今回の取り組みにおいては、企業や業界団体などの協力も得つつ、連携都市におけるキャリア教育、職業教育の実施のための方策などについても検討してまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-06-11 浜松市議会 平成30年  5月 定例会(第2回)-06月11日−08号 また、富塚中学校区では、各授業でキャリア教育を推進しており、地域の人材を講師として効果的に活用しています。これを補完する取り組みとして、地域が主体となって、9年間を通して育ちを支える土曜講座を開催しています。その中で、学生ボランティアによる学習のつまずき解消にも取り組んでいます。 もっと読む
2018-06-08 熊本市議会 平成30年第 2回定例会−06月08日-04号 その上で、2020年私立高校無償化に伴う市立高校のあり方、対策については、キャリア教育の充実など、学科や教育内容の質の向上を図るとともに、募集定員の見直しや入学者選抜試験のあり方など、県と連携し、さらなる魅力ある学校づくりに取り組むとのことです。2020年の課題を逆に生かして、あのとき真剣に考え取り組んできたおかげで今の必由館、千原台高校がありますと後に語れるようにしてください。   もっと読む
2018-06-07 北九州市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月07日−03号 同時に、若者の地元定着、仕事の創出を図るために、本市の産業を担う人材を全国から確保、育成するための奨学金返還支援事業の実施、早い段階からさまざまな仕事や地元企業に対する理解を深めるキャリア教育イベント北九州ゆめみらいワークの開催、こうした取り組みを展開し、また、女性の活躍を応援し、住みよいまちづくりを行っていくため、国、県、市が緊密に連携し、女性の就業、子育ての両立をワンストップで支援するウーマンワークカフェ もっと読む
2018-05-30 横浜市議会 平成30年 こども青少年・教育委員会 6、学校・家庭・地域・企業等が連携・協働した教育の推進では、保護者や地域等が学校の運営に参画する学校運営協議会の設置促進や地域・企業等と連携したキャリア教育の実施により、学校だけではなく、家庭・地域・企業等が連携しながら、子供の成長を支えます。 12ページをごらんください。  もっと読む
2018-05-30 川崎市議会 平成30年  5月文教委員会-05月30日-01号 ただ単に学校側の都合だけではなくて、やはり地域のスケジュールの中でできるようなこと、それから逆に今子どもたちにとって必要な内容、私が思うのは、例えばキャリア教育なんていうものが地域の中で芽生えていてあるのであれば、ぜひともそういったものをそういうイベントにぶつけるとかいうようなことも必要だと思います。 もっと読む