5239件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号 次に、医療ツーリズムについて、国が責任を持って、総合的な観点から国民的コンセンサスを形成し、法令やガイドライン等のルールを構築すること。以上の事項につきまして特段の措置を講ぜられるよう強く要望いたしたく、意見書を提出するものであります。  議員各位におかれましては、この意見書案の趣旨を十分に御理解いただき、御賛同賜りますようお願い申し上げまして、私の提案説明を終わります。 もっと読む
2019-03-11 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会-03月11日-01号 ガイドラインについてもよく御質問を受けるんですが、ガイドラインについては、右端の(2)という公の施設の利用許可の基準というところでございまして、これについても、ガイドラインは行政手続条例上の審査基準ということで策定をいたしましたけれども、その根拠は何に基づいてつくったのという部分は、この条例制定を契機にこのガイドラインの根拠となる規定をここに置いていきたいと考えていますので、もう少しこの骨子案では少 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号 今後示される国のガイドラインや他都市の状況等を踏まえ、市が主体となって徴収・管理を行う公会計について、平成33年度の導入を目指し、取り組みを進めてまいります。  説明は以上でございます。 ○片柳進 委員長 説明は以上のとおりです。これより質疑に入ります。意見・要望もあわせて御発言をお願いいたします。 ◆本間賢次郎 委員 御説明ありがとうございました。順次伺ってまいりたいと思います。   もっと読む
2019-03-08 仙台市議会 平成31年度 予算等審査特別委員会(第12日目) 本文 2019-03-08 16: ◯地方分権・大都市制度担当課長  昨年度、国のガイドライン改正により、国土強靱化地域計画と総合計画の一体的な策定などの手法が示されたことを踏まえ、次期総合計画にあわせ、策定に取り組むこととしたものでございます。 17: ◯辻隆一委員  国は、この国土強靱化地域計画と地方創成ということで一つにして、自治体にその計画を求めていると私は伺っているのですけれども、そもそも地方創生総合戦略ですね。 もっと読む
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 前回の指摘では、入札制度のガイドラインの中の項目に問題があるということを指摘させていただきました。その内容がこちらになります。同種工事の施工実績と過去3年間の企業配置予定技術者の工事成績があるかないかを評価の対象としております。 もっと読む
2019-03-07 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号 そこで、例えば譲り受け飼養業のガイドライン作成や質の点検、事業者の起業と空き家対策にもなる一石二鳥の事業の場所のあっせんなど、介護サービスも、ペットの飼養責任も果たせる支援が必要ではないでしょうか。答弁を求めます。  最後に、小倉南区の課題について、福岡県警察朽網交番の移転整備について伺います。   もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 設置基準かガイドラインを策定し、設置をふやすべきと考えますが、取り組みを伺います。また、最近では、子ども乗せ自転車や電動アシストつきなど、自転車の大型化が進んでおります。間隔が狭くとめづらいとのお声も多く聞いておりますが、対応を伺います。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 文部科学省では、学校における働き方改革に関する総合的な方策の一環として、公立学校の教師の勤務時間の上限に関するガイドラインを策定し、他の長時間勤務の削減方策とあわせて取り組むべきとしておりますので、今後、改革の取り組みを進める中で、在校時間の動向などを検証するとともに、ガイドラインを踏まえた目標値についても、多くの教職員が有している意欲ややりがいを大切にしながら、必要に応じて見直しを図ってまいります もっと読む
2019-03-04 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号 、       防災、労働等)との連携を図り、産廃処理の分野からSDGsや環境       首都の実現をリード    ウ 制度見直し等の主な方向性     (ア)排出事業者向けの取り組み       優良な排出事業者の評価・認定制度、適正な処理委託の推進など     (イ)産業廃棄物処理業者向けの取り組み       透明性、トレーサビリティの向上、優良事業者の評価、公表制度や       指針、ガイドライン もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 2016年12月27日の川崎市人権施策推進協議会による提言の中では、公的施設の利用に関するガイドラインの制定、人権全般を見据えた条例の制定とともに、インターネット上のヘイトスピーチへの対策の3項目が取り組むべき事項として提起されました。ガイドラインは既に策定され、条例についても進行中ですが、インターネット対策についてはどうでしょうか。 もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 また、増加する民間活用に対応するためにも、民間活用ガイドラインや川崎版PFI導入実務指針について、より充実した基本方針を策定すべきと提言してきたところです。今回の附属機関の設置はこれまでの提言に資するものだと考えられますが、委員の構成等について詳細を伺います。現行の行財政改革推進委員会で議論するのではなく、新たに附属機関を設置することとした理由について伺います。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 次に、保育所におけるインフルエンザの感染拡大防止についての御質問でございますが、こども未来局といたしましては、厚生労働省発出の保育所における感染症対策ガイドラインに基づき、川崎市保育園健康管理マニュアルを作成し、認可保育所等への周知、活用を促すとともに、予防及び対策を図っているところでございます。 もっと読む
2019-02-21 仙台市議会 市民教育委員会 本文 2019-02-21 さらに、国の基本方針やガイドラインにおいて、いじめを受けた児童生徒の状況に着目して判断することや重大事態の具体例などが示されており、こうした規定に基づき判断を行うようにしております。いじめの事実関係であるとか被害の関連性、こういったものを勘案して事案ごとに判断することとしております。 12: ◯平井みどり委員  本市では中学生のいじめによると言われる自死事案が3件起きました。 もっと読む
2019-02-20 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号 一方、統一化のガイドラインを示している厚労省自身も2018年10月18日に埼玉県で行われた国保トップセミナーで、3年・6年単位で各都道府県に国保運営方針をつくってもらっているけれども、私どもが何年までに、あるいはその先の12年後までになどと目標年次を示していないのは、さまざまな実態によって負担増にもかかわる問題なので、各県の保険料の扱い方針を踏まえながら市町村、都道府県でコミュニケーションをとりながら もっと読む
2019-02-19 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号 それらはガイドラインにある指定期間の3年から5年だと思います。十分な効果を出している管理者につきましては、事業者として能力を最大限に発揮し、さらに今以上に発揮していただくためには、さらなる指定期間の延長をすることが市にとっても事業者にとっても効果が期待できると思いますが、その点どうでしょうか。 もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 厚生労働省では、これらの取り組みを促進するための指針を策定し、公表するとともに、地域福祉計画の策定ガイドラインを出しております。本市の第4次地域福祉計画もこのガイドラインに沿って、しっかり取り組んでいただくよう要望いたします。   もっと読む
2019-02-08 川崎市議会 平成31年  2月総務委員会-02月08日-01号 次に、主な修正についてでございますが、主に6点ございまして、1、水防法の改正に伴う修正、2、避難勧告等に関するガイドラインの改定に伴う修正、3、警報・注意報の発表基準の変更に伴う修正、4、「水防災意識社会再構築ビジョン」の策定に伴う修正、5、防災基本計画修正に係る取組の反映、6、その他、防災対策強化に係る取組や時点修正等でございます。   もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月文教委員会-02月06日-01号 この1月末に、まず第1弾として、働き方に関するガイドラインが国で各自治体に示されていますので、それらも踏まえまして検討を進めてきたところでございます。 ◆岩隈千尋 委員 そのガイドラインの内容はどういった内容なのか、説明していただけますか。 もっと読む
2019-01-25 川崎市議会 平成31年  1月まちづくり委員会-01月25日-01号 資料左側上段、路線選定についてでございますが、国のガイドラインを参考に、自転車ネットワーク路線を選定するものでございます。  まず、地域自転車ネットワークでは、広域拠点や地域生活拠点の駅周辺や国際戦略拠点などにおいて、主に自転車利用者が多い区間や自転車通行環境整備済み区間などの図を作成し、それらを重ね合わせた上で連続性を確保して自転車ネットワークを構築いたします。   もっと読む
2019-01-24 川崎市議会 平成31年  1月健康福祉委員会-01月24日-01号 ◆嶋崎嘉夫 委員 国の指針なり、しっかりとした法律に基づくようなガイドラインが示さない状況の中で、今、そういう方向を模索するということ自体が理解できないのですよ。まずは国のあり方についてはどうなのかということをしっかり確認をとっていくということが大事だと思うのですね。それを含めた中で川崎としてというのは、やはり方向性として進むべき課題だろうなと。 もっと読む