332件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2018-07-25 平成30年 7月25日 教育文化委員会-07月25日−01号

このほかにも、その他ということで、特にマンション住民の自治会組織の設立でありますとか加入促進につきましては、これはもう多くの地域における共通の課題でございます。このため、新設のマンションにつきましては、住宅メーカーや管理会社等への早い段階での働きかけを行って加入につながっている地域もございます。

北九州市議会 2018-06-12 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月12日−04号

まず、議案第83号について委員から、技能労務職から行政職への転職者の雇用の確保について質疑があり、当局から、新たに行政事務に従事するために、服務、公務員倫理、法務・文書関係、会計・契約事務関係及びパソコン操作研修等のサポート、育成を行っており、行政職の業務に定着し、本市の組織運営を支える人材として活躍できるよう取り組んでいるとの答弁がありました。  

北九州市議会 2018-06-11 平成30年 6月11日 保健病院委員会-06月11日−01号

担当課長が申し上げましたのは、市民会館の利活用について、現時点で何も決まっていないということで、我々もコメントする立場でもございませんけれども、もし、担当部局から話があれば、全く拒絶するという意味で申し上げているのではございませんで、当然ながら、同じ市の組織でございますから、話はうかがいます。

北九州市議会 2018-06-08 平成30年 6月 8日 総務財政委員会-06月08日−01号

こういった研修を初めとして、きちっと行政職の業務に定着して、また、本市の公務能率あるいは組織を支える人材として、しっかり活躍していただけるように、いろいろなサポート、育成等を行ってまいりたいと思います。以上でございます。 ○委員長(宮﨑吉輝君) 課税課長。 ◎課税課長 私からは市税条例の改正議案のうち、個人市民税に係る部分についてお答えさせていただきます。  

北九州市議会 2018-06-06 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月06日−02号

この中で、最も達成率の低い女性農業委員数につきましては、2020年度の委員改選に向け、委員会組織や農村女性とのコミュニケーションを深めることで女性の参画がしやすい委員会となるよう努め、女性委員の増加を図ってまいりたいと考えております。同時に、現時点で年次目標を達成している指標におきましても、最終目標を少しでも上回るよう、今後とも実績向上に努めてまいりたいと考えております。  

北九州市議会 2018-06-05 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月05日−01号

次に、福岡県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更に関する協議については、同広域連合を組織する地方公共団体の市制施行に伴い、同広域連合規約の一部を変更するものです。  次に、市道路線の認定、変更及び廃止については、市道路線の整備を図るため、路線の認定、変更及び廃止をするものです。  

北九州市議会 2018-05-29 平成30年 5月29日 議会運営委員会-05月29日−01号

37ページのナンバー26、福岡県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更に関する協議については、広域連合を組織する県内市町村のうち、筑紫郡那珂川町が市制施行することにより、当該広域連合規約の一部を変更するものです。変更の内容、施行期日については記載のとおりです。  38ページのナンバー27、市道路線の認定、変更及び廃止については、市道路線の整備を図るため、路線の認定、変更及び廃止を行うものです。

北九州市議会 2018-05-18 平成30年 5月18日 総務財政委員会-05月18日−01号

そして2017年の2月の定例会で我が党の荒川議員が、旧八幡市民会館の保存、活用について、旧八幡市民会館については地元関係者でつくるリボーン委員会が、先ほどもおっしゃりましたが、委員会が昨年夏、現代美術館への転用を提案して、また2月8日、近代建築の保存記録に取り組む国際組織であるドコモモの日本支部は、支部幹事の京都工芸繊維大学教授と大学院教授が直接本市を訪れて、戦後日本を代表する建築家村野藤吾が設計した

北九州市議会 2017-12-08 平成29年12月 定例会(第4回)-12月08日−04号

──┼─────────────────────────┼──────┼──────┤│  第5号  │指定給水装置工事事業者制度に更新制の導入を求める意│  3.29  │  可 決  ││      │見書                       │      │      │├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤│  第6号  │組織

北九州市議会 2017-12-05 平成29年12月 定例会(第4回)-12月05日−03号

出所後に暴力団組織を離脱し、一般の会社等への就職が非常に難しい中、仲間とともにうどん店を開業しました。その中で、一般社会で生きていこうという番組でございました。  私は決して、犯罪者や暴力団関係者を擁護しているわけではありません。これまでたくさん、さんざん人に迷惑をかけてきたことや、犯した罪の事実は決して消えることはありません。犯罪は憎むべきことです。

北九州市議会 2017-12-04 平成29年12月 定例会(第4回)-12月04日−02号

その要因や背景が多様でありますから、議員御指摘のとおり学校と関係機関が相互に連携を図ることが重要で、市長としての立場から効果的な連携、組織体制づくりに取り組んでまいりました。具体的には、福祉の専門家として学校と家庭、関係機関をつなぐコーディネーター役となるスクールソーシャルワーカーを年々拡充して配置し、教育、医療、福祉など、さまざまな機関が連携した支援ができる体制の整備に努めております。  

北九州市議会 2017-12-01 平成29年12月 定例会(第4回)-12月01日−01号

なお、配置に当たりましては、毎年度人材活用できる職を精査し、設けることなどにより組織体制の強化を図るとともに、再任用職員の増加が昇任や新規採用者数に影響しないよう、配慮や工夫を行っているところでございます。このように本市の再任用制度につきましては、きめ細やかな対応に努めながら適切に運用されていると認識してございます。  

北九州市議会 2017-09-26 平成29年 9月 定例会(第3回)-09月26日−06号

今後は新たなジオツアーの開発や、官民一体となった組織の設立等を行う必要があると考えており、認定に向けた活動に着実に取り組んでいきたい。  モラル・マナーアップの取り組み成果については、平成20年の条例施行当時に比べ、路上喫煙やごみのポイ捨て等に係る過料の適用件数が小倉地区で約4割、黒崎地区で約6割減少している。今後も関係部署と連携しながら、モラル・マナーアップに努めていきたい。  

北九州市議会 2017-09-12 平成29年 9月 定例会(第3回)-09月12日−04号

この会議の構成員は、道路運送法施行規則で交通事業者や運転者が組織する団体、地域住民や利用者、警察や道路管理者、学識経験者、運輸局などで構成することとされていること、協議の内容も限られていること、市民バスネット協議会の構成員として議員が参画していただいていること、こういうことから現時点では議会から参加していただくことまでは考えておりません。御理解をいただきたいと思います。  

北九州市議会 2017-09-11 平成29年 9月 定例会(第3回)-09月11日−03号

本市においても担当部署を決めて、組織的にこの問題について解決を図るべきだと考えますが、お答えください。 ○議長(井上秀作君) 建築都市局長。 ◎建築都市局長(柴田卓典君) 空き地の組織体制ということですけれども、空き地につきましては環境上の問題という指導をしていかなきゃいけないものと、活用していくという、利用していく、誘導していく問題と、そういったものがいろいろ多岐にわたっております。

北九州市議会 2017-09-08 平成29年 9月 定例会(第3回)-09月08日−02号

これを受賞した企業、団体がこの表彰をきっかけに、厚生労働省のイクボスアワードや経済産業省の新・ダイバーシティ経営企業100選を受賞するなど、一層女性が働きやすい組織づくりを行う企業、団体が生まれるといった成果につながっております。  議員御指摘のとおり、仕事をしながら出産、子育てに悩む方が孤立しない環境をつくるためにも、市民、企業が意識改革に取り組むことが重要であります。