ツイート シェア
  1. 広島市議会 2018-06-28
    平成30年第 2回 6月定例会−06月28日-05号


    取得元: 広島市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-03-13
    平成30年第 2回 6月定例会−06月28日-05号平成30年第 2回 6月定例会         平成30年   広島市議会定例会会議録(第5号)         第 2 回                 広島市議会議事日程                                 平成30年6月28日                                   午前10時開議                   日    程  第1┌自第68号議案 平成30年度広島市一般会計補正予算(第1号)    ┤    └至第85号議案 専決処分の承認について      ※各議案は別紙参照  第2 諮問第8号 審査請求に対する裁決について     諮問第9号 審査請求に対する裁決について  第3 広島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について  第4 常任委員会委員及び正副委員長の選任について  第5 議会運営委員会委員及び正副委員長の選任について
     第6 議員提出第4号議案 広島市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関する条例の制定について  第7 意見書案第22号 地方財政の充実・強化を求める意見書案     意見書案第23号 少人数学級の推進を含む計画的な教職員定数改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書案  第8 決議案第16号 一般国道2号西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線供用を求める決議案  第9 請願の取り下げについて     (請願第38号 現行の高齢者公共交通機関利用助成事業の継続・拡充を求めることについて)  第10 請願・陳情の閉会中継続審査について                                  別   紙              議案一覧表(日程第1関係) ┌───────┬────────────────────────────┐ │ 第68号議案 │平成30年度広島市一般会計補正予算(第1号)       │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第69号議案 │広島市市税条例等の一部改正について           │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第70号議案 │広島市介護保険条例の一部改正について          │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第71号議案 │広島市市営住宅等条例の一部改正について         │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第72号議案 │新たに生じた土地の確認及び当該土地を町の区域に編入するこ│ │       │とについて                       │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第73号議案 │訴えの提起について                   │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第74号議案 │調停について                      │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第75号議案 │土地改良事業計画の変更について             │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第76号議案 │市道の路線の廃止について                │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第77号議案 │市道の路線の認定について                │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第78号議案 │契約の締結について                   │ │       │(こども療育センター及び児童相談所等改築工事)     │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第79号議案 │契約の締結について                   │ │       │(こども療育センター及び児童相談所等改築電気設備工事) │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第80号議案 │契約の締結について                   │ │       │(こども療育センター及び児童相談所等改築空気調和設備工 │ │       │事)                          │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第81号議案 │契約の締結について(上瀬野線跨線橋新設工事)      │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第82号議案 │契約の締結について(安芸中野駅自由通路新設工事)    │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第83号議案 │契約の締結について                   │ │       │(温品二葉の里線中山高架橋(仮称)上部工事(その2)) │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第84号議案 │変更契約の締結について                 │ ├───────┼────────────────────────────┤ │ 第85号議案 │専決処分の承認について                 │ └───────┴────────────────────────────┘ ───────────────────────────────────────                会議に付した事件等  開議宣告(終了)  会議録署名者の指名(終了)  日程に入る旨の宣告(終了)  日程第1┌自第68号議案 平成30年度広島市一般会計補正予算(第1号)      ┤      └至第85号議案 専決処分の承認について       (委員会の報告どおり可決)  日程第2 諮問第8号 審査請求に対する裁決について       諮問第9号 審査請求に対する裁決について       (異議なしと回答することに決定)  休憩宣告(終了)  開議宣告(終了)  日程の追加変更について(異議なく決定)  追加日程 副議長の辞職許可について(許可することに決定)  前副議長退任の挨拶(終了)  前副議長に対する謝辞(終了)  日程の追加変更について(異議なく決定)  追加日程 副議長の選挙について       (今田良治議員当選)  新副議長の紹介並びに就任挨拶(終了)  副議長確定の宣告(終了)  新副議長に対する祝辞(終了)  会議時間の延長及び休憩宣告(終了)  開議宣告(終了)  日程の追加変更について(異議なく決定)  追加日程 第86号議案 監査委員の選任の同意について       (同意することに決定)  元日程第3 広島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について        (議長指名どおり当選人を決定)  元日程第4 常任委員会委員及び正副委員長の選任について        (議長指名どおり選任)  元日程第5 議会運営委員会委員及び正副委員長の選任について        (議長指名どおり選任)  元日程第6 議員提出第4号議案 広島市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関する条例の制定について        (原案可決)  元日程第7 意見書案第22号 地方財政の充実・強化を求める意見書案        意見書案第23号 少人数学級の推進を含む計画的な教職員定数改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書案        (原案可決)  元日程第8 決議案第16号 一般国道2号西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線供用を求める決議案        (原案可決)  元日程第9 請願の取り下げについて        (請願第38号 現行の高齢者公共交通機関利用助成事業の継続・拡充を求めることについて)        (承認)
     元日程第10 請願・陳情の閉会中継続審査について        (閉会中の継続審査と決定)  付議事件議了の宣告(終了)  閉会宣告(終了) ───────────────────────────────────────                出 席 議 員 氏 名    1番  海 徳 裕 志            2番  山 本 昌 宏    3番  山 内 正 晃            4番  山 路 英 男    5番  木 戸 経 康            6番  平 野 太 祐    7番  石 橋 竜 史            8番  森 畠 秀 治    9番  定 野 和 広            10番  近 松 里 子    11番  森 野 貴 雅            12番  森 本 健 治    13番  碓 氷 芳 雄            14番  西 田   浩    15番  渡 辺 好 造            16番  宮 崎 誠 克    17番  大 野 耕 平            18番  三 宅 正 明    19番  伊 藤 昭 善            20番  桑 田 恭 子    21番  馬 庭 恭 子            22番  藤 井 敏 子    23番  豊 島 岩 白            24番  八 軒 幹 夫    25番  八 條 範 彦            26番  原   裕 治    27番  米 津 欣 子            28番  安 達 千代美    29番  星 谷 鉄 正            30番  平 木 典 道    31番  今 田 良 治            32番  元 田 賢 治    33番  谷 口   修            34番  竹 田 康 律    35番  村 上 厚 子            36番  中 原 洋 美    37番  中 森 辰 一            38番  酒 入 忠 昭    39番  佐々木 壽 吉            40番  太 田 憲 二    41番  若 林 新 三            43番  山 田 春 男    44番  児 玉 光 禎            45番  金 子 和 彦    46番  永 田 雅 紀            47番  沖 宗 正 明    48番  土 井 哲 男            49番  木 山 徳 和    50番  種 清 和 夫            51番  中 本   弘    52番  木 島   丘            54番  藤 田 博 之    55番  中 石   仁 ───────────────────────────────────────                欠 席 議 員 氏 名    53番  碓 井 法 明 ───────────────────────────────────────           職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名  事務局長    重 元 昭 則       事務局次長   石 田 芳 文  議事課長    小 田 和 生       議事課課長補佐主任事務取扱                                吉 川 和 幸  議事課主査   高 谷 昌 弘       議事課主査   村 田 愛一朗  外関係職員 ───────────────────────────────────────              説明のため出席した者の職氏名  市長      松 井 一 實       副市長     谷   史 郎  副市長     岡 村 清 治       危機管理担当局長行 廣 真 明  企画総務局長  及 川   享       財政局長    手 島 信 行  市民局長    政 氏 昭 夫       健康福祉局長  古 川 智 之  こども未来局長 滝 川 卓 男       環境局長    和 田 厚 志  経済観光局長  日 高   洋       都市整備局長  山 地 正 宏  都市整備局指導担当局長           道路交通局長  谷 山 勝 彦          胡麻田 泰 江  下水道局長   早 志 敏 治       会計管理者   長   敏 伸  消防局長    斉 藤   浩       水道局長    野津山   宏  監査事務局長  堀   敬 輔       財政課長    中 村   徹  教育長     糸 山   隆       選挙管理委員会事務局長                                久 保 雅 之  人事委員会事務局長          柴 田 吉 男 ───────────────────────────────────────                午前10時02分開議                出席議員  52名                欠席議員  2名 ○永田雅紀 議長       おはようございます。  出席議員52名であります。 ───────────────────────────────────────                  開議宣告 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       これより本日の会議を開きます。 ───────────────────────────────────────                会議録署名者の指名 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       本日の会議録署名者として               13番 碓 氷 芳 雄 議員               17番 大 野 耕 平 議員 を御指名いたします。 ───────────────────────────────────────                日程に入る旨の宣告 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       これより日程に入ります。 ─────────────────────────────────────── △日程第1┌自第68号議案 平成30年度広島市一般会計補正予算(第1号)      ┤      └至第85号議案 専決処分の承認について ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       日程第1,第68号議案から第85号議案を一括議題といたします。  本件に対する各常任委員会の審査の結果は,お手元に配付いたしました議案審査報告総括表のとおりでありますので,委員長の報告は省略いたします。  これより討論に入ります。  発言通告者に発言を許します。  36番中原洋美議員。                〔36番中原洋美議員登壇〕(拍手) ◆36番(中原洋美議員) おはようございます。  日本共産党広島市会議員団の中原洋美です。  会派を代表いたしまして,平成30年第2回広島市議会定例会に上程されました議案について討論を行います。  第83号議案に反対いたします。第74号議案は,意見を付して賛成です。残りの16の議案は賛成です。  第83号議案,温品二葉の里線中山高架橋(仮称)上部工事(その2)の契約の締結について反対する理由を述べます。
     この契約は,高速5号線二葉山トンネルに直結する道路の施工ですから,本来なら広島高速道路公社が有料道路事業としてやるべき事業です。にもかかわらず,有料道路だけでは高速5号線の採算性がとれないため,広島市が公共事業として税金をつぎ込み,合併施行の関連道路として整備しようとするものです。このような税金の使い方は問題です。よって賛成できません。  次に,意見を付して賛成する第74号議案について意見を述べます。  この議案は,広島高速5号線の新設に係るトンネル工事に伴う損害についての調整調停に応じることで,地域住民の安全・安心を確保し,トンネル工事を円滑に進めようとするものです。7名の地域住民が広島県,広島市,広島高速道路公社に対し,トンネル工事を着工する根拠として住民が十分に納得できる具体的な対策の約束と誠実な説明責任を求めて調停の申し立てをされたことによるものです。  そもそも高速5号線のトンネル工事に関しては,トンネル掘削工事による地盤沈下と家屋被害,災害発生などの危険性を危惧された102名の地域住民が工事の差しとめ裁判を起こされるなど,住民の大きな不安を拭い切れないまま事業再開の判断がされてまいりました。地域住民が同じ事業に関して裁判や調停に訴えるというのは異常なことであります。広島高速1号線福木トンネルで想定された12倍もの地盤沈下と家屋被害の体験が,二葉山トンネル事業への大きな不安と広島市,広島県,公社に対する不信を増幅させてきました。  そのような住民の不安が今回の調停で拭えるのかは疑問ですが,調停内容を見ますと,最も地表面沈下の抑制にすぐれたシールド工法の採用,万全の調査・計測管理体制の整備,影響が発生した場合の誠実で適切な補償対象を講じることを約束するものになっております。この調停が今議会で議決されれば,調停内容を誠実に実行していくことになります。調停では,被害が発生した場合,トンネル工事を一旦停止して対策を実施することになっておりますが,対策が実施されることを前提として公社はトンネル掘削を再開できるともされております。この調停の目的は,地域住民の安全・安心の確保であり,住民の納得を得る対策が講じられるまでは工事を再開されないことを求めておきます。  さらに,予測沈下量がシールド工法の約5倍にもなるナトム工法を採用する中山地区においては,既に家屋の塀に被害が発生しております。工法は違っても,二葉山トンネル工事に対する地盤沈下や災害発生への住民の不安は同じです。安全・安心な工事を行うという点で差があってはなりません。ナトム工法で掘削が行われる中山地区についても,調停内容に記されたと同じ緻密・精緻な計測,対策,補償がされるよう求めて,討論を終わります。(拍手) ○永田雅紀 議長       以上で討論を終結いたします。  これより採決いたします。  まず,反対討論のありました第83号議案を採決いたします。  本件は,委員会の報告どおり決するに賛成の議員の起立を求めます。                 〔賛成者起立〕 ○永田雅紀 議長       起立多数であります。よって,本件は,委員会の報告どおり可決されました。  次は,ただいま採決した議案を除く他の議案を一括採決いたします。  本件は,いずれも委員会の報告どおり決するに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認め,さよう決定いたしました。 ─────────────────────────────────────── △日程第2 諮問第8号 審査請求に対する裁決について       諮問第9号 審査請求に対する裁決について ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       次は,日程第2,諮問第8号及び諮問第9号を一括議題といたします。  本件に対する総務,消防上下水道両委員会の審査の結果は,お手元に配付いたしました諮問審査報告総括表のとおりでありますので,委員長の報告は省略いたします。  これより討論に入ります。  本件については,討論の通告がありませんので,これをもって討論を終結いたします。  これより採決いたします。  本件は,いずれも委員会の報告どおり異議なしと回答することに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認め,さよう決定いたしました。 ───────────────────────────────────────                  休憩宣告 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       この際,種々御協議することがございますので,暫時休憩いたします。                午前10時09分休憩 ───────────────────────────────────────                午後3時45分開議                出席議員  53名                欠席議員  1名 ○永田雅紀 議長       出席議員53名であります。 ───────────────────────────────────────                  開議宣告 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       休憩前に引き続き会議を開きます。 ───────────────────────────────────────               日程の追加変更について ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       この際,日程の追加変更についてお諮りいたします。  私の手元に山田副議長より副議長の辞職願が提出されました。  つきましては,副議長の辞職許可についてを日程に追加,直ちに議題といたしたいと思いますが,これに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認め,副議長の辞職許可についてを議題といたします。                〔山田春男議員退席〕 ─────────────────────────────────────── △追加日程 副議長の辞職許可について ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       事務局長に辞職願を朗読させます。 ◎重元昭則 事務局長     (朗  読)                   辞職願  このたび一身上の都合により副議長を辞職いたしたいので,許可されますようお願いいたします。  平成30年6月28日                                 広島市議会副議長                                  山 田 春 男  広島市議会議長 様 ○永田雅紀 議長       お諮りいたします。  本件は,申し出どおり辞職を許可することに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認めます。よって,山田春男議員の副議長辞職は許可することに決定いたしました。                〔山田春男議員着席〕 ───────────────────────────────────────                前副議長退任の挨拶 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       ただいま副議長を辞職されました山田春男議員より,退任の挨拶の申し出がありますので,これを許します。  43番山田春男議員。                〔43番山田春男議員登壇〕 ◆43番(山田春男議員) 皆様のお許しを得まして,一言,お礼の御挨拶を申し上げます。  昨年6月に皆様方の御推挙をいただきまして,副議長という要職に就任させていただきました。この間,行き届かぬ点もありましたにもかかわらず,皆様方の御協力をいただき,その職責を全うすることができました。ここに厚くお礼を申し上げます。また,事務局の皆様方にも大変お世話になりました。  今後は,この経験を生かして,微力ではございますが,市政発展のために一層の努力をいたす所存でございます。皆様方におかれましては,どうかこれまでと変わらぬ御指導,御鞭撻をいただきますよう心からお願いを申し上げまして,甚だ簡単ではございますけども,お礼の御挨拶とさせていただきます。  本当にありがとうございました。(拍手) ───────────────────────────────────────                前副議長に対する謝辞 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       中本弘議員より前副議長に対する謝辞を述べたいとの申し出がありますので,これを許します。  51番中本弘議員。                〔51番中本弘議員登壇〕 ◆51番(中本弘議員) まことに僣越ではございますが,皆様方のお許しをいただきまして,ただいま副議長を辞任されました山田議員に対しまして,一言,感謝の言葉を申し上げます。  山田議員におかれましては,昨年6月に,第103代広島市議会副議長として御推挙を受けられ,永田議長を補佐し,豊富な経験と識見を発揮され,市政の発展のため全力を傾注してこられました。  心から敬意と感謝を申し上げる次第でございます。  どうか山田議員におかれましては,今後とも御健康に十二分に御留意いただきまして,これまでの貴重な経験と政治手腕を生かされ,市政の発展に一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げまして,簡単ではございますが,謝辞とさせていただきます。  まことに御苦労さまでございました。(拍手) ───────────────────────────────────────               日程の追加変更について ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       この際,日程の追加変更についてお諮りいたします。  山田副議長の辞職に伴い,新たに副議長を選挙する必要が生じましたので,この際,副議長の選挙を日程に追加,直ちに選挙を行いたいと思いますが,これに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認め,副議長の選挙を日程に追加,直ちに選挙を行います。 ─────────────────────────────────────── △追加日程 副議長の選挙について ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       議場の閉鎖を命じます。
                     〔議場閉鎖〕 ○永田雅紀 議長       ただいまの出席議員は,53名であります。  投票用紙を配付させます。               〔書記,投票用紙を配付〕 ○永田雅紀 議長       投票用紙の配付漏れはございませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。                〔書記,投票箱を点検〕 ○永田雅紀 議長       異状なしと認めます。  念のために申し上げます。  投票は単記無記名であります。  投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上,点呼に応じて順次投票願います。  点呼を命じます。             〔書記,氏名を点呼し,各員投票〕                〔投 票 者 氏 名〕         海 徳 裕 志 議員     山 本 昌 宏 議員         山 内 正 晃 議員     山 路 英 男 議員         木 戸 経 康 議員     平 野 太 祐 議員         石 橋 竜 史 議員     森 畠 秀 治 議員         定 野 和 広 議員     近 松 里 子 議員         森 野 貴 雅 議員     森 本 健 治 議員         碓 氷 芳 雄 議員     西 田   浩 議員         渡 辺 好 造 議員     宮 崎 誠 克 議員         大 野 耕 平 議員     三 宅 正 明 議員         伊 藤 昭 善 議員     桑 田 恭 子 議員         馬 庭 恭 子 議員     藤 井 敏 子 議員         豊 島 岩 白 議員     八 軒 幹 夫 議員         八 條 範 彦 議員     原   裕 治 議員         米 津 欣 子 議員     安 達 千代美 議員         星 谷 鉄 正 議員     平 木 典 道 議員         今 田 良 治 議員     元 田 賢 治 議員         谷 口   修 議員     竹 田 康 律 議員         村 上 厚 子 議員     中 原 洋 美 議員         中 森 辰 一 議員     酒 入 忠 昭 議員         佐々木 壽 吉 議員     太 田 憲 二 議員         若 林 新 三 議員     山 田 春 男 議員         児 玉 光 禎 議員     金 子 和 彦 議員         沖 宗 正 明 議員     土 井 哲 男 議員         木 山 徳 和 議員     種 清 和 夫 議員         中 本   弘 議員     木 島   丘 議員         藤 田 博 之 議員     中 石   仁 議員         永 田 雅 紀 議員 ○永田雅紀 議長       投票漏れはございませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       投票漏れなしと認めます。  投票箱を閉鎖します。                  〔投票箱閉鎖〕 ○永田雅紀 議長       これより開票を行います。  この際,開票立会人を御指名いたします。  3番山内正晃議員,8番森畠秀治議員,14番西田浩議員の御三名を指名いたします。  立ち会いをお願いいたします。                 〔開票立会人立会〕               〔書記,投票を計算,点検〕 ○永田雅紀 議長       選挙の結果を報告いたします。  投票総数53票  有効投票53票  投票総数は,出席議員の53名と符合いたします。  有効投票中   今 田 良 治 議員 39票   竹 田 康 律 議員 14票  以上のとおりであります。  本選挙の法定得票数は14票であります。よって,今田良治議員が副議長に当選されました。  議場の閉鎖を解きます。                  〔議場開鎖〕 ───────────────────────────────────────              新副議長の紹介並びに就任挨拶 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       ただいま副議長に当選されました今田良治議員を御紹介いたします。  31番今田良治議員。                〔31番今田良治議員登壇〕(拍手) ◆31番(今田良治議員) ただいま多くの皆様方の御支援により,名誉ある第104代広島市議会副議長の要職に御推挙いただきまして,心から厚くお礼を申し上げますとともに,その重責を改めて痛感しているところでございます。  まことに微力ではございますが,先輩,同僚議員の皆様の御指導と御協力を賜り,広島市の発展のため,また,議長のもとで円滑な議会運営に努力をしてまいる所存でございます。  どうかこれまで以上の御支援をお願い申し上げて,簡単ではございますが,就任の御挨拶をさせていただきます。  ありがとうございました。(拍手) ───────────────────────────────────────                 副議長確定の宣告 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長              今田良治議員より,副議長就任の挨拶がありましたので,本市議会の副議長は確定いたしました。 ───────────────────────────────────────                新副議長に対する祝辞 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       木島丘議員より,新副議長に対する祝辞を述べたいとの申し出がありますので,これを許します。  52番木島丘議員。                〔52番木島丘議員登壇〕             〔31番今田良治議員自席にて起立〕 ◆52番(木島丘議員) まことに僣越ではございますが,同僚議員の皆様方のお許しをいただきまして,ただいま就任されました今田副議長さんに対しまして,一言,お祝いの言葉を申し上げます。  新副議長におかれましては,これまで,その豊富な経験と識見を生かされ,市議会において数々の要職を歴任されるなど,本市の発展に多大なる貢献を賜っており,その手腕と人柄は多くの人が知るところでございます。  さて,近年,地方自治体の果たすべき役割はますます多様化・複雑化し,高度な市政運営が求められております。  このような中,意思決定機関である私ども議会が,市民生活の向上と市政の発展のため,その役割を十分に発揮し,使命を果たせるよう,副議長におかれましては,議長とともに御尽力を賜りますようお願い申し上げます。  甚だ簡単ではございますが,お祝いの言葉にさせていただきます。  まことにおめでとうございます。(拍手) ───────────────────────────────────────              会議時間の延長及び休憩宣告 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       この際,所定の会議時間を延長し,暫時休憩いたします。                午後4時13分休憩 ───────────────────────────────────────                午後6時03分開議
                   出席議員  51名                欠席議員  3名 ○永田雅紀 議長       出席議員51名であります。 ───────────────────────────────────────                  開議宣告 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       休憩前に引き続き会議を開きます。 ─────────────────────────────────────── △日程の追加変更について ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       この際,日程の追加変更についてお諮りいたします。  市長より,第86号議案,監査委員の選任の同意についてが提出されました。  この際,第86号議案を日程に追加,直ちに議題といたしたいと思いますが,これに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長              異議なしと認めます。よって,第86号議案を日程に追加,直ちに議題とすることに決定いたしました。 ───────────────────────────────────────  追加日程 第86号議案 監査委員の選任の同意について ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       第86号議案,監査委員の選任の同意についてを議題といたします。  除斥の規定により,西田浩議員,三宅正明議員は退席をお願いいたします。             〔西田浩議員,三宅正明議員退席〕 ○永田雅紀 議長       お諮りいたします。  本件は,市長説明並びに自後の議事手続を省略,直ちに採決いたしたいと思いますが,これに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認め,さよう決定いたしました。  これより採決いたします。  本件は,原案に同意することに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認めます。よって,本件は,同意することに決定いたしました。             〔西田浩議員,三宅正明議員着席〕 ─────────────────────────────────────── △元日程第3 広島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       次は,元日程第3,広島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。  選出依頼書の写しは,お手元に配付したとおりであります。  お諮りいたします。  本件は,先例により,指名推選によることとし,議長より指名することに決して御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認め,さよう決定いたしました。  広島県後期高齢者医療広域連合議会議員として,谷口修議員,星谷鉄正議員,石橋竜史議員,山内正晃議員,以上4名を御指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま指名いたしました4名の議員を当選人と定めることに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認めます。よって,ただいま指名いたしました方々が広島県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。  この際,ただいま当選されました4名の議員が議場におられますので,本席から会議規則第30条第2項の規定により,当選の告知をいたします。 ─────────────────────────────────────── △元日程第4 常任委員会委員及び正副委員長の選任について ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       次は,元日程第4,常任委員会委員及び正副委員長の選任を行います。  委員会条例第6条第1項及び第7条第2項の規定により,議長より指名いたします。  事務局長に指名表を朗読させます。 ◎重元昭則 事務局長     (朗  読)    総務委員会     委 員 長 碓 氷 芳 雄 議員     副委員長 山 本 昌 宏 議員     以下,委員の方のお名前を申し上げます。          八 條 範 彦 議員   馬 庭 恭 子 議員          村 上 厚 子 議員   今 田 良 治 議員          谷 口   修 議員   永 田 雅 紀 議員          木 山 徳 和 議員                             以上9名 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜    消防上下水道委員会     委 員 長 伊 藤 昭 善 議員     副委員長 定 野 和 広 議員     以下,委員の方のお名前を申し上げます。          中 石   仁 議員   宮 崎 誠 克 議員          原   裕 治 議員   星 谷 鉄 正 議員          金 子 和 彦 議員   種 清 和 夫 議員          木 島   丘 議員                             以上9名 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜    文教委員会     委 員 長 森 畠 秀 治 議員     副委員長 木 戸 経 康 議員     以下,委員の方のお名前を申し上げます。          大 野 耕 平 議員   藤 井 敏 子 議員          渡 辺 好 造 議員   米 津 欣 子 議員          若 林 新 三 議員   酒 入 忠 昭 議員          児 玉 光 禎 議員                             以上9名 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜    経済観光環境委員会     委 員 長 森 本 健 治 議員     副委員長 平 野 太 祐 議員     以下,委員の方のお名前を申し上げます。          石 橋 竜 史 議員   桑 田 恭 子 議員          豊 島 岩 白 議員   八 軒 幹 夫 議員          安 達 千代美 議員   中 森 辰 一 議員          佐々木 壽 吉 議員                             以上9名 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜    厚生委員会     委 員 長 山 路 英 男 議員     副委員長 森 野 貴 雅 議員     以下,委員の方のお名前を申し上げます。          近 松 里 子 議員   三 宅 正 明 議員          平 木 典 道 議員   太 田 憲 二 議員          山 田 春 男 議員   土 井 哲 男 議員          碓 井 法 明 議員
                                以上9名 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜    建設委員会     委 員 長 山 内 正 晃 議員     副委員長 海 徳 裕 志 議員     以下,委員の方のお名前を申し上げます。          西 田   浩 議員   竹 田 康 律 議員          中 原 洋 美 議員   元 田 賢 治 議員          沖 宗 正 明 議員   藤 田 博 之 議員          中 本   弘 議員                             以上9名 ○永田雅紀 議長       ただいま御指名いたしましたとおり,選任することに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認めます。よって,指名どおり選任することに決定いたしました。 ───────────────────────────────────────  元日程第5 議会運営委員会委員及び正副委員長の選任について ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       次は,元日程第5,議会運営委員会委員及び正副委員長の選任を行います。  委員会条例第6条第1項及び第7条第2項の規定により,議長より指名いたします。  事務局長に指名表を朗読させます。 ◎重元昭則 事務局長     (朗  読)   議会運営委員会    委 員 長 元 田 賢 治 議員    副委員長 渡 辺 好 造 議員    副委員長 宮 崎 誠 克 議員    以下,委員の方のお名前を申し上げます。         山 内 正 晃 議員   山 路 英 男 議員         森 畠 秀 治 議員   森 本 健 治 議員         桑 田 恭 子 議員   三 宅 正 明 議員         藤 井 敏 子 議員   八 條 範 彦 議員         竹 田 康 律 議員   中 原 洋 美 議員         平 木 典 道 議員                            以上14名 ○永田雅紀 議長       ただいま指名いたしましたとおり,選任することに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認めます。よって,指名どおり選任することに決定いたしました。 ─────────────────────────────────────── △元日程第6 議員提出第4号議案 広島市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関する条例の制定について ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       次は,元日程第6,議員提出第4号議案,広島市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関する条例の制定についてを議題といたします。  それでは,議員提出第4号議案について趣旨説明を求めます。  18番三宅正明議員。                〔18番三宅正明議員登壇〕 ◎18番(三宅正明議員) 議員提出第4号議案,広島市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関する条例の制定について,提案者を代表して趣旨説明を行います。  本案は,広島市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関し,必要な事項を定めようとするものです。  最初に,本案の概要について御説明いたします。  広島市選挙管理委員会は,広島市議会議員の選挙において,候補者の氏名,経歴,政見等を掲載した選挙公報を選挙ごとに1回,選挙区ごとに発行しなければならないとするものです。選挙公報は,当該選挙に用いるべき選挙人名簿に登録された者の属する各世帯に対して,選挙の期日前2日までに配布するものといたします。この条例の規定は,この条例の施行の日以後,その期日を告示される一般選挙から適用されます。  以上が概要であります。  次に,提案理由であります。  前回,平成27年4月12日執行の広島市議員一般選挙の投票率は42.68%となり,平成23年の選挙の投票率から6.36%下落いたしました。もとより投票率はさまざまな要因に左右されるものでありますが,より投票しやすい環境を整備するために,候補者の政見等を有権者が知る機会を拡充する必要があります。選挙公報を発行することにより選挙区ごとの各候補者の政策等を一度に多くの有権者に提供することが可能となり,選挙において有権者が適正な判断を行い,投票行動に生かすことができます。  こうしたことから,現在,私が代表を務めさせていただいております議会改革推進会議におきまして,広島市議会議員の選挙公報の発行について協議,調整を重ねてまいりました結果,本案を提出することを決定いたしました。  どうか本案に対しまして皆様方の御賛同をよろしくお願い申し上げまして,議員提出第4号議案の提案趣旨説明を終わらせていただきます。  どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○永田雅紀 議長       お諮りいたします。  本件は,質疑並びに委員会付託を省略いたしたいと思いますが,これに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認め,さよう決定いたしました。  これより討論に入ります。  発言通告者に発言を許します。  24番八軒幹夫議員。                〔24番八軒幹夫議員登壇〕 ◆24番(八軒幹夫議員) 桜の八軒幹夫です。  議員提出第4号議案,広島市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関する条例の制定について,反対の立場で討論を行います。  この議案は,新たに広島市議会議員選挙において選挙公報を発行しようとするもので,昨年の6月から議会改革推進会議で議論され,発行に関する必要事項を定めた条例案を議員提案として提出されたものです。私は,当初より選挙公報の発行に関しましては必要性に疑問を感じており,この条例案を検討するに当たり,改めて議会改革推進会議の会議録を読み返してみました。  会議の中では,選挙公報の発行に関し賛否両論があり,委員の皆様はそれぞれ忌憚のない意見を述べられ,厳しい意見もありましたが,真剣に議論を積み重ねてこられ,今回の条例案を提出することになったことは理解をいたしますし,委員の皆様の御努力には心から敬意を表します。しかしながら,何度会議録を読み返しても選挙公報の発行の必要性について納得することができませんので,次の二つの理由から本条例案には反対をさせていただきます。  1,選挙公報発行の目的が明確でない,2,選挙公報を発行するためには必要経費として約1400万円必要とするが,それを公費で支出することが適切であるとは思わない。  以下,2点について補足説明を行います。  まず,1,選挙公報発行の目的が明確でないことについて。  発行の目的については,選挙公報を発行している18の政令市に調査を行った結果として,有権者への候補者状況の提供,投票率の向上,立候補者の選挙運動の場の提供と回答があったとの報告はありますが,広島市議会は何のために選挙公報を発行するのかが会議録の中では明確になっていません。最終的に発行する方向で検討することとなった理由は,会議録によると,政令指定都市の市議会議員選挙で選挙公報を発行していないのは広島市と北九州市のみであり,北九州市は次期の選挙で発行する方向で検討しているから,北九州市が発行すれば発行しないのは広島市だけになる。  また,広島県議会議員選挙においては,既に次回の選挙から選挙公報を発行することが決定しているので,仮にこのまま広島市議会議員選挙では選挙公報を発行しないということになると,次回の統一地方選挙では,三つの選挙のうち広島県議会議員選挙と広島市長選挙は選挙公報が発行されるが,広島市議会議員選挙だけ選挙公報が発行されないことになる。これらの状況を踏まえて選挙公報を発行する方向で検討したいというものでした。  本来,選挙公報の発行については,何のために発行するのか目的を明確にした上で発行の是非を判断すべきものであり,他都市が発行するから本市も発行するという考え方には賛同できません。また,仮に発行の目的が他都市からの回答と同じであったとするなら,有権者への候補者情報の提供及び立候補者の選挙運動の場の提供については他の方法でも対処できます。  平成29年6月14日に公職選挙法の一部が改正され,平成31年3月1日から都道府県または市の議会の議員の選挙におけるビラの頒布が解禁されました。これにより指定都市の議会の議員の選挙にあっては,候補者1人について8,000枚のビラが頒布できることとなりました。そしてビラの作成経費については,条例で定めることにより公費で負担できることとなっており,選挙公報を発行しなくても十分に対応できると思います。  選挙公報発行と投票率の関連については,前述の18の政令指定都市への調査で,選挙公報発行前後の選挙を比較して投票率が上がったのが3市,下がったのが9市であったが,ほとんどの市において選挙公報発行による投票率の影響について検証,分析を行っていないとの回答がありましたが,これらのことからも投票率の向上を選挙公報発行の目的にすることには疑問を感じます。  次に,2,選挙公報を発行するためには,必要経費として約1400万円必要とするが,それを公費で支出することが適切であるとは思わないことについて補足説明を行います。  私は,本年3月の予算特別委員会で,人口減少は加速度的に進み,社会保障給付費がふえていき,インフラのメンテナンスも難しくなる時代が来る,だから今までと同じように経常経費を使っていたり,今までと同じ事業をやっていたのではどうやっても財政運営が厳しくなる,できれば支出の面についても聖域を持たず,どうしても必要であるというものでなければ,既存の事業は厳しく精査して廃止するぐらいの覚悟が要るのではないかと申し上げました。また,平素から新規事業を行うに当たっては,その事業はやらなければ市民生活に多大な影響を及ぼす絶対に必要な事業か,やったほうがいいがやらなくても市民生活にはほとんど影響がないものか,全く必要のない無駄なものか,をよく考えて,絶対に必要な事業以外は厳しく精査していただきたいと理事者の皆さんに申し上げています。  それは議会についても同じことだと思いますし,むしろ予算をチェックする役割を持つ議会だからこそ,経費の支出については厳密に検討する必要があると思います。その観点から今回の選挙公報の発行を考えたとき,目的もはっきりせず,ほかにかわる方法もあり,やれば効果はあるかもしれないが,やらなくても市民生活に多大な影響を及ぼす可能性はほとんどないと思います。したがって,1400万円の経費を支出してまで行わなければならない施策だとは思えません。  また,今後,8,000枚のビラの作成費の公費負担についても検討される可能性があり,同様な目的のために二重に経費を支出するのはいかがなものかとも考えますので,選挙公報への経費支出については,ビラの作成費の公費負担とあわせて検討すべきものと考えますので,本議案に賛成することはできません。  以上で討論を終わります。 ○永田雅紀 議長       以上で討論を終結いたします。  これより採決いたします。  本件は,原案どおり決するに賛成の議員の起立を求めます。                 〔賛成者起立〕 ○永田雅紀 議長       起立多数であります。よって,本件は,原案どおり可決されました。 ─────────────────────────────────────── △元日程第7 意見書案第22号 地方財政の充実・強化を求める意見書案        意見書案第23号 少人数学級の推進を含む計画的な教職員定数改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書案 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       次は,元日程第7,意見書案第22号,地方財政の充実・強化を求める意見書案及び意見書案第23号,少人数学級の推進を含む計画的な教職員定数改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書案を一括議題といたします。  お諮りいたします。  意見書案第23号は,各派共同提案でありますので,趣旨説明を省略いたしたいと思いますが,これに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認め,さよう決定いたしました。  それでは,意見書案第22号について趣旨説明を求めます。  3番山内正晃議員。                〔3番山内正晃議員登壇〕 ◎3番(山内正晃議員) 市民連合の山内正晃でございます。  提出者を代表いたしまして,意見書案第22号,地方財政の充実・強化を求める意見書案の趣旨説明を案文の朗読をもってかえさせていただきます。  地方財政の充実・強化を求める意見書案。  地方自治体においては,地方創生への取り組みを初め,子ども子育て等福祉・医療・教育の充実,公共施設等の更新・統廃合・長寿命化対策,さらには防災・減災対策など,従来にも増して果たすべき役割が拡大し,それに必要となる財政需要は増加する一途にあります。  その一方で,地方自治体は,これまでも職員の削減など徹底した行財政改革や投資的経費の抑制により,年々増嵩する社会保障関係費を捻出してきましたが,行財政改革による対応も限界まで来ており,地方財政を取り巻く環境は一段と厳しいものになっています。
     このような中,地方自治体が地域の実情に沿ったきめ細やかな行政サービスを持続的に提供し,かつ,人口減少社会を踏まえた新たな行政課題にも的確に対応するためには,地方税,地方交付税等の一般財源総額の充実確保が不可欠です。  このため,平成31年度(2019年度)の政府予算,地方財政の検討に当たっては,歳入・歳出を的確に見積もり,必要な行政サービスを提供することができるよう,社会保障予算の充実,地方財政の確立を目指すことが必要です。  よって,国会及び政府におかれては,下記の措置を講じられるよう強く要請します。  1,社会保障,災害対策,環境対策,地域交通対策,人口減少対策など,増大する地方自治体の財政需要を的確に把握し,これに見合う地方一般財源総額の確保を図ること。  2,子ども・子育て支援新制度,地域包括ケアシステムの構築,生活困窮者自立支援,介護保険制度や国民健康保険制度の見直しなど,急増する社会保障ニーズへの対応と人材を確保するための社会保障予算の確保及び地方財政措置を的確に行うこと。  3,地方交付税における,いわゆる「トップランナー方式」を含む地方の歳入歳出の効率化を議論する場合には,条件不利地域等,地域の実情に配慮するとともに,住民生活の安心・安全が確保されることを前提とした合理的なものとし,交付税の財源保障機能が損なわれないようにすること。  4,災害時において,住民の生命・財産を守るため,防災・減災対策を加速するための財源を十分確保すること。  5,各種税制の見直しに当たっては,自治体財政に与える影響を十分検証した上で,代替財源の確保を初め,財政運営に支障が生じることがないよう対応を図ること。  6,地方交付税の財源保障機能・財政調整機能の強化を図り,市町村合併の算定特例の終了を踏まえた新たな財政需要の把握などの対策を講じること。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。  以上であります。皆様の御賛同をどうぞよろしくお願いいたします。 ○永田雅紀 議長       お諮りいたします。  本件は,いずれも自後の議事手続を省略,直ちに採決いたしたいと思いますが,これに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認め,さよう決定いたしました。  これより採決いたします。  まず,意見書案第22号,地方財政の充実・強化を求める意見書案を採決いたします。  本件は,原案どおり決するに賛成の議員の起立を求めます。                 〔賛成者起立〕 ○永田雅紀 議長       起立全員であります。よって,本件は,原案どおり可決されました。  次に,意見書案第23号,少人数学級の推進を含む計画的な教職員定数改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書案を採決いたします。  本件は,原案どおり決するに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認めます。よって,本件は,原案どおり可決されました。 ─────────────────────────────────────── △元日程第8 決議案第16号 一般国道2号西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線供用を求める決議案 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       次は,元日程第8,決議案第16号,一般国道2号西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線供用を求める決議案を議題といたします。  それでは,決議案第16号について趣旨説明を求めます。  16番宮崎誠克議員。                〔16番宮崎誠克議員登壇〕 ◎16番(宮崎誠克議員) お疲れでございます。  自由民主党・市民クラブの宮崎誠克でございます。  提出者を代表いたしまして,決議案第16号,一般国道2号西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線供用を求める決議案の趣旨説明を案文の朗読をもってかえさせていただきます。  一般国道2号西広島バイパスは,広島市と廿日市市を結び,沿線地域の開発と経済の発展に大きく寄与する重要な広域幹線道路である。  とりわけ西広島バイパス都心部延伸事業は,廿日市市・大竹市・岩国市などの西部方面から広島市の都心部へ向かう交通の渋滞緩和や沿道環境の改善,さらには広島市の中枢性向上に資する重要な事業である。  この事業については,広島市からの要請により,平成14年度から2年連続でその着手を見送る事態となり,本市議会が平成16年3月に「一般国道2号西広島バイパス都心部延伸の促進を求める決議」により,早期実現に向けて取り組むよう求めたが,広島市は国へ事業の中断を申し入れ,全体4.2キロメートルのうち1.9キロメートルが平成15年に供用開始されたものの,残りの2.3キロメートルについては現在も未整備となったままです。  このため,いまだに同バイパスの庚午出口等では県内屈指の渋滞が続いており,それに伴う沿道環境の悪化を放置するばかりでなく,都心の活性化や広島市と圏域の23市町が掲げる,圏域経済の活性化と圏域内人口200万人超の維持を目指す「200万人広島広域都市圏構想」の実現に重大な影響を与えていると言わざるを得ない。  こうした中,地元経済界においては,本事業が交通渋滞の対応にとどまらず,沿道環境の改善にも資するものであり,さらには物流の効率化や医療施設への円滑な緊急搬送にも寄与し,本市のみならず都市圏全体の活性化に必要不可欠であるとの認識から,昨年12月に「西広島バイパス都心部延伸事業促進協議会」を設立された。  また,広島市においても,本事業が地域全体の総意によって早期再開・早期完成に向け着実に前進するよう,本年1月には地元経済界と官民一丸となり国への要望活動を行うなど,積極的に早期再開の実現に取り組んでいる。  さらに,今月には,沿道地域の多くの社会福祉協議会や町内会から,同バイパス高架道路の全線開通を求める要望書が本市議会へ提出されたところであり,事業へ期待する住民の声は大いに高まっている。  よって,本市議会は,改めて沿道地域や地元経済界が強く望む西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線供用の実現に向けて,引き続き全力で取り組まれるよう強く求めるものである。  以上,決議する。  以上であります。どうか皆さんの御賛同をお願いいたします。 ○永田雅紀 議長       お諮りいたします。  本件は,質疑並びに委員会付託を省略いたしたいと思いますが,これに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認め,さよう決定いたしました。  これより討論に入ります。  発言通告者に発言を許します。  35番村上厚子議員。               〔35番村上厚子議員登壇〕(拍手) ◆35番(村上厚子議員) お疲れさまです。  日本共産党の村上厚子です。日本共産党市議団を代表して,決議案第16号,一般国道2号西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線供用を求めることについて,反対討論をします。  一般国道2号線の高架事業は,1994年に都市計画決定しました。当初4車線の大規模な高架であった計画を縮小し,1期工事が終わり2期工事に着手する前の2002年から整備はとまったままです。その間,沿線住民らが原告となって高架道路建設差しとめ,道路公害の差しとめを求めて提訴され,裁判は最高裁までいった経緯があります。  議会においては,高架事業の早期着工・完成を求める決議案が2004年に続き,今回が2度目の提出となります。日本共産党市議団は,計画当初から事業計画に反対してきたところですが,一つは財源の問題です。そもそも当局自身,財政難を理由に,つまり2号線高架事業より市民生活に必要な道路建設を優先するとして,1期工事終了から事業が進んでいないのが実態です。今日,本市の財政に余裕が出てきたとは決して言えない状況です。  二つ目に必要性の問題です。当局は,この間,2号線高架延伸事業と並行して高速道路事業を進め,高速3号線南道路を供用開始し,結局東西に3本の主要道路が計画され,その1本は有料道路です。大きな道路をつくれば一時的には車の通行量はふえるでしょう。しかし,今後,人口減少社会が予測され,必然的に車が減っていくことになります。また,当初,通過道路として位置づけられていたものが途中から都心へのスムーズな導入路と事業目的が変わってきました。これは,都心へはできるだけ車の流入を減らすという交通政策から逆行するものです。また,南道路は途中でとまったままであり,都心に用のない特に大型車の通過交通ルートに機能が生かされておらず,こちらのほうが優先課題です。今進めなければならないことは,公共交通機関をいかに利用しやすくするのか,そこに知恵もお金も集中することだと考えます。  以上の理由から決議案第16号は反対です。  討論を終わります。(拍手) ○永田雅紀 議長       以上で討論を終結いたします。  これより採決いたします。  本件は,原案どおり決するに賛成の議員の起立を求めます。                 〔賛成者起立〕 ○永田雅紀 議長       起立多数であります。よって,本件は,原案どおり可決されました。 ─────────────────────────────────────── △元日程第9 請願の取り下げについて        (請願第38号 現行の高齢者公共交通機関利用助成事業の継続・拡充を求めることについて) ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       次は,元日程第9,請願の取り下げについてを議題といたします。  お手元に配付してあります請願取下げ表のとおり,請願第38号について請願者から取り下げの申し出がありましたので,所管の厚生委員長へ通知し,委員会で報告されております。  お諮りいたします。  請願第38号の取り下げについては,これを承認することに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認め,さよう決定いたしました。 ─────────────────────────────────────── △元日程第10 請願・陳情の閉会中継続審査について ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       次は,元日程第10,請願・陳情の閉会中継続審査についてを議題といたします。  本件については,お手元に配付いたしました請願・陳情継続審査申出総括表のとおり,それぞれ関係常任委員長より継続審査の申し出がありました。  お諮りいたします。  本件は,申し出どおり,いずれも閉会中の継続審査に付することに御異議ございませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○永田雅紀 議長       異議なしと認め,さよう決定いたしました。 ───────────────────────────────────────                付議事件議了の宣告 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       以上で,付議事件は全て終了いたしました。 ───────────────────────────────────────                  閉会宣告 ─────────────────────────────────────── ○永田雅紀 議長       これをもちまして,第2回定例会を閉会いたします。                午後6時39分閉会 ─────────────────────────────────────── △(参照1)  議案審査報告総括表                               ┌平成30年第2回 ┐
                                  └広島市議会定例会┘  総務委員会 ┌─────┬────────────────────────────┬─────┐ │ 議案番号 │       件            名       │ 審査結果 │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  69  │広島市市税条例等の一部改正について           │ 原案可決 │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  72  │新たに生じた土地の確認及び当該土地を町の区域に編入するこ│  〃  │ │     │とについて                       │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  85  │専決処分の承認について                 │ 承  認 │ └─────┴────────────────────────────┴─────┘  経済観光環境委員会 ┌─────┬────────────────────────────┬─────┐ │ 議案番号 │       件            名       │ 審査結果 │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  68  │平成30年度広島市一般会計補正予算(第1号)       │ 原案可決 │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  75  │土地改良事業計画の変更について             │  〃  │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  84  │変更契約の締結について                 │  〃  │ └─────┴────────────────────────────┴─────┘  厚生委員会 ┌─────┬────────────────────────────┬─────┐ │ 議案番号 │       件            名       │ 審査結果 │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  70  │広島市介護保険条例の一部改正について          │ 原案可決 │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  73  │訴えの提起について                   │  〃  │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  78  │契約の締結について(こども療育センター及び児童相談所等改│  〃  │ │     │築工事)                        │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  79  │契約の締結について(こども療育センター及び児童相談所等改│  〃  │ │     │築電気設備工事)                    │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  80  │契約の締結について(こども療育センター及び児童相談所等改│  〃  │ │     │築空気調和設備工事)                  │     │ └─────┴────────────────────────────┴─────┘  建設委員会 ┌─────┬────────────────────────────┬─────┐ │ 議案番号 │       件            名       │ 審査結果 │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  71  │広島市市営住宅等条例の一部改正について         │ 原案可決 │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  74  │調停について                      │  〃  │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  76  │市道の路線の廃止について                │  〃  │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  77  │市道の路線の認定について                │  〃  │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  81  │契約の締結について(上瀬野線跨線橋新設工事)      │  〃  │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  82  │契約の締結について(安芸中野駅自由通路新設工事)    │  〃  │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  83  │契約の締結について(温品二葉の里線中山高架橋(仮称)上部│  〃  │ │     │工事(その2))                    │     │ └─────┴────────────────────────────┴─────┘ △(参照2)  諮問審査報告総括表                               ┌平成30年第2回 ┐                               └広島市議会定例会┘  総務委員会 ┌─────┬────────────────────────────┬─────┐ │ 諮問番号 │       件            名       │ 審査結果 │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  8  │審査請求に対する裁決について(公文書の開示に係る手数料徴│ 異議なし │ │     │収処分に不服があるとして審査請求がされたことによるもの)│     │ └─────┴────────────────────────────┴─────┘  消防上下水道委員会 ┌─────┬────────────────────────────┬─────┐ │ 諮問番号 │       件            名       │ 審査結果 │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │  9  │審査請求に対する裁決について(下水道使用料に係る督促処分│ 異議なし │ │     │に不服があるとして審査請求がされたことによるもの)   │     │ └─────┴────────────────────────────┴─────┘ △(参照3)  (写)                                広広総第30号                                平成30年6月18日  広島市議会議長 様                        広島県後期高齢者医療広域連合長 印                       ┌〒730-8626 広島市中区東白島町19番49号┐                       └      総 務 課        ┘    広島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選出について(依頼)
     入梅の候,益々御清栄のこととお喜び申し上げます。  また,当広域連合の運営につきましては,平素から御協力をいただき,厚くお礼を申し上げます。  さて,貴市議会から選出の4名の広域連合議員より辞職願が提出され,平成30年6月15日付けで辞職が許可されました。  ついては,広島県後期高齢者医療広域連合規約第8条第1項及び同規約第9条第3項の規定により,貴市議会から4名の広域連合議会議員を選出していただきますようお願いします。 △(参照4)  平成30年6月21日  広島市議会議長   永 田 雅 紀 様                     発議者                     広島市議会議員                      三 宅 正 明  碓 氷 芳 雄                      宮 崎 誠 克  木 戸 経 康                      石 橋 竜 史  近 松 里 子                      桑 田 恭 子  豊 島 岩 白                      渡 辺 好 造  馬 庭 恭 子                      谷 口   修  中 森 辰 一                      若 林 新 三  酒 入 忠 昭                      碓 井 法 明  木 山 徳 和     広島市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関する条例の制定について   地方自治法第112条及び広島市議会会議規則第13条第1項の規定に基づき,上記の議案を別紙のとおり提出する。                               議員提出第4号議案    広島市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関する条例の制定について  広島市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関する条例を次のように定める。    広島市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関する条例  (趣旨) 第1条 この条例は,公職選挙法(昭和25年法律第100号)第172条の2の規定に基づき,広島市議会議員の選挙(選挙の一部無効による再選挙を除く。以下同じ。)における選挙公報の発行に関し必要な事項を定めるものとする。  (選挙公報の発行) 第2条 広島市選挙管理委員会(以下「委員会」という。)は,広島市議会議員の選挙において,候補者の氏名,経歴,政見等を掲載した選挙公報を選挙ごとに1回発行しなければならない。 2 選挙公報は,選挙区ごとに発行しなければならない。  (掲載文の申請) 第3条 候補者が選挙公報に氏名,経歴,政見等の掲載を受けようとするときは,その掲載文(候補者の写真の掲載を受けようとするときは,その写真を含む。)を添えて,委員会の指定する期日までに,当該区の選挙管理委員会を経由して委員会に文書で申請しなければならない。 2 候補者は,その責任を自覚し,前項の掲載文には,他人若しくは他の政党その他の政治団体の名誉を傷つけ,若しくは善良な風俗を害し,又は特定の商品の広告その他営業に関する宣伝をする等いやしくも選挙公報としての品位を損なうような内容を記載してはならない。  (選挙公報の発行手続) 第4条 委員会は,前条第1項の規定による申請があったときは,掲載文を原文のまま選挙公報に掲載しなければならない。 2 一の用紙に2人以上の候補者の氏名,経歴,政見等を掲載する場合においては,その掲載の順序は,委員会がくじで定める。 3 前条第1項の規定による申請をした候補者又はその代理人は,前項のくじに立ち会うことができる。  (選挙公報の配布) 第5条 選挙公報は,委員会の定めるところにより,委員会が,当該選挙に用いるべき選挙人名簿に登録された者の属する各世帯に対して,選挙の期日前2日までに配布するものとする。 2 委員会は,前項の各世帯に選挙公報を配布することが困難であると認められる特別の事情があるときは,選挙公報につき,同項の規定により配布すべき日までに新聞折込みその他これに準ずる方法による配布を行うことによって,同項の規定による配布に代えることができる。この場合においては,委員会は,当該方法による選挙公報の配布を補完する措置を講ずることにより,選挙人が選挙公報を容易に入手することができるよう努めなければならない。  (選挙公報の発行を中止する場合) 第6条 公職選挙法第100条第4項の規定に該当し投票を行うことを必要としなくなったとき又は天災その他避けることのできない事故その他特別の事情があるときは,選挙公報発行の手続は,中止する。  (委任規定) 第7条 この条例の施行に関し必要な事項は,委員会が定める。    附 則 1 この条例は,公布の日から施行する。 2 この条例の規定は,この条例の施行の日以後その期日を告示される一般選挙から適用する。 3 広島市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例(平成16年広島市条例第55号)の一部を次のように改正する。   別表広島市表彰条例(昭和24年4月1日広島市条例第13号)の項の次に次のように加える。  ┌───────────────┬───────────────┬────┐  │広島市議会議員の選挙における選│第3条第1項         │第3条 │  │挙公報の発行に関する条例(平成│               │    │  │30年広島市条例第  号)   │               │    │  └───────────────┴───────────────┴────┘ △(参照5)  平成30年6月27日 広島市議会議長  永 田 雅 紀 様                     発議者                     広島市議会議員                      宮 崎 誠 克  元 田 賢 治                      渡 辺 好 造  竹 田 康 律                      太 田 憲 二  碓 井 法 明                      大 野 耕 平  八 軒 幹 夫                      木 山 徳 和  山 内 正 晃    地方財政の充実・強化を求める意見書案  上記の意見書案を別紙のとおり提出する。                                 意見書案第22号  衆議院議長  参議院議長  内閣総理大臣  あて  総務大臣  財務大臣                             広 島 市 議 会 議 長 名    地方財政の充実・強化を求める意見書案  地方自治体においては,地方創生への取組を始め,子ども子育て等福祉・医療・教育の充実,公共施設等の更新・統廃合・長寿命化対策,さらには防災・減災対策など,従来にも増して果たすべき役割が拡大し,それに必要となる財政需要は増加する一途にあります。
     その一方で,地方自治体は,これまでも職員の削減など徹底した行財政改革や投資的経費の抑制により,年々増嵩する社会保障関係費を捻出してきましたが,行財政改革による対応も限界まできており,地方財政を取り巻く環境は一段と厳しいものとなっています。  このような中,地方自治体が地域の実情に沿ったきめ細かな行政サービスを持続的に提供し,かつ,人口減少社会を踏まえた新たな行政課題にも的確に対応するためには,地方税・地方交付税等の一般財源総額の充実確保が不可欠です。  このため,平成31年度(2019年度)の政府予算,地方財政の検討に当たっては,歳入・歳出を的確に見積もり,必要な行政サービスを提供することができるよう,社会保障予算の充実,地方財政の確立を目指すことが必要です。  よって,国会及び政府におかれては,下記の措置を講じられるよう強く要請します。                    記 1 社会保障,災害対策,環境対策,地域交通対策,人口減少対策など,増大する地方自治体の財政需要を的確に把握し,これに見合う地方一般財源総額の確保を図ること。 2 子ども・子育て支援新制度,地域包括ケアシステムの構築,生活困窮者自立支援,介護保険制度や国民健康保険制度の見直しなど,急増する社会保障ニーズへの対応と人材を確保するための社会保障予算の確保及び地方財政措置を的確に行うこと。 3 地方交付税における,いわゆる「トップランナー方式」を含む地方の歳入歳出の効率化を議論する場合には,条件不利地域等,地域の実情に配慮するとともに,住民生活の安心・安全が確保されることを前提とした合理的なものとし,交付税の財源保障機能が損なわれないようにすること。 4 災害時において,住民の生命・財産を守るため,防災・減災対策を加速するための財源を十分確保すること。 5 各種税制の見直しに当たっては,自治体財政に与える影響を十分検証した上で,代替財源の確保を始め,財政運営に支障が生じることがないよう対応を図ること。 6 地方交付税の財源保障機能・財政調整機能の強化を図り,市町村合併の算定特例の終了を踏まえた新たな財政需要の把握などの対策を講じること。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。 △(参照6)  平成30年6月27日 広島市議会議長  永 田 雅 紀 様                     提出者                     広島市議会議員                      宮 崎 誠 克  元 田 賢 治                      渡 辺 好 造  竹 田 康 律                      村 上 厚 子  太 田 憲 二                      碓 井 法 明  大 野 耕 平                      八 軒 幹 夫  木 山 徳 和    少人数学級の推進を含む計画的な教職員定数改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書案  上記の意見書案を別紙のとおり提出する。                                 意見書案第23号  衆議院議長  参議院議長  内閣総理大臣  あて  総務大臣  財務大臣  文部科学大臣                             広 島 市 議 会 議 長 名    少人数学級の推進を含む計画的な教職員定数改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書案  日本の国公立学校における1学級当たりの児童生徒数や国公私立学校での教員一人当たりの児童生徒数は,OECD(経済協力開発機構)加盟国の中で依然として多い実態にあります。  また,学校現場においては,障害のある児童生徒や外国人児童生徒等の指導,貧困等に起因する学力課題の解消,いじめ・不登校の未然防止・早期対応など教育課題は複雑化・多様化しています。  さらに,小学校においては,平成30年度から新学習指導要領の移行期間に入り,外国語教育の円滑な実施に向け,授業時数の調整などの対応が求められています。  こうした中で,一人一人の子供に対してきめ細やかで丁寧な対応を行うためには,少人数学級の推進を含む計画的な教職員定数改善を図っていかなければなりません。  しかしながら,第7次公立義務教育諸学校教職員定数改善計画終了後10年以上,国による改善計画のない状況が続いています。  地方自治体が見通しを持って安定的に教職員を配置するためには,国段階での国庫負担に裏付けされた定数改善計画の策定が必要です。  さらに,GDP(国内総生産)に占める教育予算の割合は,「図表で見る教育(2017年版)」によりますと,OECD加盟国(データのある34か国)の中で日本は最下位であるとともに,義務教育費国庫負担制度の国庫負担率は2分の1から3分の1に引き下げられたままになっており,地方自治体の財政を圧迫しています。  将来を担い,社会の基盤づくりにつながる子供たちへの教育は極めて重要です。教育の機会均等が担保され,教育水準が維持・向上されるよう施策を講じ,教育予算を国全体としてしっかりと確保・充実させる必要があります。  よって,国会及び政府におかれては,子供たちに豊かな教育を保障するため,下記の措置を講じられるよう強く要請します。                    記 1 少人数学級の推進を含む計画的な教職員定数改善を図ること。 2 義務教育費国庫負担制度の国庫負担率を2分の1に復元すること。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。 △(参照7)  平成30年6月27日                               (平成30年6月28日訂正) 広島市議会議長  永 田 雅 紀 様                     提出者                     広島市議会議員                      宮 崎 誠 克  元 田 賢 治                      渡 辺 好 造  竹 田 康 律                      太 田 憲 二  碓 井 法 明                      大 野 耕 平  八 軒 幹 夫                      木 山 徳 和     一般国道2号西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線供用を求める決議案   上記の意見書案を別紙のとおり提出する。                                  決議案第16号    一般国道2号西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線供用を求める決議案  一般国道2号西広島バイパスは,広島市と廿日市市を結び,沿線地域の開発と経済の発展に大きく寄与する重要な広域幹線道路である。  取り分け,西広島バイパス都心部延伸事業は,廿日市市・大竹市・岩国市などの西部方面から広島市の都心部へ向かう交通の渋滞緩和や沿道環境の改善,さらには広島市の中枢性向上に資する重要な事業である。  この事業については,広島市からの要請により,平成14年度から2年連続でその着手を見送る事態となり,本市議会が平成16年3月に「一般国道2号西広島バイパス都心部延伸の促進を求める決議」により,早期実現に向けて取り組むよう求めたが,広島市は国へ事業の中断を申し入れ,全体4.2kmのうち1.9kmが平成15年に供用開始されたものの,残りの2.3kmについては現在も未整備のままとなっている。  このため,未だに同バイパスの庚午出口等では県内屈指の渋滞が続いており,それに伴う沿道環境の悪化を放置するばかりでなく,都心の活性化や広島市と圏域の23市町が掲げる,圏域経済の活性化と圏域内人口200万人超の維持を目指す「200万人広島広域都市圏構想」の実現に重大な影響を与えていると言わざるを得ない。  こうした中,地元経済界においては,本事業が交通渋滞への対応にとどまらず,沿道環境の改善にも資するものであり,さらには物流の効率化や医療施設への円滑な緊急搬送にも寄与し,本市のみならず都市圏全体の活性化に必要不可欠であるとの認識から,昨年12月に「西広島バイパス都心部延伸事業促進協議会」を設立された。  また,広島市においても,本事業が地域全体の総意によって早期再開・早期完成に向け着実に前進するよう,本年1月には地元経済界と官民一丸となり国への要望活動を行うなど,積極的に早期再開の実現に取り組んでいる。  さらに,今月には,沿道地域の多くの社会福祉協議会や町内会から,同バイパス高架道路の全線開通を求める要望書が本市議会へ提出されたところであり,事業へ期待する住民の声は大いに高まっている。
     よって,本市議会は,改めて沿道地域や地元経済界が強く望む西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線供用の実現に向けて,引き続き全力で取り組まれるよう強く求めるものである。  以上,決議する。                             平成30年6月  日                             広 島 市 議 会 △(参照8)  請 願 取 下 げ 表 ┌──────┬────────────────────────────────┐ │ 受理番号 │         件            名         │ ├──────┼────────────────────────────────┤ │  38  │現行の高齢者公共交通機関利用助成事業の継続・拡充を求めることにつ│ │      │いて                              │ └──────┴────────────────────────────────┘ △(参照9)  請願・陳情継続審査申出総括表                               ┌平成30年第2回 ┐                               └広島市議会定例会┘  総務委員会  請願 ┌─────┬────────────────────────────────┐ │ 受理番号 │         件            名         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  18  │「被爆国首相よ8月6日9日を人類総ザンゲの日として休日に制定せ │ │     │よ」の合体標語を実現するために,まずは広島市議会において8月6日│ │     │9日を人類総ザンゲの日として休日にする条例制定を求めることについ│ │     │て                               │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  19  │所得税法第56条廃止を求めることについて             │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  47  │放射性物質の被害によって広島市民の生命・身体・財産が損なわれるこ│ │     │とのないよう広島市においてあらゆる施策を講じ,広島市地域防災計画│ │     │に盛り込むことを求めることについて               │ └─────┴────────────────────────────────┘  陳情 ┌─────┬────────────────────────────────┐ │ 受理番号 │         件            名         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  1  │広島平和都市記念碑(原爆慰霊碑)を撤去することについて     │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  6  │2020年 世界平和首都 Hiroshima 宣言 について    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  13  │広島市土石流災害への支援の強化を求めることについて       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  16  │次回以降の「広島市の中期財政収支見通し」は,住民の福祉の向上と市│ │     │従業員の権利の擁護を図りつつ,数値目標などを明確にして将来負担額│ │     │の削減と将来負担比率の引き下げを図ることを求めることについて  │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  17  │西地区保護司会に対する西地区更生保護サポートセンタ一(広島市西区│ │     │小河内町一丁目8番5号)の無償貸付けの解約について       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  22  │サッカースタジアム検討協議会の再設置及び再検討を求めることについ│ │     │て                               │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  53  │母子生活支援施設の建設が予定されている段原山崎一丁目の土地に,集│ │     │会所の建設を求めることについて                 │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  64  │2020年 世界平和首都 Hiroshima 宣言 史実を踏まえた │ │     │Hiroshima LOHAS 「広島広域都市圏」の基盤整備 に│ │     │ついて                             │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  65  │外国人学校文化・スポーツ等交流事業補助について         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  77  │公契約条例の制定による適正賃金・労働条件の確保と地域経済の振興を│ │     │求めることについて                       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  87  │サンフレッチェ広島によるサッカースタジアム建設案を受け入れるよう│ │     │求めることについて                       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  93  │旧広島市民球場跡地にサッカー専用スタジアムの早期建設を求めること│ │     │について                            │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  94  │本通り商店街の活性化のため,旧広島市民球場跡地にサッカースタジア│ │     │ムの建設を求めることについて                  │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 104 │広島市中心部活性化のために,旧広島市民球場跡地にサッカー専用スタ│ │     │ジアム建設を求めることについて                 │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 109 │広島市監査委員が広島市職員措置請求について,不当な却下決定を乱発│ │     │していることについて                      │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 113 │広島のまちづくりにおける ISO化(第六世代の動き)とHiro │ │     │shima LOHAS の推進強化 について          │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 125 │品質経営の時代の まちづくり照査運用の確立のためのシティ・ドック│ │     │というアプローチの仕方 について                │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 126 │比治山公園「未来の丘」構想 平和首都大学の建学 及び広島みらいタ│ │     │ワー HIROSHIMA MIRAI TOWER の建立について│ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 132 │平成29年度「給与所得等に係る市町村民税・道府県民税 特別徴収税額│
    │     │の決定・変更通知書(特別徴収義務者用)」への個人番号記載の中止を│ │     │求めることについて                       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 140 │2020年 世界平和首都 Hiroshima とPRIME MERI│ │     │DIAN(Hiroshima)及び Hiroshima Univ│ │     │ersa1 Time(HUT)導入 の宣言について       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 143 │広島市監査事務局が,業務妨害の疑いがあるとの理由で申請時の状況を│ │     │録音したデータを9か月たっても具体的対応も取らずにいるのに,申請│ │     │者の通報しないならば不要であるから廃棄するよう求めた請求につい │ │     │て,請求を認めず永年保管としていることについて         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 145 │広島市行政手続条例に反する許可申請を許した隅田一成前広島市教育委│ │     │員会教育次長が,現在,行政手続き件数の多い中区役所の監督者である│ │     │中区長であることについて                    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 146 │市民局生涯学習課が公益財団法人広島市文化財団職員の社会教育主事講│ │     │習の事務手続きを代行していることについて            │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 147 │「比治山公園『平和の丘』基本計画」の変更を求めることについて  │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 159 │北朝鮮のミサイル発射に対して万全の措置を求めることについて   │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 160 │広島市職員等の旅費に関する条例により義務付けられた旅行命令簿をタ│ │     │クシー券や回数券については歳出科目が旅費ではないとの理由で作成し│ │     │ていないことについて                      │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 163 │広島市役所の電話機の一部にかかってきた電話番号の表示機能があり,│ │     │同意なく知られることなく市職員が電話した市民の電話番号を取得でき│ │     │る状態であることについて                    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 165 │企画総務局秘書課が平和記念式典に参加する大使の随行業務で所管外の│ │     │市職員に担当国大使との連絡やスケジュールの作成まで委ねたことにつ│ │     │いて                              │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 169 │広島市平和記念式典に市職員が平成29年8月6日当日だけで式典警備に│ │     │910名,式典業務163名 大使随行に88名動員しており,式典全体では人│ │     │件費だけで3000万円弱を要していることについて          │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 170 │広島市平和記念式典の費用が平成28年度実績97,633千円であるのに対 │ │     │し,長崎市の平和祈念式典費用は平成29年度予算で65,394千円であり広│ │     │島市の3分の2程度の費用であることについて           │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 180 │スケートボードパーク設置(整備)について            │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 186 │財政課の支出基準(財政課への合議を省略できるものの基準)により,│ │     │審議会,協議会の委員への謝礼金支出(1回あたり11,000円以内)が認│ │     │められており,条例で定めた報酬に加え,主管課の裁量で謝礼金の支給│ │     │も可能であることについて                    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 187 │前幟町小学校長瀬川照幸氏が法令に反し広島障害者雇用支援センター長│ │     │への再就職について広島市教育委員会への届出を怠ったことについて │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 195 │地球人類の叡智(えいち) Hiroshima Uni−Earth │ │     │City の建設について                    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 196 │審査会,審議会及び調査会等の委員その他の構成員に対する報酬及び費│ │     │用弁償条例に反する審議会委員召集旅費の取扱いを平成12年8月21日に│ │     │当時の給与課長が決裁し決裁即日に適用させていることについて   │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 198 │広島市教育委員会委員の職業や社会活動実態その他役職等の調査及び公│ │     │開について                           │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 199 │広島市教育委員会委員である鈴木由美子氏が牛乳食育研究会の設立発起│ │     │人で副代表幹事であることの弊害について             │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 212 │広島市監査委員の井上周子弁護士は現存しない法律事務所「あまね総合│ │     │法律事務所 弁護士井上周子」の看板を広島市中区上八丁堀4−28 松 │ │     │田ハイツに掲げ続けていることについて              │ └─────┴────────────────────────────────┘  文教委員会  請願 ┌─────┬────────────────────────────────┐ │ 受理番号 │         件            名         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  9  │放課後児童クラブの待機児童をなくすことについて         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  42  │放課後児童クラブの有料化,児童館の民営化はやめて,施策の充実と指│ │     │導員の処遇改善を強く求めることについて             │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  43  │子どもにも保護者にも安心安全な放課後児童クラブ開設時間延長実現へ│ │     │市は保護者とも話し合いの場を持つことを求めることについて    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  44  │教育予算の増額,教育費の無償化,父母負担軽減,教育条件の改善を求│ │     │めることについて                        │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  45  │知的障害特別支援学校の新設を求めることについて         │ └─────┴────────────────────────────────┘  陳情 ┌─────┬────────────────────────────────┐ │ 受理番号 │         件            名         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  11  │広島市土石流災害への支援の強化を求めることについて       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  18  │広島市教育委員会は速やかに教育委員会制度改革に着手し,新体制での│ │     │運営を行うことについて                     │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  26  │尾形教育長が,広島市教育委員会事務決裁規則第6条を濫用し,正当な│
    │     │理由なく教育次長の任免を代決したことの是正を求めることについて │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  27  │尾形教育長が,教育委員会規則改正を広島市教育委員会事務決裁規則第│ │     │6条を濫用し教育委員会に諮ることなく代決したことの是正を求めるこ│ │     │とについて                           │ ├─────┬────────────────────────────────┤ │  28  │尾形教育長が,本来教育委員会の決裁が要する人事案件について,教育│ │     │委員会に諮ることなく代決を濫発していることの是正を求めることにつ│ │     │いて                              │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  30  │広島市教育委員会の懲戒処分の公表基準について          │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  61  │広島市立中学校61校の学校給食費未払い(総額5800万円生徒数29000人 │ │     │ 生徒一人当たり2千円 26年3月末現在)について        │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  67  │幟町小学校PTAが教職員だけを対象とする祝い金 餞(せん)別をPT│ │     │A規約や細則にも慶弔費の支給の記載がないのに別に慶弔費規定を作 │ │     │り,総会も経ることなく役員以外の保護者会員の同意もなく支給してい│ │     │ることについて                         │ │     │更に幟町小学校PTAでは細則によって教職員は役員同等の権利をもつ│ │     │と保護者会員より優位に規定されていることについて        │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  68  │市立幟町小学校での最終学期の6年生の1部(6人前後)を校長室で給│ │     │食を取らせることについて                    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  69  │市立小学校の主幹教諭の配置で県教委より18学級数以上の学校に配置す│ │     │る通達を受けながら,20学級数の深川小 19学級の五日市観音西 幟町│ │     │ 井口台 安 長束 原南 落合東に配置せず,17学級の温品小 18学│ │     │級の亀山南に配置したことについて(他の18学級4校については未配 │ │     │置)                              │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  70  │広島市教育委員会が平成26年8月27日 市立小学校教諭26歳の窃盗で南│ │     │署に逮捕 平成26年3月10日 市立中学校教諭42歳が遺失物横領の疑い│ │     │で安佐南署に取り調べを受けたことで,それぞれ停職6か月の処分をし│ │     │ながら,管理監督者の処分を行わなかったことについて       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  71  │尾形教育長が平成25年度の教職員人事で尾形慎治教育センター次長が教│ │     │頭経験なく平成6年度より24年度まで教育センターに所属しその間現場│ │     │経験がないにも関わらず,竹屋小学校校長としたことについて,また,│ │     │その決定を広島市教育委員会に諮ることなく教育次長に代決させるなど│ │     │市民に対し疑いがもたれる行為を行ったことについて        │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  72  │広島市教育委員会が,虚礼廃止を校長会で全学校長に指導しながら,本│ │     │年4月に予定される幟町小学校瀬川校長のリーガロイヤルホテルでの │ │     │200人規模会費1人1万円の送別会について,なんら有効な措置するこ │ │     │となく開催させることについて                  │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  73  │広島市教育委員会教職員課が事務局職員から教頭・校長への登用の際に│ │     │一般教職員に義務付けられた選考試験は行われたか否かについて回答を│ │     │拒否したことについて                      │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  74  │広島市立小学校141校の学校給食費未払い(総額約1億3374万円生徒数 │ │     │65254人 生徒一人当たり2050円 27年12月末現在)について     │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  79  │広島市教育委員会の池脇雅彦課長が苦情を申し立てた市民の個人情報を│ │     │特段の目的や理由がないまま,本人以外から収集・保有したことについ│ │     │て                               │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  81  │広島市教育委員会や校長が大学院に派遣し研修中の教員に対し,学年主│ │     │任などの任務を与え,研究に専念できない環境としていたことについて│ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  82  │広島市教育委員会の公文書管理・公印管理について         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  84  │広島市教育委員会事務局学事課が,幟町小学校が「学校用寄付物品に関│ │     │する運用基準」に反しベルマーク事業以外のPTAのバザーの収益金に│ │     │よる理科室冷房機の寄付を受けていながら,運用基準の記載が不適切 │ │     │「PTA(又はこれに準ずる団体)のうち,ベルマーク(教育設備助成│ │     │会)により取得したものの寄付。」とはバザー収益金についても含むか│ │     │ら市教委事務局の判断に間違いがないと是正することを拒否し,基準を│ │     │変えると説明したことについて                  │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  85  │広島市教育委員会学事課が指定学校変更許可基準のうち「7.いじめ,│ │     │不登校又は身体的理由等やむをえない事情があるために教育上の配慮が│ │     │必要で,指定学校以外ヘの通学が適当な場合」を学校長の意見書だけで│ │     │入学以前の児童に適用し指定学校変更許可を認めていることについて │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  86  │亀崎中学校が校長名で記名押印され保護者に宛てた「学校納入金の清算│ │     │について」文書2通が広島地方検察庁より有印公文書偽造の嫌疑がある│ │     │と判断されたことについて                    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  88  │広島市教育委員会委員(委員長職務代行者)溝部ちづ子が幟町小学校校│ │     │長在職時に不正な寄附を受領した疑いがあることについて      │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  96  │「完了検査の偽装と隠蔽の告発」について             │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  97  │広島市立学校の事務職員が,勤務時間中に広島県公立小中学校事務職員│ │     │研究協議会の活動に参加し職務専念義務違反の疑いがあることについて│ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  98  │広島市教育委員会 中央地区学校事務センター所長が,権限外の公文書│ │     │開示決定を行ったことについて                  │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 101 │広島市教育委員会が各市立学校の校務のIT化を進めるにあたって,個│ │     │人情報保護に一切留意せず,校務支援システムや学校納入金システムの│ │     │開発を行ったことについて                    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 102 │広島市教育委員会学事課の不適切な指定学校変更許可について    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 103 │広島市教育委員会 安佐南地区学校事務センターが完了検査後に完了報│ │     │告書を伴中学校の学校事務職員に作成させたことについて      │ ├─────┼────────────────────────────────┤
    │ 106 │広島市教育委員会教職員課が学校教育部長との協議の上で陳情第98号で│ │     │指摘した権限外決裁について,是正すると称して事後承認決裁を調整担│ │     │当課長が行ったが,必要とされる公文書館長の合議を行わず,再度広島│ │     │市教育委員会職務権限規程の違反を繰り返したことについて     │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 107 │広島市教育委員会学事課が情報公開制度による公文書開示について,決│ │     │定の期限を請求の4年半以上後の平成33年5月31日と通知したことにつ│ │     │いて                              │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 108 │市立小中学校の学校給食費の公会計化を求めることについて     │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 110 │似島学園小中学校が児童生徒の給食費を社会福祉法人似島学園より毎月│ │     │満額給食費の支払いを受けながら,平成25年度以降,常時,広島市学校│ │     │給食会への支払いを遅延させ不足額の請求を受けていることについて。│ │     │しかも学校給食費証明書を学校側で控えも取ることなく,受け取った事│ │     │実を隠蔽したかのような事務を行っていることについて       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 115 │似島学園小学校の学校給食費に関する事務が平成25年度より現在まで似│ │     │島学園中学校の臨時職員によって管轄外権限外で行われていたことにつ│ │     │いて                              │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 127 │似島学園小中学校校長が社会福祉法人似島学園の児童生徒の未請求の給│ │     │食費に対して領収を証明した学校給食費証明書を発行したことについて│ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 128 │広島市教育委員会事務局教職員課が平成29年度職員人事について,新教│ │     │育長の決定をまたずに公表を行う意向について           │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 141 │本来の再任用の趣旨を無視し,広島市教育委員会が小学校校長を校長職│ │     │にとどめたままの再任用を多数行っていることについて       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 142 │広島市教育委員会学事課が指定学校変更申請手続きにおいて,一般保護│ │     │者には校長意見書を必要書類として申請の際に添付することを求めなが│ │     │ら,申請先校長の職権で一部保護者には添付なき申請を受理するという│ │     │行政手続法第7条に反する不公正な取り扱いを行っていることについて│ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 144 │広島市教育委員会が社会教育法で義務付けられた社会教育主事を任命し│ │     │なかったことについて                      │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 151 │8月6日平和学習復活の為,広島市は教職員組合に対し,8月6日平和│ │     │学習に理解を求める交渉を行えについて              │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 152 │広島市長が8月6日の平和学習についての取材に「平和学習をどう位置│ │     │付けるかを整理したうえで,調整の余地はあると思う。校長の権限や既│ │     │存の条例の解釈など,もう少し精緻な議論をするのがいい」といった市│ │     │民を欺く発言を行ったことについて                │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 155 │子供が公道においてキックスケーター等の遊具で遊ぶことについて  │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 161 │広島市いじめ防止対策推進審議会が,本年7月24日 五日市観音中学校│ │     │のいじめによる生徒の自殺について,9月8日まで審議会も開催せず事│ │     │件を放置したことについて                    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 162 │広島市教育委員会が条例を定めることなく,「広島市いじめ問題対策連│ │     │絡協議会」を設置したことについて                │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 164 │平成26年6月27日 文教委員会で認められた補正予算について,尾形前│ │     │教育長が補正予算要求の際に説明した用途外に予算を執行したことにつ│ │     │いて                              │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 171 │平成29年5月9日平成29年第6回広島市教育委員会議(臨時会)で議題│ │     │「教育委員の辞職の申し出に対する同意について」を非公開で行ったこ│ │     │とについて                           │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 188 │広島市教育委員会が市立学校職員に対し,広島市職員等の旅費に関する│ │     │条例やその施行規則とは別に,広島市公立学校職員服務取扱要綱による│ │     │独自の様式で旅費管理を行い,結果,学校に膨大な事務処理を強制し,│ │     │また原則として認められない公務の移動の自家用車利用を校長の承認で│ │     │頻繁に認めていることについて                  │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 200 │平成26年8月21日 22日 戸山中学校の教育指導連絡会議について,当│ │     │時の学校長である村田吉弘のから出張の疑いがあることについて   │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 201 │本年2月9日 五日市観音中学校が生徒自殺の原因は教員の管理下であ│ │     │る授業中のいじめとの調査報告が全国報道され,広島市教育委員会会議│ │     │でも委員からこれについて非難をうけながら,同日午後4時に反省文や│ │     │謝罪文ではなく「2月9日1年生英単語クラスマッチ」との内容でホー│ │     │ムページが更新されたことについて                │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 204 │村田吉弘が当時戸山中学校校長でありながら広島市教育委員会に届け出│ │     │することなく広島市手をつなぐ育成会理事を兼務していた平成26年5月│ │     │22日に広島市立中学校長代表として育成会と協議を行い賛助会員募集の│ │     │協力を認めたことについて                    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 205 │広島市教育委員会が,広島特別支援学校の教職員の体罰により懲戒を受│ │     │けた同校長中尾秀行を引き続き校長として再任用していることについて│ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 210 │本川小学校の国旗掲揚台のポールについて,外観がさび見苦しいにも関│ │     │わらず,予算が取れず補修が認められないことについて       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 213 │市立中学校長らが夏休み中,「教育指導連絡会議」と称して会議録も会│ │     │議資料もない上,用務先も市民に明らかにできない終日の出張を自分自│ │     │身に命じ認めていることについて                 │ └─────┴────────────────────────────────┘  経済観光環境委員会  請願 ┌─────┬────────────────────────────────┐ │ 受理番号 │         件            名         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  17  │恵下埋立地(仮称)整備事業計画の見直しについて         │
    ├─────┼────────────────────────────────┤ │  20  │広島市の廃棄物最終処分の見直しについて             │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  21  │恵下埋立地(仮称)整備事業に係る環境影響評価の見直しについて  │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  22  │恵下埋立地へ入退場する関係車両の通行経路について        │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  23  │恵下埋立地(仮称)整備事業の浸出水放流管ルートの見直しについて │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  24  │恵下埋立地計画による戸山地区一極集中の負荷を軽減するために出島廃│ │     │棄物処分場の活用を求めることについて              │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  25  │出島廃棄物処分場の積極的な利用について             │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  30  │恵下埋立地の整備において,地元住民への十分な説明と協議の場を持 │ │     │ち,ダイオキシン類を含む産業廃棄物及び汚染土の安全で安心できる方│ │     │法での完全撤去と第三者委員会の設置を行うことについて      │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  31  │恵下埋立地のすべての工事を中断し,全エリアの土壌汚染等の検査を │ │     │し,安全確認をして工事を再開することについて          │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  32  │恵下埋立地(仮称)整備事業の監視について            │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  33  │恵下埋立地(仮称)建設現場で発見されたダイオキシン類を含む燃え殻│ │     │の適正な処理と建設計画の徹底的な検証・説明の必要性について   │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  34  │恵下埋立地で発見されたダイオキシン類を含む産業廃棄物および汚染土│ │     │の完全撤去について                       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  35  │市民の安心・安全を第一に考え,猛毒ダイオキシン類の完全無害化と市│ │     │民に6億円もの負担を強いることになった原因の究明と責任を明確にし│ │     │て公表することについて                     │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  39  │恵下埋立地におけるダイオキシン類を含む有害物質の完全撤去と監視機│ │     │関の設立について                        │ └─────┴────────────────────────────────┘  陳情 ┌─────┬────────────────────────────────┐ │ 受理番号 │         件            名         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  3  │特定建設作業実施届出書の作業実施期間の厳格な徹底及び環境保全課に│ │     │よる業者への指導の徹底(法令許容値80デシベル台の騒音対策)につい│ │     │て                               │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  7  │世界平和経済戦略 世界の基軸通貨「広島 鯉(ひろしま コイン)」│ │     │発行 と 平和投資銀行の設立の実現について           │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  8  │かき船移設及び工事着工に関することについて           │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  46  │Hiroshima LOHAS としての Hiroshima 観│ │     │光まちづくり「2020年 被爆75周年に動き出す“世界一”の時計台」の│ │     │建設について                          │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  56  │恵下埋立地(仮称)建設による戸山地区への浸出水放流ルートの変更・│ │     │負荷軽減について                        │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  57  │恵下埋立地(仮称)整備事業中止・計画の見直しを求めることについて│ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 192 │呉線「矢野駅」駅前客待ち営業タクシー運転手のたばこ投棄討議につい│ │     │て                               │ └─────┴────────────────────────────────┘  厚生委員会  請願 ┌─────┬────────────────────────────────┐ │ 受理番号 │         件            名         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  6  │広島市立ふくしま第二保育園の廃園計画の見直しを求めることについて│ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  10  │子ども医療費補助制度の年齢拡充を求めることについて       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  11  │広島市の「事務・事業見直し」 子どもの医療費負担増計画の見直しを│ │     │求めることについて                       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  14  │子どもの医療費を中学校卒業まで無料にすることを求めることについて│ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  28  │子ども医療費補助制度の見直しを求めることについて        │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  29  │県内負担格差を広げる広島市のこども医療費補助条例の修正を求めるこ│ │     │とについて                           │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  37  │教育予算の増額,教育費の無償化,父母負担軽減,教育条件の改善を求│ │     │めることについて                        │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  41  │こども医療費補助制度の,新たな所得基準を廃止し,通院時一部負担金│ │     │は初診料算定時500円とすることを求めることについて        │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  48  │高齢者公共交通機関利用助成事業を高齢者福祉の制度として,敬老パス│ │     │に拡充することを求めることについて               │ └─────┴────────────────────────────────┘  陳情 ┌─────┬────────────────────────────────┐ │ 受理番号 │         件            名         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  12  │広島市土石流災害への支援の強化を求めることについて       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  24  │社会福祉法人と広島市健康福祉局監査指導室の癒着に疑念を抱くことに│ │     │ついて                             │
    ├─────┼────────────────────────────────┤ │  31  │段原再開発用地(元段原東部密集市街地整備事業公共施設用地)を母子│ │     │生活支援施設候補地とする選定の見直しを求めることについて    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  51  │東部段原再開発事業目的の優先的遂行と段原山崎町住民に対する差別的│ │     │処遇の改善要求について                     │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  54  │2014年8月の土砂災害と2015年9月の鬼怒川氾濫による大水害の教訓か│ │     │ら9月議会で可決された太田川中流域の川辺での新病院建設は再考を求│ │     │めることについて                        │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  63  │乳幼児等医療費補助制度の見直しについて             │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  92  │2017年1月実施予定のこども医療費補助制度について        │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 105 │こども医療費補助制度に関する調査を求めることについて      │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 119 │高齢者福祉の充実について                    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 129 │保育士の処遇改善・保育士不足の解消を求めることについて     │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 131 │高齢者公共交通機関利用助成制度の存続を求めることについて    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 134 │聴覚障害者認定検査の正常化について               │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 189 │安心して子どもを生み育てられるように広島市の保育予算を増やし保育│ │     │行政の充実を求めることについて                 │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 203 │村田吉弘が当時戸山中学校校長でありながら広島市教育委員会に届け出│ │     │することなく広島市手をつなぐ育成会理事を兼務していた平成26年5月│ │     │22日に広島市立中学校長代表として育成会と協議を行い賛助会員募集の│ │     │協力を認めたことについて                    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 208 │公立保育園のオムツ持ち帰り問題について             │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 209 │ワクチン接種・抗体価検査の助成について             │ └─────┴────────────────────────────────┘  建設委員会  請願 ┌─────┬────────────────────────────────┐ │ 受理番号 │         件            名         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  3  │警報機・遮断機の設置を求めることについて            │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  13  │広島市東部地区連続立体交差事業を全区間高架で実施することについて│ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  40  │広島市のパークゴルフ場整備・新設について            │ └─────┴────────────────────────────────┘  陳情 ┌─────┬────────────────────────────────┐ │ 受理番号 │         件            名         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  10  │広島市土石流災害への支援の強化を求めることについて       │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  23  │旧広島市民球場跡地の利用状況の情報開示を求めることについて   │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  52  │中筋温品線の早期全線開通について                │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 183 │歩行者安全軽視せる廣(ひろ)島市政是正について          │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 184 │歩行者防衛警邏(けいら)強化について               │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 185 │「道路下に空洞の恐れ。」による調査,補修について        │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 193 │呉線「矢野駅」駅前客待ち営業タクシー運転手の逆走撲滅討議について│ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 202 │市道へのミラー設置に関することについて             │ └─────┴────────────────────────────────┘ △(参照10)  議 決 事 件 一 覧 表                                                 (平成30年第2回定例会) ┌─────┬────┬─────────────────────────┬───────┬────┬────────┐ │ 議  案 │ 提 出 │                         │ 付託委員会 │ 議 決 │        │ │     │    │       件 名 及 び 内 容       ├───────┤    │ 議 決 結 果 │ │ 番  号 │ 年月日 │                         │ 付託年月日 │ 年月日 │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │     │    │議席の変更について                │       │30. 6.18│ 変更することに │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │       │    │ 決     定 │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │     │    │会期決定について                 │       │  〃  │ 6月18日から  │ │     │    │                         ├───────┤    │ 6月28日まで  │ │     │    │                         │       │    │ の11日間と決定 │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │     │    │仮議長の選挙について               │       │  〃  │  中本 弘  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │       │    │  議員当選  │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │ 決 議 案 │30. 6.18│議長不信任決議案                 │       │  〃  │  否   決  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  15  │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │ 報  告 │  〃  │繰越明許費の繰越しの報告について(一般会計)   │       │  〃  │  終   了  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  1  │    │                         │       │    │        │
    ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │事故繰越しの繰越しの報告について(一般会計)   │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  2  │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │予算繰越しの報告について             │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  3  │    │(水道事業会計,下水道事業会計)         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │専決処分の報告について              │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  4  │    │(道路の管理蝦疵等による損害賠償額の決定)    │       │    │        │ └─────┴────┴─────────────────────────┴───────┴────┴────────┘ ┌─────┬────┬─────────────────────────┬───────┬────┬────────┐ │ 議  案 │ 提 出 │                         │ 付託委員会 │ 議 決 │        │ │     │    │       件 名 及 び 内 容       ├───────┤    │ 議 決 結 果 │ │ 番  号 │ 年月日 │                         │ 付託年月日 │ 年月日 │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │ 報  告 │30. 6.18│専決処分の報告について(工事委託等変更契約の締結)│       │30. 6.18│  終   了  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  5  │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │専決処分の報告について              │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  6  │    │ 市営住宅を正当な権原なく占有している者に対する │       │    │        │ │     │    │ 家屋明渡等の訴えの提起             │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │専決処分の報告について              │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  7  │    │ 市営住宅に係る家賃の長期滞納者に対する家屋明渡 │       │    │        │ │     │    │ 等の訴えの提起                 │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │専決処分の報告について              │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  8  │    │ 市営住宅に係る家賃等の長期滞納者との訴え提起前 │       │    │        │ │     │    │ の和解                     │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │法人の経営状況について              │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  9  │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │ 監査報告 │30. 6.11│平成29年度の企画総務局及び同局に関連する各区役所の│       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  7  │    │定期監査及び行政監査               │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │平成29年度の健康福祉局及び同局に関連する各区役所の│       │  〃  │    〃    │ │     │    │定期監査及び行政監査並びに同局に関連する財政援助団├───────┤    │        │ │  8  │    │体等の監査                    │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │平成29年度のこども未来局の定期監査及び行政監査  │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  9  │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │平成29年度の環境局の定期監査及び行政監査     │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  10  │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │平成29年度の道路交通局及び同局に関連する各区役所の│       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  11  │    │定期監査及び行政監査               │       │    │        │ └─────┴────┴─────────────────────────┴───────┴────┴────────┘ ┌─────┬────┬─────────────────────────┬───────┬────┬────────┐ │ 議  案 │ 提 出 │                         │ 付託委員会 │ 議 決 │        │ │     │    │       件 名 及 び 内 容       ├───────┤    │ 議 決 結 果 │ │ 番  号 │ 年月日 │                         │ 付託年月日 │ 年月日 │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │ 監査報告 │30. 6.11│平成29年度の下水道局及び同局に関連する各区役所の定│       │30. 6.18│  終   了  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  12  │    │期監査及び行政監査                │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │平成29年度の消防局の定期監査及び行政監査     │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  13  │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │平成29年度の教育委員会の定期監査及び行政監査並びに│       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  14  │    │同委員会に関連する財政援助団体の監査       │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │平成29年度の都市整備局,東区役所,南区役所,西区役│       │  〃  │    〃    │ │     │    │所及び佐伯区役所の定期監査及び行政監査並びに一般財├───────┤    │        │ │  15  │    │団法人広島市都市整備公社の出資団体監査(工事)  │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │ 検査報告 │  〃  │平成30年1月分例月出納検査            │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  14  │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │平成30年2月分例月出納検査            │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  15  │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  〃  │  〃  │平成30年3月分例月出納検査            │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  16  │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │     │    │休会について                   │       │  〃  │ 6月19日及び │ │     │    │                         ├───────┤    │ 6月20日を  │ │     │    │                         │       │    │ 休会と決定  │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤
    │     │    │                         │       │    │        │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │     │    │休会について                   │       │30. 6.25│ 6月26日及び │ │     │    │                         ├───────┤    │ 6月27日を  │ │     │    │                         │       │    │ 休会と決定  │ └─────┴────┴─────────────────────────┴───────┴────┴────────┘ ┌─────┬────┬─────────────────────────┬───────┬────┬────────┐ │ 議  案 │ 提 出 │                         │ 付託委員会 │ 議 決 │        │ │     │    │       件 名 及 び 内 容       ├───────┤    │ 議 決 結 果 │ │ 番  号 │ 年月日 │                         │ 付託年月日 │ 年月日 │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │     │    │                         │       │    │        │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  68  │30. 6.18│平成30年度広島市一般会計補正予算(第1号)    │ 経済観光環境 │30. 6.28│  原案可決  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │  30. 6.25  │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  69  │  〃  │広島市市税条例等の一部改正について        │  総  務  │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │   〃   │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  70  │  〃  │広島市介護保険条例の一部改正について       │  厚  生  │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │   〃   │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  71  │  〃  │広島市市営住宅等条例の一部改正について      │  建  設  │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │   〃   │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  72  │  〃  │新たに生じた土地の確認及び当該土地を町の区域に編入│  総  務  │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │することについて                 │   〃   │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  73  │  〃  │訴えの提起について                │  厚  生  │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │   〃   │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  74  │  〃  │調停について                   │  建  設  │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │   〃   │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  75  │  〃  │土地改良事業計画の変更について          │ 経済観光環境 │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │   〃   │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  76  │  〃  │市道の路線の廃止について             │  建  設  │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │   〃   │    │        │ └─────┴────┴─────────────────────────┴───────┴────┴────────┘ ┌─────┬────┬─────────────────────────┬───────┬────┬────────┐ │ 議  案 │ 提 出 │                         │ 付託委員会 │ 議 決 │        │ │     │    │       件 名 及 び 内 容       ├───────┤    │ 議 決 結 果 │ │ 番  号 │ 年月日 │                         │ 付託年月日 │ 年月日 │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  77  │30. 6.18│市道の路線の認定について             │建  設   │30. 6.28│  原案可決  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │30. 6.25   │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  78  │  〃  │契約の締結について                │  厚  生  │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │(こども療育センター及び児童相談所等改築工事)  │   〃   │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  79  │  〃  │契約の締結について                │   〃   │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │ こども療育センター及び児童相談所等改築電気設備 │   〃   │    │        │ │     │    │ 工事                      │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  80  │  〃  │契約の締結について                │   〃   │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │ こども療育センター及び児童相談所等改築空気調和 │   〃   │    │        │ │     │    │ 設備工事                    │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  81  │  〃  │契約の締結について(上瀬野線跨線橋新設工事)   │  建  設  │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │   〃   │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  82  │  〃  │契約の締結について(安芸中野駅自由通路新設工事) │   〃   │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │   〃   │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  83  │  〃  │契約の締結について                │   〃   │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │ 温品二葉の里線中山高架橋(仮称)上部工事(その │   〃   │    │        │ │     │    │ 2)                      │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  84  │  〃  │変更契約の締結について              │ 経済観光環境 │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │   〃   │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  85  │  〃  │専決処分の承認について              │  総  務  │  〃  │  承   認  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │   〃   │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │ 諮  問 │30. 6.11│審査請求に対する裁決について           │   〃   │  〃  │  異議なしと  │
    │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  8  │    │                         │   〃   │    │  決   定  │ └─────┴────┴─────────────────────────┴───────┴────┴────────┘ ┌─────┬────┬─────────────────────────┬───────┬────┬────────┐ │ 議  案 │ 提 出 │                         │ 付託委員会 │ 議 決 │        │ │     │    │       件 名 及 び 内 容       ├───────┤    │ 議 決 結 果 │ │ 番  号 │ 年月日 │                         │ 付託年月日 │ 年月日 │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │ 諮  問 │30. 6.11│審査請求に対する裁決について           │ 消防上下水道 │30. 6.28│  異議なしと  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  9  │    │                         │   〃   │    │  決   定  │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │     │    │副議長の辞職許可について             │       │  〃  │  許   可  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │     │    │副議長の選挙について               │       │  〃  │  今田良治  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │       │    │  議員当選  │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │  86  │30. 6.28│監査委員の選任の同意について           │       │  〃  │  同   意  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │     │    │広島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について│       │  〃  │ 谷口 修議員 │ │     │    │                         │       │    │ 星谷鉄正議員 │ │     │    │                         │       │    │ 石橋竜史議員 │ │     │    │                         ├───────┤    │ 山内正晃議員 │ │     │    │                         │       │    │ 当    選 │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │     │    │常任委員会委員及び正副委員長の選任について    │       │  〃  │  本文記載の  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │       │    │  とおり選任  │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │     │    │議会運営委員会委員及び正副委員長の選任について  │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │ 議員提出 │30. 6.21│広島市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関する│       │  〃  │  原案可決  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  4  │    │条例の制定について                │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │ 意見書案 │30. 6.27│地方財政の充実・強化を求める意見書案       │       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  22  │    │                         │       │    │        │ └─────┴────┴─────────────────────────┴───────┴────┴────────┘ ┌─────┬────┬─────────────────────────┬───────┬────┬────────┐ │ 議  案 │ 提 出 │                         │ 付託委員会 │ 議 決 │        │ │     │    │       件 名 及 び 内 容       ├───────┤    │ 議 決 結 果 │ │ 番  号 │ 年月日 │                         │ 付託年月日 │ 年月日 │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │ 意見書案 │30. 6.27│少人数学級の推進を含む計画的な教職員定数改善及び義│       │30. 6.28│  原案可決  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  23  │    │務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書案      │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │ 決 議 案 │  〃  │一般国道2号西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線│       │  〃  │    〃    │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │  16  │    │供用を求める決議案                │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │     │    │請願の取り下げについて(請願第38号)       │       │  〃  │  承   認  │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │       │    │        │ ├─────┼────┼─────────────────────────┼───────┼────┼────────┤ │     │    │請願・陳情の閉会中継続審査について        │       │  〃  │ 継続審査とす │ │     │    │                         ├───────┤    │        │ │     │    │                         │       │    │ ることに決定 │ └─────┴────┴─────────────────────────┴───────┴────┴────────┘ ───────────────────────────────────────   議 長   永  田  雅  紀   署名者   碓  氷  芳  雄   署名者   大  野  耕  平...