堺市議会 > 2020-06-09 >
令和 2年 6月 9日竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会−06月09日-01号
令和 2年 6月 9日竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会−06月09日-目次

ツイート シェア
  1. 堺市議会 2020-06-09
    令和 2年 6月 9日竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会−06月09日-01号


    取得元: 堺市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-06-27
    令和 2年 6月 9日竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会−06月09日-01号令和 2年 6月 9日竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会                 〇出席委員(12名)         森 田 晃 一           伊豆丸 精 二         黒 田 征 樹           信 貴 良 太         西 川 良 平           西   哲 史         池 田 克 史           水ノ上 成 彰         大 林 健 二           裏 山 正 利         吉 川 敏 文           長谷川 俊 英                 〇欠席委員( 0名)  〇開催通知                                 令和2年6月2日 竹山修身前市長の選挙資金問題等 調査特別委員会
    委 員          様                          竹山修身前市長の選挙資金問題等                          調査特別委員会                           委員長 池 田 克 史      竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会(第22回)の開催について(通知)  次のとおり委員会を開催しますので通知します。                     記  日    時   6月9日(火) 午後1時  場    所   第一・第二委員会室  案    件   〇阪本圭氏に対する証人尋問について           〇記録の提出状況について           〇記録の提出について 〇午後1時開会 ○池田 委員長  ただいまから竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会を開会いたします。  本日の会議録署名委員は、伊豆丸委員、西川委員のお2人にお願いいたします。  それでは本日の審議に入ります。  なお、本委員会における本日の議事運営についてでありますが、委員の発言時間は議事運営に関する要綱により30分でありますが、本日の委員の発言は自由質問、意見ができるものとし、発言時間の制限は行わないことといたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。   (「異議なし」の声起こる)  御異議ないようですので、そのように決定いたします。 ┌──────────────────────┐ △阪本圭氏の証人出頭に向けた対応について └──────────────────────┘ ○池田 委員長  初めに、阪本圭氏の証人出頭に向けた対応についてを議題といたします。  5月7日開催の本委員会において、証人として阪本圭氏の出頭を求めることを決定いたしました。  それでは阪本圭氏との証人尋問日の日程調整の状況等について事務局に報告させます。 ◎近藤 議事課長  阪本圭氏との出頭日の日程調整の状況について報告いたします。  令和2年5月7日の委員会において、阪本圭氏を証人として出頭を求めることを決定いたしましたので、同日に阪本圭氏にその旨を電話にて連絡し、出頭日の日程調整の依頼文書を同日に郵送、特定記録郵便にて送付いたしました。文書は8日に到着しております。  阪本圭氏からは、阪本圭氏代理弁護士2名の連名で、令和2年5月25日付でお手元に配布のとおり堺市議会議長宛てに上申書が提出されており、議会事務局には簡易書留で5月26日に到着しております。  内容について原文のまま読み上げます。  上申書。今般、貴議会事務局長から阪本圭宛てに証人出頭に係る日程調整についてと題する書面(堺議事第166号)の送付を受けました。阪本氏は本年2月7日に貴議会、竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会において証人として出頭し、証言をしたところです。同委員会において説明ができなかった点や指摘を受けた点について、同委員会終了後、調査・検討した結果を踏まえ、選挙運動費用の収支報告に関して必要な箇所を訂正等したことについては、同年2月28日付上申書、同年4月13日付意見書を提出して報告し、実際、同月10日付堺市選挙管理委員会に対し、選挙運動費用収支報告書(第3回)を提出して訂正をしているところです。  それにもかかわらず、貴議会では再び阪本氏に対し証人として出頭させ、証言を求めようとしています。前記意見書でも指摘させていただきましたが、本来百条委員会が調査できる選挙管理委員会事務に関する調査としては、上記選挙に係る竹山氏の選挙運動費用収支報告書の提出・受理等に絡む堺市選挙管理委員会事務が適正に執行されたかどうかであり、阪本氏に対しては前回の証人尋問、前記上申書及び同意見書によって目的は達することができたはずです。それでもなお、証人として出頭を求めて何を証言させようとしているのか、理解に苦しむところですが、再度尋問したいということでしたら、具体的に何を聞きたいのか、法の趣旨に照らして明らかにしていただきたいと思います。  その回答を待って出頭するかどうかも含めて検討したいと思います。  報告については以上でございます。 ○池田 委員長  報告が終わりました。  それでは本件について御質問はありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり)  御質問なしと認めます。  先ほどの事務局からの報告のとおり、阪本圭氏の代理弁護士から、前回の証人尋問により本委員会の調査の目的は達成されたと主張され、出頭日の調整ができない状況であります。  今後の進め方も含めて各委員お1人ずつの御意見をお聞かせ願います。  まず西委員、お願いいたします。こっち側から行きましょか。反対回りで水ノ上委員。 ◆水ノ上 委員  この上申書を読ませていただきましたけれども、前回、阪本証人の、出頭いただいて証言いただいた中に、今後調査すると、また検討するという事項が多々ありました。また、竹山証人との間で証言の食い違うところも多々ありました。それについていま一度出頭いただいた上で、尋問をした上で真相究明をする必要があるというところから、この上申書はありますけれども、阪本証人の出頭を求めていくと。  また、具体的に何を聞きたいのかというお尋ねもありますが、それは委員長の主尋問を渡すことで明らかになるわけでありますから、そのことをもってこの上申書に答えるということにもなると思いますので、今までどおり阪本氏に出頭いただいて意見を聞くと、それで進めていただきたいというふうに思います。以上です。 ◆黒田 委員  様々御意見あろうかと思いますけども、その証言の食い違いの部分ですね、その点はただしていかないといけないというふうに思いますし、質問の内容につきましては、証言を求める事項として事前に投げかけるということですので、粛々と日時を決めて進めていくべきだというふうに思います。 ◆伊豆丸 委員  同じく、この上申書に対する応答の義務というのは法律上はないということですので、特段上申書に対する回答をする必要はないと、この百条委員会としてする必要はないと思いますし、実際に竹山証人と阪本証人証言に食い違いが多々ございますので、改めてお越しいただいて、その食い違いについて百条委員会として調査を進めていくという方向でいいかと思います。以上です。 ○池田 委員長  吉川委員、お願いいたします。 ◆吉川 委員  基本的には証人尋問に来ていただきたいと。前回の証人尋問から上申書にも書かれてますように修正、確かに行われたという事実はあるわけですけれども、これも前回の証人尋問がなければ修正されなかったわけですから、修正された内容について改めて問う必要もあるかと思いますので、ぜひともこれは証人尋問すべきだというふうに思います。以上です。 ◆裏山 委員  前回阪本証人に尋問をいたしまして、様々それ以前の竹山証人との証言の食い違い等々、先ほどもございましたけれどもあるわけでございますので、その点も含めまして再度尋問する必要性があるというふうに考えております。 ◆大林 委員  私もこの上申書に対しての回答というのは必要ないのかなと思っておりますし、食い違い等があるようですので、証人尋問にお越しいただきたいというように思っております。 ◆森田 委員  もう既に百条委員会としても再度阪本圭氏に出頭していただこうということは決定しているわけですから、相手方から上申書が届いたからといって方針を別に撤回する必要はないと思いますので、このまま特別委員会として出頭していただくことを決定すればいいかなと思っております。以上です。 ◆信貴 委員  何を聞きたいのかという問合せにつきましては、主尋問をお示しをしたらいいというふうに思ってます。その上で日程調整を進めていただきたいと思います。 ◆西川 委員  主尋問を提示することによりまして、何を聞きたいのかというのの1つの具体例になろうかと思います。前回の食い違い点を明らかにするために来てもらったらいいというふうに考えます。 ◆長谷川 委員  本件に関しては、本日の午前中の委員協議でその取扱いは簡易採決で進めるということまで話が成立しておりますので、特段この場で私が意見を申し上げるべき必要はないと思うんですが、委員長の御指名でこういうことになりましたのであえて感想を申し上げますと、この上申書は確かに阪本圭氏の代理人から出されておりますので、その意思そのものは阪本圭氏の意思だというふうに考えなきゃいけないと思うんですが、ただ私の率直な実感として、せんだって証人尋問で出頭されたときの阪本圭氏のイメージと今日この文面で頂いた意思表示というのは若干違うかなと、こういう思いがしないでもないんです。  さはさりながら、代理人からのこういう意思表示でありますけれども、皆さんが今後の尋問の必要を感じていらっしゃる以上、私も、私自身は現時点で特段何を尋問しようかという思いはありませんけれども、そういう進め方をするしかないのではないかというふうに思っております。以上です。 ◆西 委員  上申書については取扱いの対応義務はないといいますか、これに対して特段対応する必要があるわけではないということなので、内容については主尋問の内容を先方に御説明をすることで内容について明らかにするということで、今までの流れどおり進めていけばいいかなと思っています。 ○池田 委員長  お一人お一人から御意見というか、感想も含めていただきました。午前中の協議はオープンではありませんので、この場で改めて皆様に御意見を伺った次第であります。ありがとうございました。  私委員長としましては、これまでも委員会で発言しているとおり、本委員会は本市選挙管理委員会行政執行の監視・監督の前提として、平成29年に執行された堺市選挙に係る選挙運動に関する収入及び支出の報告が公職選挙法の本旨にのっとり適正に行われていたかを調査するものであることから、これまでどおり本委員会としての調査は地方自治法第100条の調査権の範囲内で行われているものであり、本委員会として必要な調査を進めていきたいと考えます。  さらに竹山修身氏、阪本圭氏両証人証言比較・分析を行い、各委員から証言の相違点、疑問点の意見も頂き、また2月7日の阪本圭氏に対する証人尋問において、阪本圭氏が調査を検討しなければならない等の証言をしていることから、本委員会において調査を進める上で、再度阪本圭氏に対し証人として出頭を求めることを5月7日の委員会で決定しました。  また、2月7日の証人尋問の後、選挙運動費用収支報告や後援会収支報告の訂正願などが堺市及び大阪府選挙管理委員会にそれぞれ提出されており、訂正すると判断した根拠など、改めて阪本圭氏に直接確認すべきことがあると考えます。  具体的な尋問内容については出頭請求とともに送付する証言を求める事項であり、今後、各委員の質問を提出いただき、委員長の主尋問をまとめていくこととなります。委員長の主尋問については、2月7日の証人尋問の際にも事前に送付しており、今回も証人尋問前に事前に送付したいと考えます。  よって、手続上問題があるとは考えておりませんし、真相解明をするのが本委員会の責務と考えており、出頭請求の手続を進めていきたいと思います。  以上のことから、出頭日時を7月15日午前10時30分に指定して、阪本圭氏へ出頭請求したいと考えます。このことについて御意見はありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり)  御意見なしと認めます。  出頭日時をそれでは、7月15日午前10時30分に指定して阪本圭氏へ出頭請求を行うことといたしますが、よろしいですか。   (「異議なし」の声起こる)  それでは、そのようにいたします。 ┌────────────────────┐ △阪本圭氏に対する証人出頭請求について └────────────────────┘ ○池田 委員長  それでは、阪本圭氏に対する証人出頭請求についてを議題といたします。  本件について、選挙人その他の関係人に対し証人尋問を行うためには、当委員会において、尋問すべき者、証言を求める事項、出頭すべき日時を議決する必要があります。つきましては、それぞれの事項について、順次御協議いただき、最後にまとめてお諮りいたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  まず、証人出頭請求書に記載する証言を求める事項についてでありますが、正副委員長案を配布いたしますので、しばらくお待ちください。  それでは、本件について御質問、御意見はありませんか。ありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり)  御質問、御意見なしと認めます。  次に、出頭すべき日時についてでありますが、7月15日の午前10時30分からといたしたいと思いますが、いかがでしょうか。   (「異議なし」の声起こる)  それでは、そのようにいたします。  それでは、ただいま御協議いただいた阪本圭氏に対する証人出頭請求についてお諮りしたいと思います。  この際、各委員に申し上げます。この後、委員長において本件の採決を宣告いたしますが、会議規則第55条の規定により、表決の宣告後は、表決の方法についての発言を除き、何人も発言を求めることができませんので、よろしくお願いいたします。  それでは、阪本圭氏に対する証人出頭請求に関する件についてお諮りいたします。  堺市選挙に係る選挙運動に関する収入及び支出の報告に関する調査を行うため、7月15日午前10時30分に阪本圭氏を証人として本委員会に出頭を求めたいと思いますが、これに御異議ありませんか。   (「異議なし」の声起こる)  御異議なしと認めます。よって、本件は堺市選挙に係る選挙運動に関する収入及び支出の報告に関する調査を行うため、7月15日午前10時30分に阪本圭氏を証人として本委員会に出頭を求めることに決定いたしました。  次に、証人出頭請求書に記載する証言を求める事項についてお諮りいたします。  本件については、お手元に配布の正副委員長案のとおり証人通知することに御異議ありませんか。   (「異議なし」の声起こる)  御異議なしと認めます。よって、本件はお手元に配布の正副委員長案のとおり証人通知することに決定いたしました。  次に、阪本圭氏への証人出頭請求と併せて送付する補佐人同伴願の回答の提出期日ですが、6月19日午後5時、郵送の場合は必着としてよろしいですか。
      (「異議なし」の声起こる)  それでは、そのようにいたします。  次に、阪本圭氏への証人出頭請求と併せて送付する証人尋問における撮影・録音及びインターネット中継についての回答の提出期日ですが、6月19日午後5時、郵送の場合は必着としてよろしいですか。   (「異議なし」の声起こる)  それでは、そのようにいたします。  なお、阪本圭氏への尋問を実施する委員におかれては、当日、尋問を行う具体的な項目について、6月19日午後5時までに委員長に通告いただきますようお願いいたします。 ┌──────────────┐ △記録の提出状況について └──────────────┘ ○池田 委員長  次に、記録の提出状況についてを議題といたします。  5月7日の本委員会で決定し、出納責任者阪本圭氏に対し、5月25日を期日として請求を求めていた平成29年10月6日(第1回分)及び平成29年11月16日(第2回分)時点の平成29年9月24日執行の堺市選挙の竹山修身候補の選挙運動費用を管理していた会計帳簿、現金出納簿等、通帳及びその他、出納状況が分かる書類一式の写しの提出について、阪本圭氏の代理弁護士から文書が提出されておりますので、事務局に報告させます。 ◎近藤 議事課長  阪本圭氏からの記録の提出状況について報告いたします。  お手元に配布のとおり、阪本圭氏代理弁護士から、令和2年5月22日付で、堺市議会議長宛てに回答書が提出されており、議会事務局には簡易書留で5月25日に到着しております。内容について、原文のまま読み上げます。  回答書。貴職から令和2年5月7日付阪本圭宛て記録提出請求についてと題する書面(堺議事第174号)が送られてきましたが、同年2月28日付上申書のとおり、会計帳簿は既に提出したとおりで、その他提出を求められている書類はありません。  報告については以上でございます。 ○池田 委員長  報告が終わりました。  先ほどの事務局からの報告のとおり、記録の提出はなされておりません。  なお、記録の提出については、地方自治法第100条第1項に基づき請求しておりますので、その正当理由の存否の決定を行うこととなりますが、その決定については十分な議論が必要であり、さらに時間を要することから本日は状況報告にとどめ、証人尋問を行った上で改めて御協議いただくこととしますので、よろしくお願いいたします。 ┌────────────────────────────┐ △地方自治法第100条第1項に基づく記録の提出について └────────────────────────────┘ ○池田 委員長  次に、地方自治法第100条第1項に基づく記録の提出についてを議題といたします。  本件については、堺市選挙に係る選挙運動に関する収入及び支出の報告に関する調査を行うため、出納責任者阪本圭氏に対し令和2年4月10日に提出された平成29年9月24日執行の堺市選挙の竹山修身候補の選挙運動費用を管理していた会計帳簿、現金出納簿等、通帳及びその他、出納状況が分かる書類一式の写しの提出を求めたいと思いますが、いかがでしょうか。   (「異議なし」の声起こる)  それでは、そのようにいたします。  次に、提出の期限については6月23日といたしたいと思いますが、いかがでしょうか。   (「異議なし」の声起こる)  それでは、そのようにいたします。  それでは、ただいま御協議いただいた地方自治法第100条第1項に基づく記録の提出についてお諮りしたいと思います。  この際、各委員に申し上げます。この後、委員長において本件の採決を宣告いたしますが、会議規則第55条の規定により、表決の宣告後は、表決の方法についての発言を除き、何人も発言を求めることができませんので、よろしくお願いいたします。  それでは、地方自治法第100条第1項に基づく記録の提出についてお諮りいたします。  堺市選挙に係る選挙運動に関する収入及び支出の報告に関する調査を行うため、出納責任者阪本圭氏に対し、6月23日までに令和2年4月10日に提出された平成29年9月24日執行の堺市選挙の竹山修身候補の選挙運動費用を管理していた会計帳簿、現金出納簿等、通帳及びその他、出納状況が分かる書類一式の写しの提出を求めたいと思いますが、これに御異議ありませんか。   (「異議なし」の声起こる)  御異議なしと認めます。よって、本件は堺市選挙に係る選挙運動に関する収入及び支出の報告に関する調査を行うため、出納責任者阪本圭氏に対し、6月23日までに令和2年4月10日に提出された、平成29年9月24日執行の堺市選挙の竹山修身候補の選挙運動費用を管理していた会計帳簿、現金出納簿等、通帳及びその他、出納状況が分かる書類一式の写しの提出を求めることに決定いたしました。 ┌──────────┐ △記録の提出について └──────────┘ ○池田 委員長  次に、記録の提出についてを議題といたします。  本件については、堺市選挙に係る選挙運動に関する収入及び支出の報告に関する調査を行うため、大阪府選挙管理委員会委員長に対し、竹山おさみ連合後援会から令和2年3月に提出された届出事項等の異動届の写しの提出を求めたいと思いますが、いかがでしょうか。   (「異議なし」の声起こる)  それでは、そのようにいたします。  それでは、ただいま御協議いただいた記録の提出についてお諮りしたいと思います。  この際、各委員に申し上げます。この後、委員長において本件の採決を宣告いたしますが、会議規則第55条の規定により、表決の宣告後は、表決の方法についての発言を除き、何人も発言を求めることができませんので、よろしくお願いいたします。  それでは、記録の提出についてお諮りいたします。  堺市選挙に係る選挙運動に関する収入及び支出の報告に関する調査を行うため、大阪府選挙管理委員会委員長に対し、竹山おさみ連合後援会から令和2年3月に提出された届出事項等の異動届の写しの提出を求めたいと思いますが、これに御異議ありませんか。   (「異議なし」の声起こる)  御異議なしと認めます。よって本件は堺市選挙に係る選挙運動に関する収入及び支出の報告に関する調査を行うため、大阪府選挙管理委員会委員長に対し、竹山おさみ連合後援会から令和2年3月に提出された届出事項等の異動届の写しの提出を求めることに決定いたしました。  それでは、今後の調査についてでありますが、阪本圭氏を証人として7月15日10時30分に出頭を求めること、また、補佐人同伴願の回答期日は6月19日午後5時、証人尋問における録画・撮影及びインターネット中継等に対する意見の回答期日は6月19日午後5時とすること、各委員は、阪本圭氏への尋問の具体的な項目を6月19日の午後5時までに委員長に通告すること、出納責任者阪本圭氏に対し6月23日までに令和2年4月10日に提出された平成29年9月24日執行の堺市選挙の竹山修身候補の選挙運動費用を管理していた会計帳簿、現金出納簿等、通帳及びその他、出納状況が分かる書類一式の写しの提出を求めること、大阪府選挙管理委員会委員長に対し、竹山おさみ連合後援会から令和2年3月に提出された届出事項等の異動届の写しの提出を求めることについては、本日の委員会において決定いたしました。 ┌──────────────┐ △次回の委員会の開催について └──────────────┘ ○池田 委員長  次に、次回の開催についてでありますが、協議事項等を整理し、調整の上、私から招集を通知いたしますので、よろしくお願いいたします。  以上で本日の案件は全て終了いたしました。  これをもって竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会閉会いたします。 〇午後1時27分閉会  ┌──────────────────┬───────────────────┐  │ 委員長      池 田 克 史 │                   │  ├──────────────────┼───────────────────┤  │ 委員       伊豆丸 精 二 │                   │  ├──────────────────┼───────────────────┤  │ 委員       西 川 良 平 │                   │  └──────────────────┴───────────────────┘...