1094件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

久喜市議会 2020-09-03 09月03日-01号

収入済額は18億5,117万5,598円で、構成割合は17.9%、対前年度比6.0%の増でございます。  次に、4款の支払基金交付金でございます。収入済額は24億7,773万6,000円で、構成割合は24.0%、対前年度比0.3%の増でございます。  次に、5款の県支出金でございます。収入済額は14億7,635万379円で、構成割合は14.3%、対前年度比10.7%の増でございます。  

戸田市議会 2020-03-26 令和 2年 3月定例会-03月26日-05号

最後に、各委員会予算審議におきまして、会派メンバー質疑、質問を通し、このたびの一般会計予算598億円が適切に配分されていると判断いたしましたことを申し添えます。  以上、賛成理由を申し上げまして、議案第25号令和年度戸田市一般会計予算への賛成討論といたします。(拍手) ○手塚静枝 議長  賛成討論者、7番、本田哲議員

幸手市議会 2020-03-19 03月19日-06号

幸手消防西分署管内への出動平成30年の1年内で598件あり、そのうち幸手消防西分署独自の管内出動が339件です。他は、他の分署から幸手消防西分署管内出動していただいているところです。これこそが消防救急広域連携の成果を示すものであり、自治体別消防力に頼っていた時代から大きく進んでいることが分かります。事実、幸手市は、広域化前に東分署を廃止するなど、消防行政合理化に早くから手を打っています。

吉見町議会 2020-03-05 03月05日-議案説明、委員会付託-05号

款衛生費は4億4,929万5,000円で、前年度比1,598万7,000円、3.4%の減となります。主な要因は、埼玉中部資源循環組合の解散に伴う負担金2,784万4,000円の皆減によるものです。 5款労働費は421万8,000円で、前年度比5万9,000円、1.4%の減です。 6款農林水産業費は4億9,890万円となり、前年度比4,754万5,000円、10.5%の増です。

吉見町議会 2020-03-04 03月04日-議案説明、質疑、討論、採決-04号

金額につきましては、598万5,000円を計上させていただいておるところでございます。 おわびを申し上げまして、訂正をよろしくお願いしたいと思います。 以上でございます。 △議案第10号の説明、質疑討論、採決 ○議長宮﨑雄一君) 日程第10、議案第10号を議題といたします。 議題を朗読いたさせます。          

草加市議会 2020-02-27 令和 2年  2月 予算特別委員会−02月27日-02号

続きまして、公共施設整備基金繰入金予算額7億1,128万9,000円で、前年度と比較しますと7,598万1,000円の増でございます。こちらは市内公共施設に係る修繕及び工事費等について、28事業、件数で申し上げますと43件に対する財源として充当するものでございます。  続きまして、庁舎建設基金繰入金予算額12億2,991万9,000円で、皆増でございます。

蓮田市議会 2020-02-20 02月20日-議案説明-01号

内訳は、救命入門コースが2回、110人、普通救命講習Ⅰが35回、773人、普通救命講習Ⅱが7回、80人、普通救命講習Ⅲが1回、6人、上級救命講習が4回、49人、応急手当普及員講習が12回、598人となっております。  また、小学生対象着衣泳学校教職員対象プール利用前指導及び自治会など一般市民方々対象とした心肺蘇生法とAEDの使用訓練を50回実施し、1,644人の方々が参加されました。  

鳩山町議会 2020-02-19 03月02日-01号

民生費県負担金、節2障害者福祉費県負担金介護給付費等負担金5,895万円が前年比909万9,000円の増額、43ページの項2県負担金、目3農林水産業費県補助金、節1農業費県補助金農業用ため池耐震性点検調査事業充当財源である農業水路等長寿命化防災減災事業補助金6,220万円が前年比4,960万円の増額、46ページの項3県委託金、目1総務費県委託金、節3統計調査費県委託金国勢調査事務委託金598

上尾市議会 2019-12-18 12月18日-一般質問-04号

◎環境経済部長(柳下貴之) 省エネ住宅改修補助金につきましては、平成28年度は46件、538万6,000円、平成29年度は53件、587万9,000円、平成30年度は55件、598万4,000円でございます。高齢者居宅改善整備費につきましては、平成28年度は3件、26万4,000円、平成29年度は2件、5万4,000円、平成30年度は6件、72万8,000円でございます。

春日部市議会 2019-12-13 令和 元年12月定例会−12月13日-08号

これまでの指定管理者制度導入によって、市の図書購入費は、平成28年度3,793万9,000円から、平成30年度には2,598万円と約1,000万円、44.9%の減少、大幅に削減され、貸し出し数も減少しています。28年度と30年度を比べますと、約10万点の減であります。指定管理者制度導入は、図書館行政を大きく後退させ、市の魅力を失う一つの大きな要因となっています。