480件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

蕨市議会 2019-12-12 令和 元年第 5回定例会-12月12日-04号

本市の状況ということですが、まず、今年度の対象者については、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性ということになっておりまして、一応4,266名の方にクーポン券を発送しております。そして、10月末現在ではございますが、396名の方が検査を受診し、うち70名の方が予防接種を受けたということはわかっております。 ◆6番(本田てい子議員) ありがとうございます。  

川越市議会 2019-09-20 令和元年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・9月20日)本文

266 保健医療部長 まず、保健医療部ですが、民生費の抑制に向けて取り組んできたところです。内容といたしましては、一つ目といたしまして、国民健康保険事業として、こちらについては赤字解消・削減計画に基づきまして、国民保険税の課税額の見直しを行ったと。こちらについて令和元年度予算に反映をさせていただきました。

狭山市議会 2019-09-19 令和 元年  9月 定例会(第3回)-09月19日-05号

また、過去3年間の届け出種類別の受領件数は、平成28年が出生50件、死亡315件、婚姻262件、離婚20件、その他51件で合計698件であり、平成29年度が出生40件、死亡326件、婚姻269件、離婚31件、その他62件で合計728件であり、平成30年度が出生58件、死亡266件、婚姻182件、離婚27件、その他48件で合計587件であります。  

狭山市議会 2019-09-10 令和 元年  9月 総務経済委員会(第3回)−09月10日-02号

16ページのその他の行政機関、その他の施設の非木造266平方メートルの減は、新狭山地区センターの解体によるものであります。  17ページをお願いいたします。公共財産住宅の非木造2,292平方メートルの減は、市営住宅上諏訪団地の解体による2,268平方メートルの減が主な理由であります。  18ページをお願いいたします。

草加市議会 2019-09-10 令和 元年  9月 定例会-09月10日-04号

一方、外国人住民は前年比で6.79%、16万9,543人増の過去最多の266万7,199人となりました。埼玉県自治体では、川口市が3万5,988人で断トツの1位、全国でも9番目の多さとなっております。  また、日本人の生産年齢人口は7,423万887人で、前年比61万3,028人の減で、10年前と比較をすると742万人も減少しています。

狭山市議会 2019-09-06 令和 元年  9月 文教厚生委員会(第3回)−09月06日-01号

施設につきましては、認可保育所認定こども園及び地域保育事業所を合わせた定員につきまして、管内で2,266人となっております。入所児童数は2,364人、待機児童数が244人ということであります。管外保育施設を合わせますと、入所児童数は2,405人。待機児童数は変わらず244人ということであります。  

草加市議会 2019-09-03 令和 元年  9月 決算特別委員会−09月03日-03号

増額となっている主な理由についてでございますが、扶助費のうち自立支援給付費に係る経費としまして、常に介護を要する人に、昼間、入浴、排せつ、食事介護などを行うとともに、創作的活動、または生産活動の機会を提供する日中活動の場としてのサービスであります生活介護の延べ利用者数が、平成29年度の3,038人から3,207人へと169人増加しまして、給付費につきましても6億8,636万2,019円から7億6,266

川越市議会 2019-03-12 平成31年 産業建設常任委員会 会期中(第1日・3月12日)本文

266 観光課長 あくまでもDMO川越として事業を運営していく経費という形が必要でございますので、申し訳ありませんが、そこまではお答えは難しいですが、ある程度しっかりと運営していただきたいという思いがございますので、市としてもそこは大切にしていかなければいけないのかなと考えてはおります。

草加市議会 2019-03-12 平成31年  3月 建設環境委員会-03月12日-01号

内訳でございますが、損益勘定留保資金が21億4,991万1,000円、利益剰余金のうち減債積立金が4億7,969万8,000円、建設改良積立金が5億4,000万円、未処分利益剰余金が1億4,266万6,000円でございます。  以上でございます。 ○委員長 藤家委員。 ◆藤家 委員  次に、平成31年度の職員体制についてお伺いします。

杉戸町議会 2019-02-15 02月15日-議案説明-02号

2項工事負担金として266万5,000円を予定するもので、むさし堤団地内の下水道工事に伴う水道管移設工事負担金を計上するものでございます。  次に、39ページをお開き願います。1款資本的支出でございます。支出予定額といたしまして、前年度比10.9%、6,176万2,000円の増額を見込み、6億2,888万6,000円を予定するものでございます。  

川越市議会 2018-12-13 平成30年 文化教育常任委員会 会期中(第1日・12月13日)本文

266 長田雅基委員 最終催告書も何名かいらっしゃったということで、今回、三名の方に絞って、さらに一件の方から異議が申し立てられたということなんですが、それぞれこの件に関しては、この滞納者の方に支払い能力があるという判断をしたということだと思うんですが、財産調査などというのはどういうふうな方法で行ったのかお聞きさせていただきます。