4158件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

和光市議会 2021-06-17 06月17日-04号

埼玉県におけるまん延防止等重点措置の関係では、埼玉感染防止対策協力金支給のため、4月末から県の職員と市の職員がペアとなって、飲食店126舗を巡回し、マスク着用、換気、消毒対策などの確認をいたしました。 市の支援としましては、市の制度融資の利子の満額補給のほか、プレミアム付商品券事業を実施しております。

川越市議会 2021-06-16 令和3年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・6月16日)本文

126 こども未来部部長保育課長 民間保育園が四十一園、認定こども園七園の合計四十八園に対しまして意向調査を行いまして、システム導入を行いたいという園が十五園、翻訳機等、こちらを購入したいという園が一園、あとシステム導入翻訳機等の両方、こちらを導入したい園が九園ございました。

ふじみ野市議会 2021-06-14 06月14日-04号

なお、相談内容につきましては、件数の多いものから申し上げますと、困窮に関するものが126、介護に関するものが103件、子育てに関するものが85件となっております。 ○西和彦議長 鈴木啓太郎議員。 ◆3番(鈴木啓太郎議員) ふじみ野市の相談窓口の中で、近年、障がい福祉の関わる相談窓口として、基幹型の相談支援を行っていくというようなことが進められております。

小川町議会 2021-06-08 06月08日-一般質問-01号

会議規則126規定により、議長より1番、笠原英彦議員、2番、髙橋功人議員、3番、島田康弘議員を指名いたします。 △会期決定大戸久一議長 日程第2、会期決定についてを議題といたします。  本件につきましては、閉会中の所管事務調査として議会運営委員会において審査いただいておりますので、委員長からその結果についてご報告願います。  議会運営委員会委員長山口勝士議員。          

三芳町議会 2021-06-08 06月08日-一般質問-05号

県道126、これは所沢堀兼狭山線からの流入がかなり見込まれるのではないかと思います。そちら方面、今もどんどん大型の倉庫が建っております。また、この県道126、片側2車線の非常に交通量の多い通り、川越街道などよりもはるかに交通量が多いと思います。こちらから三芳スマートインターチェンジへの流入増が見込まれるのではないかと思います。

毛呂山町議会 2021-06-02 06月02日-03号

また、1回利用時における走行距離が約3キロメートルですので、温室効果ガス削減量を算出しますと、平成30年度が126.6キロ、令和元年度が73.6キロ、令和2年度が87.76キログラムの削減となりました。今後におきましても放置自転車のうち一定の手続が完了したものを再利用して台数を増やし、職員の積極的な利用を推進してまいりたいと考えております。  

志木市議会 2021-04-01 03月03日-01号

1款1項1目の議会費予算総額は2億762万3,000円で、前年度当初予算と比較し1267,000円の増額となっております。 では、事業ごとにご説明申し上げます。 1の職員人件費は、事務局職員5人分の給料等でございます。 次に、2の職員報酬等に要する経費につきましては、議員14人分の報酬や手当、政務活動費などで、前年度と比べ147万円の増額となっております。

志木市議会 2021-03-31 03月04日-02号

予算書につきましては、125ページから126ージとなります。 8の未熟児養育医療に要する経費についてでありますが、この事業未熟児として生まれた子どもの養育料に係る費用の給付を行うものです。 以上でございます。 ○河野芳徳委員長 次に、清水健康政策課長。 ◎清水裕子健康政策課長 健康政策課長清水でございます。 次に、予算書126ージ、9の健康政策に要する経費についてご説明いたします。 

桶川市議会 2021-03-23 03月23日-09号

126ージ、127ページ。 問 コミュニティスクールについて、小中学校全11校のうち5校が既にコミュニティスクール導入している。コミュニティスクール導入しているところと導入していないところとの差異をどう捉えているのか伺う。 答 学校運営協議会を既に導入している5校、また令和3年度新規で導入する学校が6校です。

鴻巣市議会 2021-03-18 03月18日-07号

初回相談男女別の内訳は、男性が230件、女性が72件で、それぞれ前年比460%、126となっております。年代別では、多い順に40歳代が71件、30歳代が70件、続いて20歳代、50歳代が同数で54件となっており、前年比は20歳代が675%、30歳代が636%、40歳代が338%、50歳代が300%となっております。