運営者 Bitlet 姉妹サービス
1204件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月05日−一般質問−04号 しかしながら、新たなIC機器の整備を進めるためには長期的な展望に立った計画が重要であると考えております。Edtechによる教育環境の再編につきましては、現時点では計画はございません。今後は、先進自治体の事例を参考にしながら、実証研究なども視野に入れた計画づくりに向け検討を進めてまいりたいと存じます。   もっと読む
2018-09-18 上尾市議会 平成30年  議会改革特別委員会-09月18日−04号 1つが、IC部門の設立を議会改革とは別にというお話があったのだけれども、これは必要なのかどうか私分からないのですけれども、何をするのかなというのが分からない。ここ以外でやらなければいけないことが出てくるのかなと。    もっと読む
2018-06-19 深谷市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月19日−04号 事業の概要といたしましては、市民課の窓口業務を中心に、一連の業務プロセス全体の調査分析を行い、IC技術を活用するなど窓口業務の簡素化、迅速化を図るとともに、アウトソーシングの導入を検討し、窓口業務の効率化を進め、業務に係るコスト削減及び市民サービスの向上を図るものでございます。 もっと読む
2018-06-18 川越市議会 平成30年第3回定例会(第12日・6月18日) 本文 実施のために必要な条件整備には、IC環境の整備、教材の開発や指導事例集の整備等、教職員の研修のあり方、指導体制の充実や社会との連携、協同などがございます。そのような観点から、何点か質問させていただきます。  一点目に、前にも申し上げましたが、今後、必修化となる英語、まず初めに外国語科も含めた教科についてお伺いいたします。   もっと読む
2018-06-15 上尾市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−一般質問−04号 平成30年度予算では、平成31年4月までに全中学校へタブレットPC導入及び無線LAN整備が掲げられ、全国トップクラスのIC環境が整備されることが決まりました。現在は何校でタブレットPCが導入されていますでしょうか。 ○議長(道下文男議員) 11番、戸野部直乃議員の一般質問に対する当局の答弁を求めます。   今泉学校教育部長。 もっと読む
2018-06-13 草加市議会 平成30年  6月 定例会-06月13日-04号 今やIC、今回質問いたしますAI、そのほかにもIoT、RPA、フィンテック、ビッグデータ、ブロックチェーン等々、新聞紙面をにぎわせております。  今、世の中は大きな大転換を迎えており、第四次産業革命とも言われております。第四次産業革命とは、さまざまな新技術の集合であり、そのキーワードとして、IoT、ロボット、ビッグデータ、そして今回質問のAIが挙げられております。   もっと読む
2018-06-12 越谷市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月12日−一般質問−05号 また、地方自治体のテレワーク普及に向けた取り組みについて、平成29年版情報通信白書によると、働き方改革とIC利活用で地方自治体によるテレワーク普及に向けた取り組みについて、総務省が全国の地方自治体を対象に実施したアンケート調査の結果によりますと、テレワークの実施や普及を支援する取り組みを実施していると回答した自治体は全体の7%でしたが、テレワークにかかわる取り組みに関心を持っている自治体を含めますと もっと読む
2018-06-11 戸田市議会 平成30年 6月定例会(第2回)-06月11日-05号 (1)IC、IoT、IoEの活用について、(2)AIの活用について質問をいたします。  ICT、IoT、IoEと用語説明を踏まえ、資料を用いて説明いたします。  スライド1、それぞれ順を追って説明していきます。№18、先進技術について、(1)IC、IoT、IoEの活用について、(2)AIの活用についてです。  19ページです。 もっと読む
2018-06-08 鳩山町議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月08日−04号 環境整備についての具体的な取り組みとしましては、文部科学省から委嘱のICアドバイザー事業として、信州大学の教授を町教育委員会へ派遣していただき、平成28年9月から11月にかけ、3日間にわたり、学習支援のためのIC環境の導入と運用についてアドバイスをいただき、現在進めているところでございます。   もっと読む
2018-06-07 越谷市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−一般質問−02号 教育委員会としましては、これまで県費負担教職員への1人1台ずつのノートパソコンの配備、データの共有等のための学校系ネットワークの配備、IC機器設置の拡充等、事務処理や教材研究の効率化に努めてまいりました。また、市独自に採用しているスクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーの活用により、支援が必要な児童生徒、家庭への対応などに努めてまいりました。 もっと読む
2018-06-07 深谷市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月07日−02号 大きな経費では、ICツールの今後の選定ですとか開発、この辺の提案をいただきたいという部分が約半分を占めておるような状況でございまして、分析あるいは検討の部分で約600万円、ICツールの選定開発、その検証ですね、実際にこれを深谷市に当てはめることがどうかという部分におきましては、ここは約900万円ぐらいかかるという部分でございますけれども、それと効果の検証で200万円強ということで、トータル1,600 もっと読む
2018-06-04 鴻巣市議会 平成30年  6月 定例会-06月04日−一般質問−04号 次に、教育のICT化に向けた環境整備5カ年計画についてでございますが、平成32年度から順次実施される小中学校の新学習指導要領の実施を見据え、文部科学省は平成30年度以降の学校におけるIC環境の整備方針として、児童生徒の情報活用能力の育成、各教科等におけるICT活用、学校のIC環境整備の3項目について、当該整備方針を踏まえた計画を策定したものでございます。    もっと読む
2018-03-20 鶴ヶ島市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号 市民の国際的感覚を養うためのホストタウン交流事業、そして小・中学校国際性を育む教育推進事業、今後のまちづくりの方向性を示す立地適正化計画策定事業、弱い立場にある子どもや配偶者を守るための児童虐待対応相談事業及び配偶者暴力等相談支援事業、鶴ヶ島市の誇るべき伝統行事を発展させる(仮称)龍蛇工房整備事業、今後の教育の方向性にしっかりと対応した教育系IC環境推進事業、そして小・中学校校務情報化推進事業など もっと読む
2018-03-20 草加市議会 平成30年  2月 定例会-03月20日-07号 二つ目のブランド力の向上については、新田駅東西口の区画整理事業や、小・中学校における校舎等大規模改造事業及びトイレ環境改善整備事業、エアコン設置事業やIC機器の整備及びICT支援員配置事業とALTの充実を図る事業など、都市基盤整備などのハード面や子育て、教育などのソフト面の両面から草加というブランド力を高める取り組みとなっており、評価できます。   もっと読む
2018-03-19 鶴ヶ島市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月19日−一般質問−05号 さらに、教育環境の充実に関連する予算として、教育系IC環境推進事業や小・中学校校務情報化推進事業などを計上しました。これらに総合的に取り組むことで若い世代から選ばれる鶴ヶ島を実現していきます。   (2)についてお答えします。藤縄市政の総括につきましては、平成29年9月議会におきまして藤縄善朗前市長からお答えしております。 もっと読む
2018-03-19 上尾市議会 平成30年  3月 定例会-03月19日−委員長報告・討論・採決−08号 他の委員から、59ページ、8目I推進費について、前年度に比べて増額になっている主な要因は。また、タブレット端末の導入実績や今後の計画はあるかとの問いに対し、前年度と比べ増額した主な要因は、現在使用している総合行政システムの機器の入れ替えに伴う連携や文字コードの変更に係る費用及び元号の変更に伴うシステム改修などである。 もっと読む
2018-03-19 蕨市議会 平成30年第 1回定例会-03月19日-05号 そのような中、これまでの導入に向けた検討においては、先進市の事例を初め、展示会などの機会においては、担当職員がIC機器やシステムを実際に見たり、体験したりすることで、蕨市の環境に最も適したものはどのようなものか、検討を重ねてきたところであります。   もっと読む
2018-03-16 鶴ヶ島市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月16日−一般質問−04号 平成30年度の学校教育における主な施策としては、IC環境の整備を進めます。具体的には、教職員が児童・生徒と向き合う時間を増やすため、校務の効率化を進めることを目的に、教職員1人1台の校務用パソコンを整備します。 もっと読む
2018-03-13 和光市議会 平成30年  3月 定例会-03月13日−06号 和光市は一定程度、IC含めてそういうラインが整ってきておりますので、その辺を重視して地域で軽度から重度の方までを見ていくんだと。認知症の方についても同じです。精神科病床にずっといるということではなくて、そこから在宅なのか小規模なのかグループホームなのかというラインをつくり上げていく。 もっと読む
2018-03-12 新座市議会 平成30年第1回定例会-03月12日-10号 それと、イとしてNPO、企業、先ほどご答弁にもありましたけれども、そういった地域ぐるみ、さまざまな法人だとか、そういったところと一体となってこの事業を進めていく必要があると思いますけれども、その辺さらっとご答弁にもありましたけれども、具体的にどういったこと、どのようなスケジュール間でお考えか、企業との連携だったりだとか、いろんな部分でカリキュラム作成の部分だったりだとか、システムの関係、IC環境の もっと読む