運営者 Bitlet 姉妹サービス
940件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-03 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月03日−一般質問−02号 まず、の統廃合の考え方はどうでしょうか。新聞報道や当局の再編整備に関する資料を読んでみると、今回の県立高校の統廃合の目的は、小規模校を対象に統廃合を行い、特色ある高校の魅力化を図ることだと考えられます。確かに少子化の流れを止めることはできないのですが、の考え方を執行部はどのように捉えているのかお伺いします。    もっと読む
2018-11-28 蕨市議会 平成30年第 5回定例会−11月28日-01号 この事項に関して当委員会は、去る11月1日に宮城仙台市において、仙台版防災教育について、翌2日に青森つがる市において、つがる市立図書館の運営についての視察を行いました。  初めに訪れた仙台市は、発災から7年が経過した東日本大震災の教訓や記憶の風化の防止を踏まえながら、児童・生徒の自助の力と地域と連携した共助の力の育成を通じ、「防災対応力」を身につけるための取り組みをしていました。   もっと読む
2018-06-26 小川町議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月26日−一般質問−01号 次に、(2)についてですが、埼玉の推奨するプラチナルート構想では、川越から秩父に至る途中である小川町を含むエリアへの集客は、埼玉物産観光協会においても積極的に取り組んでいただいております。また、町も和紙や地酒等をあらゆる機会を通し積極的にアピールしており、今後も等と協力して情報の発信に努めてまいります。    もっと読む
2018-06-11 越谷市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月11日−一般質問−04号 全国では36府県において導入されておりますが、幾つかの市が独自に実施しているものを除き、埼玉を含めた1都3では、都県レベルでの導入はされておりません。 もっと読む
2018-03-20 鴻巣市議会 平成30年  3月 定例会-03月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−08号 次に、定住促進事業の央ライフいつでも体験事業委託料について、本市は埼玉新聞では北に位置づけられているが、イメージ戦略として鴻巣市は央だという位置づけについてどのような見解を持っているかとの質疑があり、埼玉では、地域政策課が主管となり、県内のブロックごとに地域振興センターを配置していますが、本市の管轄が央地域振興センターであることからも、央に属していると考えています。 もっと読む
2018-03-16 八潮市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月16日−04号 ご質問の市民のメタボリックシンドロームの状況についてでございますが、本市において把握が可能である八潮市国民健康保険被保険者の特定健康診査の結果から、過去5年間のメタボリックシンドロームの該当者の割合と埼玉の平均について、それぞれ実績値で申し上げますと、平成24年度は23.5%、平均が16.3%、平成25年度は21.7%、平均が16.1%、平成26年度は21.2%、平均が16.4%、平成28年度 もっと読む
2018-03-13 新座市議会 平成30年第1回定例会−03月13日-11号 千葉いすみ市、茨城行方市、三重桑名市など、3月1日現在で15の自治体がふるさと納税の返礼品に取り入れております。  また、同じような取り組みとして、ヤクルトレディの配達を利用して、見守り活動をふるさと納税の返礼品に取り入れた自治体もあります。   もっと読む
2018-03-06 川越市議会 平成30年第1回定例会(第15日・3月6日) 本文 本市としましても、今後国、の動向を注視するとともに、医師会等の関係機関との連携を図りながら、在宅医療の推進に取り組んでまいりたいと考えております。  以上でございます。 ◯大泉一夫議長 暫時休憩いたします。     もっと読む
2018-02-21 秩父市議会 平成30年  3月定例会-02月21日−議案説明−01号 これは北は青森から、南は熊本までの全国37のお祭り関係者とその自治体関係者ということで、約300人以上の方々が12月1日、2日に秩父にお越しになります。山・鉾・屋台という共通の財産を持つ全国各地の方々と協調し、日本の伝統文化を世界に発信してまいりたいと考えております。    もっと読む
2018-02-15 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  2月 定例会-02月15日−05号 そのバーターということもございますが、これまでもJR東日本に対し要望を実施しておりましたが、おかげさまで、臨時便ではございますが、昨年7月にJR大宮駅始発、新青森駅行きの東北新幹線はやぶさが初めて運行されたところであり、また、その後もこれまでに大宮駅始発のはやぶさは計6便運行され、利用状況は盛況であったという状況でございます。さらに、ことし4月にも1便の運行が予定されているところでございます。 もっと読む
2018-02-14 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  2月 定例会-02月14日−04号 順天堂大学附属病院誘致につきましては、埼玉が平成27年に病院整備計画を公募した学校法人順天堂の病院整備基本計画の実現に向けて、本市はに協力する立場で取り組んでいるところでございます。 もっと読む
2017-12-14 川口市議会 平成29年12月定例会 埼玉県川口市議会-12月14日−05号 平成29年12月定例会 埼玉川口市議会 − 12月14日−05号 平成29年12月定例会 埼玉川口市議会 − 12月14日−05号 平成29年12月定例会 埼玉川口市議会 平成29年      埼玉川口市議会会議録5号 第4回                        平成29年12月定例会 ────────────────────────────────── 平成29年12月14 もっと読む
2017-12-14 新座市議会 平成29年第4回定例会-12月14日-09号 それから、地域の埼玉のフードバンクのご紹介をして、支援を30名から40名の方が受けていると。 もっと読む
2017-12-11 越谷市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月11日−一般質問−04号 総務省によれば、共通投票所を設置することにより、有権者の方の利便性を向上させ、さらには投票率のアップが期待できるとされ、さきの衆議院選挙では函館市、青森の平川市、岩手一関市、長野高森町の4つの自治体で導入されたと伺っております。 もっと読む
2017-12-08 越谷市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−一般質問−03号 従来より市立病院では、警察の要請等により、性暴力被害者の診療を行っている中、埼玉警察では平成25年より性犯罪被害者のスムーズな診療等の確保を図るための制度を新設して、埼玉産婦人科医会の推薦を得た医療施設に対して、警察本部長が埼玉被害者支援推進医療施設の委嘱をしております。平成29年6月時点では、県内91施設、市内では3施設が委嘱されており、市立病院では平成29年1月に委嘱を受けています。 もっと読む
2017-11-30 鴻巣市議会 平成29年 12月 定例会-11月30日−議案説明−01号 投票率は、平均が、小選挙区選出議員選挙、比例代表選出議員選挙ともに51.44%でした。本市では、埼玉第6区、鴻巣、吹上地域が56.06%、埼玉第12区、川里地域が48.69%でした。前回の投票率と比較しますと、第6区が1.01%の減、第12区が0.37%の増となりました。    もっと読む
2017-10-31 草加市議会 平成29年 10月 議会改革特別委員会−10月31日-17号 それ以外の八戸市、ふじみ野市、久喜市、青森市は、公費以外に政務活動費であるとか、議員さん個人の自己負担の部分を組み合わせて負担をしておるという状況でございます。  続きまして、導入効果であるとか、ペーパーレス化による削減効果についてですが、こちらは各市それぞれ状況が異なりますので、お時間あるときに資料をごらんになっていただければと思います。   もっと読む
2017-10-31 草加市議会 平成29年 10月 議会改革特別委員会−10月31日-17号 それ以外の八戸市、ふじみ野市、久喜市、青森市は、公費以外に政務活動費であるとか、議員さん個人の自己負担の部分を組み合わせて負担をしておるという状況でございます。  続きまして、導入効果であるとか、ペーパーレス化による削減効果についてですが、こちらは各市それぞれ状況が異なりますので、お時間あるときに資料をごらんになっていただければと思います。   もっと読む
2017-09-22 深谷市議会 平成29年  9月定例会(第3回)-09月22日−04号 特にことしは7月5日から6日にかけて、福岡と大分を中心とする九州北部で発生し、36人もの死者が出た平成29年7月九州北部豪雨を初めとして多くの集中豪雨が発生し、各地に多くの爪跡を残しています。   深谷には、利根川と荒川の2つの大河が流れていることもあり、市民にとっても最も身近で不安と感じる災害が集中豪雨による洪水であると言っても過言ではないでしょう。 もっと読む
2017-09-21 草加市議会 平成29年  9月 定例会-09月21日-05号 埼玉でも本年度よりお隣の越谷市を初め、25市町村と連携をし、埼玉コバトン健康マイレージが始まりました。筑波大などで2014年度から2016年度まで全国6市で実証実験を行い、1万2,600人のデータを集め、国保加入者で実験に参加した人と参加しなかった人では、60代で年間4万3,000円、70歳以上で年間9万7,000円の医療費を抑える効果があったとのことです。   もっと読む