1746件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 春日部市議会 平成31年 3月定例会−03月14日-11号 治水対策事業では、100mm/h安心プランによって大幅な改善が図られる計画ですが、プランに含まれない地域についても早急に対策が必要で、水路の改修や貯留施設の建設などを行うべきです。コミュニティバス運行事業では、第3次運行で利用者が減少してしまいました。早急にニーズに合ったダイヤ編成に見直しを行うべきです。 もっと読む
2019-03-08 草加市議会 平成31年  2月 定例会-03月08日-07号 過去5年間の実績としまして、太陽光発電システムの設置が740件、雨水貯留施設の設置が18件、太陽熱利用給湯器の設置が3件、家庭用コージェネレーションシステム設置が1件、燃料電池給湯器設置が57件、家庭用蓄電池設置が64件、家庭で使う電気の見える化を行うシステム、HEMS設置が124件、次世代自動車購入に14件など補助を行ってまいりました。   もっと読む
2019-03-06 春日部市議会 平成31年 3月定例会−03月06日-07号 府事業としては、2から3万立方メートル、25メートルプール100個分程度の流域調整池整備、地下に人工の河川をつくる事業、下水では余力のある下水にあふれてしまう下水の水を流す増補の事業など、大型の事業に取り組んでいます。これらによって確実に浸水域の減少を実現してきましたが、近年のゲリラ豪雨などの局地的超過降雨による浸水被害の増加を受けて、雨水対策プロジェクト推進会議を立ち上げました。 もっと読む
2019-03-06 川越市議会 平成31年第1回定例会(第14日・3月6日) 本文 四点目といたしまして、中島雨水ポンプ場から寺尾調節池へのバイパス設置協議の進捗状況についてお伺いいたします。  五点目といたしまして、埼玉県・市町村安心支援制度について、市は県に対して直接要望したと思いますが、県の見直し状況についてお伺いいたします。  次に、(2)の新河岸駅を中心とした活性化についてです。  十二月議会でも高階地域の活性化については取り上げてまいりました。 もっと読む
2019-03-04 ふじみ野市議会 平成31年  市民・都市常任委員会 ただ、大きな、石綿とか、大口径のが入っているところがまだ残っていますので、その部分は早急にやらなければいけないということで、一部水道の工事箇所とリンクしている場所はございます。 ○西和彦委員長 谷委員。 もっと読む
2019-03-01 春日部市議会 平成31年 3月 1日建設委員会−03月01日-01号 水路の改修や貯留施設の建設などを行うべきです。  コミュニティバス運行事業では、第3次運行で利用者が減少してしまいました。早急にニーズに合ったダイヤ編成に見直しを行うべきです。また、バスの台数をふやし、せめて1時間に1本の運行や全ての路線で毎日運行とするなど充実が必要です。  公園は、人口1人当たりの面積が他市と比較しても少ない状況です。 もっと読む
2019-02-27 狭山市議会 平成31年  2月 建設環境委員会(第1回)−02月27日-01号 次に、5目雨水対策費中、1番水路維持管理事業費は、県から委託を受けている不老川の入曽多目的広場や市内の水路、調整池等の維持管理に要する費用であります。245ページをお願いします。次に、2番雨水貯留浸透施設設置補助事業費は、個人住宅への貯留浸透施設の設置に対し補助金を交付するための費用であり、近年の降雨状況を踏まえ、さらなる促進が図られるよう所要の予算を計上したものであります。 もっと読む
2019-02-25 春日部市議会 平成31年 3月定例会−02月25日-04号 また、安之堀川の進捗に合わせまして、谷原地区における雨水貯留施設の整備や大沼地区における雨水の整備に向けた検討を進める予定でございます。  次に、公園維持管理事業でございます。公園における修繕の考え方につきましては、施設の安全を確保するため、事故の未然防止といった観点により施設の修繕に取り組んでおります。 もっと読む
2018-12-13 新座市議会 平成30年第4回定例会−12月13日-08号 ですとか、そのほかにも細かいものですけれども、止水板等の設置工事費補助、これは継続して行うですとか、あるいは土のうステーションの整備、雨水貯留槽の設置費補助等、雨水対策事業については優先的にといいますか、進めていかなくてはならない事業として今検討を進めているところでございます。   もっと読む
2018-12-12 川口市議会 平成30年12月定例会 埼玉県川口市議会-12月12日−04号 また、下水道の耐震強化として、老朽排水の布設替えや更生工事の促進、市内に点在する排水ポンプ施設の点検強化を図り、新設する下水道については、耐震対策指針などに基づき、可とう性継手を用いるなど耐震化の強化を図るなどの事業を推進しております。ただし、未整備地区が残っていることも現実であります。 もっと読む
2018-12-12 川越市議会 平成30年第5回定例会(第14日・12月12日) 本文 本市においても台風等による水害が発生し、少しでも早く安全で安心できる方法はないものかと思っていたところ、京都市が降雨を一時貯留する雨庭を二カ所につくってみた。七月の西日本豪雨や九月の大型台風でも水があふれなかったということを知りました。植栽帯で、計二百二十平方メートルに厚さ三十センチから三十五センチの砂利を計八十平方メートル敷き詰めている。 もっと読む
2018-12-10 川口市議会 平成30年12月定例会 埼玉県川口市議会-12月10日−02号 アとして、本市全体の水道路1,454キロメートルのうち、基幹路は約134キロメートルで、耐震率は76.7パーセントと全国平均より大幅に高く、水道事業に関わる皆様の御努力がうかがえます。  一方、路全体の耐震率は20.25パーセントとなっており、その備えは十分とは言えません。今後は水道の耐震化について、どのように取り組んでいかれるのでしょうか。   もっと読む
2018-12-10 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 まちづくり委員会-12月10日−02号 こうした対策として、本年度土屋中学校東側の低地部、この雨水を土屋川に排水するための雨水と排水ポンプ、これを整備したところでございます。  今後の浸水対策の方針につきましては、放流先河川の能力にあわせた下水道施設の整備や河川の整備計画と整合を図った施設整備について検討を進め、当該流域の浸水被害の軽減を図るため、河川と下水道が連携して取り組んでまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-12-07 新座市議会 平成30年第4回定例会−12月07日-04号 5、雨水対策についてのご質問をいただきました。まず、野寺四丁目、片山三丁目の溢水対策でございます。原因は集中豪雨の際、すり鉢状になっている土地の低い部分に表面排水が集まるためと考えられます。そこで、表面排水が低い部分に流れ込む前に排水先を変更することや、公共施設に一時的に貯留する方法を検討しております。 もっと読む
2018-12-04 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月04日−04号 浸水被害を抜本的に解決するためには、河川改修、調整池、雨水貯留の設置を推進することが重要ですが、こうした事業は長期にわたる現状があります。現在、浸水被害箇所別に被害軽減への取り組みが進められておりますが、より効果的に整備をしていくためには、それぞれの地域の浸水状況を把握していくことが重要と考えます。 もっと読む
2018-11-30 朝霞市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月30日−02号 こども・健康部所でございます。  まず、児童手当の関係でございますが、当初扶助費のほうの支給の見込みが当初21万人を見込んでおりましたが、決算見込みで、手元資料ですと約21万4,000人にふえるということに基づきまして、扶助費の増額をお願いしております。その扶助費の増額に伴う国庫負担金と県負担金の補正をお願いしたということでございます。   もっと読む
2018-11-29 川口市議会 平成30年12月定例会 埼玉県川口市議会-11月29日−01号 次に、「下水道事業特別会計決算」を議題といたしましたところ、公共下水道築造事業費にかかわり、並木元町雨水調整池を設置してからの周辺の浸水被害状況について問われ、これに対して、平成29年7月の供用開始以降、台風や集中豪雨による道路冠水等の浸水被害は発生していないとのことでありました。   もっと読む
2018-10-18 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-10月18日−06号 水道事業会計、下水道事業会計審査では、将来の課題への取り組みと検討状況、配水への消火栓の設置規準の研究及び検討状況、浸水内水防災マップを活用した水害対策の取り組み状況、水道局の震災時における体制、水道料金見直しについての検討状況。   もっと読む
2018-09-28 朝霞市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月28日−06号 雨水工事はどういうところでどういうニーズがあり、どのような問題解決をするために通すのかとの質疑に対し、旧朝霞第四小学校脇の道路に雨水が埋設されていないので、今回補正計上させていただき、道路改良工事の前にまずは雨水工事を行い、雨が降ったときの雨水排水を確保したいと考えているとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-26 新座市議会 平成30年第3回定例会-09月26日-12号 さまざまな災害が起こって、ブロック塀撤去や防火水槽の耐震化、雨水貯留槽の設置拡大、止水板の設置などの豪雨被害、水害対策など、その都度公明党として強く要望をさせていただいておりますが、素早く誠実に対応される市の姿勢は本当にすばらしいといつも感謝をし、高く評価をさせていただいているところです。今後とも市民の安全、安心のための施策を展開していただきますようお願いをいたします。   もっと読む