5980件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

蕨市議会 2019-12-12 令和 元年第 5回定例会-12月12日-04号

それと、ハラスメントの相談での関係機関につないだものということなんですけれども、これについては、実際には30年度では2件ということで、現実的に年金労働相談月1回ということですので、それ以外で電話で、あるいは来庁で相談があって、急ぎの方については関係する機関等へつないでいるといった状況でございます。

新座市議会 2019-12-12 令和 元年第4回定例会-12月12日-08号

市が初めに立てた、私たち議員に示された計画どおりに上げていけば、所得関係なく令和6年度にはこのとおりいったとすれば、介護分の均等割合がかかる40歳以上の大人は1人当たり均等割が7万1,000円、収入のない子供でも1人5万7,000円均等割がかかることになります。協会けんぽなど、ほかの保険では家族の人数に関係なく、加入者本人の収入に応じた保険税になっています。

草加市議会 2019-12-11 令和 元年 12月 定例会-12月11日-04号

災害対策本部が設置された場合には、市長室を中心とする本部室が避難所開設の情報などに関する広報活動を一元的に統括いたしますが、関係団体等への周知につきましては、関係する各部局で構成いたします対策部に対応を指示することがございます。  今回の台風19号では、本部室からの指示のもと、自治文化部が町会・自治会への避難所開設の連絡対応を行っております。

草加市議会 2019-12-10 令和 元年 12月 定例会-12月10日-03号

初めに、障害者差別解消法の周知徹底及び実効性の確保のための取り組みについてでございますが、本市では、法施行年度の平成28年度より、広報「そうか」や市ホームページへの掲載、関係施設におけるポスターの掲示、周知用パンフレットの作成、関係団体職員を対象とした説明会、研修を実施するなど、各方面に対して周知を図っております。

新座市議会 2019-12-09 令和 元年第4回定例会−12月09日-05号

移住定住人口の増にもつながり、活性化によってさらなる12号線延伸がまた東所沢駅までを一体整備として位置づけられましたことから、税収の伸びるまちづくりにつながっていく課題で質問させていただきます。  1つ目としましては、市の取り組みの現状と課題についてという形です。

新座市議会 2019-12-06 令和 元年第4回定例会−12月06日-04号

また、新座市地域防災計画第3編、風水害対策計画に示されている指定避難所の収容可能人口と予定避難者数の差異をどのように考えているのでしょうか。また、第四小学校の校庭の掲示板には、風水害避難所と記載されているのに、実際は避難所として開設がされていないと苦情を受けましたが、どのように理解をすればよいのでしょうか。  

新座市議会 2019-12-05 令和 元年第4回定例会-12月05日-03号

人口増も4市で……    〔何事か言う人あり〕 ◆9番(中村和平議員) 済みません。  4市でも、やっぱり人口増加も、新座市のほうが少し、微増ですけれども、増加はしていますけれども、朝霞市と和光市と志木市に比べると、そんなには伸びていない。要するに私が言いたいのは、令和元年10月1日に、令和2年度の予算編成方針についてということで、ちゃんと並木市長が書かれているのです。新座市の財政状況だと。

新座市議会 2019-12-04 令和 元年12月総務常任委員会−12月04日-01号

そうしたときに、わかる、わからないは別個としても、朝霞で、要するに射撃場に関しての180億円というその形で、80億円は施設のほうにかけて、100億円は道路関係にかけるということは伺っていたのですけれども、今の道路関係はどういうふうに、朝霞のことですからわからない場合もあろうかと思うのですけれども、その辺をひとつ聞ければありがたい。  

春日部市議会 2019-12-04 令和 元年12月定例会−12月04日-04号

一ノ割駅は、ご承知のとおり今後整備を進めていって、人口も交流人口と言ったほうがいいかもしれませんが、ふえていくであろうし、それからいろいろな道路の整備もされていけば、交通量なども今とは違う変化をしていくところだと思います。ですから、ある意味で、大池のほうのやつを潰せとは私言っているつもりは全くございません。一ノ割駅にあっていいのではなかろうかなと。

春日部市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会−12月03日-03号

まず1点目、子育て支援を強め、人口減少に歯どめをかけようということで質問をいたします。人口減少対策については、これまで何度となく取り上げてまいりました。再度取り上げるのは、このままでは大変なことになるという危機感からであります。市の人口統計によりますと、平成30年10月の人口は23万4,824人です。