1312件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

本庄市議会 2021-06-21 06月21日-05号

大項目1、「部落差別解消推進法」に基づいた部落差別解消に関する施策の実施について、お聞きをいたします。2016年12月9日、部落差別解消推進に関する法律、以下部落差別解消推進法と略します。が可決成立し、12月16日に公布施行されました。この部落差別解消推進法のポイントは、部落差別の名称を使った初めての法律であること。第1条で、現在もなお部落差別が存在するとの認識法律で新たに示されたこと。

幸手市議会 2021-06-04 06月04日-04号

ですから、権現堂地区のその地権者の方は今まで一つの部落でいろんなことをやってきた。祭りの打合せをしようが、地域の連携しようが、野菜をお互いに譲り合うのだって、この道路を渡ってやっていたんだというような話があるんですが、そういうことがしにくくなる、危険になったということなのであります。 そこで、信号機について、どういう状況で県を動かすことができるかということで、副市長に伺いたいと思います。

上尾市議会 2021-03-23 03月23日-08号

ところが、平成28年、部落差別解消推進法議員立法で可決成立し、再び同和対策事業を復活させました。この法を根拠とした同和事業の拡大や実態調査は、新たな差別を生むことになり、かえって部落差別を固定化させる法律です。この法律に過去の民間団体の行き過ぎた言動差別解消を阻害してきた要因を踏まえ、新たな差別を生むことがないように留意し、配慮すべきとして附帯決議がつけられました。

久喜市議会 2021-03-17 03月17日-08号

1、国の同和対策特別事業は終結し、部落差別歴史的要因だった生活環境等は大きく改善され、部落差別は基本的に解消しています。人権尊重民主主義の憲法に基づいて、全ての住民に対する施策として公平平等に進めることが地方自治体責任であると考え、同和対策として計上された予算を削除いたします。総減額は261万5,000円でございます。  

行田市議会 2021-02-17 02月17日-02号

18節の4行目、部落解放運動団体補助金は、運動団体団体に対する補助金でございまして、前年度と比べ7万9,000円の減額でございます。 少し飛びまして、104ページをお願いいたします。 17目諸費のうち、右ページ説明欄の●栄典費は、前年度と比べ2万7,000円の減額でございます。 主なものを申し上げますと、1節委員報酬は、功績表彰審査委員会委員6人に対する委員報酬でございます。 

川島町議会 2020-12-07 12月07日-02号

ある意味で、私は部落差別と同じで、やっぱり同根だと考えておりますので、コロナに対するものを受け入れて、明日は我が身じゃないけれども、自分のこととして受け止め、しっかりと指導することを過日の校長会でもお話をさせていただきました。 貴重なご提言でありますので、こういうことが絶対にないよう、川越のことは川島にもあることと考えて、そのときを踏まえて、しっかりと子どもたちを指導していきたいと思います。

吉見町議会 2020-12-02 12月02日-一般質問-03号

また、平成28年12月には、部落差別解消推進に関する法律が施行され、地方自治体責務として部落差別解消に向けた施策を講じるよう努めるものと規定されていることから、同和問題の解決に向け、引き続き集会所学級を継続していく必要があると認識をしております。 以上でございます。 ○議長宮﨑雄一君) 地域振興課長

本庄市議会 2020-11-25 11月25日-01号

結びに、本市での同和事業終了宣言を行った吉田市長には、部落の復活になる部落差別永久化法条例化をしないでいただきたい。また、一連の債権放棄問題も、国が責任を果たしていくべきだということを強く要望し、反対の討論といたします。  続きまして、第93号追加議案 2019年(令和元年)度本庄市水道事業会計の利益の処分及び決算認定につきまして討論を行います。  

行田市議会 2020-11-24 11月24日-01号

次に、12目人権推進費部落解放運動団体補助金に関し、この補助金は、団体主催の会議、学習会研修会などに参加した会員の日当として支出しているのか、また、団体からの書面報告だけで支出を行っているのかとただしたのに対し、全額日当というわけではなく、団体主催事業に参加する際の交通費等日当以外の対象経費もある。

蓮田市議会 2020-09-28 09月28日-委員長報告・討論・採決-06号

部落差別は、基本的には解決された到達点にあります。偏見に基づく言動については、人権問題として、民主主義の力を強め、解決していくべきです。部落解放と銘打った特定団体主催集会研修会に、市民の税金が支出されています。特定団体が主催する研修会等への参加はやめるべきです。  3点目は、国民健康保険税についてです。

羽生市議会 2020-09-28 09月28日-06号

このような中で、部落解放運動団体への補助金498万円や都市交流事業366万円、教育委員会、主に教育長交際費については、予算25万円に対し30万円の支出があった。平成28年度交際費16万円と比較して約2倍、議長交際費の20万円の1.5倍となっている。市民生活や羽生市の財政が厳しい中で、このような支出は抑えるべきである。また、清掃センターの修繕を入札ではなく随意契約で行うなど容認できない部分がある。

草加市議会 2020-09-28 令和 2年  9月 定例会-09月28日-05号

また、2019年5月の衆議院法務委員会にて、日本共産党藤野保史議員指摘では、この問題では人権上、極めて重大な問題が今回も引き起こしてしまいました被差別部落差別情報差別に関わる問題や、アイヌの問題や、こうした問題につながっていくような情報がまさに戸籍をめぐって実際に起きているとのことです。人権問題は残ります。  次に、安全性についてです。  

鴻巣市議会 2020-09-24 09月24日-07号

こうした時代であるのにもかかわらず、一部部落解放同盟など同和団体への補助金支出されていることは、早急に改善すべき点として指摘をいたします。  7点目、鴻巣宿おおとり公園事業費などを主とした鴻巣東口駅通り地区開発事業に約3億8,700万円支出しました。この公園には、埋め込み式LEDを120個埋め込む設計となっていました。

吉見町議会 2020-09-18 09月18日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

まず、「人権教育の取組について」の質疑に対し、「平成28年12月に部落差別解消推進に関する法律が施行され、地方公共団体責務として部落差別解消に関する施策を講じることとされています。この法律に基づき、町では同和問題を人権問題の重要な柱と位置づけて人権教育に取り組んでいます。

久喜市議会 2020-09-10 09月10日-05号

ところが、そうではなくて、必ず上は2メートルちょっとで切る、枝は全部落として、毎年こうやっているのです。2年に1回ずつか、もっとやっていますね。だから、毎年毎年こういう状態になる。ひこばえが出てくるから、あそこは本当に歩くのに邪魔です。そういう状態をどうするか。そもそもあそこにサルスベリを植えたのが間違いだという言い方もありますけれども。全部植え替えるか考えなくてはいけない。どうしますか。

小川町議会 2020-09-07 09月07日-議案説明、質疑、委員会付託-06号

それから、平成28年12月に施行、公布されました部落差別解消推進に関する法律においても、「地方公共団体は、国との適切な役割分担を踏まえて、その地域実情に応じ、部落差別解消するため、必要な教育及び啓発を行うよう努めるものとする」とございます。そういったことを踏まえましても、こちら引き続き人権教育推進してまいりたいと思います。  以上でございます。          

草加市議会 2020-09-07 令和 2年  9月 決算特別委員会-09月07日-02号

◆大里 委員  過去の御答弁で、部落解放同盟草加支部に助成を行っていましたけれども、令和元年度は支給されましたでしょうか、お示しください。 ○委員長 冨岡総合政策部部長。 ◎冨岡 総合政策部部長  こちらの補助金令和元年度も72万円を支給しております。  以上でございます。 ○委員長 ほかにございますか。