9947件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川越市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第33日・3月25日) 本文

───────────────────────────────────  川総収第三八一の三号    平成三十一年三月二十五日   川越市議会議長 小野澤 康 弘 様                         川越市長 川 合 善 明             説明欠席について(通知)  川総収第三八一号をもって、市議会に説明のため出席通知しましたのうち、下記のは病気のため欠席しますので通知

草加市議会 2019-03-19 平成31年  2月 定例会−03月19日-08号

また、新規計上されている情報配信システム委託料の内容はという質疑については、平成30年度に導入する防災行政無線から発信された情報を草加市あんしんメールや市のホームページなどと連動させるシステムと、防災行政無線が聞こえずメールの使用も難しい方へ対応するため、平成31年度に導入を予定している、事前に利用希望が登録した電話番号に電話がかかり、避難情報等をお知らせするシステムの運用を委託により行うとのことであります

春日部市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日広報広聴委員会-03月18日-01号

出席    (1) 委 員(8名)      ◎古 沢 耕 作   ○坂 巻 勝 則    榛 野   博       石 川 友 和    今 尾 安 徳    吉 田   稔       鈴 木 一 利    武   幹 也    (2) オブザーバー(2名)       鬼 丸 裕 史    荒 木 洋 美    (3) 議会事務局(3名)       大 和 田  潤    小 川 裕 司

春日部市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会−03月14日-11号

次に、議案第19号 平成30年度春日部市一般会計補正予算(第6号)、教育環境委員会所管分についてを議題とし、執行部の説明を省略し、質疑を求めたところ、小学校体育館トイレ改修事業、中学校体育館トイレ改修事業の事業内容を小学校、中学校別に伺いたいとの質疑に対し、児童生徒の学校環境の改善及び地域住民の避難場所としての役割を果たすため、小学校2校、中学校2校の体育館のトイレにおいて、洋便器の設置、給排水設備

狭山市議会 2019-03-14 平成31年  3月 定例会(第1回)−03月14日-08号

防災気象情報提供業務委託料の内容はとの質疑に、狭山市のピンポイントな気象データや過去の災害状況を閲覧できる仕組みを構築したもので、非常時においては、雨や台風の状況がいろいろ変わってくるので、避難情報等の意思決定ができるように、専任の気象予報士による支援や資料の作成、非常時を想定した職員向けの研修、市のホームページに気象のコンテンツを掲載するなど、住民へ情報を配信する内容であるとの答弁。  

草加市議会 2019-03-12 平成31年  3月 建設環境委員会-03月12日-01号

現在、近い将来に発生すると言われております首都直下型地震に備えるため、浄配水場施設や管路の耐震化事業を順次実施しているところでございますが、新年度予算では前年度に引き続き避難所等の重要給水施設への配水管の更新工事を行うほか、安全・安心な水道を目指して、浄水場の耐震化工事もあわせて予定しているところでございます。  

草加市議会 2019-03-12 平成31年  3月 総務文教委員会-03月12日-01号

◎財政課長 1目民生費国庫負担金、初めに特別障害手当等給付費負担金(障がい福祉課)についてでございます。こちらは、特別障害手当の支給対象について、見込みを上回ったことに伴い、272万円を追加するものでございます。国の負担率は4分の3でございます。  次に、障害介護給付費・訓練等給付費負担金についてでございます。

春日部市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会−03月12日-10号

事業にとりましては、道路幅員が広くなることにより、その整備に要する費用負担も大きくなりますが、開発許可制度の考え方は、周辺住民のみならず、開発区域内に居住、事業することとなる避難活動、消防活動、交通の安全面など、さまざまな面において支障がないという考え方に基づき定められているもので、開発事業側にとっても有益なものと考えております。  

草加市議会 2019-03-08 平成31年  2月 定例会-03月08日-07号

現在、草加柿木フーズサイトの整備に当たり、埼玉県企業局とともに進出企業の進出に向け、1点目として、地元小・中学生を初め、地域の方々が工場見学や体験学習ができる場の提供、2点目として、気軽にお客様が立ち寄れ、買い物などができる憩いの場の提供、3点目として、災害に強いまちづくりに向けて、災害時の緊急避難所の開設や物資の提供などを盛り込んだ災害協定の締結などの意見交換を行っており、地域の活性化につながり親

春日部市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会-03月08日-08号

確かに災害が発生すれば多くの市民が危険に直面し、場合によっては負傷することや、避難等のなれない生活環境に体調を崩したりすることも考えられます。  そこで次に、災害時医療体制についてですが、平成29年度末に医療関係5師会などとともに策定した春日部市災害時医療救護活動マニュアルでは、災害の発生に備え、医療救護所の設置などの災害時医療の体制などを定めていると伺っております。

草加市議会 2019-03-07 平成31年  2月 定例会-03月07日-06号

このようなことから、国等による障害就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律に基づき、障がい施設等で就労する障がいや在宅で就業する障がいの経済的な自立を図るため、現在本市において障がい優先調達推進方針を策定し、障がい施設などからの優先調達に努めているところでございます。  

狭山市議会 2019-03-07 平成31年  3月 定例会(第1回)−03月07日-07号

これに関して、当市においては、これまでも大規模災害時には、被災地に対する後方支援を積極的に行ってきており、避難の受け入れ支援としては、東日本大震災の際に市内の住宅を市が借り上げ、最も多いときには96世帯353人の方に無償で住居を提供するとともに、自治会連合会、青年会議所、地区まちづくり推進協議会及びボランティアの協力を得て、市民からの生活用品等の支援物資の寄附を旧狭山台北小学校や地区センターなどで

春日部市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-07号

717条では、「天災その他特別の事情がある場合において水利地益税等の減免を必要とすると認める、貧困に因り生活のため公私の扶助を受けるその他特別の事情があるに限り」というふうになっておりますけれども、この特別な事情があるに限りの裁量権は、やはり市長が握っているのではないかなというふうに私は思います。

草加市議会 2019-03-06 平成31年  2月 定例会-03月06日-05号

このように草加市でいつか大きな災害が起こった場合、多くの被害が発生することが想定されておりますので、まずは避難場所が重要になるかと思います。  災害時の避難場所としては、市内の小・中学校が指定されているかと思います。一斉避難訓練でも感じましたが、大きな災害が発生したときには、避難場所も人手もとても足りないと思います。

狭山市議会 2019-03-06 平成31年  3月 定例会(第1回)−03月06日-06号

住民による自助や地域コミュニティなどによる共助が、避難行動あるいは避難所の運営において重要な役割を果たしてきました。地区防災計画は、地域の防災力を高める役割もあるというふうに考えております。  そこで、地区防災計画を立てる主体は誰になるのでしょうか。 ○新良守克 議長 金子危機管理監。 ◎金子等 危機管理監 お答えいたします。  

狭山市議会 2019-03-05 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月05日-05号

自治会に名簿が提供されていない方の個別避難支援計画書の作成につきましては、災害時要援護の支援は地域住民の助け合いによる共助を基本としていることから、地域において災害時要援護の情報を把握し、個別避難支援計画書については、地域の支援と災害時要援護が一緒に作成する必要があると考えており、そのためにも名簿の提供に係る協定を締結し、地域において支援の協力により個別避難支援計画書が作成されるよう、引き