運営者 Bitlet 姉妹サービス
1550件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月05日−一般質問−04号 また、地域の共同作業による水路や農道等の地域資源の維持管理が困難な状況になっております。そのため、農業、農村の多面的機能の発揮のための地域活動や営農の継続に対して支援を行う必要があり、創設されたとのことであります。   当市においても、この制度を活用して、農用地や水路、地域環境などの保全管理に活動しておられる組織、組合があります。 もっと読む
2018-12-04 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月04日−一般質問−03号 ご質問の中の借り手が耕作を受け付けたとしても、農道の草刈りや用水路のさらいなどを行わないというお話でございますが、草刈りやさらいは、昔から慣習的に各地域の耕作者や地権者が定期的に集まって行ってきた共同作業でございまして、農業従事者の高齢化が進む中、体力的にも大変なことであろうというふうに思っております。 もっと読む
2018-06-20 川越市議会 平成30年第3回定例会(第14日・6月20日) 本文 農道のような見通しのよい長い直線の道路も多く、物すごいスピードで通過している車も見かけます。そのため私は、大型トラックや通勤の車は、車が通るための幹線道路を走ってもらい、子供やお年寄りなど地域住民のための生活道路としっかり分けることも重要だと考えます。  三回目の一点目に、(仮称)川越東環状線の今後の整備計画についてお聞きをいたします。   もっと読む
2018-06-18 深谷市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月18日−03号 毎年約1億四、五千万円近くの交付金をいただいているところでございますけれども、周辺に対する使途でございますが、先ほど条例で定めている中の一つということで、道路などの周辺環境整備という中では、岡部地区におきます例えば農道整備ですとか道路新設改良、例えば排水路に関しては除草作業ですとかしゅんせつ工事、また道路の維持管理等をやっているという状況でございます。   以上です。 もっと読む
2018-06-08 鴻巣市議会 平成30年  6月 定例会-06月08日−一般質問−06号 その中で市内全域の面整備の土地改良事業や線整備である農道、排水路の種類や受益面積、実施時期などについての資料の提供依頼があり、農業委員会には情報がなかったことから、当時の農政課担当職員から、農政課保有の埼玉県土地改良事業団体連合会が作成した冊子や、発行年度は大変古いのですが、現在の埼玉県農林部農村整備課に相当する耕地事業課発行の冊子のうち、鴻巣市にかかわる部分等を参考資料として提出しました。 もっと読む
2018-03-16 蕨市議会 平成30年第 1回定例会-03月16日-04号 農道に沿ってさらさらと流れる用水路では、夏にはフナやドジョウをとり、秋にはイナゴを追いかけていた記憶がございます。  小学校に入学した昭和22年当時、蕨には小学校は、私が入学した第一小学校、現在の北小と蕨第二小学校、現在の東小学校の2校しかありませんでした。自宅から学校に通うのに、子どもの足で、道路も現在のように舗装されておりませんでしたので、1時間近くかかったと思います。   もっと読む
2018-03-16 春日部市議会 平成30年 3月定例会−03月16日-11号 また、老朽化した農業用施設の整備補修や農道整備を実施することは、農業の経営基盤の確立や生産性の向上に寄与するものと考えます。  都市基盤分野では、コンパクトなまちづくりに向けた取り組みとして、豊春駅東口の駅前広場整備により、地域の拠点となる鉄道駅における交通結節点の機能強化や、駅利用者の利便性、安全性を向上させ、駅周辺地域の活性化が図られるものと期待するものです。 もっと読む
2018-03-12 深谷市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月12日−03号 もっと簡単に言いますと、農家の方が限られた農地を有効に使えるように、例えば土地改良というのがあるのですけれども、排水をよくしたり、ほ場の形をよくしたり、あと農道を整備したりとか、場合によっては農業集落排水事業をやったりとか、農地の集積をしたり、担い手農家が農地を使いやすくしたりとか、そういったことをやって農業の生産性も上げると。 もっと読む
2018-03-08 川越市議会 平成30年第1回定例会(第17日・3月8日) 本文 当時の交通の便よろしきとは、ほとんどが舗装されていない農道だったのだろうと、日本昔話のような風景を勝手に想像しておりますが、その後、芳野村役場となり、昭和三十年の九カ村合併を経て今の芳野市民センターに至るということでした。貴重な資料を調べていただきまして、ありがとうございました。   もっと読む
2018-03-06 川越市議会 平成30年第1回定例会(第15日・3月6日) 本文 生活道路の拡幅要望の内容につきましては、車両のすれ違いができない狭隘道路の拡幅整備、通学路における安全・安心のための歩道整備、また、農業機械の大型化による狭隘農道の拡幅整備など、安全な通行の確保や利便性の向上などの生活環境の改善を求めるものが主なものとなっております。  次に、未整備路線の整備が進まない状況についてでございます。   もっと読む
2018-02-28 東松山市議会 平成30年  経済建設常任委員会-02月28日−01号 ただし、この条文の、改正後の条文がイメージしているもの、あくまでもイメージでございますが、例えば土地改良事業によって整備された農道や用水路、こういったものが農地の転用によってその機能を失った場合、そこを例えば民間事業者が払い下げを受けて、そこで収益を上げる、なかなかこれが実情として難しいのでございますが、例えば公園施設の一部として、そこの土地を道路として使って、そこで公園施設の一部として収入を得た場合 もっと読む
2018-02-28 本庄市議会 平成30年 第1回 定例会-02月28日−01号 また、農用地・水路・農道等の地域資源の適切な保全管理を行う団体に、多面的機能支払補助金を交付し、地域の共同活動を支援してまいります。   また、農業委員会の活動や農業に関する広報紙として「農業委員会だより」を発行します。   「商業の振興」では、商店街と商工業の継続的かつ総合的な発展と振興を図るため、引き続き商工会議所、商工会と連携して、商店街への支援を行います。 もっと読む
2018-02-27 東松山市議会 平成30年  予算特別委員会経済建設分科会-02月27日−01号 この点につきまして、農家だけでそういった農地を維持管理するのではなくて、地区住民、都市住民等と連携して地域ぐるみで農地の周りの水路であったり、畦畔であったり、農道であったり、こういったものをみんなで維持管理していこうというものでございます。そういった活動に対しまして、国から定額の単価と取組面積をかけ合わせた交付金が支払われているというものでございます。   以上でございます。 もっと読む
2018-02-23 春日部市議会 平成30年 3月定例会−02月23日-03号 次に、事業費が減額となった理由でございますが、平成28年度から平成29年度の2カ年で実施しておりました埼葛広域農道のかさ上げ工事が完了したことや、生活道路を拡幅するための道路後退に伴う用地費や物件補償などが機構改革に伴い、生活道路拡幅整備事業へ振りかえられたことから事業費が減額となったものでございます。  次に、事業別概要書123ページ、富士見町地下道バリアフリー化整備事業でございます。 もっと読む
2018-02-22 白岡市議会 平成30年  第1回( 3月)定例会-02月22日−議案説明−01号 次の農業・農村の多面的機能支払交付金事業につきましては、農村環境の保全向上を図ることを目的として、農業従事者等の組織が共同で行う農業用排水路や農道等の維持管理費用の一部を交付するものでございます。   次の県営基幹水利施設ストックマネジメント事業につきましては、県営の騎西領、黒沼、笠原沼用水の水利管理システム等の更新事業の一部負担金でございます。    もっと読む
2018-02-21 越谷市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月21日−議案説明−01号 農業用水路や農道等の農業生産基盤については、地元農業者をはじめ土地改良区などの関係機関と連携し、効果的かつ計画的に整備を進めてまいります。また、「川の国埼玉 はつらつプロジェクト」に伴い、県が主体となって行う出羽堀の改修工事に併せて、農業用水路の整備を進めてまいります。    もっと読む
2018-02-19 春日部市議会 平成30年 3月定例会−02月19日-01号 本年3月には、中心市街地における交通の円滑化と歩行者などの安全性及び利便性の向上を図る市役所前の交差点改良工事、庄和インター周辺地区の大規模な道路冠水への対応を図る埼葛広域農道の第1期整備、地域の皆様と検討を進め、健康遊具などを効果的に配置した大凧公園の整備、浸水被害の軽減を図るための100mm/h安心プランに基づく備後西ポンプ場整備など、多くの事業が完成し、未来を見据えた都市基盤整備が着実に進んでいると もっと読む
2017-12-18 東松山市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月18日−一般質問−05号 本市の水田は、昭和30年代から40年代にかけて圃場整備されたところが多く、現代の大型農業機械の性能を発揮させるには、圃場、農道ともに狭小でございます。埼玉型圃場整備事業は、従来の土地改良事業と異なり換地を伴わないため、事業実施期間を大幅に短縮できるほか、畦畔の撤去や農道の拡幅など必要最小限の整備に限定し、事業費を抑制するものでございます。    もっと読む
2017-12-15 鴻巣市議会 平成29年 12月 定例会-12月15日−一般質問−06号 イ、新たな市道・農道の整備、ウ、排水路の整備、エ、土地改良区への対応。季節外れの台風21号の過ぎ去った10月21日の建設候補地の様子と台風22号の後の10月30日の写真です。カントリーエレベーターと郷地安養寺クリーン施設の間の農道は冠水していました。そして、稲の穂の先が見えるだけくらい田んぼは冠水していました。田んぼは遊水機能があります。 もっと読む
2017-12-08 春日部市議会 平成29年12月定例会−12月08日-05号 庄内領悪水路は、一方の堤防には桜の木が植わり、遊歩道としてきれいに整備されていますが、反対側堤防は農道として利用していますが、道路幅が狭く、軽自動車がやっと通れる道幅で、ところどころ路肩が崩れ、通行に不安を感じるところもあります。また、18号水路の神間地区では、川幅が当初の1.5倍以内、その分堤防が狭くなり、農作業にも支障を来しているところもあります。 もっと読む