運営者 Bitlet 姉妹サービス
1645件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-28 蕨市議会 平成30年第 4回定例会−09月28日-06号 第4目水防費に関しては、荒川左岸水害予防組合において荒川決壊を想定した協議の実施状況について。水防演習の参加者の内訳について。  第5目災害費対策に関しては、防災行政無線の設置数と難聴箇所の状況及びデジタル化移行の検討状況と実施の見通し並びにその移行に伴う費用、また防災行政無線の補完事業、さらに高性能スピーカー導入の検討及び聞き取りやすい放送に向けた工夫について。 もっと読む
2018-09-26 蕨市議会 平成30年第 4回定例会−09月26日-05号 次に、4点目の最大規模の洪水を想定したハザードマップの早期改訂についてでありますが、国土交通省は荒川及び近辺の類似河川の流域における過去の降雨データに基づき、想定し得る最大規模の降雨量を72時間、632ミリに設定し、これに基づいて荒川洪水浸水想定区域図を作成しており、本市もこの情報をもとにして洪水ハザードマップを作成しております。   もっと読む
2018-09-12 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−一般質問−06号 ◎都市整備部長(保坂了) 国土地理院の標高データや河川流域界などを考慮し、荒川、綾瀬川、鴨川、芝川の流域ごとに23のブロックに分割しております。 ○議長(道下文男議員) 14番、井上茂議員。 ◆14番(井上茂議員) そのブロックに基づいて具体的な整備方針を立てていくということですが、もう少し具体的にお知らせください。 ○議長(道下文男議員) 保坂都市整備部長。 もっと読む
2018-09-11 志木市議会 平成30年  9月 市民文教都市常任委員会-09月11日−01号 こちらは、県内の市町村を構成員とした清掃事務の研究・研修を行う埼玉県清掃行政研究協議会及び朝霞市・志木市・和光市地区荒川クリーン協議会の事業活動に対する費用でございまして、主な支出といたしまして、両会への負担金でございます。  続きまして、4款衛生費、2項清掃費、2目塵芥処理費についてご説明させていただきます。  事項別明細書につきましては、106ページから107ページをご参照ください。   もっと読む
2018-06-27 川越市議会 平成30年 防災・減災対策特別委員会 会期中(第2日・6月27日)本文 ただし、反対側の左岸側につきましては、御存じのとおり、下流側にはH型の鋼材を打ち込んで横板でとめている。この部分についてはしっかりと土どめになっておりますので、護岸の崩壊はないと思っております。上流部分につきましては、既設の護岸が約九十メートル伸びております。そちらの護岸は昨年度被害を受けて、現状を調査したところ、少し真ん中あたりが縦断でクラックが入っていて膨らんでおります。 もっと読む
2018-06-19 川越市議会 平成30年第3回定例会(第13日・6月19日) 本文 また舗装の打ちかえにつきましては、平成二十六年度に精進場橋から弁天橋の間の右岸左岸両方の側道を行い、平成十八年度には田島橋から滝ノ下橋の間の右岸側の舗装修繕を行っております。  次に、河川改修についてでございます。   もっと読む
2018-06-13 川口市議会 平成30年6月定例会 埼玉県川口市議会-06月13日−03号 次に、(4)のウでございますが、江戸時代初期から中期にかけて、赤山城跡を拠点とした関東代官伊奈氏は、利根川の東遷や荒川の西遷事業により、人々を水害から守るとともに、新田開発の推進により米の収穫高を上げ、武蔵の国や上総、下総の国などの経済的発展に寄与した功績は大であります。   もっと読む
2018-06-12 川口市議会 平成30年6月定例会 埼玉県川口市議会-06月12日−02号 さらに、(2)として、現在、荒川増水時に国土交通省荒川河川下流事務所が定めている荒川氾濫危険水位と新芝川排水機場の排水ポンプを停止する水位についてお示しください。  次に、昨年10月の長期間降雨が続く中、台風21号の影響で荒川が増水し、さらに東京湾の満潮時の上げ潮と重なり、荒川の水位が川口市内の新芝川放水路の水位を超えてしまいました。 もっと読む
2018-06-11 越谷市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月11日−一般質問−04号 現行のルートを変更し、元荒川左岸側に道路を通す案が示されました。これまでの計画では、元荒川の堤に重なる形で道路が通される計画でしたけれども、環境への影響なども考えられるため、ルート変更をするとお聞きしました。 もっと読む
2018-06-11 戸田市議会 平成30年 6月定例会(第2回)-06月11日-05号 また、本市は、荒川、彩湖、ボートコースのほか中小河川など水辺が多く、他市と比較して水難事故が多いことから平成25年に潜水隊を発足し、救助隊員や消防隊員が潜水業務を兼務し、活動をしております。   もっと読む
2018-06-04 鴻巣市議会 平成30年  6月 定例会-06月04日−一般質問−04号 我が市の主要道路は、東京方面に向かう国道17号線、一般県道鴻巣桶川さいたま線、そして本件上尾道路と、南北の道路は比較的整備が進んできたわけですが、東西を結ぶ道路の整備はJR高崎線や荒川などの河川の影響もあり、なかなか進まない現状があることは私も十分に認識しているところであります。    もっと読む
2018-06-01 川口市議会 平成30年6月定例会 埼玉県川口市議会-06月01日−01号 次に、47ページの議案第119号「平成29年度川口市下水道事業特別会計補正予算」でありますが、繰越明許費の補正は、公共下水道築造事業(荒川左岸南部流域)ほか2事業について、施工箇所地下の支障物件への対応等に、不測の日数を要したことにより、年度内に事業が完了できなかったため、それぞれ予算を繰り越したものであります。   もっと読む
2018-03-19 上尾市議会 平成30年  3月 定例会-03月19日−委員長報告・討論・採決−08号 委員から、51ページ、荒川左岸南部流域下水道管理事業の減額理由と、公共下水道管理基金管理事業の積立金の増額理由について伺いたいとの問いに対し、荒川左岸南部流域下水道維持管理負担金は、流域処理の排除する量に応じて支払う負担金であるが、過去5年間の最大値で予算化している。4月から10月までの排除量が確定し、見込みより少なかったため2,400万円を減額補正するものである。 もっと読む
2018-03-19 東松山市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月19日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号 平成30年度の予定としては、市野川浄化センターの汚泥処理については、太平洋セメントに1,800トン、エコ計画に1,000トン、新たに桶川市の埼玉県流域下水道元荒川水循環センターに200トン、和光市の埼玉県流域下水道新河岸川水循環センターに200トンの処理委託を予定している。高坂浄化センターの汚泥処理については、太平洋セメントへ1,300トンの処理委託を予定している。 もっと読む
2018-03-14 上尾市議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−一般質問−07号 上尾市は荒川左岸南部流域下水道事業の処理区域に入っており、上尾市のほか、さいたま市、蕨市、川口市、戸田市の5市で構成されております。   また、これらの各自治体の統合状況につきましては、戸田市が上下水道部を、伊奈町が上下水道課を設置しておりますが、鴻巣市、北本市、桶川市、さいたま市、蕨市、川口市の6市につきましては水道事業と下水道事業を分けた組織になっております。 もっと読む
2018-03-12 鴻巣市議会 平成30年  3月 定例会-03月12日−一般質問−05号 現在整備を推進している箇所は、鴻巣地域の西部第3排水区、また吹上地域の主に北新宿第二土地区画整理事業地内の鎌塚落排水区及び元荒川上流第1、第2排水区の2カ所において実施しております。西部第3排水区につきましては、平成30年度は荒川左岸通線部分の完成を目指し、最上流である緑町までの延長約256メートルの雨水幹線管渠築造工事を実施する予定です。    もっと読む
2018-03-12 桶川市議会 平成30年  3月 建設文教常任委員会-03月12日−01号 荒川上流土地改良区かんがい賦課金ということでございまして、こちらにつきましては元荒川上流土地改良区のかんがい賦課金ということで、この区域内に道路のこう配の関係で、今、資料を見ますと、ちょうど真ん中あたりに新谷田排水路、こちらが工業団地のところでございますが、ちょうど赤堀2丁目、1丁目、県道を挟んでございます。 もっと読む
2018-03-01 上尾市議会 平成30年  都市整備消防常任委員会-03月01日−02号 2款1項3目維持管理費2,400万円の減額でございますが、今年度上半期分の実績値から年間汚水排除量の見通しを見直し、当初の想定量より少ないことが見込まれるため、荒川左岸南部流域下水道管理事業の負担金を減額するものでございます。   52ページをお願いいたします。 もっと読む
2018-03-01 越谷市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月01日−代表質問、議案質疑−04号 特に都市計画道路浦和野田線の国道4号から東武伊勢崎線までの区間、北越谷を含むいわゆる元荒川工区と呼ばれる区間については、元荒川との整合性や桜並木などの景観の課題もあり、以前からさまざまな検討を行っていると伺っています。ついては、元荒川工区の現在の取り組み状況について、また他都市計画道路の進捗状況も含め、越谷市の交通ネットワークの整備状況について市長に伺います。    もっと読む
2018-02-28 東松山市議会 平成30年  経済建設常任委員会-02月28日−01号 なお、汚泥の搬出先は和光市にございます埼玉県流域下水道新河岸川水循環センターと桶川市にございます埼玉県流域下水道元荒川水循環センターを予定し、平成30年度の汚泥処分委託数量は年間400トン程度を見込んでおります。   以上で議案第31号の説明を終わります。 ○利根川敬行委員長 ありがとうございました。   説明が終わりました。   これより質疑に入ります。   鈴木委員。 もっと読む