運営者 Bitlet 姉妹サービス
1254件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月05日−一般質問−04号 そうした平時からの連携が、災害時、緊急時に生きてきます。いかがでしょうか。 ○藤井栄一郎議長 神田健康福祉部長。        〔神田信行健康福祉部長登壇〕 ◎神田信行健康福祉部長 それでは、議員ご質問の「とねっと」及びまちの保健室につきましてお答えを申し上げます。    もっと読む
2018-12-01 ふじみ野市議会 平成30年  12月 定例会(第4回) 在宅高齢者福祉事業については、75歳以上のひとり暮らしの高齢者を対象に、医療情報や連絡先等を調査し台帳整備を行い、消防の緊急活動の活用に期待できる緊急医療情報キットも併用するという重要な整備と理解いたしました。昨今親族等の緊急連絡先に苦慮する事案がふえているとのことでした。 もっと読む
2018-09-26 蕨市議会 平成30年第 4回定例会−09月26日-05号 さらに避難情報など特に緊急性の高い情報につきましては、より多くの皆さんに迅速かつ確実に伝達するため、市内にいるNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの携帯電話所持者に対し、緊急速報メールを配信することとなっております。   もっと読む
2018-09-25 新座市議会 平成30年第3回定例会−09月25日-11号 今回補正では、地震の際のブロック塀の倒壊などが危険ということで、いち早く助成金制度がつくられたということで評価します。また、総合運動公園のトイレの改修、こもれび通りの歩道整備のための実施計画の予算など、市民要望に応えていく点で評価します。   もっと読む
2018-09-19 八潮市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月19日−04号 本市における災害情報等を発信するための情報伝達手段としては、これまでに防災行政無線のデジタル化、戸別受信機、市ホームページ、やしお840メール配信サービス、緊急速報メール、BizFAXを導入するなど、充実を図っているところですが、依然として市民の方から防災行政無線の放送内容が聞き取りにくいなどの声をいただいているところであります。 もっと読む
2018-09-19 新座市議会 平成30年第3回定例会−09月19日-09号 新座市においても、地震ハザードマップ、洪水・土砂災害ハザードマップを市の公式サイトで公開しておりますが、縮尺変更による詳細情報の把握、住所検索による情報取得及びGPS機能の活用ができるハザードマップのウエブ化を実施されてはいかがでしょうか。  災害発生時には、まずは自助が大切となります。 もっと読む
2018-09-18 八潮市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月18日−03号 具体的には、緊急連絡先や終活ノート、遺言書の保管場所等の情報を市役所に登録し、いざというときには本人にかわって親族等からの問い合わせに答えるものとなっております。  いずれの事業につきましても、本人に万が一のことがあった場合に生前の意思に沿った形で、必要な手続等を進めるものとなっております。   もっと読む
2018-09-13 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−一般質問−07号 さらに、災害などの緊急時に貴重な水源となる井戸水、いわゆる自己水源の水量が一番多い東部浄水場の浄水施設を最優先に耐震化を行うこととしています。   次に、北部浄水場については、浄水施設の耐震化のための更新計画を上尾市水道事業ビジョンや上尾市水道事業経営戦略でお示ししております。 もっと読む
2018-09-12 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−一般質問−06号 避難勧告等を発令した際には、これらに加え、緊急速報エリアメールを活用し、周知を図ります。なお、夜間の立ち退き避難が危険と思われる場合には、自宅の2階への垂直避難を勧める等、夜間に避難を呼びかける際には配慮をする必要があるものと考えております。 ○議長(道下文男議員) 14番、井上茂議員。 ◆14番(井上茂議員) 避難の問題については、もっと細かく、具体的にやらないとなかなか大変だと思います。 もっと読む
2018-09-11 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−05号 地震以外の台風でも、電柱の倒壊被害がありました。本市の無電柱化推進方針、または計画についてお聞かせ願います。 ○副議長(町田皇介議員) 保坂都市整備部長。 ◎都市整備部長(保坂了) 地震時以外でも、台風などの強風により電柱が倒壊する事例が多数ございますので、今後は防災上重要な路線につきましては、無電柱化を推進していく必要があると考えております。 もっと読む
2018-09-11 志木市議会 平成30年  9月 総務厚生常任委員会-09月11日−01号 主な支出内容といたしましては、12節役務費は、政策情報の収集のため、官庁速報の通信料となっております。13節委託料は、市民会館・市民体育館整備手法比較検討調査の業務委託となっており、入札の結果、507万6,000円でパシフィックコンサルタントが落札したところであります。 もっと読む
2018-09-11 新座市議会 平成30年第3回定例会-09月11日-04号 6月18日に発生いたしました地震による大阪府高槻市の事案を受けて、市と教育委員会において実施しました点検の結果と改善が必要な箇所の予算措置も含めた対応策について詳細を伺います。  私たち公明党は、この事案を緊急重要課題として受けとめ、翌日の6月19日に、市長、教育長へ要望書を提出させていただきました。 もっと読む
2018-09-07 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月07日−一般質問−03号 ◎総務部長(須田博和) ヤフー株式会社との協定を締結することにより、市ホームページのコピーであるキャッシュサイトが用意され、災害時に予想される市ホームページへのアクセス集中によるサーバー負担の軽減や、市からの緊急情報をヤフー株式会社が提供するヤフー防災速報アプリを通じてプッシュ配信できるなど非常に有益であり、またこれらのサービスは全て無償であることから、協定締結に向けて検討してまいりたいと考えております もっと読む
2018-09-06 新座市議会 平成30年 9月総務常任委員会−09月06日-02号 順位的にも、平成29年度、これは県の速報値になるのですけれども、埼玉県内の63市町村中で61位という状況となっておりまして、この向上というのはかなり喫緊の課題なのかなというふうに捉えております。  先ほど申し上げた取り組みについて、徴収というか滞納整理に関する取り組みについて引き続き行っていくことによって、来年度、今年度以降も上昇していくことは、現状では見込んでおります。   もっと読む
2018-09-06 新座市議会 平成30年 9月厚生常任委員会−09月06日-02号 あと190ページの避難行動要支援者支援なのですけれども、けさも北海道で大きな地震があったということで、本当にびっくりしたところなのですけれども、避難行動要支援者数のところで1万5,023人なのだけれども、そのうち同意したのが3,228名ということで、この数字についてどのような見解を持っているのかお願いします。  以上です。 もっと読む
2018-09-06 白岡市議会 平成30年  第3回( 9月)定例会-09月06日−議案説明−01号 本日、午前3時8分ごろ、北海道胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震があり、安平町で震度6強の揺れを観測しました。隣の厚真町では、大規模な土砂崩れが発生し、建物倒壊等の被害が発生しているようでございます。速やかに、全容が把握されることを望むとともに、被害に遭われた皆様にお見舞いを申し上げます。   もっと読む
2018-09-05 新座市議会 平成30年 9月文教生活常任委員会−09月05日-01号 平成30年8月8日、市民会館ホールにおきまして、コンサート中に大地震が発生したらという想定で、観客参加型の避難訓練コンサートを実施いたしました。当日は雨天となりましたが、436名の方にご来場いただき、東野小学校金管バンドクラブ及び埼玉県南西部消防本部音楽隊の演奏をお楽しみいただきました。 もっと読む
2018-08-27 蕨市議会 平成30年第16回議会改革推進特別委員会-08月27日-01号 この安否確認システムの選定については、緊急時に使える通信回路を確実に確保すること、緊急地震速報と連動して災害時に安否確認メールを一斉に自動送信すること、だれが返信されていないかなど、受信管理等が簡易であることを重視し、本市の財政状況を鑑み、システム導入費及び経常経費の高騰を回避することを念頭に、3つのシステムを選定した。   もっと読む
2018-06-29 川越市議会 平成30年第3回定例会(第23日・6月29日) 本文 平成三十年六月十八日に発生した大阪府北部を震源とする地震では、現地の小学校のプールに設置されていたブロック塀が倒壊し、その塀に挟まれた児童が亡くなるという痛ましい事故が発生いたしました。  本市におきましても、このような事件を未然に防止するため、市が所有し管理する施設のブロック塀について緊急に点検調査を行いました。   もっと読む
2018-06-27 川越市議会 平成30年 防災・減災対策特別委員会 会期中(第2日・6月27日)本文 また、当マニュアルでは災害情報の集約を情報整理班で一括管理するとともに、重要情報が速報として情報整理班へ伝達するなど定めておりまして、今後職員の説明会や訓練を通して、災害時に機能するよう職員へ周知してまいりたいと考えております。  次に、十項目めのドローン導入検討についてですが、被害状況等を上空から面的に把握するため、ドローン導入に向けて検討を進めております。   もっと読む