2830件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

和光市議会 2020-09-25 09月25日-07号

次に、議案第74号、令和年度埼玉県和光市一般会計歳入歳出決算の認定について、歳入歳出の議会、総務、衛生のうち清掃、労働、農林水産業、商工、土木、消防、公債支出金、予備各款の給与。 委員株式等譲渡所得割交付金の、予算決算差額理由を伺う。 答弁上場株式等譲渡時に課税される株式等譲渡所得割県税です。一部が個人県民税収入割合に応じ市町村に交付されます。

久喜市議会 2020-09-18 09月18日-06号

168ページ、民生、社会福祉障がい者のための防災マニュアル作成事業でお伺いします。不用が随分出ておりますが、作成までの経緯理由をお伺いします。  今後の普及、活用、特に訓練等が重要と思われますが、これまでの取り組みと今後の計画をお伺いいたします。  (4)です。198ページ、民生、児童福祉、子どもショートステイ事業でお伺いします。事業がそのまま不用となりました。

北本市議会 2020-06-22 06月22日-04号

しかし、実際には、行政書士以外の他士業による申請報酬として7万円、給付金の10%などといった高額な報酬の話を耳にするとき、大変残念な気持ちになります。困っている方に給付金が届くように、適正価格での報酬は必須です。 また、個人情報取得を狙い、持続化給付金申請を装った詐欺や、融資によって、意識せず闇金融へつながってしまう事例などの被害が発生しております。

蕨市議会 2020-06-17 令和 2年第 3回定例会-06月17日-05号

最後に、指定管理料の関係ですけれども、こちらにつきましても以前ご答弁を差し上げましたけれども、この間も体育館のほうは、基本的に人数を縮小しながら対応していただいているところであり、指定管理者においても人件部分については補償するような形でしているということでございますので、人件補償部分、また、今回閉館に伴う減収分補てんをどうするのか、あと執行によるさまざまな事務、事業等の不用等について

越谷市議会 2020-06-17 06月17日-03号

こういった意見のほか、ご自身のご家族の介護や、あるいは子育てとの両立がなかなか難しいなど給与等の処遇面だけではなくて、労働環境ですとか、家庭環境等の要因があるものと認識をしているところでございます。介護サービス事業者とこうしたさまざまな課題、情報を共有しつつ、引き続き連携を密に人材確保の支援に努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りたいと存じます。

川島町議会 2020-06-01 06月11日-01号

議案第2号は、川越地区消防組合消防職員給与に関する条例等の一部を改正する条例を定めることについてです。消防職員給与改定を行うための条例の改正です。 議案第3号は、令和元年川越地区消防組合一般会計補正予算(第1号)で、歳入歳出それぞれ4,394万円を減額し、歳入歳出予算の総額を54億2,263万4,000円とするものです。常備消防減額が主な理由です。 

狭山市議会 2020-05-15 令和 2年  5月 臨時会(第1回)−05月15日-01号

附則第2項は、傷病手当金支給要件及び日数について定めたもので、給与等の支払いを受けている被保険者が、療養のため労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から傷病手当金支給対象とするものであります。  第3項は、傷病手当金について定めたもので、直近の3ヵ月間の給与収入から算出した1日当たり給与の3分の2に相当する支給とするものであります。  

幸手市議会 2020-03-19 03月19日-06号

それでは、議案第1号 幸手市会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について申し上げます。 現在の臨時職員の方々が会計年度任用職員に移行した場合の給与の級数の振り分け及び給与の増減についての質疑に対し、当初予算編成時に給与格付について説明会を実施したため、1級と2級に格付をして予算要求をしているところです。人数については、一般会計において326名です。

草加市議会 2020-03-11 令和 2年  3月 総務文教委員会−03月11日-01号

また、所得金額につきましては、給与所得の1人当たり金額が当初予算において想定しておりました金額より約4万円増額したものでございます。  以上でございます。 ○委員長 ほかにございますか。   〔「なし」と言う人あり〕 ○委員長 ないようでございますので、1款1項に対する質疑を終了いたします。  次に、14款1項国庫負担金説明を求めます。  総合政策部長

八潮市議会 2020-03-09 03月09日-02号

質疑の60万4,000円につきましては、この不用減額するものでございます。 以上でございます。 ○岡部一正議長 2番。 ◆2番(矢澤江美子議員) 最初の小学校管理事業のほうですが、①のところで、確認ですけれども、ということは電気代ということでよろしいでしょうか。 ○岡部一正議長 2番議員の再質疑に対する答弁教育総務部長。 ◎荒浪淳教育総務部長 再質疑にお答えいたします。 

蕨市議会 2020-03-06 令和 2年 3月教育まちづくり常任委員会−03月06日-01号

◎榎戸 課長  減額になる経緯は、上戸田川整備事業は戸田市で事業を実施しており、蕨市は負担金事業全体の40%を負担しているが、予算を設定するに当たり、両市で当初予算に不足が生じないように、あらかじめ交付金見込みを低めに設定しているところもあり、当初予算よりも交付金が全体的に増額するというようなことで負担金減額ということになっている。  

小川町議会 2020-03-05 03月05日-議案説明、質疑、討論、採決-04号

001総務一般管理154万5,000円の減額は、執行見込みによる人件、児童手当減額及び社会保険料増額であります。  なお、以下の人件計上の科目につきましても、育児休業育児部分休業取得などにより不用が見込まれるものについて人件補正しております。人件補正の内訳などは、62ページからの給与明細書に記載してございますので、よろしくお願いをいたします。