運営者 Bitlet 姉妹サービス
2601件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 蕨市議会 平成30年第 5回定例会-12月13日-04号 私個人的にはマラソンが好きなのですが、ラン仲間を見渡してみましても、故障を繰り返し、大会の折には胃腸を壊したり、ふらふらになって幻覚を見たり、幻聴を聞いたり、脱水症で倒れたり、痛みに耐えるために鎮痛剤を飲んだり、イベントが終わると解放感から暴飲暴食に走ってしまう人が後を絶ちませ。   もっと読む
2018-12-12 新座市議会 平成30年第4回定例会−12月12日-07号 腕の筋肉に注射するため、接種したところに痛みやかゆみ、赤く腫れたりすることがあります。全身的な反応として吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、疲労感などがあらわれることがあります。接種後このような症状が見られた場合には医師にご相談ください」、こう書いてあるのです。これだけなのです。 もっと読む
2018-12-10 狭山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)−12月10日-05号 小学生の約3割が、ランドセルを背負ったときに痛みを感じているというふうに言っているそうですね。また、ある母親によりますと、いわゆる上履きとか給食の袋、体育着などを持って帰る金曜日、それらを持っていく月曜日は特に荷物が多くなると。だから、両手がふさがって危ないというようなことの心配が絶えないそうであります。  さらに、教科書協会という協会が去年、2017年に調査を行いました。 もっと読む
2018-09-12 新座市議会 平成30年第3回定例会−09月12日-05号 調査の結果では、重さはランドセルを含め平均6キログラム、小学生の3割がランドセルを背負って痛みを感じる、このような結果だったそうです。  こうした中、9月6日に文部科学省が都道府県の教育委員会や私立学校、事務主管課に対し、児童・生徒が登下校時に運ぶ教科書、教材、学用品の重さや量に配慮するよう促す事務連絡を出したとお聞きをいたしております。   もっと読む
2018-09-07 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月07日−一般質問−03号 市長は、人の心の痛みを何とも思わないのですか。市長、イベントや駅立ちでにこにこ握手をしている場合ではないのです。中止表明後、考えられないほどの遅滞ぶり、判断したいのなら、その前後の処理を速やかにやらねばならないのです。中止の影響を最小限に食い止めることは責務なのです。そこで再質問します。中止した計画を再構築する作業はどのように行いますか。方法とスケジュールをお示しください。 もっと読む
2018-06-19 川越市議会 平成30年第3回定例会(第13日・6月19日) 本文 糖尿病性腎症は、病気の進行により症状が異なり、初期のころは自覚症状がほとんどなく、病気が進行しますと、むくみ、息切れ、胸の苦しさ、食欲不振などの自覚症状が出現し、さらに進行すると顔色の悪さ、易疲労感、嘔気あるいは嘔吐、筋肉の硬直、つりやすさ、手のしびれや痛み等の自覚症状が出現します。病気がさらに悪化した場合には腎不全となり人工透析の治療を受けないと死に至る場合もございます。   もっと読む
2018-06-15 東松山市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月15日−一般質問−04号 ただ、それではやっぱり市民の痛みというか、それだけでは救えないなと。市の独自の軽減策を他市でもやっている事例もたくさん見られますので、その辺は検討してもらいたいということを強く要望しまして、次の質問に移ります。   質問の2、国民健康保険税の滞納が2017年では289万3,000世帯と報道されました。全国です。 もっと読む
2018-06-14 川口市議会 平成30年6月定例会 埼玉県川口市議会-06月14日−04号 さて、超音波検査は放射線のような身体に対する害もなく、また痛みもない、安心・安全な検査でございます。主に肝臓、胆のう、脾臓、腎臓、膵臓、子宮、卵巣、前立腺などの観察に使用されますが、特に早期発見が難しい暗黒の臓器といわれる膵臓がんの発見に効果を発揮するとも言われております。   もっと読む
2018-06-11 春日部市議会 平成30年 6月定例会−06月11日-06号 国保の都道府県単位化は、地方自治体の自治権を奪い、国の思惑どおりに国保加入者に負担と痛みを押しつけるものという本質が今回の値上げで改めて鮮明になったと私は思っております。  国民健康保険制度は、社会保障の制度であり、高齢者や非正規労働者など低所得者が大半を占める、加入者自身の努力や助け合いでは成り立たないということが前提の制度であります。 もっと読む
2018-03-20 新座市議会 平成30年第1回定例会−03月20日-15号 激変緩和と都合よく使われているが、激変緩和でも何でもない痛みを先取りする制度です。普通激変緩和と考えるのは、一遍に3万円上げられないから、では6年後に5,000円上げましょう、次は1万円上げましょう、12年後に3万円上げるので、しようがないというのが激変緩和です。今使っている激変緩和は、先を見越して先食いしてみんなから取ろうという話ではないか。  答弁。 もっと読む
2018-03-19 新座市議会 平成30年第1回定例会-03月19日-14号 高過ぎる国民健康保険税による市民の痛みを国よりも、県よりも一番リアルによく知っているのが市だと思います。だから、市に一番寄り添わなければいけないときなのではないでしょうか。  市は、地方自治体として住民の命と健康を守る責務を負っています。厚生常任委員会の中で、国民健康保険運営方針では、当面は統一の保険税水準とはしないということが改めて確認されました。今回は、値上げするべきではありません。 もっと読む
2018-03-19 蕨市議会 平成30年第 1回定例会-03月19日-05号 頼高市長は、現在、全国的にも他に類を見ない共産党籍を持つ首長として、自信満々の3期目を君臨され、その行政手腕に一定の評価があると言われている反面、最近では何でもご自身が実現したものだと目を疑うほどの特異の自画自賛の吹聴を初め、敬老祝金や国保改革など、痛みを伴う改革に終始全く背を向け、独善的で、二元代表制の一翼を担う議会軽視も甚だしいと痛感している市民や議員が多々いることを片時も忘れてはなりません。 もっと読む
2018-03-16 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  2月 定例会-03月16日−08号 東日本大震災の震災の痛みと原発事故の本当の意味での収束が一日でも早く訪れることを願い、本請願の採択を主張します。  平成29年請願第52号、平成30年請願第3号、第5号、第6号、第7号、第8号、第10号、第11号はいずれも内容が妥当であり、採択を主張します。  一方、請願第9号は執行部の説明を了として、不採択を主張させていただきます。  以上です。 もっと読む
2018-03-14 新座市議会 平成30年第1回定例会-03月14日-12号 そういう意味では、誇れる施策の一つだとは思いますけれども、今回のこの国民健康保険税の制度見直しというようなものにつきましては、国、県から、特に国がこの各地方自治体の値上げをしていくわけですから、同じサービスがふえていくわけではないのに、これは痛みを伴うのは当然でございます。では、痛みは誰がとるのかといったら、国民健康保険加入者です。 もっと読む
2018-03-13 新座市議会 平成30年第1回定例会−03月13日-11号 相談内容としましては、化学物質過敏症のため、公共施設内で柔軟剤や芳香剤の香りがすると、動悸や頭痛、喉の痛みを感じてしまい、図書館では本を1冊借りるのにも苦労しているとのことでした。また、平成30年2月26日に、同様の内容の市長への手紙をいただいております。このほかには、香害に関する健康診断はお受けしておりません。   もっと読む
2018-03-12 川口市議会 平成30年3月定例会 埼玉県川口市議会-03月12日−06号 赤ちゃんに負担なく自動的に判定を行う検査で、数分から10分程度で安全に行うことができ、痛みはないということです。現在は任意での受診で、国からも新生児聴覚検査の通知が出ており、埼玉県としては今のところ各自治体に任せるとのことでありますので、医師会をはじめ、関係機関と協議し、本市独自で助成制度を設け、受診しやすい環境を提供していただきたいのですが、いかがでしょうか。 もっと読む
2018-03-08 新座市議会 平成30年第1回定例会-03月08日-08号 その中で、やっぱり結果は変わっていませんし、市の見方としても去年とことしも頑張るけれども、同じぐらい痛みを伴うというふうな答弁がありました。  なので、このままではいけないというのは認識していただいて、しっかり頑張ってもらえたらと思います。  以上で私の一般質問は終わらせていただきます。ありがとうございました。 ○議長(島田久仁代議員) 以上で、18番、塩田和久議員の一般質問を終わります。 もっと読む
2018-03-08 川越市議会 平成30年第1回定例会(第17日・3月8日) 本文 平日でしたから、学校から帰って自宅で頭の痛みを訴え、救急車で緊急搬送され、翌朝の早い時間にお亡くなりになりました。数は少ないかもしれませんが、市内の子供たちにこういうことが起きないように、少しでも教育委員会として取り組む姿勢を示していただきたかったです。   もっと読む
2018-03-02 蕨市議会 平成30年第 1回定例会-03月02日-03号 まず冒頭に、今般、頼高市長の施政方針を拝聴し、その率直な感想は、相も変わらず自画自賛の市長マニフェスト偏重が顕著にあらわれ、痛みの伴う改革に終始、背を向けると感じて、総花的な当初予算であると言っても、決して過言ではないでしょう。   もっと読む
2018-02-28 鴻巣市議会 平成30年  3月 定例会-02月28日−代表質問、議案質疑、討論、採決−02号 そういう点からいうと、国もいわゆる激変緩和措置をとりなさいというふうにいって、激変緩和ということは痛みを少しずつ和らげて、最後は思い切った痛みにしなさいということで、本来はするべきことではないと思いますが、例えば1億2,000万円をさらに一般会計から繰り入れて税率改正をしないということが検討されたのかどうか、その点を再質問しておきます。   それから、所得に対する国保税の割合です。 もっと読む