1562件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

草加市議会 2019-06-13 令和 元年  6月 定例会-06月13日-05号

そんなわけで、まだ痛みもあり、お聞き苦しい点があるかと思いますし、かつ、なるべく要点にて質問を行ってまいります。さらに、代表質問と若干重なる部分については、痛みがあるのでくどくど言いませんけれども、その辺のことを御理解いただいて答弁をお願いしたいと思います。  まず、医療に関しては、私は素人です。その上で、がんの治療方法について、その可能性について伺ってまいりたいと思います。  

春日部市議会 2019-06-05 令和 元年 6月定例会−06月05日-03号

初期は痛みなどの自覚症状が出ないため気づきにくい病気で、常に歯と歯茎の状態に着目し、赤くなっている、歯を磨くと出血するなどのサインを見逃さないようにし、できるだけ軽いうちに治すことが大切だそうであります。18歳までは学校歯科検診をしてくれるため、余り問題はないのですが、問題はその後だそうです。歯周病の発生の多くは20代以降であり、40代からの対応では遅いのではないでしょうか。

新座市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会−03月20日-14号

全額国から補助金が出るということで、市の財政痛みはないわけなのですけれども、もともとが非常に不公平な消費税というものの増税に対しての緩和措置ということでこれが出てきたわけなのですけれども、消費税そのものは非常に不公平で、増税されるとなれば、これから日本の景気はさらに低迷していくし、本当に冷え込んでいくと思います。  

新座市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会-03月18日-12号

市民生活部、教育委員会、ともに予算縮減の方向といったところで、財政面を考えた予算、その中でも市民にとって痛みの少ない予算取りができている、いい予算だったかなと思います。  別の賛成の委員です。市民生活部所管で、すごく気になったのは、ちびっ子ふるさと探検隊、絵本事業、交通指導員とか児童・生徒にかかわる分野が、苦渋の選択の中から一旦削らざるを得なかった。

新座市議会 2019-03-04 平成31年 3月文教生活常任委員会−03月04日-03号

市民生活部、教育委員会ともに、予算縮減の方向といったところでも、財政面を考えて考えられた予算、その中でも市民にとって痛みの少ない予算どりができているいい予算だったのかなと思います。  以上です。 ◆平野茂 委員  賛成です。  市民生活部所管については、部長のほうに、全体の組み立てをする際にどのような考えに基づいてやったのかなということでちょっとお聞きをしました。

久喜市議会 2019-02-26 平成31年  2月定例会-02月26日−04号

相談の具体例といたしましては、歯や歯茎の痛みのほか、入れ歯が合わなくなった、食べ物をかめなくなったなどの困り事が多いとのことでございます。また、相談を経て、在宅歯科医療を受診された方の多くは、痛みがなくなり、表情が明るくなった。再び食べ物をかめるようになったなど、状況が改善したとのことでございます。   

久喜市議会 2019-02-25 平成31年  2月定例会-02月25日−03号

地域小学校がなくなることへの痛みを乗り越えるだけの新たな学校教育実践、子供たちへの支え、地域への支援をしない限り統廃合は快く受け入れられないと考えますが、いかがかお伺いします。   (2)です。菖蒲南中学校と菖蒲中学校の統廃合については、昨年11月から12月にかけて保護者説明会が開かれ、アンケートが実施されました。1月16日の学区等審議会ではこれらの審議がされていました。

久喜市議会 2019-02-24 平成31年  2月定例会-02月24日−02号

政府は、消費税増税の痛みを和らげるため所得制限を設けることに対して、久喜市で発行する10周年記念プレミアムつき商品券は所得制限を設けない、全市民を対象としています。また、一部の人をもうけさせるために市民の税金を浪費するのですか。仮に購入上限を5万円としても1万人しか買えません。一部の人しか恩恵を受けない販売方法には問題があります。

春日部市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会−12月14日-08号

この間の医療介護年金の連続改悪に続き、高齢者を標的にさらなる痛みを押しつけるもので、許されません。  そもそも後期高齢者医療制度は、75歳以上の高齢者を一般の国民と切り離し、高齢者自身に保険料を負担させ、医療内容も差別するという世界に類のない高齢者差別制度であります。窓口負担が1割から2割になれば、医療費が2倍にはね上がりますから、受診の抑制を招きます。

新座市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会−12月12日-07号

腕の筋肉に注射するため、接種したところに痛みやかゆみ、赤く腫れたりすることがあります。全身的な反応として吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、疲労感などがあらわれることがあります。接種後このような症状が見られた場合には医師にご相談ください」、こう書いてあるのです。これだけなのです。

草加市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日-03号

ある調査結果を見ますと、ランドセルを背負ったときに痛みを感じる部分については、31.2%の児童・生徒がどこかに痛みを感じているとのことであります。痛む箇所で最も多かったのが首のつけ根11.6%、次いで首の後ろ10.7%、腰と答えた小学生が3.4%だったそうであります。私たちが小学生のときには考えられない症状を抱えていることに愕然としたわけであります。  

狭山市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会(第4回)−12月10日-05号

小学生の約3割が、ランドセルを背負ったときに痛みを感じているというふうに言っているそうですね。また、ある母親によりますと、いわゆる上履きとか給食の袋、体育着などを持って帰る金曜日、それらを持っていく月曜日は特に荷物が多くなると。だから、両手がふさがって危ないというようなことの心配が絶えないそうであります。  さらに、教科書協会という協会が去年、2017年に調査を行いました。

久喜市議会 2018-09-28 平成30年  9月定例会-09月28日−07号

また、本制度は後期高齢者医療費総額の10%を保険料で賄う仕組みですが、被保険者はふえ続け、負担割合もふえることになり、現状では後期高齢者にとって痛みを受け入れるしか選択肢はありません。今後団塊世代の高齢化が進めば、現役並み所得者に区分される高齢者が増加していくことが予測されます。その後期高齢者にとって、特例軽減の廃止の影響は大きいものがあります。

朝霞市議会 2018-09-25 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月25日−05号

にはそうではなくて、例えば母子世帯についても2人以下の世帯は減額になるだとか、あるいは児童養育加算、これがゼロ歳から2歳児までの子供は減額になったりとか3人以上のお子さんがいると減額になったりとか、今までよりも減額になったりとかということが起きるということがあって、要するに、ただ、子供に関しては就学の関係だとか多少厚みが出た部分もあるので、全部が全部だめということはないのですが、それにしてもそういうところに減額の痛みがいくということだと

久喜市議会 2018-09-19 平成30年  福祉健康常任委員会-09月19日−03号

後期高齢者には痛みしか選択できなくなってしまいます。今後団塊世代の高齢化が進めば、低所得者に区分される高齢者が増加していくことが予想されます。最後に、制度開始以来、政府も必要と認めてきた特例軽減は復活をさせて、公費負担の充実をしっかりと図るべきであります。   以上申し上げて反対討論といたします。 ○委員長(平沢健一郎委員) ほかにございませんか。                

新座市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会−09月12日-05号

調査の結果では、重さはランドセルを含め平均6キログラム、小学生の3割がランドセルを背負って痛みを感じる、このような結果だったそうです。  こうした中、9月6日に文部科学省都道府県教育委員会私立学校事務主管課に対し、児童・生徒が登下校時に運ぶ教科書教材、学用品の重さや量に配慮するよう促す事務連絡を出したとお聞きをいたしております。  

春日部市議会 2018-09-03 平成30年 9月 3日教育環境委員会−09月03日-01号

また、地元からの声につきましては、農道が未舗装であり、農業機械の通行により路肩の痛みが激しくなり、車両通行に支障を来していることなどそういった要望を受けた中で、実際、担当のほうで農家の方に直接お話を聞きながら舗装設計をしているところでございます。  次に、決算附属資料123ページ、用排水路整備事業についてのご質疑に答弁申し上げます。

所沢市議会 2018-06-22 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−06号

自分以外の人が吸うたばこの煙を吸わされる受動喫煙が及ぼす健康への悪影響につきましては、目の痛み、頭痛、息苦しさ、喉の痛みやせき、くしゃみなどの症状を誘発し、長期的にはがん、ぜんそく、脳卒中、心臓病などにかかりやすくなるとされております。特に、子供健康への悪影響といたしましては、ぜんそく、乳幼児突然死症候群の発症リスクを高めるとされております。

東松山市議会 2018-06-15 平成30年  6月定例会(第2回)-06月15日−一般質問−04号

ただ、それではやっぱり市民痛みというか、それだけでは救えないなと。市の独自の軽減策を他市でもやっている事例もたくさん見られますので、その辺は検討してもらいたいということを強く要望しまして、次の質問に移ります。   質問の2、国民健康保険税の滞納が2017年では289万3,000世帯報道されました。全国です。