運営者 Bitlet 姉妹サービス
6144件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-01 新座市議会 平成31年 3月厚生常任委員会−03月01日-02号 困ったときは119番と救急車を頼むわけです。救急車によく不正利用はやめましょうというシールがぴたっと張ってあって、埼玉県では♯7119という24時間365日看護師が応対をしてくれる。まず、救急車を呼ぶ前に何か聞きたいことがあったら、♯7119どうぞということを県が進めているわけです。結構これが利用されているみたいなのです。 もっと読む
2019-01-25 新座市議会 平成31年 1月厚生常任委員会−01月25日-01号 新生児は女児で、その場で救急搬送をされ命に別状はなく、現在、病院において保護されております。現在わかっている状況は以上です。  以上3点ご報告いたしました。 ○白井忠雄 委員長  ただいま3点の報告がございましたが、これについて質疑を行います。  質疑のある委員いらっしゃいますか。 もっと読む
2018-12-18 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−04号 平成29年1月から12月、昨年1年間の火災救急出動件数とその到達平均時間について、少し述べさせてもらいます。火災は八潮市全体で昨年37件ありました。八潮市の南部地域ですが、ここでは15件、パーセンテージにすると40.5%、4割が南部地域で火災が発生しています。 もっと読む
2018-12-14 蕨市議会 平成30年第 5回定例会−12月14日-05号 また、無償化に伴う保育需要増を見込んだ施設の整備目標を立てていないと批判をしました。  保育園の給食費・食材料費を無償化の対象から外す方針で、低所得者層には逆に負担増となることや、保育所には煩雑な事務を押しつけることになるとして、給食費を含む無償化を求めました。   もっと読む
2018-12-13 蕨市議会 平成30年第 5回定例会-12月13日-04号 本年につきましては、10月に実は埼玉県立小児医療センターのほうの看護師さんを講師にお迎えいたしまして、これは感染症だけではないんですが、それも含めた形で保育園の保育士と留守家庭児童指導室の指導員を対象に子どもの医療、小児救急、事故防止のための研修会という形で行っております。   もっと読む
2018-12-12 蕨市議会 平成30年第 5回定例会-12月12日-03号 3、救急医療対策事業として行われている在宅当番医制運営委託料、病院群輪番制病院等運営費負担金、小児救急医療支援事業負担金、休日・平日夜間急患診療所運営費補助金、それぞれの負担割合の推移と根拠はどうでしょうか。  4、以上、蕨戸田衛生センター組合、あすなろ学園、救急医療対策事業について述べましたが、負担割合の見直しを戸田市と協議してほしいと思いますけれども、見解をお尋ねします。   もっと読む
2018-12-11 新座市議会 平成30年第4回定例会-12月11日-06号 大和田分署を出動した救急車が渋滞でなかなか進めません。国道254号方面に停車した車は車間距離がなく、車を端に寄せられません。志木市方向に向かう車が停車して端に寄せましたが、救急車が道路中央を通れる幅が確保されず、立ち往生しました。人の命にかかわる事態です。これが消防車両だったら火災現場の到着がおくれてしまいます。これまでも市内では慢性的な渋滞が起きています。 もっと読む
2018-12-07 新座市議会 平成30年第4回定例会−12月07日-04号 その中で、AEDを含めた救急救命の研修を受け、救急車が到着するまでの間、AEDと心肺蘇生の、この大事さを改めて認識した次第です。心筋梗塞や心筋症などの発作で突然死する人は年間7万人以上、高齢者や持病のある方だけではなく、スポーツ中の事故で心室細動が起こって、若くして死亡することもあります。その際救急車が到着するまでの間にAEDと心肺蘇生を行うことで救える命があります。 もっと読む
2018-12-06 新座市議会 平成30年第4回定例会-12月06日-03号 市内の中学生に対し、火災予防普及啓発ポスターと救急車適正利用推進ポスターの作成について、さらなる募集をしてはどうでしょうかという質問でございます。  こちらの質問は朝霞地区一部組合で決算の書類が出たときに、実際朝霞消防署の管轄の、中学生を対象にしているのですが、朝霞消防署内では38枚の作品が出展されたと。志木消防署管内からは5枚ということで、和光消防署の管内からは208枚提出されたと。 もっと読む
2018-12-05 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月05日−一般質問−04号 また、普及した再生可能エネルギーのほとんどを太陽光発電が占めること、再生可能エネルギー発電促進賦課金による国民の負担を減らすこと、需要と供給のバランスをとることなども買い取り価格が引き下げられていく理由となっているようでございます。   もっと読む
2018-09-28 蕨市議会 平成30年第 4回定例会−09月28日-06号 救急搬送の件数と内訳及び到着時間と現場滞在時間について。救急車3台が同時に出動した件数について。消防職員の充足度及び休日勤務体制並びに有給休暇の取得状況とその一般職との比較、また再任用職員の配置先について。  第2目非常備消防費に関しては、消防団員の出動状況の詳細及び入団者数と学生の有無並びに健康診断の受診状況について。   もっと読む
2018-09-26 新座市議会 平成30年第3回定例会-09月26日-12号 2014年以降、この年は消費税の引き上げに伴う駆け込み需要が見られたものの、その後の反動減や夏場の天候不順の影響で、2.9%減、2015年はマイナス2.3%、2016年はマイナス1.7%減、2017年はマイナス0.3%と、4年連続で家計消費は減っています。また、実質賃金は、平成22年を100とすると、製造業は83、全産業では84.5ということが総務省の家計調査報告書でわかりました。 もっと読む
2018-09-26 戸田市議会 平成30年 9月定例会(第3回)-09月26日-07号 次に、消防費の常備消防費では、委員から、女性の救急救命士の配置について質疑があり、執行部より、女性の救急救命士は2人いるが、現時点でいずれも救急隊員としては活動していない。救急現場では女性の視点による対応も重要であり、今後、各救急隊への配置に向け、体制を整えていきたいとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-26 蕨市議会 平成30年第 4回定例会−09月26日-05号 私からは、2番目、猛暑対策の1点目、熱中症による救急搬送についてご答弁申し上げます。  平成30年中の9月17日現在、男性31名、女性21名の合計52名の方が熱中症、または熱中症と疑われる症状で救急搬送されており、程度別では重症2名、中等症16名、軽症34名となっております。年齢別では、65歳以上の高齢者が32名と全体の61.5%を占めております。   もっと読む
2018-09-25 蕨市議会 平成30年第 4回定例会−09月25日-04号 最後の3点目、消防救急デジタル無線の談合について、お聞きをいたします。  全国の自治体が発注した消防救急デジタル無線の入札で談合を繰り返したとして、公正取引委員会は2017年2月2日、独占禁止法違反で富士通ゼネラルなど、メーカー4社に総額63億4,490万円の課徴金納付を命じました。   もっと読む
2018-09-19 八潮市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月19日−04号 愛知県豊田市の熱中症事故をはじめ、埼玉県内においても連日の猛暑により、熱中症の疑いによる児童・生徒の救急搬送が発生しており、ハンドボール大会を実施することは、大会当日だけではなく、大会へ向けた練習時にも児童の安心・安全を担保できないと判断いたしました。  大変難しい判断となりましたが、何よりも児童の健康、ひいては生命を最優先いたしました。何とぞご理解を賜りたいと存じます。  以上でございます。 もっと読む
2018-09-19 新座市議会 平成30年第3回定例会−09月19日-09号 熱中症による救急搬送者数も過去最多となっています。総合体育館も大変な暑さとなっています。暑さ対策が必要と考えますが、空調設備の導入について早急に検討されてはいかがでしょうか。また、仮に導入される場合、受益者負担の観点から利用料を設定されてはいかがでしょうか。  ことしの夏は大変な猛暑で、市民総合体育館の温度も相当高い状況にありました。 もっと読む
2018-09-19 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月19日−委員長報告・討論・採決−08号 委員から、普通交付税に関して、基準財政需要額と収入額を伺いたいとの問いに対し、基準財政需要額は283億7,063万1,000円、基準財政収入額は260億1,875万2,000円であるとのことであります。   以上で質疑、討論等を終結し、採決の結果、議案第63号については、全会一致、原案のとおり可決すべきものとして決しました。    もっと読む
2018-09-12 新座市議会 平成30年第3回定例会−09月12日-05号 以前は、新座中学校に雷が落ちて、多くの子供たちが救急車で搬送されたということもありました。大事には至りませんでしたけれども、そういうこともありますので、こうした天候の急激な異変に対しては、避難の手順を子供たちにもしっかり把握させて周知しておくことというようなことの文書は、配布をさせていただいたところでございます。   もっと読む
2018-09-12 志木市議会 平成30年  9月 総務厚生常任委員会-09月12日−02号 在宅福祉サービスに要する経費の中で、90ページなのですが、日常生活用具給付等事業というところがございまして、そこで利用実数がゼロということで、ちょっとこれが気になったので教えていただければと思うんですが、実は88ページのところに、一番上の段の地域生活支援のところで、排せつ管理支援用具というところで、紙おむつが1,050件、非常に紙おむつに対する需要って多いんですね、日常生活用具の給付のところで。 もっと読む