運営者 Bitlet 姉妹サービス
6355件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-28 新座市議会 平成31年 3月総務常任委員会-02月28日-01号 また、工業標準化法の一部改正に伴い、日本工業規格が日本産業規格に改められたことなど、その他の所要の規定の整備を図るものでございます。   もっと読む
2018-12-19 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月19日−委員長報告・討論・採決−06号 次に、委員から「工業団地でも水を大量に使用しているが、その分を加算しているのか」との質疑に対し、「認可の項目にはどのような水をどのくらい必要とするかという項目もあるが、人口は微増しているものの給水量は認可の範囲内であり、今回の変更は人口のみである」との答弁がありました。   以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。    もっと読む
2018-12-11 新座市議会 平成30年第4回定例会-12月11日-06号 ただ、例えば以前にも取り上げた新座団地バス停留所、バス停の後方にはURが設置したベンチがあります。しかし、このベンチはバス待ちのためには余り利用されていないのが現状です。皆さん、バス停に平行に1列に並ばれてバスを待たれています。バス利用者のベンチは、停留所の脇などすぐそばに置くべきものです。 もっと読む
2018-12-05 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月05日−一般質問−04号 市道104号線は、彦兵衛地内の県道さいたま幸手線からあけぼの団地南側を通過し、宮代町へつながる延長約750メートル、幅員約7.5メートルの1級市道でございます。 もっと読む
2018-11-28 蕨市議会 平成30年第 5回定例会−11月28日-01号 そのような状況において、平成28年度に当ニュータウンが愛知県による地域包括ケア団地モデル事業対象となり、今回の視察内容であるハートフルパーキング事業が、この地域包括ケア団地モデル事業の一事業として平成30年1月より本格実施されました。  本事業は、内閣府の平成29年度シェアリングエコノミー活用事例の全国37事例のうちの1つとして紹介されています。   もっと読む
2018-09-19 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月19日−委員長報告・討論・採決−08号 また、私道整備事業の申請はどのくらいあるかとの問いに対し、道路陥没の場所は、西上尾第一団地の外周道路の変則交差点から東に向かって約40メートルのところで1カ所、交差点から約240メートルのところで1カ所の計2カ所である。次に、私道整備事業の申請件数は、平成30年度の当初予算では2件の申請があった。今回の補正を合わせると3件となる。 もっと読む
2018-09-13 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−一般質問−07号 特に国道17号バイパスから入る南側の戸崎団地、聖学院大学、また北側の出入り口など、通過交通量が大幅に増えることが予想されます。したがって、交通量のシミュレーションをし、対策が必要になると思いますが、予定を伺います。 ○議長(道下文男議員) 保坂都市整備部長。 もっと読む
2018-09-11 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−05号 ◎市長(畠山稔) 私は、市内の農業、商業、工業、観光が一体となり、活性化することにより、にぎわいのあるまちづくりが形成されると考えております。また、これを実現するためには、やはり中心市街地の活性化も市全体のにぎわいを創出するために取り組むべき重要な課題の一つであると認識しております。    もっと読む
2018-09-11 志木市議会 平成30年  9月 市民文教都市常任委員会-09月11日−01号 次に、2の商工業事務に要する経費でございますが、本事業は、中小企業融資に関する調査補助事務、商工業者に対する支援、市民まつりの企画・運営などを志木市商工会に委託したもので、主な支出としましては、13節委託料でございます。  次に、2目商工振興費についてでございますが、事項別明細書110ページから113ページ、事務事業報告書は143ページ及び144ページでございます。   もっと読む
2018-09-10 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−一般質問−04号 道路は、人や車が移動するための公共空間であり、食料品や日用品、工業製品などいろいろなものの移動を支えています。また、市民生活や産業活動を支えるための水道、電気、ガス、電話、下水道などのインフラを支える役割も担っております。さらに、災害時の避難路、避難時、火災の延焼の防止など、人や物を災害から守る役割もあります。この道路が一旦その機能を失うと、社会生活に重大な影響を及ぼすことになります。 もっと読む
2018-09-10 白岡市議会 平成30年  第3回( 9月)定例会-09月10日−一般質問−02号 それから、企業の送迎バスを活用することにつきましてでございますが、西部産業団地を例にして考えてみますと、最寄りの新白岡駅からのルートでは中間にバス停となるような地点が少なく、多くの市民の方が利用できる路線を形成することは難しいのかなというふうに想定をいたしております。 もっと読む
2018-09-07 新座市議会 平成30年 9月文教生活常任委員会-09月07日-03号 まず、この分館につきましては、栗原公民館図書室、西堀・新堀コミュニティセンター図書室、大和田公民館図書室、中央公民館図書室、新座団地図書室、5館のトータルとなっております。この分館につきましては、週2回、週2日の開館日となっております。   もっと読む
2018-09-06 白岡市議会 平成30年  第3回( 9月)定例会-09月06日−議案説明−01号 8款4項5目都市下水路費、ポンプ場維持管理事業につきましては、宮山団地汚水処理施設の跡地造成工事の費用を追加するものでございます。   22ページをお願いいたします。8款4項6目公共下水道費につきましては、決算の確定に伴いまして、特別会計繰り出し事業を減額するものでございます。    もっと読む
2018-09-04 上尾市議会 平成30年  都市整備消防常任委員会-09月04日−05号                                │原案可決│├──────┼───────────────────────────────┼────┤│議案第76号│損害賠償の額を定め、和解することについて           │全会一致││      │                               │原案可決│├──────┼───────────────────────────────┼────┤│請願第23号│領家工業団地内道路整備等 もっと読む
2018-07-27 上尾市議会 平成30年  都市整備消防常任委員会-07月27日−04号 44.4%、商業系では6.5%、工業系では8%、合計58.9%、約6割が都市的な土地利用がなされております。その反面、山林、田畑の割合が非常に低くなっております。市街化調整区域は、逆に住宅、商業、工業の土地利用が低く、田5.1%、畑24.3%、山林7.3%、合計が36.7%というふうになっております。   次に、土地利用の変化についてでございます。 もっと読む
2018-06-29 小川町議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月29日−一般質問−04号 事例は余りないようですが、鎌倉市で鎌倉リビングラボが住宅団地の今泉台地区で行われていることを承知しております。鎌倉市の中でも高齢化の進む住宅団地であり、高齢者の使いやすい商品やサービスの開発、長寿時代にふさわしい新たな働き方、生き方、社会のあり方の提案につながることが期待されているようでございます。   次に、(2)の③、④についてですが、関連がございますので一括で答弁いたします。 もっと読む
2018-06-25 上尾市議会 平成30年  6月 定例会-06月25日−委員長報告・討論・採決−07号 委員から、条例案等資料の2ページ、2、内容の(3)、固定資産税について、先端設備等導入計画や固定資産税の特例における審査、申請の流れはとの問いに対し、市が策定する導入促進基本計画に沿った先端設備等導入計画を中小事業者等が立て、それに基づき、認定経営等支援機関がその内容を確認し、さらに導入した設備の生産性が年平均1%以上向上することを工業会で証明を受けた上で、市に申請をするという流れであるとのことであります もっと読む
2018-06-21 新座市議会 平成30年第2回定例会-06月21日-10号 △陳情第3号 独立行政法人都市再生機構法第25条第4項「家賃の減免」実施と居住者合意の「団地別整備方針書」策定に関する意見書提出を求める陳情書 ○議長(島田久仁代議員) 日程第16、陳情第3号 独立行政法人都市再生機構法第25条第4項「家賃の減免」実施と居住者合意の「団地別整備方針書」策定に関する意見書提出を求める陳情書を議題とし、総務常任委員会委員長の報告を求めます。   もっと読む
2018-06-20 川越市議会 平成30年第3回定例会(第14日・6月20日) 本文 川越工業団地は、昭和四十八年から五十五年にかけて、市街地に混在する企業の再配置を目的に造成、整備されました。その後、平成十九年に埼玉県が田園都市産業ゾーン基本方針に基づく産業基盤づくりの先導モデル地区として選定した川越第二産業団地が平成二十一年に造成、整備されました。   もっと読む
2018-06-20 越谷市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−07号 次に、工業系土地利用検討の経緯と県企業局との関係はに対し、平成23年度から始まる第4次越谷市総合振興計画及び都市計画マスタープランの策定に伴い、新たな工業系土地利用の検討を開始した。平成26年度に本市の企業立地方針を策定し、平成28年度には県企業局による予備調査、平成29年度には可能性調査が実施されたことにより、県企業局と本市が連携した産業団地整備の実現に向けた取り組みが始まった。 もっと読む