7691件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川越市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第33日・3月25日) 本文

消費税とセットで進められようとしている幼児教育無償化により、今でさえ足りない保育等の需要に新たな需要も見込まれる状況が想定をされます。保育士や介護など福祉現場で働く人を抜本的にふやす取り組みが急務であります。この点については、非正規職員の待遇改善とあわせて取り組むべき課題であると申し上げておきます。  市内産業の状況はどうでしょうか。市内事業所は減る傾向が続いています。

春日部市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会−03月14日-11号

専門性、継続性が求められる学童保育に指定管理者制度はなじみません。市が直接運営すべきです。少なくとも、保育の質が低下することがないよう、これまで以上に市がしっかり関与することを求めます。生活保護のケースワーカーが引き続き不足しています。さまざまな困難を抱える利用者一人一人に丁寧な対応ができる人員を早急に確保すべきです。国が生活保護基準を引き下げ、健康で文化的な生活が遠のいています。

狭山市議会 2019-03-14 平成31年  3月 定例会(第1回)−03月14日-08号

次に、議案第8号 狭山市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について申し上げます。  狭山市内において、居宅で保育を行っている事業者はあるのかとの質疑に、現在のところ狭山市には居宅で保育を行っている事業者はないとの答弁。  他にさしたる質疑なく、採決の結果、総員をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  

川越市議会 2019-03-12 平成31年 文化教育常任委員会 会期中(第1日・3月12日)本文

29 教育総務部副部長兼教育財務課長 学童保育室につきましては、今回は保育室の施設整備の工事を幾つか予定をしていたんですが、当初予定していた工事ではなくて、工事をしなくてもよい保育室の教室を確保することができましたので、工事は二学童保育室はしなくても済んだんですが、一つの学童保育室については、やはり転用先が見つからなかったもので、その分ちょっとできなかったところが

川越市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第15日・3月7日) 本文

まず、表題一の臨時保育士、学童指導員等の非正規職員の処遇改善についてでございますが、この間の取り組みについて伺わせていただきました。  この三年間の間に賃金は二十円、さらには三十円、平成三十年度からは、こうした賃金が時給換算で引き上がりまして、また休暇面においても、短期の介護休暇が平成二十九年度から、また子育て休暇の付与など改善されたということです。

狭山市議会 2019-03-07 平成31年  3月 定例会(第1回)−03月07日-07号

A学童保育室の待機児童はすぐに解消できるのか。  保育児童が多くなれば、学童保育室へ入る児童が多くなるのは当たり前です。しかし、整備がおくれて、1年生すらも待機児になっているという現象すらあります。できれば兄弟で入室したいと親が願っても、無理な状況もなかなか変わりません。すぐにでも待機児童をゼロにしていただきたい。  (3)奨学金。  

川越市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第14日・3月6日) 本文

正規保育士に占めるこのフルタイム臨時保育士の割合というのは四二・九%となっています。平成二十五年四月一日と比較しますと十一人減っています。学童保育指導員は平成三十年四月一日で百六十九人、パートタイム指導員を含めると百七十八人となり、学童保育指導員の最長勤続年数は三十五年となっています。

狭山市議会 2019-03-05 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月05日-05号

ぜひとも早期の保育所の待機児童の解消に向けての取り組みをお願いしたいと思います。  続きまして、2項目めとして、学童保育室の待機児童対策について伺いたいと思います。学童保育室は保育所と違い、小学校単位で設置されることから、市全体の定員数は確保されていたとしても、学校ごとに希望者が多くなれば待機児童が生じてしまいます。

川越市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第13日・3月5日) 本文

一点目に、連休中の保育ニーズの対応について、市はどのように考えているのか。また、国の動向はどうなっているのかお尋ねします。  二点目、連休中の学童保育について、市はどのような対応を考えているのかお尋ねします。  痛ましい事件が後を絶ちません。三点目に、連休中に児童虐待が起きた場合などは、市はどのような対応を考えているのかお尋ねします。  

春日部市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会−03月05日-06号

2点目、子供たちの元気、働く市民の安心を守れる学童保育事業をということで質問いたします。12月議会において市の放課後児童クラブ、学童保育事業は、民間企業である株式会社トライグループが指定管理者として、この4月から5年間運営することが決定されました。

川越市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第12日・3月4日) 本文

四点目として、本に親しむ場として公民館、学童保育所、保育園、児童館、それぞれにおける蔵書の状況についてお伺いをいたします。  五点目として、図書館における事業実施に当たってボランティアの活動状況についてお伺いをいたします。  六点目として、参考までに、子育て中の保護者が乳幼児の子供にスマートフォンなどの電子機器に頼った育児をする影響としてどのようなことが考えられるのかお伺いいたします。  

蓮田市議会 2019-03-01 平成31年  3月 定例会

次に、議案第14号「蓮田市保育園設置及び管理条例の一部を改正する条例」につきましては、「東保育園の定員が65人に増えたことで、職員の配置はどうなるのか。また、増員はあるのか」との質疑に対し、「職員につきましては、今の体制のままとなります。増員はありません」との答弁がありました。  

春日部市議会 2019-03-01 平成31年 3月 1日厚生福祉委員会−03月01日-01号

        川村 こども政策課長         名倉 こども相談課長         粂原 保育保育所担当課長       【健康保険部(6名)】         折原 健康保険部長         宗広 健康保険部次長(兼)健康課長(兼)健康福祉センター所長         高山 健康保険部参事(兼)国民健康保険課長         島田 健康課健康づくり担当課長(兼)保健センター所長

ふじみ野市議会 2019-03-01 平成31年   3月 定例会(第1回)

3点目に、民間保育所の保育士の処遇が不十分であります。4点目に、お出かけサポートタクシーの改善がなされていないわけであります。5点目に、フットサルコート、テニスコート使用料に小・中学生、高校生の重い負担、そしてまた空き家対策と市独自の住宅予算が不十分であります。7点目に、外国人居住者における市内案内に英語、中国語、韓国語などの表示が十分になされていない。

狭山市議会 2019-02-28 平成31年  2月 文教厚生委員会(第1回)−02月28日-02号

次に、3目学童保育室についてご説明いたします。1番民間学童保育室支援事業費は、市内の民間学童保育室に対する運営委託料及び事業費補助金であります。2番公立学童保育室管理事業費は、公立の学童保育室の管理運営に係る経費を計上したものであります。7−1臨時職員賃金は、9ヵ所の公立学童保育室を運営する補助員16名分の賃金であり、7−2嘱託職員賃金は、放課後児童支援員32名分の賃金であります。  

狭山市議会 2019-02-28 平成31年  2月 建設環境委員会(第1回)-02月28日-02号

本案は、別冊参考資料右側案内図に記しました、狭山市駅東口土地区画整理事業区域の南東側において行われた祇園保育所整備に伴い設置された通路が、換地処分により位置等が確定したことから当該通路を市道路線として認定いたしたくご提案するものでございます。  それでは、ご提案をいたします路線の概要につきましてご説明申し上げます。  3ページ左側、市道路線認定位置図をごらんいただきたいと思います。  

狭山市議会 2019-02-28 平成31年  2月 総務経済委員会(第1回)−02月28日-02号

5番学童農業体験事業費は、子どもたちが農業体験を通じ、農業の大切さを実感してもらうよう、保育所、幼稚園、小中学校が取り組む農業体験事業を支援するものであります。  4目農地費中、1番農業施設管理事業費は、土地改良事業により整備された施設の適正な維持管理を目的とした事業に要する経費であります。  次に、224ページ、225ページをお願いいたします。  

草加市議会 2019-02-26 平成31年  2月 定例会-02月26日-03号

次に、待機児童対策同様、保育士確保のための処遇改善も以前から大きな課題であります。草加市は東京都に隣接しており、東京都の保育士処遇改善策の影響をまともに受け、公立、民間保育所ともに保育士確保には大変苦労しているとのことであります。  ただ、そのような中でも市独自の保育士処遇改善策を行っている、東京都に隣接する戸田市のような自治体はたくさんあります。  

川越市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第6日・2月26日) 本文

続きまして、学童保育室の整備についてであります。  入室児童の増加に伴い狭隘化している施設の整備、老朽化施設の改修を行い、保育環境の改善を図るというふうにありました。日本共産党議員団は、長田議員が一般質問したり、私もそうした保護者や指導員のさまざまな個々の要望を伺いながら改善に努めてまいりました。