102件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

戸田市議会 2018-06-25 平成30年 6月定例会(第2回)−06月25日-09号

53号 平成30年度戸田一般会計補正予算(第2号) 討論、採決 1.市長提出議案第54号 平成30年度戸田海外留学奨学事業特別会計補正予算(第1号)、市長提出議案第55号 戸田高齢者総合介護福祉条例の一部を改正する条例、市長提出議案第56号 戸田家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例 一括討論、一括採決 1.市長提出議案第57号 戸田副市長の選任について

八潮市議会 2018-06-15 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月15日−03号

平成28年度の決算において、普通会計ベースで税収入の歳入に対する割合が本においては54.4%であるのに対し、県内市町村平均が45.4%となっており、本が県内市町村で一番高い割合となっている、また、本市の税収の傾向として、法人市民税や固定資産税の割合が高いとのご答弁がございました。八潮税の税率については、県内同水準であり、決して高くないという認識でよろいしでしょうか。

秩父市議会 2017-12-13 平成29年 12月定例会-12月13日−一般質問−04号

秩父がほかと比べて医療費の助成内容が劣っているわけではありません。厳しい財政状況の中、市長にご決断をいただき実現できたことも多くの方が感謝をしております。   しかし、県北を見ると、ことし、深谷が新たに加わりました。寄居町、熊谷、長瀞町、皆野町、横瀬町、小鹿野町、東秩父村、既に18歳年度末までの無料化となっています。

越谷市議会 2017-12-01 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月01日−議案説明−01号

の認定について 1 越谷特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定につい   て 1 平成29年度越谷一般会計補正予算(第3号)について 1 平成29年度越谷国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について 1 平成29年度越谷後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について 1 平成29年度越谷介護保険特別会計補正予算(第2号)について 1 平成29年度越谷都市計画事業西大袋土地区画整理事業費特別会計補正予算

上尾市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会-09月13日−一般質問−06号

ことし4月に、会派で視察をしました伊丹では、「「読む・書く・話す・聞く」ことば文化都市伊丹」を標榜し、文科省の教育課程特例校という制度を利用し、市内全小学校の小学3年生から6年生で週に1時間、年間35時間、伊丹教育委員会が独自に設定したことば科という教科を設置をしているということであります。   

坂戸市議会 2017-09-12 平成29年  9月定例会(第3回)-09月12日−一般質問−04号

5つ、今回の坂戸防災マップの活用促進について伺います。   2つ目は、本市の商業の活性化についてお伺いをします。本市商業の活性化、特に中心市街地の活性化は本の死活問題であり、現状分析と今後の方針の抜本的確立が待ったなしの課題であると考えます。近年、幾つかの商業施設の撤退があった中で、坂戸はどうなってしまうのか、はどのような施策を持っているのか、こういう声が続いているのが実態であります。

三郷市議会 2017-09-01 平成29年  9月 定例会-09月01日−01号

に係る主要な施策の成果に関する報告書 報告第22号 平成28年度三郷介護保険特別会計決算に係る主要な施策の成果に関する報告書 報告第23号 平成28年度三郷後期高齢者医療特別会計決算に係る主要な施策の成果に関する報告書 報告第24号 平成28年度三郷健全化判断比率に関する報告書 報告第25号 平成28年度三郷公共下水道事業特別会計の資金不足比率に関する報告書 報告第26号 平成28年度三郷上水道事業特別会計

富士見市議会 2017-06-13 平成29年  第3回 定例会-06月13日−一般質問−06号

親が離婚しても、両親と継続的に交流することが子の利益になるのだから、親はその責任を果たすべきという考えがある一方で、父母間の対立が激しく、家族関係に問題を抱える親子については、子の心身に深刻な影響を与えてしまう危険性があることや、今年4月に兵庫県伊丹で面会交流の際に父親が無理心中を図り、子どもが殺害される事件が起きるなど、その判断には慎重な検討が必要です。

富士見市議会 2017-02-22 平成29年  第1回 定例会-02月22日−議案質疑・討論・採決−05号

長   星  野  光  弘      副  長   奥  村  敬  一  総 務 部長   大  熊  経  夫      総 合 政策   島  田  臣  己                          部   長  自 治 振興     川  信  男       民 生活   松  田     豊  部   長                   部   長  子ども未来   

草加市議会 2017-01-27 平成29年  1月 議会改革特別委員会-01月27日-01号

一つは、ちょっと遠いんですけれども、兵庫県伊丹で、ここもフラットな形でコンサートに活用しております。あと千葉県成田、こちらですと演奏会、あと兵庫県宝塚なんですが、こちらのほうですと講演会とかレクチャーに使用しております。あとちょっと遠いんですけれども、熊本県菊池のほうでは、学校の子ども議会として活用しております。それが重立ったところ、フラット形式ではそういうところですかね。  

鴻巣市議会 2016-12-12 平成28年 12月 定例会-12月12日−一般質問−05号

ことしの1月なのですけれども、鴻創会で伊丹に行政視察に行きました。内容は、ことばの文化都市伊丹でございますが、伊丹が平成17年に全国学力・学習状況調査の結果、国語が全国平均よりも下回っておりました。詳しく調べていくと、特に書く力に課題があったということがわかりました。そこで、全小学校で独自の科目、ことば科を創設いたしました。

春日部市議会 2016-09-13 平成28年 9月定例会−09月13日-09号

さて、改めて本の状況を見てみますと、春日部は昭和29年に埼玉県東南部で初のとして市制施行をし、現在では旧庄和町との合併から11年たち、現在23万6,000人を有するとなっております。昭和41年には武里団地に入居が開始されるなど、昭和40年代、50年代には本は急速に人口増加が進んでまいりました。それに合わせるように、昭和40年代、50年代には多くの公共施設やインフラの整備が進みました。

春日部市議会 2015-06-11 平成27年 6月定例会-06月11日-05号

それで、の対応をお尋ねいたしますけれども、実際には、この生活保護については、春日部を通して申請し、そして春日部を通じて、さまざまな給付を受けておりますから、このの窓口がどういう対応をするのかということが本当に重要になってくると思います。