2391件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-08 草加市議会 平成31年  2月 定例会-03月08日-07号 不納欠損額は、平成28年度2億5,161万1,000円で、平成29年度では3億5,961万5,000円となっております。  納税率向上に向けても平成28年度、我が会派の代表質問の中でも税制改正による取り組みで延滞税の引き下げが実行され、さらには人員増員によりさらにきめ細やかに進めることが必要とされ、職員の増員も行われております。  税の公平性の観点からも大変重要な取り組みでございます。 もっと読む
2019-03-04 新座市議会 平成31年 3月厚生常任委員会−03月04日-03号 それで、どうしても取れない場合は不納欠損になるのですけれども、国民健康保険と違って決まった額を広域連合に納めなければいけないということではないのです。こちらで納めた分を広域連合にそのまま納付するという形ですから、必ず幾ら納めなければいけないということではなくて、税率に従って課税をして、九十何%の収納率で取れたものについて広域連合に納付するという形になっております。       もっと読む
2019-03-01 新座市議会 平成31年 3月厚生常任委員会−03月01日-02号 また、滞納繰り越し分につきましては、30年度の収入未済額の見込みと前年の不納欠損額の状況を勘案して積算したものです。収納率につきましては、平成29年度決算収納率90.81%と同率で見込んでおります。減額の主な要因につきましては、被保険者数の減少によるものでございます。   もっと読む
2019-03-01 新座市議会 平成31年 3月総務常任委員会−03月01日-02号 ですから、こういうところを徴収していけば多少税収アップが図られるので、こういうところをしっかり徴収率向上のために、大変ですけれども、一生懸命こういうところを拾っていかないと、最終的に不納欠損処分になってしまうのは本当にもったいないことなので、この2つは一生懸命、極力徴収をするように頑張ってください。  続いて、13ページです。 もっと読む
2019-02-28 新座市議会 平成31年 3月総務常任委員会-02月28日-01号 だから、車がもうなければ不納欠損処分をしてもいいと思うのですけれども、実態がこれどうなっているのか。滞納の調定見込み額の1,555万3,000円の所有者が車なり、バイクなり、今どこにどういうふうに存在していて、市は徴収をしているのかというのを聞きたいのです。ちょっとまたその辺を詳しく教えてください。   もっと読む
2019-02-27 川越市議会 平成31年第1回定例会(第7日・2月27日) 本文 債権には、大きく分けて市税であったり、国保税であったり、そういった公債権と、今回の議案のような市営住宅使用料、あるいは給食費であったり、そういった私債権というんでしょうか、その二つに分かれて、一定の消滅時効期間が経過をして、なおかつ生活保護法による保護を受けていたりとか、今後の返済能力がない、そういう判断ができる場合は不納欠損として自動的に債権が消滅する、いわゆる公債権と異なって、私債権の場合は、自動的 もっと読む
2019-02-27 狭山市議会 平成31年  2月 建設環境委員会(第1回)−02月27日-01号 75節貸倒引当金繰入額は、水道料金等の翌年度以降の不納欠損による損失に備えるものであります。  6目減価償却費は、建物や設備、配水管等の構築物などの減価償却費を計上したものであり、7目資産減耗費の1節固定資産除却費は、配水管や淨配水施設の改良工事に伴う資産の除却費用を計上したものであります。   もっと読む
2018-12-11 川口市議会 平成30年12月定例会 埼玉県川口市議会-12月11日−03号 現在、特別債権回収課の設置により債権の適正な管理に力を入れていることから、適切な不納欠損等の手続を行うべく準備を進めているところでございます。債権管理条例の制定につきましても、適切な手続の庁内での整備状況も踏まえて制定できるよう、他自治体の条例制定の状況とそれぞれの特徴の把握に努め、引き続き検討を進めて参ります。  以上でございます。 もっと読む
2018-11-29 川口市議会 平成30年12月定例会 埼玉県川口市議会-11月29日−01号 次に、第3款「民生費」に関係する歳入を議題といたしましたところ、保育所児童保護者負担金にかかわり、不納欠損の件数及び1件当たりの最高額について等、質疑応答の後、「民生費」に関係する歳入に対する質疑を終了いたしました。   もっと読む
2018-10-19 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-10月19日−07号 ただ、一般会計歳入の不納欠損額においては5年連続減少傾向から、平成29年度決算では8億8,000万円と増加になっていることは指摘させていただきます。  また、歳出における不用額は139億円となっておりますが、予算執行においては、限られた財源の中で効率的な執行を心がけ、経費節減に努めた結果の不用額と判断いたしました。 もっと読む
2018-10-18 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-10月18日−06号 また、一般会計歳入の不納欠損額においては、5年連続の減少傾向だったものが、平成29年度決算では増加になっており、適正な債権管理が求められる。 もっと読む
2018-10-03 白岡市議会 平成30年  第3回( 9月)定例会-10月03日−委員長報告・討論・採決−06号 まず、委員から「所在不明や出国により不納欠損処理した件数はあるのか」との質疑に対し、「地方税法第15条の7に基づく所在財産不明者は6人で、19万5,400円、同法第18条に基づく執行停止中に消滅時効となった所在不明者は7人で、14万200円、5年間で消滅時効となった所在不明者は22人で、84万6,000円である」との答弁がありました。    もっと読む
2018-09-28 狭山市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月28日-07号 市民生活の面では、個人市民税、法人市民税とも伸びが見られる一方で、法人不納欠損額が増加するなど、格差の一端がかいま見えます。  市民の平均所得は、昨年度の286万円からわずかにふえて289万円となっていますが、物価高や、社会保障費の負担感は強く、市民が景気回復を実感するには至っていないというのが、率直な実態ではないでしょうか。   もっと読む
2018-09-28 朝霞市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月28日−06号 次に、不納欠損の状況についての質疑に対して、法人市民税に関しては182万8,600円で35件になり、個人市民税は6,120万6,995円で1,116件になります。全体では9,223万5,410円で2,045件になります。前年に比べ、合計で1,734万2,076円の減ですとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-28 蕨市議会 平成30年第 4回定例会−09月28日-06号 不納欠損に至る判断基準及び時効について。不納欠損に至った方のその後の状況把握について。納税義務者に占める外国人の割合について。外国人の納税状況の把握に対する見解及び近隣市における同様の状況把握について。  第2項固定資産税に関しては、本市の土地の平米単価が高い理由について。税額の最も高い額と平均の額について。  第4項市たばこ税に関しては、加熱式たばこの喫煙エリアなどの取り扱いについて。   もっと読む
2018-09-27 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  9月 決算特別委員会-09月27日−02号 第6表、不納欠損額比較表をごらんください。  不納欠損額につきましては、表の右下になりますが、前年度対比で8,731万円、11%増加しております。  続きまして、6ページをお願いいたします。  第7表、収入未済額比較表をごらんください。   もっと読む
2018-09-26 桶川市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月26日−07号 また、そういう状況の中、一般被保険者滞納繰り越し分、この不納欠損も29年度約180万円、こういうところからも、払いたくても払えない、そういう現状が浮き彫りにされているのではないかと思います。これを解決させる大きな手としては、一般会計からの繰り入れ、これを強化するべきではないかと思いますが、ここ数年、規模としては、いろんな理由をつけて変わっていないというようなこともあります。   もっと読む
2018-09-26 戸田市議会 平成30年 9月定例会(第3回)-09月26日-07号 次に、認定第10号平成29年度戸田市介護保険特別会計歳入歳出決算認定につきましては、委員から、歳入の介護保険料の不納欠損額の詳細について質疑があり、執行部から、生活保護受給者と老齢福祉年金を受給している世帯全員が住民税非課税である方が対象となっている第1段階においては、286人の滞納により892万6,000円が不納欠損となっているが、第4段階以上では377人、2,106万2,100円が不納欠損となっているとの もっと読む
2018-09-21 小川町議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月21日−委員長報告、質疑、討論、採決−07号 そして、一方、開設不能になったゴルフ場などの未納については、結局1億4,439万円もの不納欠損額を出してしまっています。なぜ広大な土地を保有していたそこに、それこそ差し押さえで、土地を町の保有にしておく対策をどうしてとれなかったのか不思議です。   第2に、自衛官募集のお手伝いをしていることです。 もっと読む
2018-09-20 川越市議会 平成30年 総務財政常任委員会 会期中(第1日・9月20日)本文 43 近藤芳宏委員 少し時間をいただいて議論させていただいているわけなんですけれども、まさにそこが予算も議会で議決されてその予算を執行する、その結果、決算を認定と、こういう形になるわけですけれども、当然、当初の予算に対して補正予算であったり、調定額であったり、不納欠損、収入未済額ということで、この数字上ではお示しいただいておりますので、そういう面からしますと もっと読む