運営者 Bitlet 姉妹サービス
547件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-01 新座市議会 平成31年 3月厚生常任委員会−03月01日-02号 やはりオリンピック、あとは31年度には他市でラグビーとかが行われるというようなところで、そういうオリンピックが行われると考えられる、この辺では朝霞市、和光市も一緒に集まったような、そういう協議会のほうがございまして、そちらで、埼玉県の今の取り組みとしては埼玉県受動喫煙防止対策実施施設等認証制度というのがございまして、それは例としては駅周辺からオリンピックが行われる会場までの間で食事とかを提供するお店 もっと読む
2018-12-13 蕨市議会 平成30年第 5回定例会-12月13日-04号 2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック・パラリンピックと、日本が国際舞台になる年が続きます。それに合わせるかのように、改正健康増進法に基づく、受動喫煙防止法が2018年7月に成立。2020年までに、段階的に受動喫煙防止対策が講じられることになりました。2019年夏ごろまでに、学校、病院、行政機関などで施行。 もっと読む
2018-12-12 蕨市議会 平成30年第 5回定例会-12月12日-03号 小学校では、タグラグビーということで、来年ワールドカップのラグビー大会がありますけど、既に2年前から取り組んで、各学校でも既に授業の中でも取り組んでいるというところもあります。ワールドカップだけじゃなくて、オリンピックでもラグビーはありますので、そういった意味では非常に子どもたちにとっても刺激になるのかなというふうには思っております。   もっと読む
2018-09-19 新座市議会 平成30年第3回定例会−09月19日-09号 熊谷市では、暑さ対策プロジェクトの一環として階段アートを行っていますが、先ほどのラグビーの作品を拝見して、オリンピック・パラリンピックの気運醸成の機会と捉え、市民や学生から作品を応募することによりオリンピックをより身近に感じることができるのではないだろうかと思って提案いたしましたので、お伺いをいたします。  (2)、五輪支援自販機について。 もっと読む
2018-09-07 新座市議会 平成30年 9月文教生活常任委員会-09月07日-03号 ラグビーに関しましては、国語科や道徳科の中でラグビーワールドカップ、オリンピック・パラリンピック両大会の歴史や競技種目に関するテーマや題材を積極的に取り入れていくということで、こちらについてはまた今後教育課程に入れていくという部分で、今後の取り組みになっていくことかと思います。 もっと読む
2018-09-06 戸田市議会 平成30年 9月定例会(第3回)−09月06日-05号 ソフトボールや野球、テニス、ラグビー、サッカー等の利用も多いと思いますし、バーベキューや釣りを楽しむ方もいますので、喫煙する人も楽しめる施設にしていただきたいと思います。   もっと読む
2018-09-06 新座市議会 平成30年 9月文教生活常任委員会−09月06日-02号 細々目38次代に語り継がれるレガシー創出事業ですが、県の次代に語り継がれるレガシー創出事業の委託を受け、研究校として委託を受けた栄小学校において、ラグビーワールドカップ2019及び東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を通じて、主体的・対話的な学びを深められる教育プログラムに取り組んだものでございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-06-25 川越市議会 平成30年 2020年東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会 会期中(第1日・6月25日)本文 東大阪のほうは、もうラグビーのまちとして有名で、もう小学生ぐらいからチームがあって、どの年齢の人もやっていて、もうまちにラグビーというものがかなり定着していて、今さら機運醸成とか、そういうことはするまでもなくみんなが大好きで、みんながやったことがあるスポーツなんだよということが改めて視察させていただいてわかって、そういうふうにまち全体で取り組んでいけたら、川越の場合はゴルフになるのかなと思うんですが もっと読む
2018-06-21 新座市議会 平成30年第2回定例会-06月21日-10号 本市は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の射撃競技の会場であることから、国際的なスポーツイベントであるラグビーワールドカップ2019の開催を控える熊谷市の取り組みについて視察いたしました。  視察の内容につきましてはお手元の報告書のとおりでございますが、まとめまして若干報告させていただきます。   もっと読む
2018-06-19 上尾市議会 平成30年  6月 定例会-06月19日−一般質問−06号 いよいよ来年は、ラグビーワールドカップ、2020年には、昭和39年、1964年以来、実に59年ぶりの歴史的祭典、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が始まります。国を挙げてのビッグイベントが開催され、そのための環境整備が急ピッチで進められております。埼玉県でも既に競技種目も決定しており、埼玉の魅力を全国、世界に発信できる絶好の機会になるものと期待されています。    もっと読む
2018-06-19 秩父市議会 平成30年  6月定例会-06月19日−一般質問−04号 「2019年にラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピックが開催されることに伴い、来日する外国人観光客が今後増加することが予想されます。この機会を捉え、秩父市にもより多くの外国人観光客を誘致するための政策を行っております。まず、町なかの観光案内板について、古く傷んだものは張りかえを予定しておりますが、その際には英語、中国語、韓国語を併記した統一デザインのものに改修します。 もっと読む
2018-06-19 蕨市議会 平成30年第 2回定例会-06月19日-05号 ◎松本隆男 教育長  実際に東京2020オリンピック関係の県からの文書につきましては、大きく分けて4種類ございまして、学校が応募するもの、具体的には教育プログラムの開発とか、タグラグビー研修会モデル授業の実施とか、ポスターの募集等々のものが1つ。  2点目は、マスコット投票に関する、これは全校小学校のほうで実施しましたけれども、それが2点目でございます。   もっと読む
2018-06-15 蕨市議会 平成30年第 2回定例会−06月15日-03号 そういう意味では、今回は来年のラグビーワールドカップのボランティア募集に県からも参加されると聞いておりますので、まさに蕨市のこの取り組みは理にかなった事業だと思われます。  先進的事業として視察に来たいという市もそろそろあるのではないでしょうか。この発展的成功にはニーズもさることながら、小さな市だからこそ、きめ細やかに対応ができたよさも発揮されているかと思います。   もっと読む
2018-06-14 新座市議会 平成30年第2回定例会−06月14日-06号 東京2020オリンピック・パラリンピック特別委員会のほうで、熊谷市に視察に行ったときに、1度しかないラグビーワールドカップといった話で、「1度しかない」というキャッチフレーズが使われていたのです。 もっと読む
2018-06-11 白岡市議会 平成30年  第2回( 6月)定例会-06月11日−一般質問−02号 また、埼玉県では、熊谷市がラグビーワールドカップ2019の会場ともなっており、不足する宿泊施設の確保の観点からも、国の方針に沿って民泊を推進する方向です。しかし、それぞれの自治体で、この民泊に関しては、危機感を持ってしっかり考えていかなければならないことも事実です。   まず、白岡市としては、この民泊をどのように捉えているのかお伺いいたします。 ○藤井栄一郎議長 髙澤市民生活部長。         もっと読む
2018-06-08 杉戸町議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月08日−一般質問−04号 10なもので、ちょっと私も調べましたので、埼玉県としましては熊谷スポーツ文化公園ラグビーの聖地化プロジェクト、また埼玉の魚影豊かな川づくり推進計画、森林技術者の確保育成計画、米・麦・大豆の優良種子生産体制強化プロジェクト、熊谷市はラグビーによるまちづくり事業、所沢市は住んでみたい・訪れてみたいまち所沢プロジェクト、飯能市が森林文化都市はんのう魅力ある都市回廊空間づくりのためのブラッシュアッププロジェクト もっと読む
2018-06-04 鴻巣市議会 平成30年  6月 定例会-06月04日−一般質問−04号 これは、昨年2月に首都圏中央連絡自動車道の全線開通に伴い、都心部を経由せずに成田空港に直接アクセスすることが可能となったことから、発着地である熊谷市を初め経由地の近くにお住まいの方々の利便性の向上と、平成31年度に開催されるラグビーワールドカップ熊谷会場への外国人観光客の交通の手段として運行したいとのことでした。    もっと読む
2018-05-18 秩父市議会 平成30年  5月臨時会-05月18日−議長選挙・副議長選挙・議案説明・質疑・討論・採決−01号 まず、海外戦略担当について、どのような部署かということでございますが、ご存じのとおり2019年にはラグビーのワールドカップ、また2020年には東京オリンピック・パラリンピックが日本で開催されるということで、訪日外国人の増加が大変な数字が予想されております。 もっと読む
2018-03-20 鴻巣市議会 平成30年  3月 定例会-03月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−08号 2019年には、ラグビーワールドカップが、翌2020年には、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、これを契機とした共生社会の実現を次世代に残し、また、政府の一億総活躍社会の実現を具体化するため、東京のみならず全国各地の一層のバリアフリー化が進められる必要があります。そのためには、バリアフリー法を改正し、制度面から地域の抱える課題の解決を目指すことが不可欠です。    もっと読む
2018-03-19 新座市議会 平成30年第1回定例会-03月19日-14号 レガシー創出事業については、ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピックそのものが非常にかけがえのない財産をつくる機会と捉えている。学習体験を通してスポーツへの興味、関心が高まる。さらに、我が国の伝統文化や異国文化交流を通して学び、無形のレガシー創出ということで次世代に語り継ぐという内容です。  質問。352ページ、353ページ、コミュニティ・スクール推進。 もっと読む