運営者 Bitlet 姉妹サービス
6736件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-04 新座市議会 平成31年 3月厚生常任委員会−03月04日-03号 配点方法も若干変わっている部分がございますので、そういった部分の上限もあるのですが、大きく得点のできなかったところといたしまして、がん検診の受診率につきまして、31年度では基準を満たさなかったところから得点を失ったところでございます。 もっと読む
2019-03-01 新座市議会 平成31年 3月厚生常任委員会−03月01日-02号 次に、細々目03がん検診でございます。平成30年度実施していたがん検診推進事業によるクーポン券の郵送は行わず、さらに受診率の向上に効果的な受診勧奨として6面刷り圧着はがきを作成し、郵送するものです。 もっと読む
2019-02-28 新座市議会 平成31年 3月総務常任委員会-02月28日-01号 結局基準財政需要額で国が見ているところ、例えば新座市が独自で行っている子ども医療費の無料化の部分であるとか、がん検診の無料化であるとか、そういった部分は需要額には算定されていないわけですよね。ですから、当然その分は交付税として入ってこないわけですし、やはり財政の健全化方針まで立てて改善していくわけですから、非常に厳しい道のりだとは思いますが、やはりしっかり対応、特に早急にしていくべきかなと。 もっと読む
2019-02-28 新座市議会 平成31年 3月厚生常任委員会−02月28日-01号 それから、国の指針に沿ったがんの検診率、今30年度途中ですけれども、前のでも結構ですので、過去でも結構ですので、ぜひ受診率をお願いしたいと思います。そのときにあわせて国の平均、また県の平均がわかれば、また近隣3市の平均がわかれば、あわせてお願いしたいと思います。 ○石島陽子 委員長  ほかに資料要求のある方。       もっと読む
2018-12-19 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−05号 初めに、肺がん検診につきましては、健康増進法に基づく健康増進事業として、国のがん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針に基づき、保健センターにおいて、胃がん検診と同日に集団検診として実施しております。   もっと読む
2018-12-18 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−04号 このシステムにおいて、未受診者と分類されている方の中には、新生物、いわゆるがんや精神疾患などで入院されていて、健診を受診することが困難な方の高額な生活習慣病などに係る医療費が含まれているため、的確に比較することは難しいと考えております。   もっと読む
2018-12-17 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−03号 具体的には、健康マイレージにおいて、より多くの方に関心を持って参加していただけるよう、市が実施するがん検診や健康講座、体操教室、健康イベント等に参加した場合にも、新たに市の独自ポイントを付与する仕組みの導入について検討しているところでございます。   もっと読む
2018-12-13 新座市議会 平成30年第4回定例会−12月13日-08号 膵臓がんの検診の無料化についてです。近年膵臓がんの死亡数は部位別で第5位となっています。また、膵臓がんと診断された場合の5年後の生存率は7%と、がん患者の中では最も低い値となっています。膵臓がんの無料検診を実施している自治体もふえています。市の無料がん検診に膵臓がんを加えてくださいという質問です。 もっと読む
2018-12-12 新座市議会 平成30年第4回定例会−12月12日-07号 2番目は、子宮頸がんワクチンの副反応についてです。市のホームページに掲載されているワクチンの副反応についての記述を見て驚きました。これだけ全国的に問題になっているのに、子宮頸がんワクチンの副反応はほかのワクチンよりも軽いと受け取れるような内容です。事実をしっかりと伝える内容に変更すべきです。  これは、市のホームページを見ましたら、こう書いてあるのです。 もっと読む
2018-12-07 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月07日−議案質疑−05号 わかることは、基準に従って甲状腺がんに罹患しないようヨウ素剤を投与するというところだけはわかりました。我々は原発に対して、距離が離れているとか、よくわからないからとかということで関係が薄いように思っていますけれども、お帰りになったら、ぜひ市の防災計画、資料88をお読みになってください。恐ろしいという実感を私は持っています。   委員会の議論の中で、国の所管という一点もありました。 もっと読む
2018-12-05 新座市議会 平成30年12月文教生活常任委員会−12月05日-01号 それから、新入学の学用品費に関しては、これはやたらがんとふえたわけではなくて、内容はよくわかりました。ということは、ことしお聞きすると3月16日に支給をしたということで、それまでは4月に入ってからの支給でしたから、4月に入ってからでないともらえないという保護者がきっと多かったのだと、そういうことなのかなと思いました。 もっと読む
2018-12-04 蕨市議会 平成30年12月環境福祉経済常任委員会−12月04日-01号 疾患としては、がんや心疾患が多くなっている。  以上、質疑応答後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく、本会議において原案のとおり可決すべきものと決しました。 上記のとおり相違ありません。 平成30年12月 4日 環境福祉経済常任委員会        委員長  梶 原 秀 明... もっと読む
2018-11-29 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-11月29日−議案説明−01号 予防事業及びがん検診事業につきまして、上半期の実績等を踏まえ増額をお願いするものでございます。   恐れ入りますが、1ページ飛びまして、27ページをお願い申し上げます。中段の8款2項2目道路維持費につきましては、維持補修事業及び交通安全施設設置事業の工事費を増額するものでございます。   次に、28ページをお願い申し上げます。 もっと読む
2018-09-28 蕨市議会 平成30年第 4回定例会−09月28日-06号 がん検診における40代、50代の受診率向上への取り組みについて。20歳の歯科疾患予防推進事業の受診率向上への取り組みについて。  第3目母子衛生費に関しては、乳児家庭全戸訪問指導の実施状況及び訪問体制について。妊婦等音楽鑑賞会事業の参加者数とその内訳及び費用対効果について。  第5目環境対策費に関しては、路上喫煙禁止路面シートの設置数と設置箇所について。 もっと読む
2018-09-27 新座市議会 平成30年第3回定例会−09月27日-13号 70歳から74歳までは一定額の助成、またがん治療をする方にも助成金、また高齢者外出支援バスなども行っております。子育てのほうも、不妊治療への助成、子育ての専用住宅、また病後児保育などで、合計特殊出生率は1.82ということを達成しています。こうした町もあるわけであります。  また、外国では、老人医療費を無料にしている国が多くなっています。例えばイギリスでは、基本的に医療費は全部無料であります。 もっと読む
2018-09-26 新座市議会 平成30年第3回定例会-09月26日-12号 また、厚生の分野では、こども医療費の18歳までの無料化、がん検診、特定健診の無料化を維持したこと、法人保育園の建設助成、にいざ生活支援センターや、くるみの木、ふらっとなどの整備、第二老人福祉センターの設計、元気アップ広場の増設など、子育てや障がい者、高齢者への施策は県内でもすぐれた政策で高く評価したいというふうに思います。   もっと読む
2018-09-25 新座市議会 平成30年第3回定例会−09月25日-11号 こども医療費の無料化18歳まで、障がい者の方への医療費助成、がん検診の無料化など、引き続き実施されました。  また、にいざ生活支援センター、くるみの木、ふらっとの整備、第二老人福祉センターの設計、大変よかったと思いますし、ご協力をいただいた地権者の皆様方には心から感謝を申し上げます。   もっと読む
2018-09-21 蕨市議会 平成30年第 4回定例会-09月21日-03号 平成28年に実施された国民生活基礎調査によると、日本のがん検診受診率は、男性においては胃がん、肺がん、大腸がん検診の受診率は4から5割程度であり、女性においては乳がん、子宮頸がん検診を含めた5つのがん検診の受診率は3から4割台となっています。特に、子宮頸がん、乳がんについては検診受診率が低い状況にあります。  がんによる死亡を防ぐためには、いかにがんにかからないようにすることが一番です。 もっと読む
2018-09-21 小川町議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月21日−委員長報告、質疑、討論、採決−07号 健康増進事業では、健康長寿サポーターの養成や、がん検診、受診者をふやす努力、健康マイレージ事業では、ウオーキングを楽しみながら健康増進と介護予防、これは介護費や医療費抑制に大きく寄与する事業であります。 もっと読む
2018-09-18 新座市議会 平成30年第3回定例会-09月18日-08号 がんも以前は怖いものと思われていたが、周知が進み、以前とは認識が変わってきている」と、プロの方たちもこのような指摘をされておるわけです。なので、そういう地域にとって認知症がどういうものなのかというのを正しく理解していただくということが今一番必要なのだろうと思いますので、そういう点ではぜひしっかりいろんなところで利用できるようなものだと思いますので、使っていただきたいなと思います。 もっと読む