285件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川口市議会 2020-12-11 12月11日-04号

この件数は平成28年度のいわゆるDV防止法施行後、最多となりました。 私ども公明党市議団は、DVの問題に関してさまざまな角度から質問をさせていだたきました。平成29年3月議会におきまして、芦田議員配偶者暴力相談支援センター相談体制強化、またDVを予防する取り組みについて質問し、DV認識を広める市民向け講座実施するとの御答弁をいただき、DV相談体制強化も図られて参りました。

春日部市議会 2020-06-16 令和 2年 6月定例会−06月16日-04号

ウィズコロナの時代ですから、今改めて虐待DV防止のために相談支援体制の一層の強化を求めたいと思います。  そこで、伺います。全国的に増加傾向と言われる虐待DVですが、春日部市ではどうでしょうか。春日部市の現状、また対応についてお示しください。  次に、質問の2点目です。子供の命を守り、遊びと生活を保障する学童保育春日部放課後児童クラブについて伺います。

川口市議会 2020-06-12 06月12日-03号

DV防止法も今回改正されると仄聞しております。今後、児童相談所DV相談支援センターとの連携など体制強化についてお伺いいたします。 (7) 男性の家事育児の参加について 総務省の調査では、6歳未満の子どもを持つ親が家事育児に費やす時間は、母親が1日7時間34分に対し、父親は1時間23分です。ちなみに、アメリカなどの父親は1日3時間以上です。

川口市議会 2020-03-06 03月06日-03号

質問本市取り組みにつきましては、例えば要保護世帯などの子どもたちに対する学習支援事業は、社会分野の「質の高い教育をみんなに」の項目に、DV防止対策社会分野の「ジェンダー平等を実現しよう」の項目に、起業及び事業承継に関わる取り組みは、経済分野の「働きがいも経済成長も」の項目に合致しており、今後も引き続き、取り組むべきものと考えております。 

川越市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第13日・3月4日) 本文

続きまして、DV防止啓発についてでございます。市民の方を対象とした男女共同参画出前講座市職員対象とした市職員研修において、DVデートDV被害者支援等をテーマとした啓発を行っております。また、男女共同参画情報紙「イーブン」への記事の掲載や、女性に対する暴力をなくす運動としてのパープルリボンキャンペーンの実施などを通じて、啓発に取り組んでいるところでございます。

寄居町議会 2020-02-27 02月27日-01号

男女共同参画推進につきましては、寄居町男女共同参画推進プラン2020及びこれに係る実施計画に基づき、男女が対等なパートナーとして豊かな地域社会が築かれるよう、女性が活躍できる環境づくりDV防止等の諸事業推進してまいります。 次に、基本目標2として、「人が集まり活力に満ちた賑わいあふれるまち」について申し上げます。 

さいたま市議会 2020-01-28 02月04日-01号

DV防止対策及び被害者自立支援につきましては、相談体制充実してまいります。 次に、高品質経営市役所に関する施策であります。 公民連携につきましては、PFI等の導入の可能性課題を整理し、民間の力を効率的、効果的に活用するとともに、Park-PFIなどにより、都市公園を初めとした公共空間のさらなる有効活用方策検討企業等との対話、提案等を通じて、質の高い自治体経営を目指してまいります。 

朝霞市議会 2019-12-24 12月24日-02号

本市では、男女平等推進行動計画DV防止基本計画策定女性センターの整備など、女性の権利を保障し、男女が平等な社会の構築を目指すため、さまざまな施策を展開しているところでございます。 また、外国人やその家族などが人権に関する相談を求める場合は、法務局と連携し、10の言語に対応する外国語人権相談ダイヤルなどを御紹介するなど、相談内容に基づきながら対応しているところでございます。 

富士見市議会 2019-12-09 12月09日-05号

婦人相談員につきましては、DV防止法に基づき婦人相談員配置できる規定になっておりますことから、県内では配偶者暴力相談支援センター設置に伴い配置をしている自治体も見受けられる状況でございます。一方、本市では現在、配偶者暴力相談支援センター設置に至っていないことから、婦人相談員配置についての協議や検討実施していない状況にあります。

白岡市議会 2019-12-03 12月03日-一般質問-03号

市では、現在、取り組んでいる第4次男女共同参画プランDV防止基本計画として一体的に策定し、配偶者等からの暴力は重大な人権侵害であり、許されるものではないという認識が全ての市民に浸透するよう広報、啓発取り組み強化するとともに、被害者に対するきめ細やかな支援関係機関関係各課連携して進めているところでございます。

川越市議会 2019-09-24 令和元年 総務財政常任委員会 会期中(第2日・9月24日)本文

DV防止及び被害者保護といたしまして、関係機関連携したDV防止対策ネットワーク会議庁内関係部署間の連携を図る組織といたしまして、DV防止対策庁内連携会議設置しておりまして、情報交換意見交換などを行いますとともに、相談体制充実にも努めているところです。

朝霞市議会 2019-09-20 09月20日-05号

児童福祉法等改正内容課題問題点ということですけれども、改正されたのは児童福祉法児童虐待防止法DV防止法ですけれども、親権者及び児童相談所所長等児童のしつけに際して体罰を加えてはならないということが今回明記されました。これは、目黒区の事件も野田市の事件も、父親の日常的なしつけを口実にした暴力の問題があったからです。 そこで、お伺いします。 

新座市議会 2019-09-19 令和 元年第3回定例会−09月19日-09号

総務部長伊藤佳史) 配偶者暴力相談支援センター設置関係ですけれども、先ほど市長答弁にもありましたとおり、本市DV防止計画の中では設置に向けた検討ということで位置づけているところでございます。  ただ、先ほど申し上げましたとおり、設置に向けた費用の面ですとか、相談員を新たに配置するとか、そういったところで大きな課題になっているというような状況でございます。

北本市議会 2019-09-13 09月13日-04号

決算書を見ると、シンフォニー啓発冊子の発行やDV防止啓発女性相談など、様々な事業を行っております。要旨1、2では、防災について伺いましたが、男女共同参画の視点は、各担当課においてもっと生かされるはずです。どのように働きかけているのか、お伺いをいたします。 件名2、手話言語条例制定後の取組についてお伺いをいたします。 要旨1、現状について。 

さいたま市議会 2019-09-11 09月11日-05号

2001年には、日本でもDV防止法が制定され、2007年の法改正自治体には基本計画策定配偶者暴力相談支援センター設置努力義務化本市でも2014年に配偶者暴力相談支援センター設置されました。2013年の法改正では、同居中またはかつて同居していた交際相手対象となりました。しかし、まだまだ女性に対する暴力は存在しており、社会理解も不十分と言わざるを得ません。 

久喜市議会 2019-09-09 09月09日-02号

本年6月に児童福祉法児童虐待防止法DV防止法などを改正する法律が全会一致で可決、成立しました。内容は、親権者による体罰の禁止や児童相談体制強化などでありました。子供にとって久喜市が安心して育つ社会になるために、法改正内容計画的に実現していく必要があると思います。また、しつけに対する理解の不一致も一部に残っております。行政の考え方が重要になるのではないでしょうか。  

戸田市議会 2019-09-06 令和 元年 9月定例会-09月06日-05号

本市DVに係る施策につきましては、「第五次戸田男女共同参画計画」の一部である「戸田DV防止基本計画」に位置づけられており、DV防止のための啓発活動DV被害者への支援体制充実などに取り組んでおります。DV被害者には、関係機関連携し、関係各課で適切な支援ができるよう対応しております。