24474件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日高市議会 2059-06-20 06月20日-一般質問-03号

もちろん高齢のニーズが圧倒的に多いかと思います。同時に、交通弱者高齢に限らないのではないでしょうか。例えば車を複数台持てない世帯の存在や共働きが促進される中、子どもたち移動手段がないという実態にも目を向けられるべきかと思います。高齢子育て世代の抱える問題について市はどのように把握し、課題認識されているのでしょうか。   質問(2)、デマンド交通についてです。

熊谷市議会 2048-09-11 09月11日-一般質問-04号

このため、高齢施設協議会が独自に調整に当たり、岡山市内施設が倉敷、総社市内高齢を受け入れたそうです。岡山市での福祉避難所開設は初めてだったそうですが、複数の市で施設を営む社会福祉法人被害のない市内施設を利用し、市外の避難者を受け入れたケースもあったといいます。市は、ウエブサイトで福祉避難所について、避難生活長期化が予見される場合、受け入れ態勢を整えた後に開設する。

鶴ヶ島市議会 2040-09-13 09月13日-03号

後期高齢医療保険料特例廃止で何が起きるか。本年8月11日付けの「しんぶん赤旗」1面トップに「「後期高齢医療保険保険料滞納処分9年間で8倍に」との見出しが躍りました。以下報道の本文を紹介します。  「75歳以上の人を対象とした後期高齢医療制度で、保険料を滞納した人に対する差し押さえなどの滞納処分が2017年度までの9年間で約8倍に増えていることがわかりました。

熊谷市議会 2032-06-19 06月19日-一般質問-05号

警戒レベル2は、洪水注意報大雨注意報としてハザードマップなどで避難行動を確認、警戒レベル3は、避難準備高齢など避難開始として、避難に時間がかかる方は避難してください。それ以外の方も避難準備をしてくださいといった広報がされます。警戒レベル4では、避難指示、緊急、避難勧告として避難してください。

鶴ヶ島市議会 2029-11-29 11月29日-01号

について、上程説明 1、議案第69号 鶴ヶ島国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、上程説明 1、議案第70号 鶴ヶ島手数料条例の一部を改正する条例について、上程説明 1、議案第71号 令和年度鶴ヶ島一般会計補正予算(第4号)について、上程説明 1、議案第72号 令和年度鶴ヶ島国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、上程説明 1、議案第73号 令和年度鶴ヶ島後期高齢医療特別会計補正予算

久喜市議会 2029-06-28 06月28日-07号

本案は、介護保険料の第1段階から第3段階までに該当する所得の低い高齢保険料を引き下げ、その軽減を図ろうとするものであります。影響は市の高齢数4万5,471人の22.71%に当たる1万329人に及びます。補正でもありますように、4,513万円の軽減となります。政府は、これを社会保障充実策とし、介護保険制度における国の公費負担5割とは別枠で軽減を強化するものとしています。

東松山市議会 2025-12-20 12月20日-05号

次に、議案第71号 平成30年度東松山市後期高齢医療特別会計歳入歳出決算の認定については、委員より「後期高齢医療保険を離脱して国民健康保険に加入するケースはあるのか。」との質疑に、「後期高齢医療制度は、原則として75歳以上の方が加入するものであるが、65歳から74歳の方で一定の障害をお持ちの方は、本人の申請により後期高齢医療制度に加入できる。

吉見町議会 2025-12-04 12月04日-一般質問-02号

避難所開設の時期や避難所での高齢障害者対応けが人等医療対応につきましても定めてございます。台風19号におきましては、地域防災計画に基づき避難所開設被害状況調査など順次進めてまいりました。なお、地域防災計画災害における基本計画でありますので、今回の災害課題等を整理するとともに、計画見直しにつきましても検討してまいります。 

熊谷市議会 2024-11-29 11月29日-議案説明-01号

 96号) 平成30年度熊谷公共用地先行取得特別会計歳入歳出決算    (議案第 97号) 平成30年度熊谷駐車場事業特別会計歳入歳出決算    (議案第 98号) 平成30年度熊谷熊谷都市計画事業土地区画整理事業特別会計歳入              歳出決算    (議案第 99号) 平成30年度熊谷農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算    (議案第100号) 平成30年度熊谷後期高齢医療特別会計歳入歳出決算

東松山市議会 2024-06-18 06月18日-04号

◆4番(安藤和俊議員) 続きまして、大項目2、地域行政について、小項目(1)高齢運転免許証自主返納後の対応について。平成30年12月定例会にて中島議員からも一般質問がありましたが、昨今の高齢における痛ましい事故の多発に伴い、当市での対応、取組を教えてください。 ○福田武彦議長 答弁を求めます。  斎藤 浩市民生活部長。 ◎斎藤浩市民生活部長 お答えします。  

鶴ヶ島市議会 2023-12-16 12月16日-05号

ア、2020年度は、前期高齢交付金が引き下げられるのではないでしょうか。 イ、被保険者減少影響をどう見ますか。  ウ、被保険者所得減少がどう反映されますか。  エ、激変緩和措置見直しされるのではないでしょうか。  (3)、国保税均等割の減免を求めます。国保税が高過ぎる要因として、均等割があります。

熊谷市議会 2023-12-13 12月13日-一般質問-05号

次に、大きい2として、高齢福祉事業について伺います。平成29年度版高齢社会白書によりますと、日本の総人口は1億2,693万人、65歳以上の高齢人口は3,459万人、高齢化率27.3%、また75歳以上の後期高齢は1,691万人、総人口の13.3%であるとの記載もございます。本市高齢人口は、平成29年におきましては5万4,140人であり、令和5年には高齢化率30%という予想も出ております。

美里町議会 2023-12-12 12月12日-一般質問-02号

5番として、ひとり住まい高齢等弱者避難誘導についてお聞きいたします。  6番目として、消防消防団、警察、自衛隊等活動状況対応についてお聞きいたします。  7番目として、千葉県で起きた台風15号の被害状況を鑑み、行政課題として大規模停電対策等についてお聞きいたします。  8番目として、中小河川、天神川、志戸川、小山川等治水対策と今後の課題等についてお聞きします。

久喜市議会 2023-12-02 12月02日-03号

公民館を利用している方は、市民さまざまでありますが、最近は高齢の方が生涯学習や健康維持のため、また市民活動で利用していることが多くなっております。高齢の方の生きがいづくりとして大変有意義なことと考えます。しかし、利用者の方からは、トイレの洋式が少なくて困っていると聞くことがふえました。早急に洋式へ変えていただきたいのですが、計画はどのようになっているのかお伺いをいたします。  (2)です。

久喜市議会 2023-11-29 11月29日-02号

市民部長市川竜哉) 洪水等におきましては、今までのそういう被害に遭った地域におきまして高齢等がどうしても逃げおくれて被害に遭うということがございましたので、ことしに入りまして勧告等避難情報見直しをいたしました。その中で、避難準備情報をする際には高齢避難するのだよというようなことで、その高齢避難というところもつけ加えたような情報になってございます。

越谷市議会 2023-09-09 09月09日-03号

この火災残渣とか燃え殻の処分は、やっぱり早く処分しないと、きょうみたいに台風のときに、火災があったすぐ後で、建物とかが不安定な状況で、やはり隣地とかにも影響を与える可能性もありますし、においとか衛生上の問題もあるので、長期化すると本当に体調に悪影響を及ぼしてしまいまして、私が知っている被害に遭った方も、やはり高齢の方、最近皆さん市内の方もふえていますが、その後体調を崩される方も非常に多いのです。