196件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鴻巣市議会 2021-03-22 03月22日-08号

さらに、にぎわいが期待される道の整備事業では、令和3年度は用地取得実施し、アクセス道路詳細設計等及び管理運営業務選定に当たっていきます。  市民生活に欠かすことのできない新ごみ処理施設建設に向けた規模等調査検討業務実施し、新たな広域化の枠組みを視野に入れた検討がなされます。  防災備蓄センター整備で、災害時の市民の命を守ります。  

桶川市議会 2021-03-17 03月17日-06号

財政出動の規範につきましては、道の整備事業では民間活力を導入し適切な官民の役割分担を行うことで、財政負担の縮減と平準化、また低廉かつ良質なサービスの提供を図ることとしております。財政面にも十分に配慮しながら、夢と希望を未来へつなぐまちづくり推進するため、将来への投資を行ってまいりたいと考えております。 ○議長(糸井政樹議員) 健康福祉部長

桶川市議会 2021-03-16 03月16日-05号

続きまして、大きな3、道の整備事業について伺います。 (1)、整備事業推進状況についてであります。コロナ禍によってこの事業計画、当初の計画から少しずつずれてきています。 ①、事業者選定等支援委託事業コロナ禍での計画変更、これはどのようになりますか。 ②、2019年の台風19号での水害経験を踏まえ、整備予定地水害対策見直し、これは必要ではないでしょうか。 

熊谷市議会 2021-03-10 03月10日-一般質問-03号

本市におきましては、公共施設マネジメント推進をはじめ、各種道路改良事業から「総合戦略池上地区「道の整備事業などの大型案件に至るまで、当初の計画どおりに予算措置されているという認識でよいのでしょうか。一部計画見直し先送り等が含まれる事業がございましたら教えてください。 次に、生活困窮者への更なる配慮と支援強化コロナ禍から命と暮らしを守るために―と題し、伺います。

鴻巣市議会 2021-03-03 03月03日-03号

今回、基本構想土地利用構想においては、産業団地整備及び道の整備事業で具体的な進捗が見られたこと、また後期基本計画における政策展開の方向について議論を開始する時期であったことから、審議会を開催しました。将来人口における国立社会保障人口問題研究所推計値見直しについては、これらに併せて行うものでございます。  

桶川市議会 2021-02-24 02月24日-02号

それでは、道の整備事業債務負担行為の設定についてお答え申し上げます。 令和2年度につきましては、新型コロナウイルス影響により、選定委員会をはじめとした民間事業者選定のための業務が行えなかったため、国と調整の上、事業スケジュール見直しを行わせていただきまして、開業予定令和6年度中として進めていくことといたしました。

桶川市議会 2021-02-15 02月22日-01号

事業名欄にございます総合振興計画策定委託につきましては、令和2年度から令和3年度まで、道の整備事業者選定等支援委託につきましては、令和2年度から令和4年度までの限度額について債務負担行為を追加するものでございます。これは、両事項とも新型コロナウイルス感染影響により事業完成が見込めないため、事業期間の延長を行うものでございます。 続きまして、第5表、地方債補正でございます。

熊谷市議会 2020-12-10 12月10日-一般質問-03号

文化財の活用として地域への還元は非常に大切なことと考えていますので、道の整備事業に伴う発掘調査については、時期や調査成果の内容を見て、現場見学会計画してまいりたいと考えています。 以上です。 ◆小鮒賢議員 現場見学会計画していきたいとのことですので、小学校としての授業配分の都合や考え方もあると思いますので、要請があった場合にはよろしくお願いいたします。 

桶川市議会 2020-12-07 12月07日-02号

こうした厳しい状況にありましても、持続可能なまちの形成のため、田園環境と調和した産業基盤づくり推進し、企業誘致による安定した雇用の創出定住促進により税収の確保に努めながら、現在進めておりますごみ処理事業駅東口整備事業や道の整備事業など、将来に向けた数々のプロジェクトを引き続き進めていかなくてはなりません。

鴻巣市議会 2020-12-04 12月04日-03号

一方、歳出では、道の整備事業、大間近隣公園整備事業など大型事業推進、また扶助費維持補修費普通会計ベースで約49億円とピークを迎えている合併特例債等の借入れに対する公債費など義務的経費の増加もあり、大幅に削減することは難しい状況ではありますが、先ほど申し上げましたとおり、歳入の減少が見込まれる状況を踏まえますと、令和2年度当初予算額396億3,500万円を下回る規模となるのではないかと予測しております

鴻巣市議会 2020-09-24 09月24日-07号

また、道の整備事業箕田産業団地推進コウノトリ里づくり事業などの重点事業も順調に推移しています。  財政面では、今後の重要課題取組の準備的な基金として、総額9億5,536万円の積立てを実施減債基金特別会計基金の取崩しはありましたが、令和元年度末の残高は106億5,122万円となり、前年度残高と同程度をキープしています。  

熊谷市議会 2020-09-08 09月08日-議案質疑-02号

最初に資料ナンバー2の338ページですけれども、「総合戦略池上地区「道の整備事業支出済額が3,860万6,399円なのですけれども、不用額も1,573万6,601円と大きくなっているのですが、この要因についてお願いいたします。 2点目です。同じく資料ナンバー2の334ページになりますけれども、ゾーン30整備事業です。708万3,793円の不用額要因についてお願いをいたします。 

鴻巣市議会 2020-06-22 06月22日-06号

(2)新型コロナ対策が長期化する可能性がある中で、市民の命と暮らしを守ることを優先し、コウノトリ里づくり事業、道の整備事業、賑わい創出交流拠点整備事業は、思い切って見直すことを求めます。  2、市民生活行政、(1)新型コロナ対策自然災害対策との整合性について。最近地震が頻発しています。近隣では、茨城県、千葉県を震源地とする地震です。

鴻巣市議会 2020-06-19 06月19日-05号

令和2年度の施政方針では、人口減少を克服するため、将来にわたり継続性を持って地方創生に取り組み、持続可能なまちを構築することとしており、中でもコウノトリ里づくり事業や道の整備事業などの重点事業は、本市にさらなるにぎわいをもたらすこととなりますことから、明るく安心した未来を見据え事業推進していくことは、このコロナ禍においても必要であると考えております。

鴻巣市議会 2020-03-27 03月27日-04号

続いて、議案第19号のうち付託された部分ですが、繰越明許費補正農林水産業費の道の整備事業について、関係機関との調整に時間を費やしているとのことだが、具体的に何に時間がかかっているのかとの質疑があり、大宮国道事務所県河川砂防課県みどり自然課県警本部箕田土地改良区、県央広域消防本部が主な関係機関です。