4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

熊谷市議会 2014-06-20 平成26年  6月 定例会(第2回)-06月20日−一般質問−05号

そのほかに親戚や兄弟、姉妹に脅迫はがきを送りつけるストーカー事件、あるいはキャッシュカードやパスポート偽造事件、振り込み詐欺、悪質訪問販売、悪質ネット販売、霊感商法車庫飛ばし等々に使用されていたということがわかってきたようです。この事件埼玉県熊谷市、それぞれ何件の不正取得が確認されたのか伺います。横浜ルート、群馬ルートでそれぞれお答えください。 ◎稲村光市民部長 お答えします。  

狭山市議会 2011-06-09 平成23年  6月 総務経済委員会・文教厚生委員会連合審査会(第2回)−06月09日-01号

今、委員さんのほうから指摘があったとおり、そういった市の施設ということでやっぱり利用者というか、見たときに、市がやっているんだっていう勘違いする方もいらっしゃいますので、許可をするときに内容等、確実にその業者がそういった霊感商法とかに携わっていないということを受け付けの段階で確認するように、指定管理者のほうにも指示します。  

越谷市議会 2009-06-05 平成21年  6月 定例会(第2回)-06月05日−一般質問−05号

近年ガス湯沸かし器やエレベーター事故のほか、食品偽装や産地偽装、悪質な住宅リフォーム詐欺霊感商法振り込め詐欺など、消費者問題が多発しています。英会話教室旅行会社が料金先取りの上、倒産するなど、不況で生活が苦しい中、思いがけず自分が被害者になるケースもあり、改めて消費者をしっかり守る施策の強化が望まれるところです。   

熊谷市議会 1996-03-13 平成 8年  3月 定例会(第1回)-03月13日−一般質問−04号

社会的に問題となった霊感商法訪問販売で高価な品物を買わされた被害者高齢者が多かったことなど、高齢者社会情報に疎く、法律的に全く無防備な状態に置かれていることを物語っています。結果としてだまされている事柄を防ぐにも、痴呆性の高齢者や親亡き後の知的障害者のための財産管理の対策が迫られていると思います。

  • 1