14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

白岡市議会 2016-09-06 平成28年  第3回( 9月)定例会-09月06日−一般質問−03号

西郷隆盛さんが最後の戦、西南戦争ですが、来るときにいろいろな士族の方から血判状をもらって、西郷さんが野に下って隠居生活しているときに、西郷どんというふうにお願いしたときに西郷さんは、おまえたちのことはわかったと。でも、おまえたち証文書を出せと、裏切るではないけれども、一緒にやろうということで、そういうあかし。

東松山市議会 2015-03-10 平成27年  3月定例会(第1回)-03月10日−一般質問−04号

また、埋蔵文化財センターロビーの展示ケースでは、市民から寄贈いただきましたひな人形ですとかよろい、秋からは市内の獅子舞を紹介しながら、下唐子獅子舞保存会より隠居獅子を借用して展示をさせていただきました。埋蔵文化財センター展示室見学者は、2月末日現在ですが、2,141名でございまして、これは昨年同期の1,406人に対しまして72%(140ページに「52.3%」と訂正)の増という結果でございました。

宮代町議会 2014-09-25 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月25日−06号

平成の初めごろ、新白岡ができたころ、岩崎議長とよく話していたんですけれども、宮代町も遊ぶ施設より働く場所、道路をつくって産業育成しないとご隠居村になっちゃうよと、よく言っていたんです。まさしく今の宮代町の現状を言い当てています。  宮代町の問題は、60歳、私60歳なんですけれども、60歳から64歳の人口の山が通過した後に、次の人口の山が異常に低いんです。

行田市議会 2012-09-06 平成24年  9月 定例会-09月06日−03号

11代将軍家斉の時代、寛政の改革を断行した松平定信が隠居後に余生を桑名で送りたいと願い出て行われたのが、白河・桑名・忍の三方国がえであり、現在の友好都市の礎となっていること。  このように、江戸幕府中枢と密接なかかわりを持つ忍藩の歴史は、どこのまちにも引けをとらないものであり、行田をもっともっと全国に向け情報発信すべきではないかと、執行部に考えを聞いております。  

狭山市議会 2008-01-31 平成20年  1月 総務経済委員会(閉会中)−01月31日-01号

これを形だけでいてくださいと、隠居生活してくださいと、いうことであったら、僕はよそに行きたいと。そういう考え方でね、しかも、これからは、西宮オンリーではなくて、西宮市に根元をおくというか、地盤を置くにしても、フリーな時間をとってそこを他の自治体を含めて貢献できることがあれば、そっちもやりたいと。だから、兼業可能にしてほしいと、いうことを今当局と話しているんですね。かなりやりあいしているんですけど。

春日部市議会 2007-06-05 平成19年 6月定例会-06月05日-05号

高齢者憩いの家の利用者は長い間社会に貢献されましたいわばご隠居さんたちでございます。このご隠居さんたちの一つは触れ合いの場、あるいは楽しみの場所、さらには健康保持の場所でありますので、スーパー堤防事業期間中も利用者が利用できるように、また早期建てかえの計画を立てていただくことを強く要望いたしまして、終わります。  

毛呂山町議会 2005-09-06 平成17年  第3回( 9月) 定例会-09月06日−一般質問−04号

この成年後見人制度後見制度、任意で最初にやっておいていただければ一番世話がないわけでございますが、そういうことをすることが決して恥ずかしいことでも何でもないのだと、そうしておくことが昔でいう隠居生活に入るといいますか、そういう感覚でやってもらえれば、もっともっと普及するのではないかなと。

草加市議会 2005-06-07 平成17年  6月 定例会-06月07日-03号

東京医科歯科大学と、やはり当時のパイプをつないだ市長がもう隠居されていて、全然政治から離れているんであれば別だけれども、現職の総務副大臣という格好でまだ政治にかかわっていて、この23万草加市民の代議士という立場で働いているのに、その人との連携なくして、変な、いわゆる不信感があなたとの、二人の間にあるみたいな状況の中で、働くべき人が23万市民のために働いていないじゃないかと、力を合わせて。

加須市議会 2004-06-15 加須市議会 会議録 平成16年 第2回 定例会( 6月)-06月15日−05号

しかし、長い間、無住状態でありましたので、今から約20年ほど前に千葉の学校法人に買い取られ、現在は門や数棟の蔵及び隠居部屋の建物が残るのみでございます。残ったそれらの建物も、補修の手が加えられていないことから傷みがどんどん進行し、かつての豪農の面影は広大な屋敷に見受けられる状況でございます。  そこで、お尋ねいたします。

宮代町議会 2003-11-28 平成15年 12月 定例会(第7回)-11月28日−01号

現在の小松市の基礎基盤が形成されたのは、1634年に、加賀百万石の3代藩主前田利常公が金沢から小松市に隠居したころで、織物や製陶、いわゆる陶器の製造などの産業が奨励され、城下町として発展、市街地の原型がつくられましたと説明がありました。  地域産業は、古くから絹織物が栄え、繊維工業が盛んであり、伝統産業の「九谷焼」、い草の畳表ブランド「小松表」も全国的に有名です。

行田市議会 2002-09-12 平成14年  9月 定例会-09月12日−03号

総務省高齢者地域社会への参加に関する意識調査によりますと、最も力を入れて地域活動に参加した時期は、「退職・隠居後」が32.5%で最も高く、「子供が自立してから」21.9%、「子育てが終わってから」12.3%を大きく上回っております。高齢期に移行したときこそ、地域社会で最も自分らしく生きられる第2の人生が始まると言っても過言ではないと思います。

深谷市議会 1997-03-11 平成9年  3月定例会(第1回)-03月11日−04号

さらに、その日は60歳の還暦に達した者を祝い、励ます日として、高齢社会に向かってばく進している現状を踏まえて、還暦になったからといって隠居生活のような消極的な人生ではなく、盛大にもう一花咲かせる意気込みで生きてもらいたいという願いを込めて、20歳の成人の日と同じように60歳の盛年の日を定めて、市長から激励を受けたり、また社会参加の輪を広げていただくことも含めて行う盛年式をぜひ開催してはどうかと思うのですが

深谷市議会 1995-03-09 平成7年  3月定例会(第1回)-03月09日−03号

しかし、私は隠居するわけではございませんで、福嶋健助市長が言っておりましたように、私も24年間地方自治体議員として特に国保財政、こういうものが地方自治体任せにされておったり、また保育の問題や老人の問題、すべて国の補助金をカット、カットということで地方自治体に任せてきた国政に対して、地方議員として経験をしてきたこの地方自治の問題点を今後とも国政に対して大きな声で迫っていくことを皆さんにお約束をいたしまして

  • 1