174件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

所沢市議会 2020-12-08 12月08日-04号

また、施設への入所を必要とする方が暮らし慣れた所沢市内入所ができるよう、社会福祉法人等による障害者施設整備計画に対して調整を行うとともに、現在策定中の第5次所沢障害支援計画に位置づけ、必要な施設入所支援推進してまいりたいと考えております。 以上でございます。 ○末吉美帆子議長 18番 青木利幸議員 ◆18番(青木利幸議員) ありがとうございます。 

川越市議会 2020-09-15 令和2年第6回定例会(第15日・9月15日) 本文

一回目に、障害支援計画進捗状況についても御答弁を頂きました。対象者に適切なサービスが提供されるように取り組んでまいりたいということでしたので、お声が反映されるようにお伝えをしていきたいと思います。また、相談件数もお聞きしました。令和元年度の障害福祉に係る相談件数は七千六百件、その中で高次脳機能障害に関する相談は二件とのことでした。  ここで他市との比較をさせていただきます。

川越市議会 2020-09-14 令和2年第6回定例会(第14日・9月14日) 本文

川越市の二〇二一年度からの計画におきまして、一つ目に、障害支援計画、二つ目に、高齢者保健福祉計画介護保険事業計画三つ目に、地域福祉計画、そして、四つ目保健医療計画、確認のため申し上げましたが、この四つ計画に、若年性認知症高次脳機能障害支援策をまずは盛り込んでいただけるものと重ねて期待をさせていただきます。また、障害者方々の御意見が反映されていくものと期待をさせていただきます。  

川越市議会 2020-09-11 令和2年第6回定例会(第11日・9月11日) 本文

福祉の店は、障害のある方々が日々の訓練を生かして製作したクッキー、おせんべいなどの食品類布マスク、石けんなどの雑貨類を販売しており、働く喜びと生きがいをもたらす場として障害支援計画にも位置づけていることから、市としても販路拡大について支援をしている状況でございます。  最後に、市内生産品目を取り扱う事業所数福祉の店で取り扱う事業所数についてでございます。  

所沢市議会 2020-09-09 09月09日-04号

障害支援計画コロナ前とコロナ後についてお伺いをいたします。引き続き福祉部長になりますが、よろしくお願いいたします。 新型コロナウイルス感染症の終息が見通せません。緊急事態宣言では、障害者の方は重症化しやすいこともあり、感染を恐れて利用を控えたりする方も多くいましたが、なるべく施設作業所などには来ないでくださいとも言われていました。

川越市議会 2020-06-12 令和2年第4回定例会(第11日・6月12日) 本文

一方、福祉分野計画におきましては、三年ごとの策定期間が法定される介護保険事業計画を含むすこやかプラン川越障害福祉計画を含む川越障害支援計画につきましては、それぞれ法による策定義務がございます。また、これら福祉分野上位計画に位置づけられた第四次川越地域福祉計画は、各計画との整合を図るため、予定どおり今年度内の計画策定に向け作業を進めているところでございます。  以上でございます。   

川越市議会 2020-03-19 令和2年 保健福祉常任委員会 会期中(第2日・3月19日)本文

福祉部としましては主要事業にありましたとおり、一点目は介護保険事業計画等にのっとり整備を進める民間福祉施設整備補助、二点目は世代を超えた連鎖を防止する生活困窮者学習生活支援事業、三点目は先ほど生活福祉課からありましたように、生活習慣病重度化を予防するための健康管理事業、四点目は手話通訳者の養成及び派遣事業、五点目としましては来年度地域福祉計画障害支援計画、高齢者保健福祉計画介護保険事業計画

上尾市議会 2019-12-18 12月18日-一般質問-04号

障害者の自立した生活を求めて、こうした障害を持つ保護者の方が考える子どもの進路ですが、上尾市の障害支援計画を見ると、特別支援学校への進学希望が45%ととっても高いことが分かりました。では、障害児が小学校、中学校と進み、特別支援学校高等部に入った後、卒業後の進路状況を伺います。 ○議長深山孝議員) 本橋健康福祉部長

所沢市議会 2019-12-05 12月05日-04号

また、今後といたしましては、第4次障害支援計画目標に沿いまして、重症心身障害児を受け入れる施設等整備にも努めながら、障害のある子供たちへの一層の支援充実に取り組んでまいりたいと考えております。 以上でございます。 ○青木利幸議長 27番 中 毅志議員 ◆27番(中毅志議員) ありがとうございます。 

上尾市議会 2019-09-13 09月13日-一般質問-06号

平成30年3月に策定いたしました第7期高齢者福祉計画及び第2期上尾障害支援計画では、公共施設公共交通機関バリアフリー化推進しております。また、私の公約の中に「いつまでも元気で活躍できる街」を掲げております。市民の皆様とともに、今後も引き続きバリアフリーまちづくりを進めてまいりたいと考えております。 ○議長深山孝議員) 6番、平田通子議員

草加市議会 2019-09-09 令和 元年  9月 定例会-09月09日-03号

初めに、配布の経緯についてでございますが、まずヘルプカードにつきましては、平成27年3月に埼玉県において、障がい者施策の総合的な推進を図る第4期埼玉障害支援計画策定され、防災に関する項目の中で、障がい者等の要配慮者が必要としている援助の内容がわかる防災カード機能を有するものとして、ヘルプカードの普及について数値目標が定められたところでございます。

川越市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第11日・6月14日) 本文

川越障害支援計画基本目標七、福祉サービス充実では、きのう、嶋田議員さんも施設整備のところで取り上げていらっしゃいましたが、障害者福祉サービスの今後利用したいサービスとしては、短期入所という回答が高くなっています。介助や介護する家族等の負担を軽減し、障害のある人と家族地域で安心して暮らせるよう、各種取り組み推進する必要がありますとあります。  

川越市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第10日・6月13日) 本文

一、その人らしく生きるために─川越障害支援計画などを中心にです。  二〇一七年三月の埼玉新聞に、重松清さんの点字ブロック想像力という記事があり、一九六七年、昭和四十二年の三月に岡山市に世界初点字ブロックが敷かれ、現在、世界百五十以上もの国で使われている。しかし、現在の日本では点字ブロックの上に物が置いてあったり人が歩いてしまったりしている。

川越市議会 2019-06-01 令和元年第3回定例会〔6月〕 一般質問通告事項書

14│田 畑 たき子│一、食品ロスの削減について パート3         │       │一七一~   │ │  │       │二、児童虐待防止の取組について パート2       │       │       │ ├──┼───────┼───────────────────────────┼───────┼───────┤ │ 15│伊 藤 正 子│一、その人らしく生きるために─川越障害支援計画

鶴ヶ島市議会 2019-03-14 03月14日-03号

現在、市のバリアフリーの基本的な考え方につきましては、障害支援計画の中で基本目標一つに安心安全な暮らしを確保することとし、人にやさしい福祉まちづくり推進するため、埼玉福祉まちづくり条例に基づきバリアフリーまちづくりを総合的、計画的に推進することとするということで、具体的には公共的な建築物バリアフリー化推進、住宅の確保や住環境の整備道路環境整備公共交通機関整備などを掲げ、安全