384件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東松山市議会 2025-12-20 12月20日-05号

との質疑に、「地域における野良猫対策を促進するために、飼い主のいない猫を地域猫として適切に管理する活動を実施する団体に対して、県の補助金を財源として補助金を交付する事業である。市の公募に応募のあった上唐子地区の1団体モデル地区指定を受けている。具体的な活動としては、猫を捕獲して赴任去勢手術を行い地域に戻す。また、負傷した猫がいた場合は治療を行い、里親探しをするなどの活動を行っている。」

川口市議会 2020-08-27 09月03日-01号

動物指導事業として、飼い主のいない猫の不妊去勢手術費助成を行い、市内の野良猫対策を図ったとのこと。 また、食品衛生事業として、1,604件の食品営業施設に対して立入検査を実施したとのこと。 衛生検査事業として、感染症検査や、スーパーや食品製造業者から収去した食品検査などを実施したとのことでありました。 

吉見町議会 2020-06-19 06月19日-一般質問-02号

見せしめとしてごみの保管庫から出しておけば、野良猫カラス等で大変なことになり、衛生委員を初め近所の人々を悩ませます。しかし、当人は一向に気にせず、違反物を混入させても、いずれ町の職員が回収してくれるくらいに思っているのかと思います。一向に直らないということです。当該地区では大きな悩みです。役場職員にも迷惑をかけております。

上尾市議会 2020-06-18 06月18日-一般質問-04号

主に野良猫に餌をあげている人がいて、猫が集まり困っている、ふん被害があるという内容でございます。 ○議長大室尚議員) 10番、井上智則議員。 ◆10番(井上智則議員) ありがとうございます。年間に三十数件ということは、10日に1件ぐらいの件数苦情が入っているという計算になります。比較的多いのではないかなというふうに感じます。

ふじみ野市議会 2020-06-11 06月11日-03号

これは飼い主のいない猫に不妊去勢手術等を実施し、野良猫繁殖を防ぐこと、また1代限りの命を見守り、全うさせ、殺処分ゼロを目指す事業の一つでございます。 活動の実績につきましては、令和元年度172頭、平成30年度138頭、平成29年度140頭の不妊去勢手術を施しております。本市の取組としましては、引き続きボランティア団体連携をし、殺処分ゼロを目指す所存でございます。 

川越市議会 2020-03-18 令和2年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・3月18日)本文

これは、地域猫地域の方が猫を不妊去勢手術をすることによって、野良猫とは違って、地域理解を得た猫としての一代限りを全うしていただくという、そういう猫を育てている事業があるんですが、そういう形の補助として、今までは川越市におい不妊去勢手術補助金を出していたんですが、それと併せて公益財団法人のどうぶつ基金を新たに利用することといたしまして、せんだって要綱を取ったところでございます。

伊奈町議会 2019-12-17 12月17日-06号

執行部より、ペットとして飼っている人が負担するが、野良猫などが自然死したり、車にひかれてしまった場合は、クリーンセンターで費用を負担しているとの答弁がありました。 その後、質疑、討論なく採決し、賛成全員で、第74号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、第78号議案 伊奈町総合振興計画後期基本計画を定めることについての所管事項について審査を行いました。 

ふじみ野市議会 2019-12-13 12月13日-05号

現在、野良猫対策として、ボランティア活動しているふじみ野ねこの会の方と環境課連携をとり、殺処分ゼロを目指し、環境の改善にもつながる野良猫TNR活動を行っています。TNRとは、野良猫をトラップ、捕獲して、ニューター、不妊手術をしてさくら耳カットをし、リターン、もとの場所に戻すの頭文字からとっています。市への多くの苦情は、無責任に野良猫への餌やりをしていること、ふん尿で困っているなどです。

草加市議会 2019-12-11 令和 元年 12月 定例会-12月11日-04号

野良猫に迷惑している人ともいい関係をつくる努力をしながら、殺処分は避けようと捕獲、搬送、不妊去勢手術を行い、餌やりマナーを向上させて、地域猫として暮らせるようにと活動している方たちがいます。地域の中で理解者をふやしながらの活動の助けとなっているのが市の補助金制度です。野良猫を放っておけば、次の世代を産み、ふえていきます。  そこで、1点目に、草加市の地域猫対策についてお伺いします。  

三郷市議会 2019-09-24 09月24日-08号

テレビ番組で、駅前広場でのハトカラス、野良犬、野良猫への給餌等動物へのえさやりが報道されておりましたが、えさやりをやめさせるための防止策規定等もないために、堂々と悪びれる様子もなく、それも当たり前のようにえさをまき、去っていく姿がありました。三郷においても、テレビのような大量のえさの量ではありませんが、同様の光景が三郷駅南の公園において野生化したハトへのえさやりの姿があります。 

川越市議会 2019-09-20 令和元年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・9月20日)本文

続きまして、野良猫に関してなんですが、先ほどもお聞きされておりましたが、六十四ページ、私も一般質問でもう二回も取り上げさせてもらって、猫議員と言われてもおかしくないレベルまで行ったんではないかなと感じているんですが、昨年度の猫の殺処分数についてお聞きさせていただきます。

春日部市議会 2019-09-13 令和 元年 9月定例会−09月13日-08号

処分を減らす対策としては、マイクロチップ避妊去勢野良猫繁殖制限などがあります。万一ペットが脱走してしまった場合でも、マイクロチップを装着していれば個体識別ができるので、保健所で殺処分を免れることができます。ペット避妊去勢手術を受けさせて、望まない命をふやさないことも重要です。  野良猫をふやさないように、T、捕獲、N、不妊手術、R、戻すを行う繁殖制限も功を奏しています。

北本市議会 2019-09-13 09月13日-04号

私が相談いただいた地域では、年々、野良猫が出没する範囲が広がってきていて、確実に増えている様子です。近くに公立の学校がありますが、学校内にも侵入してきている様子です。 本年1月には、中央3丁目地内において、NPO法人犬猫みなしご救援隊による一斉TNRを行いました。何名かの議員も視察させていただきました。私もさせていただきました。このときは、約100頭以上の猫の不妊手術をしたそうです。

草加市議会 2019-09-10 令和 元年  9月 定例会-09月10日-04号

1点だけ再質問したいと思うんですけれども、今回の改正で、野良猫に餌やりをやっている場合は罰則の対象となるということでありました。当然、対応は埼玉県になるわけですけれども、このケースの苦情相談は、非常に私たち議員のところにも多いわけでありまして、恐らく、担当課にも多くの苦情相談があるのではないかというふうに思っております。

行田市議会 2019-09-06 09月06日-04号

また、猫に関する苦情は、年平均20件で、主に野良猫への餌やりや野良猫の敷地内への侵入などの苦情でございます。 次に、2点目の殺処分ゼロの取り組みの考え、現状取り組み及び地域猫への去勢不妊手術助成金活用市民団体との協働についてでございますが、殺処分となってしまう命を減らすとともに、増え過ぎてしまった猫による被害を防ぐ対策に取り組む必要があると認識しております。

寄居町議会 2019-09-04 09月04日-02号

先ほどからお話がありますように、犬は基本的に登録制だけれども、猫は登録がないので、やはり野良猫率がどうしても高くなってしまうということでございますが、改正動物愛護法では動物を飼うときは最後まで責任を持って飼うと、終生飼養が、これが明記をされております。 現状では、私のところにもやはり捨て猫について、どうしたらいいかというような相談があるときがございました。