576件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鴻巣市議会 2020-03-27 03月27日-04号

内訳は、部落解放同盟鴻巣支部、13世帯掛ける6万、78万円、部落解放同盟吹上支部、5世帯掛ける6万で30万円、北足立協議会、6世帯掛ける3万7,800円で22万6,800円、合計しますと24世帯で130万6,800円が計上されています。2018年度からは、正統派鴻巣支部、29世帯162万円は、2018年度から補助金は要らないということで減額になっているわけです。

寄居町議会 2020-03-16 03月16日-05号

団体でございますけれども、1団体目部落解放同盟団体目部落解放を愛する会になっております。 なお、補助金等で交付させていただく際には、当然補助金交付申請、また実績報告を出していただくんですが、この取り決めの中でそういった台帳につきましては、必要の都度確認をさせていただくこととしてございます。そのため常備、私どものほうで備えつけているものではございません。

越生町議会 2020-03-03 03月03日-01号

また、同日、部落解放同盟埼玉県連2020年新年旗びらき熊谷市のホテルガーデンパレスで開催され、出席しました。  1月12日には、西入間広域消防組合消防団出初め式が鳩山町中央公民館駐車場で開催され、出席しました。また、同日午後には、「新成人のつどい」が越生町中央公民館視聴覚ホールで開催され、出席しました。  

吉見町議会 2020-02-27 02月27日-議案説明-01号

同じく9日、部落解放同盟埼玉県連2020年新年旗開き研修会熊谷ホテルガーデンパレスで行われ、参加をさせていただきました。 同じく9日、比企郡町村議会議長会第3回議長会議及び正副議長新年会が滑川町で行われ、時間が重なったため、岩崎副議長参加をしていただきました。 10日、令和年度吉見中学校PTA後援会合同新年会が町内きんせいで行われ、参加をし、新年の挨拶を申し上げました。 

伊奈町議会 2020-02-19 02月26日-01号

同日、部落解放同盟埼玉県連合会新年旗びらき熊谷ホテルガーデンパレスで開催され、村山議長が出席いたしました。 次に、1月14日、つくばみらい市新春の集いが茨城ゴルフ倶楽部で開催され、村山議長が出席いたしました。 次に、1月20日、埼玉町村議会議長会役員会が三芳町役場で開催され、村山議長が出席し、令和2年度予算案、諸行事予定等が協議されました。 

鴻巣市議会 2019-09-25 09月25日-07号

内訳は、部落解放同盟鴻巣支部72万、これは12名で1世帯当たり6万。同吹上支部、これは30万、5世帯、1世帯6万。そして、部落解放北足立協議会鴻巣支部22万6,800円、これは6世帯、1世帯当たり3万7,800円、合計124万6,800円です。その他の団体は、昨年より申請をしなくなりました。県内では、本庄市、深谷市、上里町が2012年度、同和行政の終了を通知し、議会廃止条例を制定しました。

草加市議会 2019-09-02 令和 元年  9月 決算特別委員会-09月02日-02号

◆佐藤 委員  次に、3項5目で住宅資金貸付金収入滞納繰越分、こちら部落解放同盟にかかわる住宅貸付金についてですが、平成30年度に返還された収入済額対象人数貸付金の残高をお示しください。 ○委員長 財政課長。 ◎財政課長 平成30年度における返済額は54万円でございまして、その対象人数は4人でございます。

川島町議会 2019-08-22 09月04日-01号

さらに、部落解放運動団体との交渉等では、8月9日に部落解放同盟埼玉県連合会、8月29日には部落解放愛する会と人権同和行政の抱える課題等について話し合いを行いました。 次に、生涯学習・社会教育事業についてですが、5月の親子英会話教室を皮切りに、9月までに8つの中央公民館講座を実施し、幼児から高齢者まで106名の方が参加しております。 

鴻巣市議会 2019-03-20 03月20日-08号

内訳は、部落解放同盟鴻巣支部世帯6万円、13世帯で78万円、同吹上支部世帯で30万円、部落解放北足立協議会世帯で、1世帯3万7,800円で22万6,800円が出されています。他の団体はもう申請をやめました。このことを見ても、国の特別対策終結から15年を経て、社会問題としての同和問題は基本的に解決した到達点にあるわけです。この同和団体への補助金は取りやめるべきです。  

上尾市議会 2019-03-20 03月20日-委員長報告・質疑-08号

委員から、同ページ、人権男女共同参画課一般事務費について、部落解放運動団体補助金の内容と、研修参加するための旅費はどうなっているのかとの問いに対し、部落解放運動団体補助金について、部落解放同盟上尾支部に40万円、原市支部に45万円、部落解放北足立協議会上尾支部原市支部にそれぞれ60万円を計上し、平成30年度と同額の205万円である。

小川町議会 2019-03-20 03月20日-委員長報告、質疑、討論、採決-07号

その証拠に、昨年人権問題講演会講師埼玉部落解放同盟委員長でした。部落解放同盟がかつて差別理由にどんな行動をしたかは、ここに言うまでもありません。ちょっとしたことに言いがかりをつけ、恫喝し糾弾したのです。小川町でもそのようなことがありました。その被害を受けました。

小川町議会 2019-03-06 03月06日-議案説明、質疑、委員会付託-05号

二、三年前から同和という言葉は使われなくなりましたが、平成30年度には、つまり昨年ですけれども、昨年秋、部落解放同盟委員長講師に招いて講演会がありました。その予算との関係で言うのですが、私はこれにどうしても出なくてはならないことがありまして、そっちへ行ってしまったのでこれは聞けなかったのですが、部落解放同盟という運動体、かつておどしと暴力とも含んだ糾弾が行われました。

加須市議会 2018-10-03 10月03日-07号

2つ目部落解放同盟など同和と称する団体会合研修と称して派遣した職員は、教育委員会を含め12回で35人、経費は約35万円に及んでおります。 3つ目は、部落解放同盟支部をトンネルに部落解放同盟県連に血税37万円余りが流れているのに、使途は全く不明で、税金が闇の中に消えている。 4つ目は、研修と称して税金を使い、会員をただで温泉のホテルで大盤振る舞いしていることです。

鴻巣市議会 2018-09-26 09月26日-07号

内訳部落解放同盟鴻巣支部12世帯、1世帯6万円で72万円、同吹上支部世帯、1世帯6万で30万円です。なお、このさきに言った部落解放同盟は、予算より1世帯減りました。1世帯6万分決算では減りました。そして、部落解放北足立協議会は6世帯、3万7,800円ですから、22万6,800円、合計124万6,800円が出されています。他の団体はもう申請をしなくなりました。

志木市議会 2018-09-26 09月26日-06号

また委員より、人権啓発に要する経費の部分で、北足立同和対策協議会負担金5万円と、部落解放同盟負担金助成金が6万円とあり、助成金負担金を納めている協議会等から活動報告などは受けているのかとの質疑がなされ、北足立負担金については、14市町で構成されている協議会総会において、人権フェスティバル等の支出の報告があり、また助成金については、年に1回総会の中で報告されているとの答弁がなされました。 

桶川市議会 2018-09-26 09月26日-07号

答 毎年、部落解放運動団体活動補助金につきましては、部落解放同盟北足立協議会部落解放北足立協議会桶川支部にそれぞれ団体活動実績もと補助しているものでございます。平成28年度には、部落解放北足立協議会桶川支部活動が縮小していたために補助金申請がなかったため、補助金を交付しませんでした。しかし、29年度には活動され、その活動実績もと申請があったため補助をしたものです。 

小川町議会 2018-09-21 09月21日-委員長報告、質疑、討論、採決-07号

この人権問題が浮上してきたのは、1970年代ごろいわゆる部落解放同盟脅迫行為、時には暴力行為を含めて自治体や学校に迫り、部落差別のあることを認めさせ、同和問題を強要してきたことから始まります。各自治体は、国からの圧力もあり、予算を大幅にとるようになったのです。八鹿高校事件など大きな暴力事件があったり、いろんな経過はありましたが、2002年3月、国会において同和問題終結宣言がなされました。