1294件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 狭山市議会 平成31年  3月 定例会(第1回)−03月14日-08号 また、農業政策の推進と強化については、農業の活性化につながる、いるま野農業協同組合による里芋等選果施設導入を促すなど、さらなる生産拡大や高品質化に向けての取り組み、狭山茶のPRなどを積極的に行っていただき、市場評価の高い里芋やお茶のさらなるブランド化への取り組みに期待するものであります。   もっと読む
2019-02-28 春日部市議会 平成31年 2月28日教育環境委員会−02月28日-01号 次に、担い手の3年間の実績ということですが、明日の農業担い手育成塾は、塾の運営を春日部市農業団体連合会に委託し、指導農家や農林振興センター、農業協同組合等と連携し、栽培技術、営農計画、農業経営、販路の開拓などの指導を行い、卒塾後に就農に結びつけるようにするものでございます。   もっと読む
2019-02-28 狭山市議会 平成31年  2月 総務経済委員会(第1回)−02月28日-02号 3番強い農業づくり産地基幹施設整備事業費は、国産農産物の安定供給のために生産から流通までの強い農業づくりに必要な産地基幹施設の整備等を支援する経費であり、19−3事業補助交付金強い農業づくり支援事業費補助金は、農業者の里芋などの出荷の省力化と選別作業の効率化を目的に、いるま野農業協同組合が実施する里芋等選果施設の導入を促進するものであります。   もっと読む
2019-02-28 川越市議会 平成31年第1回定例会(第8日・2月28日) 本文 本市といたしましては、財政的な負担はないものの、市内農業の振興に大きくつながるものと考え、埼玉県川越農林振興センターやいるま野農業協同組合と連携、協力して、この事業に取り組もうとする農業者に対し、計画策定等の支援をしてまいりました。  今後の予定といたしましては、三月中に申請書を提出し、事業採択は六月ごろになる見込みとなってございます。 もっと読む
2019-02-20 狭山市議会 平成31年  3月 定例会(第1回)-02月20日-01号 なお、里芋については、特に市場の評価が高いことから、狭山市産の里芋についてのさらなるブランド化について、今後、関係者と協議してまいりたいと考えており、また、里芋などの出荷の省力化と選別作業の効率化を目的に、いるま野農業協同組合が実施する選果施設の導入についても、その促進を図ってまいります。   もっと読む
2018-12-12 朝霞市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月12日−04号 あさか野農業協同組合の対応はどうなっているかということでございますけれども、あさか野農業協同組合につきましては、来年2月ごろに本店が本市に移転してくる予定でございます。市といたしましても地産地消の推進、農業振興を図るため、新店舗内へ農産物の直売所の設置を要望しているところでございます。今後につきましても、本店移転を契機に農協とのさらに連携を進めてまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-12-11 朝霞市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月11日−03号 農産物の地産地消の推進は、朝霞の農業協同組合の本店移転を契機に、朝霞の農業や農産物に対する理解を深めていただけるよう、農協、飲食店や市民と協力し、生産者と市民の交流の場づくりを進め、朝霞の農産物の需要創造に取り組んでまいります。   もっと読む
2018-12-10 川越市議会 平成30年第5回定例会(第12日・12月10日) 本文 インボイス制度につきましては、卸売市場や農業協同組合等が販売の委託を受けて行う農林水産品の譲渡等についてはインボイス制度における適格請求書の交付義務が免除されることとなっていることから、多くの農業者には影響がないものと考えられます。  なお、農業者が直接加工食品の製造業者等に納品していて、適格請求書の発行を求められた場合は、適格請求書発行事業者の登録を受ける必要があります。 もっと読む
2018-12-07 川越市議会 平成30年第5回定例会(第9日・12月7日) 本文 このことから、市内在住の農業者が生産した農産物であれば、いるま野農業協同組合の共販出荷物を除き、ロゴマークのシール等のグッズを使用できることとしております。  なお、ロゴマークの使用に当たりましては、農業者に使用申請書を提出していただくとともに、ロゴマークシールを張った川越産農産物の価値を高めるために、自信を持って提供できる農産物に張っていただく等のお願いをしております。   もっと読む
2018-09-28 朝霞市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月28日−06号 分担金及び負担金は、今建設中の農業協同組合の区域外流入に関するものだと思うが、現在まで区域外流入が何件くらいあったのかとの質疑に対し、これまでに100件ほど行っており、朝霞厚生病院、東洋大学キャンパス、TMGあさか医療センターなどであるとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-27 新座市議会 平成30年第3回定例会−09月27日-13号 農業協同組合から提出されました陳情は、貴重な緑、農地を末永く守っていくために、相続税、固定資産税、都市計画税の軽減を国に働きかけてほしいというものでした。相続税が何億円とかかるために、田畑や雑木林がやむなく駐車場やマンションに変わったり、財務省に寄附するなどのご事情をお聞きしています。 もっと読む
2018-09-19 川越市議会 平成30年第4回定例会(第20日・9月19日) 本文 この交付金は、箱わな、電気柵及びワイヤーメッシュ柵の購入等により、鳥獣による被害防止の取り組みを総合的かつ計画的に実施する地方公共団体や農業協同組合等で構成される協議会等に対して交付されるものとなってございます。   もっと読む
2018-09-12 川越市議会 平成30年第4回定例会(第13日・9月12日) 本文 本市では、いるま野農業協同組合の支店を単位に作成する計画としており、埼玉県川越農林振興センターやいるま野農業協同組合などの関係機関と協力しながら策定作業を推進しております。田面沢地区につきましては、平成二十八年度に策定作業に着手し、同年度内に人・農地プランを策定いたしました。 もっと読む
2018-09-12 草加市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日-05号 農政改革と称して、農業委員会、農業協同組合など、戦後の家族農業を支えてきた諸制度を次々に解体してきました。昨年の国会では、農業競争力強化支援法など関連法を成立させ、種子法の廃止も強行しました。農村の現場の声には全く耳を貸さず、規制改革推進会議などの財界委員の主張を一方的に採用して、暴走を繰り返したのです。   もっと読む
2018-09-11 志木市議会 平成30年  9月 市民文教都市常任委員会-09月11日−01号 本事業は、あさか野農業協同組合に水田農業推進事業を委託し、米の計画出荷と生産調整を図ったもので、主な支出は13節委託料でございます。  次に、3、市民農園に要する経費でありますが、事務事業報告書の141ページになります。   もっと読む
2018-09-11 桶川市議会 平成30年  9月 民生経済常任委員会-09月11日−01号 こちら酪農ヘルパーにつきましては、埼玉農業協同組合北部統括部営農経済課、こちらを事務局にいたしましたヘルパー組織に対しまして、事業の補助金として交付をしております。 もっと読む
2018-09-07 桶川市議会 平成30年  9月 民生経済常任委員会-09月07日−01号 続いて、3号委員については、こちらにつきましては内訳として、商工会の女性部から1名を、さいたま農業協同組合から1名、学識経験者として1名を選出してもらっているところです。4号委員のほうは、こちらにつきましては、全国健康保険協会から1名を選出していただいているところでございます。  以上でございます。 ○新島光明委員長 ほかに。     もっと読む
2018-09-04 草加市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月04日-03号 ◎産業振興課長 草加都市農業フェアについてでございますが、前年度、平成28年度に引き続きまして、草加市農業振興協議会、草加商工会議所、さいたま農業協同組合、草加の枝豆倶楽部実行委員会等が実行委員会を設立しまして、平成29年6月11日、日曜日に草加中央防災広場にて開催いたしました。   もっと読む
2018-09-03 小川町議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月03日−一般質問−01号 議員ご質問の学校給食へのOGAWA'N野菜の使用ということですが、現在学校給食センターでは埼玉中央農業協同組合小川直売所及び有限会社小川中央青果を通じて野菜を購入しております。その時期にとれた新鮮で安価な野菜を品目ごとに見積もり合わせによって購入先を決定しているため、納品された野菜がOGAWA'N野菜かどうかは、給食センターでは確認しておりません。 もっと読む
2018-09-03 春日部市議会 平成30年 9月 3日教育環境委員会−09月03日-01号 次に、団体名でございますが、この事業により補助金の交付を受けた団体は春日部市園芸協会や春日部農産物直売協議会、埼玉みずほ農業協同組合などがございます。 もっと読む