運営者 Bitlet 姉妹サービス
1673件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月07日−議案質疑−05号 国策として原発を輸出製品として輸出、それを進めようとしています。昨日のニュースだったかと思います。テレビではないので、インターネット上でのニュースなので、ご存じない方が多いかもしれませんが、三菱重工がトルコに原発をつくろうとしていました。しかし、見たニュースでは、それは失敗したということです。それから、英国で、日立製作所がこれに絡んでいるのですけれども、原発をつくろうとしています。 もっと読む
2018-09-06 白岡市議会 平成30年  第3回( 9月)定例会-09月06日−議案説明−01号 輸出及び輸入につきましては、持ち直しの動きに足踏みが見られると下方修正しながらも、先行きは、雇用・所得環境の改善が続く中、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待されているところでございます。  また、内閣府が発表しました4月から6月期のGDPの速報値を見ますと、前期比プラス0.5%、年率換算でプラス1.9%と2四半期ぶりにプラスに転じております。 もっと読む
2018-08-29 上尾市議会 平成30年  9月 定例会-08月29日−議案説明−01号 審査の結びとなりますが、平成29年度の我が国経済は、雇用・所得環境の改善が続く中で、穏やかな回復基調が続いており、海外経済が回復するもとで、輸出や生産の持ち直しが続くとともに、個人消費や民間設備投資が持ち直すなど民需が改善し、経済の好循環が実現しつつあり、これを一時的なものに終わらせることなく、全国津々浦々まで好循環を実感できるような取り組みをしているところだと存じます。    もっと読む
2018-08-27 戸田市議会 平成30年 9月定例会(第3回)-08月27日-01号 また、海外経済が回復するもとで輸出や生産の持ち直しが続くとともに、企業収益は過去最高となりました。さらに、個人消費や民間設備投資などの国内需要も持ち直しており、経済の好循環が進展したところでございます。   もっと読む
2018-06-20 川越市議会 平成30年第3回定例会(第14日・6月20日) 本文 こうしたところを見ると、TPPは、当初議論が始まったときには、関税の撤廃と、それから輸出、輸入の貿易等の問題と捉えられていた部分が、それ以外の分野が非常に多岐にわたっているということが改めてわかるわけです。   もっと読む
2018-06-18 上尾市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−一般質問−05号 6つ目に、原発輸出事業の中止。7つ目に、太陽光、風力、水力、地熱など自然エネルギーの比率目標を2030年までに50%以上、2050年までに100%とする、こう述べています。32年後の2050年までに100%にするという壮大な基本方針です。   市長にお聞きします。原発ゼロ・自然エネルギー基本法案についてどのようなお考えか伺います。 ○議長(道下文男議員) 畠山市長。 もっと読む
2018-06-14 春日部市議会 平成30年 6月定例会−06月14日-08号 牛肉や豚肉でもカナダなど米国産以外の対日輸出の関税が大幅削減されるため、米国の農業団体の不満を背景に、トランプ政権が対日圧力を強めることは目に見えております。ところが、政府は、TPP11による農業生産の減少はないとする試算を発表し、関係者から厳しい批判が出ております。食の安全や投資家対国家紛争解決(ISDS)条項への懸念も解決されず、情報公開や説明は全く不十分と言わざるを得ません。 もっと読む
2018-06-12 川口市議会 平成30年6月定例会 埼玉県川口市議会-06月12日−02号 その後、日本の産業構造をこれまでの輸出型から多国籍企業型、国際競争型に変えるための施策に取り組んできました。その一方で、国民生活においては、現在、日本型の終身雇用や年功序列型の賃金体系、社会保障制度の見直し等が続いています。   もっと読む
2018-06-07 白岡市議会 平成30年  第2回( 6月)定例会-06月07日−議案説明−01号 次に、国内の経済情勢に目を向けますと、先ごろ発表されました5月の月例経済報告では、個人消費や輸出の持ち直し、または企業の設備投資や生産力の増加などにより、景気は緩やかな回復基調が続いております。 もっと読む
2018-03-23 新座市議会 平成30年第1回定例会−03月23日-16号 ドイツなどでは、福島をきっかけにして、自然エネルギーの比率を高めていくと猛反省しているのに、日本がこれを教訓とせずに、まだ事故も収束していないのに原子力発電所の再稼働を進めたり、トルコなどの地震国に原子力発電を輸出するために安倍首相がトップセールスをしているということまで聞きまして、何だろうかというふうに私は感じています。   もっと読む
2018-03-13 深谷市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月13日−04号 農水省は、けがや病気によって収穫できない、倉庫に保管中の作物が洪水などで水浸しになって売り物にならない、輸出したときの為替変動で売り上げが落ちたといった事例も含まれるとしております。収入保険制度の加入申請は、本年の秋からスタートいたします。また、保険制度は明年1月より本格運用が始まります。 もっと読む
2018-03-12 深谷市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月12日−03号 日本の食料自給率は低いとはいえ、人口減少や高齢化などにより国内の消費は減少が見込まれ、もう既に始まっていますが、農産物の輸出がより一層進んできます。そのようなことを考え、国は農産物の世界基準を模索しているようです。深谷市は、県下はもちろん日本でも有数な農業が盛んなところで、中でも深谷ねぎは日本中に知られております。より一層の進化を図るために、このビッグチャンスを逃す手はありません。 もっと読む
2018-03-07 東松山市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月07日−一般質問−04号 もともと地ビールでやっていたものを、朝霧社長のほうでコエドビールというすばらしいブランド化をして、今では知らない人はいないというぐらい、世界にも実際に輸出されていますし、クラフトビールの中で知名度を築いている。やはり皆さんコエドビールといったら知っている、購入するという、そういった好循環が生まれています。東松山市にもそうした考え方というのが非常に大切になってくるのだろうなと思っております。 もっと読む
2018-03-06 新座市議会 平成30年 3月総務常任委員会−03月06日-03号 ですので、ドイツなどでは、福島をきっかけにして自然エネルギーの比率を高めていくというふうに、外国のほうがそういうふうに猛反省しているのに、日本がこれを教訓とせずに、まだ事故も収束していないのに原発の再稼働を進めたり、トルコなどの地震国に原発を輸出するために安倍首相がトップセールスをしているということまで聞きまして、何だろうかというふうに私は感じています。   もっと読む
2018-03-06 草加市議会 平成30年  2月 定例会−03月06日-04号 輸出大企業などは海外で消費税を商品に転嫁できないでしょうという思いやり減税によって、消費税を払うどころか何百億円もの還付金を受けてもうけを上げております。  市民の命を守る草加市立病院では、消費税を幾ら支払わなければならないのか。病院は還付を受けられないわけですね。この消費税分を差し引くと、病院の赤字はどうなるのかお示しいただきたいと思います。   もっと読む
2018-03-01 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  3月 予算委員会-03月01日−08号 まず、この関係ですが、食肉中央卸売市場と屠畜場を統合して別の場所に移転整備し、肉の直売や飲食もできる観光施設あるいは海外への輸出拠点として整備する方針だと伺っておりますけれども、まず、この一体整備、統合の効果、整備手法はどのようなものなのか、海外展開戦略はどのように検討されていくのか、このことについてまず教えてください。 もっと読む
2018-03-01 蕨市議会 平成30年第 1回定例会-03月01日-02号 それもいろんな要因があろうかというふうに思いますけれども、やはり異次元の金融緩和と呼ばれておりますが、その辺から円高が是正をされて、輸出の大きな企業を中心に収益が改善をされているとか、あるいはその大きな資金が株式市場に流れて株価が高騰しているとか、そして企業の収益が過去最高を記録しているとか、そういう数値はあるわけですね。 もっと読む
2018-02-22 蕨市議会 平成30年第 1回定例会−02月22日-01号 さて、我が国経済は、世界経済の拡大による輸出の増加や異次元の金融緩和などによる株高など、引き続き、回復基調にあると言われています。確かに株価は乱高下がありながらも高い水準を続けており、企業収益は過去最高を記録し、雇用についても昨年12月の有効求人倍率は1.59倍で44年ぶりの高水準となりました。   もっと読む
2018-02-21 草加市議会 平成30年  2月 定例会−02月21日-01号 市制60周年、2020年東京オリンピック・パラリンピックを控え、草加せんべいの国際的PRの強化のため、国内外に魅力を発信するPRイベントなどを企画・開催する団体や、商品開発・販路拡大・国外への輸出などを行う事業者などへの支援を行うことで、より広角的な視点から、本市の魅力を発信し、まちの活性化につなげてまいります。   もっと読む
2018-02-20 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  2月 市民生活委員会-02月20日−02号 ◎資源循環推進部長 中国には年間で日本から約20万トンを超えるペットボトルが輸出されておりました。それが国内で流通するということになりますと、当然ペットボトルの単価が下がってくるということになるかと思いますので、そうしますと、自治体にとりますと歳入が減るという恐れがございます。それともう1点、やはり容リ協会のほうへ、その中国へ行っていたペットボトルが流れてくるということが考えられます。 もっと読む