475件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊谷市議会 2025-09-10 09月10日-一般質問-03号

次に、相談窓口で対応するスタッフですが、助産師保育士言語聴覚、臨床心理士保健師などです。 次に、相談窓口に来る動機ですが、言葉が遅い、多動、こだわりが強い等、保護者にとっては育てづらさや育児負担感があるなどです。 次に、保護者支援についてですが、言語聴覚臨床心理士保健師による個別相談を行い、就学するまでの間、必要に応じて支援を継続しています。

川口市議会 2023-06-13 06月13日-04号

また、体制については、多様化、複雑化する相談に対応できるよう、社会福祉士保健師保育士教員、さらには臨床心理士公認心理師作業療法士言語聴覚といった専門職配置する予定であります。 乳幼児期からの切れ目のないワンストップ支援体制を構築し、また、市民の皆さんにとって安心して相談できるセンターとなるよう準備に努めて参る所存であります。 以上です。

川口市議会 2020-12-13 12月13日-06号

支援内容といたしましては、例えば児童発達支援センターわかゆり学園では、保育士児童指導員のほか、言語聴覚による「ことば訓練」や理学療法士による「効率的に体を動かすための訓練」などを行なっているところでございます。 次に、(6)でございますが、放課後等デイサービスは、主に6~18歳の障害のある児童対象として、放課後夏休み等長期休業日においてサービスを提供する事業でございます。 

毛呂山町議会 2020-09-05 09月05日-04号

町では、介護予防事業における口腔機能向上への取り組みといたしまして、高齢者支援課におきまして、2017年度にいきいきシニア講座介護予防サポーターフォローアップ教室を開催し、言語聴覚による口腔機能向上のためのお口の体操等実施しており、高齢者口腔機能向上を図るための介護予防におけるこのような取り組みは、大変重要であると認識しております。

鳩山町議会 2020-03-04 03月04日-03号

このようなことから、令和元年9月28日に開催をいたしました健寿まつりINはーとんスクエア2019では、霞ヶ関南病院にある埼玉地域リハビリテーションケアサポートセンターにご協力をいただき、言語聴覚による現状に合った補聴器使用方法や、お使いの補聴器適正状況などを含む個別相談とともに、聞こえ等をサポートするグッズの展示、紹介等をさせていただきました。

狭山市議会 2020-03-03 令和 2年  3月 文教厚生委員会(第1回)-03月03日-01号

次に、3番青い実学園療育事業費は、児童発達支援する療育に要する費用であり、保育士看護師等会計年度任用職員に係る人件費児童言語発達を促す言語聴覚に係る謝礼金等が主なものであります。以上であります。 ◎生活福祉課長 続きまして、181ページをお願いいたします。  

日高市議会 2020-02-26 02月26日-議案説明-01号

また、発育発達相談につきましても、医師言語聴覚及び理学療法士に新たに臨床心理士を加え、相談体制強化を図ります。   続きまして4点目、市民が安心して健康に暮らすことができる「安心・安全の確保」でございます。   「防災情報伝達システム整備維持管理事業」につきましては、引き続き、防災行政無線デジタル化工事実施します。   

戸田市議会 2020-02-19 令和 2年 3月定例会-02月19日-01号

このほかにも、保護者経済的負担軽減やとだっ子ゼミナールによる教育促進、全中学校でのスクールカウンセラー増員教員センターへの言語聴覚配置ICT環境整備文化会館の改修などにも取り組んでまいります。  次に、基本目標2、「誰もが健康でいきいきと生活できるまち」について申し上げます。  健康づくりについては、支え合いの仕組みづくりに向けて、TODA元気体操の拡大を支援してまいります。

加須市議会 2020-02-10 02月17日-01号

主な事業を申し上げますと、第1項保健衛生費では、まず第1目保健衛生総務費では、不妊治療やその検査費用、不育症検査費用の一部を助成する不妊治療事業埼玉一の健康寿命まちを実現するための経費として、妊婦保健事業乳幼児健診事業、親子・育児教室言語聴覚によることば相談などを実施する幼児発達支援事業済生会加須病院建築工事が始まることから、これに係る補助金を交付するとともに、周辺道路整備などを実施

鳩山町議会 2019-12-06 12月06日-04号

また、聞こえの相談をはじめ、言語聴覚による相談体制を整えておりますので、聞こえや言語についてのご心配などがあれば、ご相談をいただけるよう周知、広報活動に努めてまいりたいと思っております。 次に、(3)の現状を把握することについて、お答えいたします。 高齢者難聴につきましては、12月1日現在、65歳以上の聴覚障害による障害者手帳所持者は30名でございます。

鳩山町議会 2019-11-25 12月03日-01号

地域包括ケアセンターエリアでは、日ごろの事業紹介事業体験言語聴覚による聞こえ、言葉飲み込み等個別相談比企医師会在宅医療連携拠点等協力を得て在宅医療相談実施し、常日ごろの不安などに対する相談実施いたしました。あわせて西入間察署にもご協力をいただき、交通安全や防犯に関する普及啓発促進実施いたしました。

桶川市議会 2019-09-26 09月26日-07号

答 教育相談事業として桶川教育センター教育センター所長専任教育相談員カウンセラー桶川ことば教室に1名の言語聴覚です。 問 常時、教育センターにいる人数を伺う。 答 少なくとも2名以上になるように配置されています。 問 適応指導教室職員配置連携を伺う。 答 適応指導教室は、職員配置の4名で対応しています。

朝霞市議会 2019-09-18 09月18日-03号

厚労省文科省は、支援を進めるために、難聴に対応できる医師言語聴覚らの専門家難聴児が通う保育所や学校などの連携強化が必要と判断し、多職種が協力し、切れ目のない支援を行えるよう自治体向けの指針をつくり、自治体には地域の実情に合わせた支援計画づくりも求めるとありました。 そこで、お聞きいたします。朝霞市においての難聴検診把握状況についてお伺いをいたします。 

本庄市議会 2019-09-13 09月13日-03号

個々の発達状況などに応じ、その子や保護者にとって最良と考えられる支援方法を提案するとともに、子供の成長、発達経過確認につきましては、電話による確認を初め作業療法士言語聴覚また心理士による個別教室での確認や、集団での遊びの教室での確認、保育園や幼稚園での確認保健師による個別相談での確認など、いろいろな場面を活用し、行っております。  

加須市議会 2019-09-09 09月09日-02号

また、言葉相談では、言葉の遅れの可能性のある発音等心配のある子どもに対し、言語聴覚による個別相談を行うとともに、必要に応じて医療機関への受診を勧めております。 実施回数加須保健センターで24回、騎西保健センターで24回、北川辺保健センターで12回、大利根保健センターで12回の計72回であり、参加延べ人数は626人となっております。 

春日部市議会 2019-09-02 令和 元年 9月定例会−09月02日-04号

次に、専門職配置状況につきましては、非常勤の臨床心理士1名と言語聴覚1名を配置しているところでございます。  以上でございます。 ○金子進 議長  次に、折原健康保険部長。                    〔折原章哲健康保険部長登壇〕 ◎折原章哲 健康保険部長  決算附属資料113ページ、小児救急医療運営事業のご質疑について答弁申し上げます。