748件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊谷市議会 2048-09-11 09月11日-一般質問-04号

6月29日から西日本中心に大気の状態が非常に不安定となり、西日本太平洋側では局地的に激しい雨となりました。九州南部地方では、降り始めの6月28日からの総降水量が1,000ミリを超える記録的な大雨となり、梅雨前線は7月6日ごろにかけて西日本から東日本に停滞し、西日本から東日本で局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降りました。被害状況は、死者2名を含む人的被害が7名、住宅被害が523棟でした。 

熊谷市議会 2032-06-19 06月19日-一般質問-05号

自然災害については、本年5月18日から20日にかけ、九州南部中心とした大雨被害発生、鹿児島県では総降雨量500ミリ、宮崎県では400ミリ、5月20日から21日の夜にかけては寒冷前線が西日本から北日本と、関東地方を通過したことにより、神奈川県では2名の人的被害、栃木県では2棟の床上床下浸水など住居被害発生するなど、大雨による被害が多くなる時期を迎えます。

美里町議会 2026-06-13 06月13日-一般質問-02号

昨年7月の西日本豪雨では、ため池が決壊し、人的、物的被害が生じたことを踏まえ、ため池管理のあり方など、課題が浮き彫りになった全国各地ため池適正管理防災対策を強化するため、国会では4月に、農業用ため池管理保全法が成立しました。  ため池は、雨が少ない地域農業用水を確保するために、人工的につくられ、全国に約20万カ所あると言われています。

東松山市議会 2024-06-18 06月18日-04号

まだあと防災についてということで、九十九川、これ小さな川なのですけれども、この前の西日本豪雨岡山真備町で氾濫した川も小さな小田川という川だったのです。ふだんちょろちょろ、ちょろちょろしか流れていない川だったのですけれども、まさかこの川が氾濫するとは思わなかったと。被災地の皆さんはそういった話をしておりました、テレビで。

美里町議会 2023-12-12 12月12日-一般質問-02号

直近の自然災害を振り返りますと、2018年7月には西日本豪雨死者が200名以上出ました。また、熊谷市では41.1度を記録、9月には台風21号で関西空港が水没しました。  2019年に入りまして、9月の台風15号の上陸により、千葉県では暴風57.5メートルという猛烈な風が吹き、大規模停電被害が続きました。続く10月の台風19号では、死者98名以上という大きな犠牲が出ました。

川口市議会 2022-12-12 12月12日-05号

昨年は西日本豪雨台風第21号が関西上陸、高潮で滑走路が閉鎖となり、暴風で流されたタンカーの衝突で連絡橋も不通となりました。今年も九州北部豪雨台風第15号、19号によって、関東甲信越、東北地方など甚大な被害発生しております。台風海面温度の高い熱帯海域上昇気流発生し、膨大な積乱雲の集合体となって猛威を振るいます。

東松山市議会 2021-12-13 12月13日-04号

昨年7月に発生した西日本豪雨では、200人を超える方が犠牲となられましたが、その要因の一つに逃げ遅れがあると言われます。2018年9月、共同通信が出したデータでは、岡山広島、愛媛3県の17市町の避難率は4.6%、中でも広島県にあっては避難勧告避難指示が236万人に出たものの、避難所への避難が確認されたのは1万7,000人で、わずか0.8%であったといいます。  

毛呂山町議会 2021-12-04 12月04日-03号

昨年は西日本ことしは関東地方中心台風被害があったことは記憶に新しいところです。  当町においても9.11の集中豪雨と雷による停電、そして10.12の台風19号による雨の被害がありました。当町の被害状況をお伺いいたします。  その2といたしまして、町の対応はどうであったのかお伺いをいたします。  3番目といたしまして、今後考えられる災害対策をお伺いいたします。  

日高市議会 2020-12-10 12月10日-一般質問-04号

さきの西日本豪雨では自治体避難情報などの意味が十分に理解されていなかったとされています。   そこで、5点目として、台風19号の豪雨により避難指示が出るまでの情報の周知に対する課題をお聞きします。   次に、標題2の健康推進部関係について、1番目、高齢者多剤服用について、多剤服用適正化に向けた取り組みをお聞きします。

川口市議会 2020-12-10 12月10日-03号

昨年7月に西日本を襲った豪雨災害は、猛暑の時期に発生し、住民避難所となった学校体育館には、空調機がないため、過酷な環境下での避難生活を余儀なくされました。 私ども公明党市議団も大きな被害発生した倉敷市に出向き、被災状況やその対応、また避難所状況などを視察して参りました。避難所となった真備町の体育館では、本当に暑さが厳しかったようで、熱中症など多くの方が体調を崩されたとのことでした。 

越谷市議会 2020-12-09 12月09日-03号

理由は3つあり、西日本豪雨台風21号、猛暑ということです。  一方で、日本はもう一つ名指しを受けました。石炭火力発電推進理由化石賞を受賞しました。ここ何回か、必ず化石賞を受賞し続けています。世界第5位の温室効果ガス排出国としての責任を果たしてほしいという世界のメッセージです。にもかかわらず、政府のエネルギー計画などには改善が見られません。

毛呂山町議会 2020-12-03 12月03日-02号

国は2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震、昨年の西日本豪雨などの被害を踏まえて、地域住民避難生活の拠点としての学校の役割をどう整えるか提言を出して自治体取り組みを促してきました。全国公立学校施設防災機能保有状況も調査しております。  そこで、1点目、今回の台風19号での避難所の開設とタイミングについてお伺いいたします。

川口市議会 2020-09-11 09月11日-02号

昨年は6月の大阪北部地震、9月の北海道胆振東部地震、そして7月には西日本中心被害をもたらし、平成最悪水害と言われる平成30年7月豪雨など、全国で多くの災害による甚大な被害発生し、多くの方々が犠牲になられました。また、今年においては、6月末から7月の九州南部中心とした大雨、そして8月末からの秋雨前線の影響による九州地方を襲った大雨でも人的被害や河川、家屋など、広範囲被害発生しました。