25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

上尾市議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会-12月14日−一般質問−05号

また、許認可を受ける民間企業では、その業界の業法に違反した場合、業務停止命令許認可の取り消し処分などの行政懲役罰、罰金刑などの刑事罰を科せられる可能性があり、業務停止命令許認可の取り消し処分などが科せられ、事業を行えなくなる事態になります。そして、何より怖いのが、社会的信用の低下により信用を失うことです。   

草加市議会 2016-09-09 平成28年  9月 定例会-09月09日-02号

条例に規定をいたします罰則は、行政となる過料のみ規定していることから、本条例を根拠に警察逮捕起訴することはできないものでございます。しかしながら、埼玉県迷惑行為防止条例におきましては、罰則として懲役刑や罰金刑の規定となっておりますことから、県条例を根拠に警察逮捕起訴することができるものと伺っております。  次に、迷惑行為を行った者に対する公表についてでございます。  

新座市議会 2015-09-09 平成27年 9月文教環境常任委員会−09月09日-02号

新座市路上喫煙の防止に関する条例の中で、罰則という部分につきまして、厳密に言えば罰則ということではないのですけれども、違反されている方が是正命令を出して、それにも応じていただかない場合は、これは行政という扱いにはなるのですが、2,000円の過料、過ち料かと思うのですけれども、そちらを科すことができる旨の規定が条例上はございます。ただ、こちらを科した例はございません。

富士見市議会 2015-09-08 平成27年  総務常任委員会-09月08日−04号

伊勢田幸正委員 あと今回追加される第47条ではの5万円以下の過料、過ち料という規定ですけれども、過ち料なので、刑事罰ではなくて行政ということで理解しておりますが、これの手続を確認したいと思います。 ○大谷順子委員長 暫時休憩します。                 休憩 午前9時35分                 再開 午前9時35分 ○大谷順子委員長 再開します。    

鶴ヶ島市議会 2015-09-01 平成27年  9月定例会(第3回)総務産業建設常任委員会-09月01日−01号

◆長谷川清委員 懲役罰金で、それは行政のほうですね。行政のほうは、刑事罰だとかというのではなくて。 ○内野嘉広委員長 中島総務部長。 ◎中島啓善総務部長 個人情報保護条例罰則ということで、今ご説明させていただきましたけれども、例えば個人情報ファイルの提供ですと、今申し上げましたように2年以下の懲役または100万円以下の罰金ということになっております。

熊谷市議会 2014-12-15 平成26年 12月 定例会(第4回)-12月15日−一般質問−04号

飲酒運転は、平成19年9月に刑事罰が、21年6月には行政がそれぞれ厳罰化されておりますが、依然として後を絶たず、検問による検挙も相当数に上るとのことであります。飲酒運転の原因といたしましては、車を利用して飲酒場所に行くときは、飲んだ後は車を置いて帰ろうと考えていたものが、そんなに飲んでいないからなど、身勝手な判断により、自分で車を運転してしまうことが多いとのことです。  

吉川市議会 2012-12-04 平成24年 12月 定例会(第5回)-12月04日−02号

また、市長三役、あるいは部課長等の過去の減額等の事例があれば、その件数、重立った内容を明らかにしていただければ、減額ということも、行政の広い意味で範疇だろうと思います。刑事罰と違って、行政ということがありますけれども、主な事例、今回のようなことが、これまでにあったのかどうか伺っておきます。  今回の事例は、大変私は深刻で重大な事例、事犯だというふうに受けとめています。

蕨市議会 2012-09-24 平成24年第 5回定例会−09月24日-03号

それと、行政代執行までの期間設定、先ほどの答弁では、時期があいまいになっていた部分があったと思うのですが、この辺は明確に設定したほうがいいんではないかと思う部分もありますし、また、執行した場合の費用弁済、そして、さらなる強制徴収、それと、行政執行罰、これはどのようにお考えになっているのか。ここまで実施をしていくのかどうかということも含めてお願いいたします。

朝霞市議会 2012-06-15 平成24年  6月 教育環境常任委員会-06月15日−01号

つまり、行政刑罰外国人の場合は受けるという、それも20万円以下、懲役としては1年以下というとんでもない、これは僕、法律家じゃないからわからないけれども、日本法体系からいってもとんでもない内容ですよ。私、ここに日本が今、多国籍外国人との共生という社会に向けてという国のスローガンと相反することが実際進められていると、ここに重大な問題があると思うんですよ。

加須市議会 2011-09-08 加須市議会 会議録 平成23年 第3回 定例会( 9月)-09月08日−02号

次に、過料行政上の義務違反に対して制裁として課せられる行政であります。義務の停滞によって行政目的の発生に障害を生ずる危険がある場合にとどまらず課せられる行政上の秩序罰と認識しております。本案で言う過料は、国の検察庁裁判所に頼らざるを得ない刑罰の賦課とはことなり、地方自治体の自己責任と自己決定で処理できるものであります。

桶川市議会 2011-09-06 平成23年  9月 総務常任委員会-09月06日−01号

それから、付託前の説明でもありましたけども、いわゆる罰則の見直しというか、行政の強化ということで、その理由の1つとして、悪質な脱税対策だと、国税も30万から100万円に改定していると、こういう説明がありましたけど、これは必ずしも国政がこういう改正になったのを受けて、各地方自治体がこの過料のいわゆる行政の強化をしなくてはいけないという、そういう何らかの規定があるのかどうかということですね。  

日高市議会 2009-09-15 平成21年  第5回 定例会-09月15日−一般質問−03号

◆7番(森崎成喜議員) さらに、独占禁止法違反への罰則が、刑事罰、行政が強化されたと聞いているが、どのような内容なのか、さらに日高市工事請負者指名選定基準というものがありますが、これはいつごろ制定されたのか、またその後の見直しをしたのか、その点についてお伺いをいたします。 ○議長(齋藤忠芳議員) 小峰総務部長。 ◎総務部長(小峰) お答えいたします。    

行田市議会 2009-03-06 平成21年  3月 定例会-03月06日−03号

また、公表することが罰則に相当するかについてでございますが、行政法上、義務違反に対して科される罰則行政と言われ、罰則には懲役禁錮などの行政過料秩序罰がございます。公表はこれらに値しないことから、罰則にはならないものでございます。  次に、2点目、公表について、具体的にどのような形で公表するかということでございますが、告示による公表を考えております。

三郷市議会 2004-06-10 平成16年  6月 定例会-06月10日−04号

職員罰則につきましては、行政刑事罰、懲戒処分等がございますが、この場では市職員の受ける罰則のうち、最も代表的なものであります地方公務員法第29条第1項に定める懲戒について申し上げます。  岡庭議員ご承知のとおり、懲戒とは市職員の一定の義務違反について、道義的責任を問うことにより、市における規律と公務遂行の秩序を維持することを目的として任命権者が科する処分でございます。  

越谷市議会 2004-03-01 平成16年  3月 定例会(第1回)-03月01日−代表質問−02号

久喜市の方は、これは過料、過ち料、これは行政でございまして、越谷市の方の罰則の方が重いわけですけれども、罰則というのは、これは行政と違って市が適用するものではございませんので、発見したときにその場である程度の証拠があれば、警察あるいは検察庁告発をして、検察庁起訴をして、裁判所刑罰として罰金を言い渡すと、そういう手続になるものでございまして、やはりこれは条例罰則を入れたこと自体、必ずしもその

越谷市議会 2003-06-13 平成15年  6月 定例会(第2回)-06月13日−一般質問−03号

議員さんのご質問の中にもございました、千代田区の生活環境条例につきましては、歩きたばこや吸い殻、空き缶等のポイ捨てに対し、マナーの向上といった啓発のみではなかなか改善が図られないことから、駅周辺において職員によるパトロールを実施するとともに、一部地域において、行政の一つであります過料を科することにより、条例の実効性を確保しているとお聞きしております。

狭山市議会 2001-06-06 平成13年  6月 定例会(第2回)-06月06日-01号

第20条から第22条までは、罰則に関する事項を定めたもので、刑事罰でなく行政としての過料を課すこととしたものです。  禁止行為をした者は5万円以下、許可を得ずに行為をした者は2万円以下及び偽り、不正により使用料の徴収を逃れた者には、使用料の5倍に相当する金額を過料として課すことを定めたものです。  次に、附則についてご説明申し上げます。  

  • 1
  • 2