37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

越生町議会 2018-09-10 09月10日-03号

また、企業誘致を進めるためには、都市計画法はもとより、農振法や農地法森林法自然公園、埋蔵文化財保護法など多岐にわたる法令の基準を満たす必要があり、短期間に事業化が図れるものではございません。したがいまして、新たな用地を確保するためには、法整備等に相当な期間を要しますので、大谷採石場跡地開発許可完了検査を待つことなく、埼玉県との協議を行うことは可能となっております。  

川越市議会 2015-09-11 平成27年第4回定例会(第11日・9月11日) 本文

さて、自然環境というものは、大きく分けますと原生的自然環境、次に里地・里山などによる二次的な自然環境、そして我々が住んでおります市街地自然環境に分かれると私は考えているわけでありますけれども、原生的自然環境では自然環境保全法または自然公園、森林法などで保全をされております。また、市街地自然環境につきましては、都市緑地法ですか、昔は都市緑地保全法だったんですが変わったそうですね。

毛呂山町議会 2012-12-04 12月04日-02号

また、山林におきましても、森林法第5条に規定する地域森林計画対象森林で1ヘクタールを超える開発許可が必要であり、また自然公園につきましても制限がありますので、十分な調査が必要となります。  いずれにいたしましても、民有地土地利用原則土地所有者の判断が基本となりますので、町では太陽光発電事業に対する情報提供を行ってまいりますので、ご理解願います。 ○堀江治議長 千葉議員

秩父市議会 2007-06-13 06月13日-議案質疑-02号

これにつきましてはですね、まず森林地域が大半であると、これにつきましては、森林法、あるいは自然公園あるいは公園法等関係でございまして、規制届け出が規定されているということでございまして、それらの法律との関係を整理しながら、景観形成重点地区などの活用を景観協議会あるいは景観審議会の中で検討していきたいというふうに考えております。 ○議長井上十三男議員) 30番、今井武藏議員

川口市議会 2006-12-08 12月08日-02号

次に、大きな11 神根地区市街化調整区域内の課題についての3点目についてでございますが、埼玉高速鉄道線の新井宿駅北側市街化調整区域は、都市計画上、市街化を抑制すべき区域として、市街化調整区域と定められているとともに、首都圏近郊緑地保全法に基づき、緑地保全を図るべき区域として安行近郊緑地保全区域、また自然公園に基づく安行武南自然公園として、それぞれ定められており、開発を抑制し、緑地保全すべき地域特性

所沢市議会 2006-09-12 09月12日-03号

県立狭山自然公園は、昭和26年、埼玉県が自然公園に基づき、市内の山口・荒幡・久米地区などの面積約1,600haの地域普通地域として指定しております。御承知のとおり同区域内市街化が進んでおりますが、開発に際しては県への届け出の義務が生じますことから、届け出に際し、環境に配慮するよう必要により県が指導を行っているところでございます。 

所沢市議会 2005-09-15 09月15日-05号

雑木林等保全制度につきましては、樹木伐採等に対して届け出が必要となる自然公園自然公園区域首都圏近郊緑地保全法首都圏近郊緑地保全区域、税制の優遇措置のある都市緑地法特別緑地保全地区市民緑地がございます。また、雑木林維持管理に対して奨励金が支払われる所沢緑化推進条例保護地区市民の森、ふるさと埼玉の緑を守る条例ふるさと緑景観地制度などがございます。

  • 1
  • 2