4975件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

志木市議会 2021-04-01 03月03日-01号

本案は、国民健康保険税課税限度額を、令和年度からの法定基準額改正をするものであり、基礎課税分を61万円から63万円に、介護納付分を16万円から17万円に改めるものでございます。基礎課税分後期高齢者支援分介護納付分を合わせた合計の賦課限度額は96万円から99万円になります。 なお、この改正により税額が増加になる世帯は、およそ210世帯で、約460万円の調定増を見込んでございます。 

志木市議会 2021-03-31 03月04日-02号

款国民健康保険事業費納付は、県から示されました医療給付費分後期高齢者支援金等分介護納付分の納付金額をそれぞれ計上しております。納付全体では20億144万2,000円で、対前年度比8,889万1,000円、4.6%の増となっております。 次に、5款保健事業費ですが、特定健康診査特定保健指導や人間ドック、保養施設利用補助などの経費を計上しております。 説明は以上でございます。

北本市議会 2021-03-24 03月24日-08号

また、歳出では、国民健康保険事業費納付が1億8,433万3,000円、約12%増の17億1,969万1,000円となっており、今年度も厳しい状況にあることが分かります。 今後、団塊の世代が後期高齢者を迎える2025年には、医療介護などの社会保障費の急増が見込まれ、国民健康保険では、被保険者数の減少が続き、一方では医療高度化等により1人当たり医療費増加していくことが想定されています。 

桶川市議会 2021-03-19 03月19日-08号

県の納付状況でございますと、埼玉県につきましては、令和年度から2年、3年と過ぎておりますけれども、納付ベースを考えますと、県の規模で考えますと、令和年度につきましては約1,951億ありまして、令和2年なりますと1,876億と若干下がっておるところです。ただ、令和年度になりますと、納付規模が1,910億というちょっと若干上がりぎみになっております。 

春日部市議会 2021-03-19 令和 3年 3月定例会−03月19日-10号

予算については、歳入歳出において、被保険者数増加医療費の増額を見込み、後期高齢者医療保険料後期高齢者医療広域連合納付が増額されており、適正に計上されていると認めるところであります。引き続き適正な制度運営を図るため、後期高齢者医療制度運営主体である埼玉後期高齢者医療広域連合との連携をより一層緊密にしていただくよう、よろしくお願いいたします。  

ふじみ野市議会 2021-03-18 03月18日-06号

審査では、国民健康保険事業費納付積算や1人当たり保険税必要額積算などについて質疑が行われました。なお、分科会長報告に対する質疑はありませんでした。 第18号議案については、反対討論が1件あり、採決の結果、起立多数で原案のとおり可決されました。 本件に対する生活・福祉分科会長報告を申し上げます。

三郷市議会 2021-03-16 03月16日-05号

保険税水準統一につきましては、令和年度から納付算定過程において医療費水準を反映させないことにする納付算定統一令和年度から市町村の収納率格差以外の項目の統一、その後、収納率格差一定程度まで縮小された時点からの収納率格差を反映しない完全統一の3段階に分けて保険税統一を図るものです。 

北本市議会 2021-03-12 03月12日-04号

また、行政サービス利用料、自治体納付、水道料金などにつきましては、本事業は公金を活用した消費活性化事業であることから、公共的なお支払いに対するものは対象外とし、金券、チケットなどの換金性の高いものにつきましても、本事業資産形成ではなく、市内経済活性化を目的とすることから、対象外といたしたところでございます。 ○滝瀬光一議長 大嶋議員

春日部市議会 2021-03-04 令和 3年 3月 4日厚生福祉委員会−03月04日-01号

しかしながら、高齢化の進行や1人当たり医療費増加は、中長期的にも続くものと予測されており、県へ負担金として納付する国民健康保険事業費納付の見通しも依然不透明な状況にあるため、予測のほうは難しいところではございますが、今後も国、県の方針である法定外繰出金の削減、解消の考え方に基づきまして、繰り出しの状況がゼロとなるようなものを維持できるよう、国保財政収支バランスの確保に努めてまいりたいと考えております

北本市議会 2021-03-02 03月02日-02号

次に、要旨2、国民健康保険事業納付増加について伺います。 こちらに令和年度当初予算の全体像が分かる表を用意いたしました。表の右側、歳出についてです。保険給付費は前年度から約2億7,000万円減っておりますが、国民健康保険事業費納付は約1億8,400万円も増加をしております。この国民健康保険事業納付は、県から提示される金額だと思いますが、これが大幅に増加した理由について伺います。 

三郷市議会 2021-03-02 03月02日-02号

款諸収入につきましては、次の410、411ページにわたりますが、延滞金預金利子及び医療費に係る第三者納付などでございます。 以上で歳入説明を終わります。 続きまして、歳出でございますが、412、413ページをお願いいたします。 1款1項1目一般管理費につきましては、医療費通知等に係る郵送料及び埼玉国民健康保険団体連合会への共同電算業務処理委託料が主なものでございます。 

春日部市議会 2021-03-02 令和 3年 3月定例会−03月02日-05号

したがいまして、現時点におきましては、今後の保険税の引下げは極めて難しいものと考えておりますが、国、県の方針を基本としつつ、毎年度埼玉県から提示されます納付標準保険料率を踏まえるとともに、国保会計内の収支バランス社会情勢等を考慮した上で適切に対応を図ってまいりたいと考えております。  

本庄市議会 2021-02-25 02月25日-01号

款2後期高齢者医療広域連合納付ですが、後期高齢者医療広域連合納付拠出事業マイナス1,421万4,000円は、納付確定によるものです。  次に、歳入ですが、7ページにお戻りください。款1後期高齢者医療保険料ですが、現年度賦課分マイナス813万2,000円、その下の滞納繰越分マイナス110万円は、保険料収入の見込みによるものです。  

三郷市議会 2021-02-22 03月01日-01号

第2条第2項、第3項及び第4項並びに第19条中の課税限度額を、基礎課税分につきましては現行の58万円から61万円に、後期高齢者支援金等課税分につきましては17万円から19万円に、介護納付課税分につきましては14万円から16万円にそれぞれ改定するものでございます。 なお、この条例の附則でございますが、施行期日令和3年4月1日とするものでございます。 

深谷市議会 2021-02-22 02月22日-01号

款国民健康保険事業費納付1項医療給付費分、1目一般保険者医療給付費分及び2項後期高齢者支援金等分、1目一般保険者後期高齢者支援金等分でございますが、保険基盤安定繰入金金額確定に伴う財源更正でございます。  10ページに参りまして、3項介護納付分、1目介護納付分につきましては、保険基盤安定繰入金及び財政安定化支援事業繰入金金額確定に伴う財源更正でございます。  

坂戸市議会 2021-02-22 02月22日-議案説明-01号

次に、議案第26号・「令和年度坂戸市後期高齢者医療特別会計予算を定める件」でありますが、後期高齢者医療広域連合納付等を措置するため、歳入歳出予算の総額を13億3,243万6,000円としたところであります。  歳出に見合う財源といたしましては、後期高齢者医療保険料繰入金等を見込み、収支の均衡を図った次第であります。  

ふじみ野市議会 2021-02-22 02月22日-01号

加えて、令和年度感染症の影響による受診控えなどもあり、令和年度医療費推計をすることが非常に難しく、これに連動して県から示されます国民健康保険事業費納付につきましても、受診控えなどにより医療費が大きく変動した月が除かれて算定されております。こうした医療費の動向や負担の在り方など、広域化後の財政運営安定化はまだまだ先になるものと認識しております。

北本市議会 2021-02-15 02月22日-01号

歳出については、後期高齢者医療広域連合納付が9億6,361万5,000円で歳出全体の99.6%を占め、そのほか総務費及び諸支出金を計上しています。 歳入については、後期高齢者医療保険料一般会計からの繰入金等を計上しています。 次に、議案第4号、令和年度北本都市計画事業久保特定土地区画整理事業特別会計予算について申し上げます。