8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

新座市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会-03月18日-12号

社会学生、編入学生等、多様な学生を積極的に受け入れていこうというのが専門職大学の特色のようです。働きながら通うということも可能なのではないかと考えています。  以上のような質疑の後、結論を出しました。  討論はありませんでした。  続いて、議案第13号 新座市重度要介護高齢者手当支給条例の一部を改正する条例について、審査内容と結果を報告いたします。  結論は、全会一致で可決すべきです。  

新座市議会 2019-02-28 平成31年 3月厚生常任委員会−02月28日-01号

高知県のほうにある専門職大学のようなのですが、その専門職大学の入学者の受け入れとしては、当然高校を卒業した者、また社会学生というのですか、社会学生、編入学生など多様な学生を積極的に受け入れていこうというのがこの専門職大学の特色のようでございますので、それぞれの学校によって授業の日程等は変わってくると思うのですが、基本的には働きながら通うということも可能なのではないかなというふうに考えております。

狭山市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会(第4回)−12月10日-05号

教育領域をどう捉えるかとして、教育の対象者を切り口にしてみると、概して学校教育とは青少年(小学生、中学生、高校生、大学生など)を対象とした教育であるというような捉え方がされがちであるとしていますが、要約すると、夏休み中の自然教室博物館の体験教室などに参加する子どもや社会学生として大学で学ぶ成人、放送大学で学ぶ成人など、前者の子どもは社会教育領域であり、正課の学校教育との領域を区分するために学校教育

富士見市議会 2014-09-29 平成26年  第4回 定例会-09月29日−委員長報告・質疑・討論・採決−08号

社会学生など多くの人にとっての休日である土、日では試験の受け付けが行われておらず、勤務先や学校などを休まざるを得ない状況にあります。   神奈川県運転免許センターでは、予約制で日曜日の運転免許試験の実施を行っております。また、現在県内の各市の市役所が富士見市を含めて土、日開庁の取り組みを行うなど、市民の利便性向上の取り組みを行っております。   

越谷市議会 2009-09-04 平成21年  9月 定例会(第3回)-09月04日−一般質問−02号

患者さんは、仕事の都合で日中来られない社会学生なども日中は学校で来られない、夕方なら来られるということで、患者さんのメリットがあるそうです。また、先生方にとっても午後2時から3時、並びに夜8時以降の受診患者が少なくなり、当直医等の負担がある程度軽減できるとのことでした。また、夕暮れ診療は黒字部門で、病院経営にもよい影響をもたらしているとのことでした。   

狭山市議会 2009-03-05 平成21年  3月 定例会(第1回)−03月05日-06号

これも医療従事者から市職員社会学生高齢者と幅広く参加しておりまして、熊本市消防局といたしましては、今後5年間にあと200名増加し育成することを目標としているそうであります。そもそも熊本市は65万都市でありますから、650人の救急ボランティア員が誕生することになりますので、大体1,000人に1人の割合で支援活動ができるのではないかということであります。  

草加市議会 1999-09-21 平成11年  9月 定例会-09月21日-付録

学生は、約1万9,000人(一般学生約8,700人、留学生約70人、社会学生約6,000人、大学院生約2,000人等)が学んでいるとのこと。教授、助教授など1,000人を超えている。国内の北京大学など5つの大学国家教育投資プロジェクトとして充実整備のため計画投資が行われており、その一つの重点大学として選定され、整備されているとのこと。

  • 1