333件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

狭山市議会 2019-09-02 令和 元年  9月 定例会(第3回)−09月02日-01号

次に、同じページの下段からの6款農林水産業費のうち、192ページの1項3目農畜産業振興費中、193ページの下段から195ページにかけての2番農業振興事業費は、農業経営基盤の安定化に向けて、安全で安心な付加価値の高い農産物の生産などの支援を行うとともに、野菜等の生産、出荷の省力化と規模拡大のために必要な農業機械を導入する農業団体に対して補助金を交付するなどしたものであります。

狭山市議会 2019-03-14 平成31年  3月 定例会(第1回)−03月14日-08号

歳出6款農林水産業費1項3目農畜産業振興費の農業振興事業費、野菜産地強化整備支援事業費補助金について、希望者がおらず、利用するには3戸以上の農業者で組織された団体という要件があるとのことだが、農業者の要望に合ったものにできないのかとの質疑に、当該補助金は、県の単独補助事業であり、平成26年度からスタートしている。

狭山市議会 2019-02-28 平成31年  2月 総務経済委員会(第1回)−02月28日-02号

1項農業費、3目農畜産業振興費中、1番畜産業支援事業費は、家畜法定伝染病の予防に要する経費や畜舎の環境保全に要する経費が主なものであります。  2番農業振興事業費は、農業経営基盤の安定化、農産物の品質向上、安全・安心な農産物供給の促進を図ることを目的とする事業に要する経費であります。  次に、222ページ、223ページをお願いいたします。  

狭山市議会 2019-02-27 平成31年  2月 総務経済委員会(第1回)−02月27日-01号

6款農林水産業費、1項農業費、3目農畜産業振興費、19節負担金、補助及び交付金、1番農業振興事業費事業補助交付金の野菜産地強化整備支援事業費補助金の減額につきましては、この事業は埼玉県補助事業であり、3戸以上の農業者で組織された団体に対し、埼玉野菜の産地間競争に勝ち続ける足腰の強いものにするために、野菜の生産拡大や高品質化に必要な生産施設や機械の購入について支援する事業でありますが、市内農業者に対

狭山市議会 2019-02-21 平成31年  3月 定例会(第1回)−02月21日-02号

3目農畜産業振興費中、2番農業振興事業費は、農業経営基盤の安定化、農作物の品質向上、地産地消安全・安心な農産物供給の促進を目的とする事業に係る経費であります。このうち、223ページの19−3事業補助交付金のうち、野菜産地強化整備支援事業費補助金は、野菜の生産拡大や高品質化につながる生産施設・機械の整備を支援することで、農業経営の安定と消費者への農産物の安定供給を図る経費であります。

川越市議会 2018-12-10 平成30年第5回定例会(第12日・12月10日) 本文

本市農業につきましては、本市の約七割を占める市街化調整区域を中心に、水稲、野菜、果樹、畜産、花卉などが生産され、農林水産省平成二十八年市町村農業産出額によりますと、本市の農業産出額は県内第二位の約百十九億円となっております。また、これらの農産物は主に都内などに向けて出荷され、ホウレンソウなどの葉物野菜サトイモなどの根菜類は特に高評価を得ております。

狭山市議会 2018-11-28 平成30年 12月 定例会(第4回)−11月28日-01号

次に、6款農林水産業費1項3目農畜産業振興費の狭山茶消費拡大振興事業費は、市内の茶生産団体が高品質・省力化機械施設整備事業及び抹茶用被覆資材等の導入支援事業について、埼玉県補助金交付決定を受けたため、茶・地域特産物振興総合対策事業費補助金を増額するものであります。  

川越市議会 2018-09-12 平成30年第4回定例会(第13日・9月12日) 本文

本市では地域の約七割を占める市街化調整区域を中心に水稲、野菜、花卉、畜産などの農畜産物が生産されており、農林水産省平成二十八年市町村農業産出額によりますと、平成二十八年における本市の農業産出額は、県内第二位の約百十九億円となっておりますが、長期的に経営耕地面積が減少しているほか、農業就業人口の減少と担い手の高齢化が進んでおります。

狭山市議会 2018-09-06 平成30年  9月 総務経済委員会(第3回)−09月06日-01号

3目農畜産業振興費は、農業振興全般に係る事務の執行に要した経費が主なものであり、1番畜産業支援事業費は、畜産振興事業における伝染病予防ワクチンの接種に要した費用及び畜舎の環境衛生保全用の薬剤購入費用に対する補助が主なものであります。  189ページをお願いいたします。

狭山市議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第3回)−09月05日-03号

◆3番(高橋ブラクソン久美子 議員) 189ページ、6款農林水産業費、1項農業費、3目農畜産業振興費中で畑地かんがい施設について伺います。ことしはとても暑くて畑地のかんがい設備について心を向けていましたけれども、施設の現状とそれから支援体制がどうなっているのか伺います。  195ページ、7款1項2目です。企業立地促進事業費の減額の理由。

狭山市議会 2018-08-31 平成30年  9月 定例会(第3回)-08月31日-01号

次に、186ページからの6款農林水産業費のうち、1項3目農畜産業振興費中、189ページの上段の2番農業振興事業費は、安全で安心な付加価値の高い農産物の生産や、農業経営基盤の安定化に向けての支援を行うとともに、埼玉野菜の生産拡大や高品質化に必要な農業機械を導入する農業団体に対して補助金を交付するなどいたしました。  

川越市議会 2018-06-18 平成30年第3回定例会(第12日・6月18日) 本文

また、農林水産省平成二十八年市町村農業産出額を見てみますと、川越市農業産出額は百十九億三千万円で、県内では深谷市に次いで第二位となっており、水稲、野菜畜産、花きなど多種多様な農産物が生産されております。特に、ホウレンソウ、コマツナ、カブ、エダマメ等、鮮度が求められる農産物や、里芋のように市場で評価を得ている農産物を中心に、主に首都圏に向けて出荷されております。  

春日部市議会 2018-06-04 平成30年 6月定例会−06月04日-03号

これは、収穫体験や農業体験により都市住民を集客する農産物の生産施設地域で生産される農畜産物を原材料として製造、加工したものを提供する農家レストランを併設することで、多様なサービスを展開し、地域の活性化を図るものでございます。  このほか、6次産業以外の分野では臨時職員の任用期間の延長がございます。

狭山市議会 2018-03-05 平成30年  3月 総務経済委員会(第1回)−03月05日-02号

1項農業費3目農畜産業振興費中、1番畜産業支援事業費は、家畜法定伝染病の予防に要する経費や畜舎の環境保全に要する経費が主なものであります。  2番農業振興事業費は、農業経営基盤の安定化、農産物の品質向上、安全・安心な農産物供給の促進を図ることを目的とする事業に要する経費であります。  次に、210ページをお願いいたします。  

狭山市議会 2018-02-26 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月26日-02号

3目農畜産業振興費中、2番農業振興事業費は、農業経営基盤の安定化、農作物の品質向上、地産地消安全・安心な農作物の供給の促進を目的とする事業に係る経費であります。このうち、19-3事業補助交付金のうち、211ページの上から4つ目の野菜産地強化整備支援事業費補助金は、野菜の生産拡大や高品質化につながる生産施設・機械の整備を支援することで農業経営の安定と消費者への農産物の安定供給を図る経費であります。