175件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

蕨市議会 2018-09-21 平成30年第 4回定例会-09月21日-03号

次に、2点目は、地方公共団体財政運営の基本は、田中啓一元市長の慣用句でもあった地方自治法第2条第14項には地方自治体の責務として、「その事務処理に当たっては最少経費で最大な効果を挙げること」という観点から、来期の市長・市議同時選挙は当然実施すべきと考えますが、明確なご所見を述べていただきたいものです。  

蕨市議会 2017-12-12 平成29年第 5回定例会-12月12日-04号

また、当時の田中啓一市長は「蕨市は古い慣習により、今後もこの元号を使っていきたい」と述べています。  さて、それから30年が経過しようとし、国内外の情勢も大きく変わりました。30年前はおおむね、昭和平成を使い分ければよかったんですが、今度は昭和平成、新元号と常に3つを意識しないと時の流れがつかみづらくなります。今議会でも平成32年、33年など、存在しない年の表現が既に出てきています。  

蕨市議会 2008-03-13 平成20年第 1回定例会-03月13日-05号

それで、田中啓一氏を名誉市民に推挙したいということを審議会に諮問し、審議会のほうとしては全会一致で推挙について賛成が得られ、市長へ答申が成されたというふうな経緯になります。 ◆2番(大嶋公一議員) 名誉市民とは何ですか。 ◎岩瀬悦康 理事  市民の中で、特に社会に顕著な功績を残した、そのような功績に対し与えられる称号であるというふうに考えております。

蕨市議会 2007-03-05 平成19年第 1回定例会−03月05日-03号

田中啓一市長 登壇〕 ◎田中啓一 市長  私に対する質問についてお答えいたします。  ことしは市税が11億5,000万円も伸びているのに、予算全体が伸びていないではないかと、それはどうしたわけかと。私も不審に思いまして、よく調べました。市税の増収が11億5,000万円あるんです。そして、市税の増収により、他の歳入の減があるんです。これはご承知のように、地方譲与税、これは全廃をされました。

蕨市議会 2007-03-02 平成19年第 1回定例会-03月02日-02号

田中啓一市長 登壇〕 ◎田中啓一 市長  庁舎建てかえ、または大規模改築のために基金を設けた。これは大きなお金がかかるわけでありますから、当年度予算だけではなかなか大規模改修だとか、ましてや改築はできないわけでありますから、やはりこれを少しずつでも積んで、10億円ぐらいはひとつ積み立てておかなければ難しいだろうと、そんなことで基金を積み立てたわけであります。  

蕨市議会 2006-12-18 平成18年第 5回定例会−12月18日-05号

田中啓一市長 登壇〕 ◎田中啓一 市長  市立病院の小児科の問題でございますけれども、これは、大変な社会問題でございまして、新聞や何か見ておわかりだと思うんですけれども、大学そのものに入局してくる人が少ない小児科と産婦人科、これは、非常にいろんな医療事故の問題で、問題になるのは大概小児科と産婦人科で、裁判をしているというのが多いようでありまして、そういうことも毛嫌いされてくるのだろうと思いますけれども

蕨市議会 2006-12-15 平成18年第 5回定例会−12月15日-04号

田中啓一市長 登壇〕 ◎田中啓一 市長  幼稚園補助金でありますけれども、子育て時代の家庭というのは、非常に経済的にも大変だと思います。そんなことで、補助金はどこの各市でも私立の幼稚園に行っても補助金を出しているわけであります。その額の問題でありますけれども、これは各市それぞれ違っていると思います。

蕨市議会 2006-12-14 平成18年第 5回定例会−12月14日-03号

田中啓一市長 登壇〕 ◎田中啓一 市長  今、366億円の借金があると、貯金が12億円だと、これを見てもおわかりのように、蕨市の財政は非常に逼迫をしております。都市の経営というのはやはり財政が健全でなくてはできません。議員の皆さんが地区の代表として、また党の代表として、市民代表としてあれをやってくれ、これをやってくれという場所はたくさんあると思います。

蕨市議会 2006-12-01 平成18年第 5回定例会−12月01日-01号

田中啓一市長。    〔田中啓一市長 登壇〕 ◎田中啓一 市長  本日、平成18年第5回蕨市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員の皆さんには、公私とも大変お忙しい中ご参集いただき、厚くお礼を申し上げます。  今年最後の定例会となりますが、この1年、議員の皆様には大変お世話になりました。迎える新年も、どうぞよろしくおねがいいたします。  

蕨市議会 2006-09-21 平成18年第 4回定例会−09月21日-04号

田中啓一市長 登壇〕 ◎田中啓一 市長  障害者自立支援法によりまして市民負担がふえたと、これは法律でもってそういう形でふえたわけでありまして、蕨市が条例をつくってふやしたわけじゃございません。まずそれを申し上げておきます。  そうしますと、この援助を受けていた方が負担をしなければいけないということになると、今の質問のような形で出てまいります。

蕨市議会 2006-09-20 平成18年第 4回定例会−09月20日-03号

田中啓一市長 登壇〕 ◎田中啓一 市長  公共施設耐震化の問題でありますけれども、公共施設耐震化するかしないかと、耐震度調査をしますと、耐えるものにはどうするかというと、全部壊して新しい地震に耐える建物をつくり直してしまうか、それから地震に耐える手直しをするかと、この庁舎を申し上げれば、今、窓が大分ありますけれども、あの窓を半分にしてしまうと。

蕨市議会 2006-09-01 平成18年第 4回定例会−09月01日-01号

田中啓一市長。    〔田中啓一市長 登壇〕 ◎田中啓一 市長  本日、平成18年第4回蕨市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員の皆さんには、何かと大変お忙しい中、お集まりをいただき、厚くお礼を申し上げます。  さて、今議会でご審議いただく案件は、条例案12件、補正予算案4件、決算認定9件、その他1件の計26件であります。

蕨市議会 2006-06-16 平成18年第 2回定例会−06月16日-05号

田中啓一市長 登壇〕 ◎田中啓一 市長  小・中学校の校舎の耐震度調査、今進めているところでありまして、教育の現場が崩壊するということは、これは大変なことでございまして、子供たちの人命の損傷されるおそれもあるし、また学校が崩壊しますと、それをつくるまでに相当な期間がかかりまして、学校教育をどうするかと。

蕨市議会 2006-06-15 平成18年第 2回定例会-06月15日-04号

田中啓一市長 登壇〕 ◎田中啓一 市長  少子化問題に歯止めをかけるというのは、これは大変なことでございまして、蕨市もこういうところでございますから、できるだけ子供を育てやすい環境にと、そういうことで働きながら子供を育てられると、そういうことで保育園なんかは各市では待機者がたくさんいるのが、蕨市ではできる限り待機者をなくすように、保育制度だとかそういうものでもやってまいりました。